図の青い四角を見てください。65.1 – 50.8 – 37.4 – 12.5というタイムです。 タイムより追い切りの内容とか本番のる騎手が乗ってるかとか見てる 49: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/02/14(水) 21:48:21.61 ID:xRhB7L0j0 調教全く見ないわ、ってか見れる環境でもないし 栗東坂路調教よりも時計は早くなるため、栗東の坂路で追われている馬との比較時には注意が必要です。, 美浦で一番使用頻度の高い調教コースです。 ついついレースに出走する馬同士の時計を比べたくなりますが、馬それぞれで調教方法が異なりますので各馬単体で見た場合に、その時計が早いのか遅いのかを判断する必要があります。, 各馬追い切りの傾向は異なります。 本日は追い切りとは?をテーマにし、競馬用語であるこの言葉の意味や、実際の情報の見方をご紹介いたします。, 競馬予想にも役立てるこの情報は覚えておいて損はありませんよ!実際に知らない人は今よりも勝率がグンと上がること間違いありませんからね!, 実際に私が追い切りを意識して予想した結果、勝率が10%近く上昇したのを証拠に、非常に有効な情報だと言えるはずです。, 追い切りとはレース前の出走馬のコンディションを抜群にするために行われる調教の事をいいます。, どのような調教をして、どのようなタイム結果を最近出したのかを知る事ができるのが追い切り情報です。, 分け方として本追い切りや、最終追い切りという種類があり、予想情報で参考にされるのは俗に呼ばれる「最終追い切り」です。, ただ最終という言葉にまどわされやすいのですが、行うのはレースの3-4日前だそうで、本当の最後という訳ではなさそうですね。, どちらにしろ、レース直前の調教であることには変わりないため、順位を考える上でとても参考になるのです。, つまりどの距離をどのくらいで走ったのかを知る事ができれば、だいたいの馬力を計れると思いませんか?, 例えば尻上がりタイプの馬であればウォーミングアップ程度で走らせて、体をならしたりしますが、そうでない馬の場合は全力で走らせて、当日の空気を感じさせるなどタイムだけじゃない調教を行います。, 主な方法として、前を走って追わせる調教や、先頭に誰もいなくても全力で走るための調教などが存在します。, 全て馬に合わせて細かくトレーニング分けしているので、タイムを参考にしただけではここまで読み取れません。, それに美浦トレセンや栗東トレセンで時間に差異がでてきますので、最終的にチェックするのはタイムだけではなく、どんなトレーニングを施したかが重要ではなんです。, だいたいタイムと一緒に内容も公開されてるので、果たしてどうしてそのような対処を取ったのか?不調子なのだろうか?とくまなく考えることで勝てる予想を生み出す事ができます。, と言っても私は一々把握するのも大変なので、大勝負のレース以外はだいたい時間で考えています。, どんなに凄い武器だろうと、使い方を知っていなければただのゴミです。高くは売れるかも知れませんがね。, 比較することでどれほどの差がでたのかを把握して、比較することで簡単にどういったトレーニング成果が出たのかわかります。, もし今までなんとなく予想していたり、人気馬から選出しているようであれば追い切り情報を活用してみてください。, 管理人の真木信吾。現在は悪質な競馬予想サイトを撲滅させるために、様々な情報提供を行なっている。, ザ・ターゲットの口コミ・被害・詐欺(ネットの口コミや記事情報を参照)の調査【使った収支予測有】. ※加速ラップとは1Fごとにスピードが速くなっていることを指します。 天候による影響が少ないのも特徴の一つで、距離が長いため体力を向上させたい時によく利用されます。 調教タイムの見方は?絶対に見逃せない3つのチェックポイント,今更ながら競馬を始めてみました。まだまだ勉強不足ですが、一つ一つ学んでいきます! なぜ最近注目を集めているかというと、レース直前に行われる調教の内容によって、その馬の調子をある程度把握することができるからです。, 例えば、前走と比べて全く動いていなければ、今走は前走以上の走りが期待できません。 その分調教タイムは遅くなりますが、このコースで好時計を出す馬がいれば要チェックですよ。, クッション性と排水性に優れており、脚の負担が少ないコースです。 良かったら参考にしてみてください。, 距離については、坂路コースは4F追いですが、ウッドチップコースでは6F追いや7F追いがあり、長めに追う場合はウッドチップコースで調教が行われています。 追い切りの見方. タイムの見方、予想への活用法。 公開日 2016年08月18日 更新日 2019年12月12日 週末のレースに出走する競走馬は、基本的に水曜日(木曜日の場合もある)に最後の調整を行います。 脚の負担が少ないため、脚に不安があることも考える必要があるでしょう。, 高低差は18mで、栗東と比べると緩やかな坂路コースとなっています。 レースの開催に備えて競走馬の状態を上げていく為に、普通、レースの3、4日前に十分に調教で追い切ることから、この言葉が生まれました。, 調教が上手く行っているのか、馬の状態は万全なのかは、この追い切りで判断することが可能となっており、予想の参考になる為、気にしている人も多くいらっしゃいます。, しかし、総合サイトでは、注目馬の追い切り情報が掲載されることはあるものの、なかなか全頭の追い切り情報を公開しているサイトは少ない傾向にあります。, そこで、この記事では競走馬の追い切り情報に特化したサイトを3つ厳選して紹介していきたいと思います。, 普段から追い切り情報を特に参考にしているような人や、今まで参考にしていなかった人も是非最後まで読んでみて下さいね!, 冒頭でも解説しましたが、競馬における追い切りとは、レース当日に向けて競走馬の調子を上げていく為の最後の調教となり、パドックや返し馬を見る前にある程度馬の調子を見抜くことが可能となります。, 常に追い切り情報を追うことで、その競走馬が好走出来るのかを知ることも可能となります。例えば、前走見事な走りで1着になっていたとしても、今回の追い切りで前走時の追い切りよりも良くなかった場合、軸にするのは少し不安になります。, 逆に、前走で凡走だったにも関わらず、今回の方が追い切りが良い場合は好走する可能性も高く、軽視は禁物です。, このように、追い切りの情報は非常に重要であり、知ることで的中率や回収率に大きな差が生まれると思うので、なるべくチェックするべきファクターでもあるのです。, しかし、中には追い切りの情報を入手してもどのように良し悪しを判断すれば良いのか分からないという方もいらっしゃると思うので、判断ポイントを紹介していきたいと思います。, やはり判断する時には走ったタイムで調子を図る必要があると思います。しかし、このタイムは出来れば他の競走馬と比べるのではなく、その馬の今までのタイムと比べるのが好ましいと思います。, その理由としては、同じ距離、同じ場所で走った競走馬同士のタイムを比較すると確かに能力や調子を比べることは出来ますが、競走馬によっては調教の方法が異なる為、確実に参考にしてしまうと、全く検討違いの結果になることもあるのです。, 人間にもそれぞれ性格があるように、競走馬にも調教ではそこまでだけど本番に強いタイプや、調教ではすこぶる調子が良かったのに本番で力を発揮できないタイプもいます。, その為、タイムだけを把握するのではなく、競走馬の今までの追い切り傾向を把握することが必要になります。, 過去の追い切り情報から、その馬がどういうタイプなのかをしっかりと知った上で、その時の追い切り情報を馬券に反映させる必要があると思います。, 調教場所によっては、タイムが早くなる場所や、タフな場所の為、なかなかタイムが早くならない場所もあります。, その為、単純にタイムだけを見てしまうと、本当の追い切りによる調子を図ることが出来ないので注意が必要になります。, 芝、ポリトラックではタイムが早くなる傾向にありますが、よく追い切りが行われる坂路ではタイムが遅くなります。しっかりとどこで追い切りが行われているのかを把握するようにしましょう。, 基本的には水曜日か木曜日に行われる追い切りですが、もしこれらの日付以外の時に行われている時には注意が必要になります。, また、追い切りが行われていない、メニューが異なる場合もあり、そのような時には疲労が蓄積されているか、状態が万全の為、行う必要がない場合の2つのパターンがあります。, 追い切りには「馬なり」「強め」「一杯」などがあり、追い切りの強さによって競走馬の状態を知ることも可能となります。, 連戦が続いていたり、レースの間隔が短い時などは馬なりでの調整が行われることが多いですが、それでも一杯で調教を行っている時には、全く疲れを見せていない可能性もあります。, また、厩舎によってもどの強さで調整を行うのか特徴があるので、それを知ることも重要になります。, では、ここからは追い切り情報を公開しているサイトを厳選して紹介していきたいと思います。, 追い切り情報は競走馬の調子を知ることが出来るので、重要だということは分かっていただけたと思いますので、是非今回紹介するサイトを参考にしてみて下さいね。, 調教理論タイムでは、基本的に競走馬の調教についての情報を公開しているサイトになります。, 重賞レースに関しては無料で公開されていますが、その他のレースに関しては有料サービスとなっています。しかし、1か月で1400円とかなり安めの設定。1レースに換算すると70円なのでかなりお得なのではないでしょうか?, 重賞レースしか予想しないという人はお金がかからずに情報を仕入れることが出来るので、嬉しいですよね。, ヒッキーの競馬予想ブログでは、追い切り情報から予想を行っており、競走馬の追い切り情報の評価も掲載されているので、どれだけ調子が良いのかをすぐに見ることが出来るサイトです。, また、過去の追い切り、外厩などの情報も掲載されており、調教に関して情報を集めたい時には非常に便利なサイトとも言えます。, 直近の情報に関してはLINE限定配信となっているので、気になる方は是非お友達登録を行ってみて下さいね!, 過去の追い切り情報からの予想の精度は非常に高く、軸馬探しの参考になるので、利用する手はないです。, こちらのブログでは、追い切りと調教の情報を重視した予想を展開しており、競馬歴10年の管理人さんが丁寧に情報を配信しているのが特徴です。, そこから少しづつ興味を持ち始め、、、馬券を買ってみると、ビギナーズラックで収支がプラスに。, そして、ちょうど競馬を始めた年の2008年の桜花賞で400万馬券・秋華賞の当時GⅠ最高の1000万馬券を目の当たりにして、買い方がめちゃくちゃにww, 管理人さんの競馬愛が伝わってくるプロフィールですね。ブログでは主に重賞レースの調教や追い切り情報が掲載されていますが、ブログでは書ききれない情報に関してはLINEでも情報を配信されています。, また、追い切り情報から好走しそうな競走馬の情報はメルマガで配信されているので、気になる方は登録を行いましょう!, 今回は競馬の追い切り情報を知ることが出来るサイトについてご紹介させていただきました。, 調教や追い切り情報は予想に直結すると思うので、知っておいて損はないと思います。下位人気馬での好走しそうな競走馬を見抜くことも可能となるので、思わぬ配当をゲット出来るかもしれません。, 各馬の追い切りの特徴をしっかりと把握して、上手く馬券に生かすことが出来れば、的中率や回収率のアップも狙えるのではないでしょうか?, 今回紹介した3つのサイトは、特に細かく情報を掲載しているので、是非参考にしてみて下さいね。まずは、サイトを見て自分に合った情報を入手し、利用することをおすすめしています!お気に入りのサイトがあったら、登録をしてみても良いのではないでしょうか。, スクレイピングを利用しデータ分析を行い、新たな情報を作り競馬の予想を行う方法が流行しています。スクレイピングの基本情報や実践している記事をご紹介していきたいと思います!, 競馬の次走情報を知りたいという方は多いですよね?どのレースに出走するのかで、早い段階から予想を展開することが出来ると思います。この記事では次走情報を公開しているオススメサイトを紹介していきます!, 競馬の情報は出来ればお金をかけずに収集したいですよね?そこで、この記事では無料で情報を公開しているおすすめの競馬サイトを5つに厳選して紹介していきたいと思います!, 競馬の2歳馬情報を見ることが出来るオススメのサイトを3つ厳選してご紹介します。デビューしたばかりの2歳馬のレースは高額配当が多い狙い目のレース。一攫千金狙いの人も要チェックです!, 競馬予想を騎手情報を参考にしながら当てたいと考えている方にオススメのサイトと、今最も注目すべき有名騎手を紹介していきます。騎手で競馬予想をしたいと考えている方は注目ですよ!, 競馬の大量買い情報(異常オッズ)を調べたい!そんな時に便利に利用することが出来る3つの方法を紹介します。急激なオッズの変化にいち早く気付いて馬券予想の参考にしましょう。. コースは1~9の数字があり、数字が低いほど内側を走り、数字が大きくなるほどコースの外側を走っていることになります。, そのため、外側を走っている(数字が大きい)ほど時計が掛かり、1と9では約1秒ほど差があります。 競馬の調教情報を知りたいという方にオススメの、調教結果を競馬予想の参考にする事が出来るおすすめサイトを3つ紹介していきます。調教タイムの見方も合わせて紹介していきますので是非参考にしてみ … 目次1 追い切りとは?1.1 追い切りで見られる予想タイムとは2 追い切り情報の活かし方2.1 追い切りはタイムだけでなく過去と比較する 本日は追い切りとは?をテーマにし、競馬用語であるこの言葉の意味や、実際の情報の見方 … 続きを読む 追い切りとは?競馬用語の意味・見方を徹底紹介 まず調教タイムそのものの見方についてです。 図の青い四角を見てください。65.1 – 50.8 – 37.4 – 12.5というタイムです。 これは、ラスト1F(200m)が12.5秒、最後の3F(600m)を37.4秒、最後の4F(800m)を50.8秒、最後の5F(1000m)を65.1秒でそれぞれ駆け抜けた、ということを意味しています。 なぜ「最後の××」と書いているかというと、実際には助走部分があり、スタート直後のタイムは掲載されていないから … 時計の出やすいコースで、加速ラップを刻んだ調教が多いです。 美浦の芝コース同様に時計は出やすいので時計だけで判断するのは危険です。 負荷を掛けるにはもってこいのコースとなっています。 秋華賞全頭追い切り考察。 2020年秋華賞の最終追い切り(タイム) 全頭考察&予想記事です。 【全馬調教タイム 前走比較】秋華賞の追い切り考察 秋華賞の追い切り全頭評価。 ※私の追い切りの見方や、 … 馬のクセを知るためにジョッキーが調教にも乗ることはありますが、助手だからダメとか、騎手だから良い、ということはありません。, ⑫が最終追い切り(本追い切り)を示しています。本追い切りはレース週の水曜日か木曜日に行われます。たまに、最終追い切りをした後、前日追い(レース前日にも調教をする)をすることもあります。 その場合、今走時も走らない可能性が高いので、その時の時計だけで判断するのではなく、普段の追い切りと比べてどうなのかをしっかりチェックしましょう。, 詳細につきましては、下で紹介しますが、調教場所によっても時計が出やすかったり、出にくかったりということがあります。 ブログ内でも時計を掲載しておりますが、ここで注意してほしいのが、 坂路以外のトラックコースは実際の競馬場と同じく円形をしているため、コーナーを回るときに内側なのか?外側なのか?で意味が変わってくるのです。ですから同じ調教タイムでも、馬場の内側と外側とではまったく価値が異なります。実際の競馬と同じです。調教コースによって差はありますが、1と9とではタイムに換算して1.5秒程度(6Fの場合)の差が生まれます。, ③は、自身のベストタイムです。今回と同じ追い切り場所における、過去のベストタイムが記載されます。今回の調教タイムがこれより早い場合は「自己記録更新」ということになりますね。 ただし本数をたくさん走っている場合は、それだけ坂路調教をしっかり行ってきた、ということを意味します。たった一行で表されていますが、これは脚元に不安がなくしっかり調教できている証拠なので注意が必要です。, 調教馬場は競馬新聞によって表記が異なったりするので、分かりづらいかもしれません。そんなときは、各トレセンに設置されている調教コースを覚えてしまえば、どんな表記でもすぐに分かります。この表を覚えてしまいましょう。, ⑩は走った日付です。日にちしか表示されていないことが多く分かりづらいかもしれませんね。月の表記はありませんが、日にちだけ分かれば十分でしょう。, ⑪は騎乗者です。「助手」は調教助手が、「調師」は調教師が乗ったことを意味しています。それ以外の人名は騎手が乗ったときです。 この追い切りで、馬の調子の良し悪しはある程度、見分けられるのではないかと考えています。 本記事では、どういった調教の種類があるのか、調教タイムの見方や予想への活用法などを見ていきたいと思います。 調教コースに種類が存在する 調教タイムの見方 本日は、調教タイムの使い方について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。 競馬新聞を読んでいると、必ず掲載されているのが、「調教タイム」です。 競走馬は、レースに出走する前に、必ず調教を積みます … 天気による影響が少なく、凍結しやすい時期でも凍結防止剤を使用せずに調教できるのが特徴です。 調教では走る馬、本番だけ走る馬など様々です。 まず、前述したとおり、馬の調教をするトレーニングセンターには、茨城県にある美浦トレーニングセンターと滋賀県にある栗東トレーニングセンターがあります。 そして、トレセンの中にもコースがいろいろあり、一番調教で多く使われるのは美浦も栗東も坂路馬場というところです。 この坂路コースというのは文字通り、坂のコースとなっており、美浦は全長1200mのウッドチップコース、栗東は全長1085mのウッドチップコースになっています。 この坂路調教では、基本的に短い距離で大きな負 … 同じレースに出走する各馬の、追い切り内容&馬の能力を比べて、好走する可能性が高い馬を選出しています。, 1つの判断基準として調教タイムというものがあります。 坂の傾斜が急な作りになっているのが特徴で、その高低差は32m! 当然道悪であれば時計が掛かるので、それでも前走よりも早かったり自己ベストを更新する走りを見せているなら好感が持てます。, 連闘が続いたりする場合、軽めに追われることが多いですが、それでも一杯に追われているなら疲れが残っていない証拠。 2019年有馬記念 最終追い切りタイム 全頭診断 好調馬・穴馬まとめ。 2019年、有馬記念の最終追い切り 全頭考察&予想記事です。 【調教タイム・動き考察】有馬記念の全頭追い切り評価 … ①5/15 ②栗CW良 ③馬なり 非常に時計が出やすい傾向があり、坂路コースやウッドチップコースと比べて早くても注意が必要です。, 栗東のダートコースです。 ただ、美浦坂路が負荷のないコースとなっているため、調教時計は美浦坂路と比べてほとんど変わりません。 この追い切りで、馬の調子の良し悪しはある程度、見分けられるのではないかと考えています。 本記事では、どういった調教の種類があるのか、調教タイムの見方や予想への活用法などを見ていきたいと思います。 調教コースに種類が存在する 各コースの詳細と「これ以上だったら好時計だよね」という基準タイムを掲載してみましたので、ぜひ予想の参考にお使いください!, 多い日には1日1,000頭以上が利用する使用頻度の高い調教コースです。 レース週の水曜日か木曜日に行われた調教が「本追い切り」なので、日付を見て判断して下さい。, 結局自分が調教内容を見ても、調子の良い馬が分からない、、、という方は、当サイトの調子の良い・悪いが誰でも簡単に分かる調教分析サービスをご検討下さい。過去10年間 42万件もの膨大な調教データをもとに、統計学を駆使して好走した馬たちの調教パターンを分析し、高確率で好走する『調教の黄金パターン』をみつけて調教を評価したものです。 ※15-15とは、1ハロンを15秒で駆け抜ける、という調教を指します。図中の上から4段目の馬なり調教が15-15の典型例です。, ②は、走った位置を示しています。坂路ではなくトラック(円形コース)で調教されたときに表記されます。1~9のどれかで、数字が小さいほどコースの内ラチ沿いを、数字が大きいほどコースの外側を走ったことになります。 「単に時計が早い馬が良い」ということではないということです。, なぜかというと、調教では走らない実戦タイプの馬がいたり、物凄い時計を叩き出すが本番では全く走らない馬がいるからです。 次に、追い切りの見方を紹介します。 調教の例としてはこちらです。 調教例: ① 5/15 ② 栗CW良 ③ 馬なり ④ 84.0-68.0-53.0-39.0-12.0 ⑤ [8] この5つのポイントで、過去の傾向と比べてどうなのかを判断していきます。 ①追い切りが行われた日付 3.1 追い切りタイムは参考にならない. 「調教タイムは早ければいい」とは一概には言えません。しかし今までで一番早い調教タイムを出したということは、成長著しいか好調なときが多いので要注意です。, ④は、連対時の調教タイムです。競馬ブックでは■マークで表記されます。連対時の調教タイムは、ベストタイムと同じくらい重要です。, ⑤は、前走時の調教タイムです。競馬ブック◇マークで表記されます。前走で連対している場合は、(2)と同じタイムになっているでしょう。 使用頻度は高くありませんが、早い時計が出るのが特徴です。 Copyright (C) 2020 ヒッキーの競馬予想ブログ【追い切り・外厩】 All Rights Reserved. 坂路のことで、短距離ながら負荷が多いので瞬発力をつけるのに良い調教になります。, 芝・ダート(D)は、それぞれ芝とダートのことで、Wはウッドチップ、Pはポリトラックでの調教となっています。ウッドチップやポリトラックは馬の脚への負担を軽くします。, 基本的に見るところはラスト800m(4ハロンとも呼ぶ)とラスト200m(1ハロンとも呼ぶ)です。, ここのタイムが速ければ速いほど、もちろんいいのですが、問題は馬の手応えによります。, 例えば、ほとんど馬の言うとおりに走らせることを馬なりというのですが、この手応えでタイムが速ければ、当然調子がよい証拠になります。, 逆に騎手が目一杯に追って走らせることを一杯というのですが、この手応えでタイムが速いのは当たり前なので、すぐにタイムが良いからと言って飛びつくのは危険かもしれません。, よく耳にする「追い切り時計」とはレースの週の水曜日または木曜日に出したタイムの事を言います。, スポーツ新聞には「誰が乗ったか?」までは書いていない場合も多く、騎手が乗れば軽いし、調教助手だと意外と体重が重い人もいるのでそこは注意です。, 全力疾走するレース時と違い、わざと軽く流すだけの調教であればタイムは当然ゆっくりになります。, 重要なのは、競馬新聞の調教記事担当者が書いている短評や気配の評価なども、正直それはその人の主観的な評価であるのか、十分客観的な立場で下された評価なのか、読み手にはそれを知る術がありません。, また、調教の評価が高い、タイムも良い、そんな馬でも実際のレースで必ず勝てるかと言うと、それはまた別の話で、あっさり負けてしまう事はあるわけです。, しかし、瞬発力の無い馬が調教だけで速いタイムを出す事は有り得ないし、体調が絶不調の馬がキビキビとした動きをして好時計をマークする事も無いでしょう。, 沢山ある予想ファクターの中で、調教と言う要素を、他の要素と比較してどれぐらいの重み付けにすれば「良い予想」に結びつくのか考えます。, 全体的な事を言えば、やはり調教の内容が良い馬はレースでも良い成績を上げる事が多いし、調教がイマイチだった馬はやっぱり本番のレースでもそれなりの成績に終わる事が多いです。, しかし、中には調教の内容も評価も高かったのに凡走してしまう馬もいれば、調教の内容はあまり褒められたものでは無かったにも拘わらず好走するケースもやはりあります。, つまり、調教と言うのは予想ファクターの中でも重要なポイントではあるものの、絶対的なものと言うわけではないと言う事になり、その中間的な重み付けで調教の情報を予想に加味すれば良いと言う事になります。, 基準としては、美浦の坂路コースならラスト800mが52秒以下の馬を選ぶといいでしょう。, ただし、ラスト200mもできれば、12.6秒以下の馬が最もベストと言えるでしょう。, また、栗東の坂路コースならば、ラスト800mが52.5秒以下でラスト200mも12.6秒以下の馬を選びたいです。, ただし、雨が降って、馬場が重くなれば当然タイムはかかるので、2秒以上遅くなることも考えられます。, このような場合は他の馬と比較をしてみて、どの程度早いか遅いかを判断するといいでしょう。, 坂路調教というのは上り坂で行われますから、平坦な調教コースと違って坂を駆け上がるパワーが必要になります。, 当然その分消耗が激しくなるのでスタミナも必要になりますし、そこで速い時計を出しているという事はスピードもあると言えます。, つまり、坂路で好時計をマークできる馬と言うのは、競走馬に必要なパワー・スタミナ・スピードの三拍子が揃っているという事です。, 一応競馬予想の際には坂路で良いタイムを出した馬がいないかどうかぐらいはチェックした方が良さそうです。, 坂路にしろ平坦なトラックコースにしろ、芝でもダートでもウッドチップでもつまりコースを問わず、最後の1Fで11秒台を出せる馬と言うのは少なくとも調子が悪かったり、極端に弱すぎると言う可能性は低いです。, むしろ強いか調子が良い状態でなければ数百メートルを走った後に最後の最後で11秒台の時計(タイム)は簡単には出ないものです。, もちろん、この方法が万能で絶対的な方法だと言うわけではなく、あくまで簡易的な方法です。, しかし、初心者が手っ取り早く調教から「良い情報」だけを抽出するには時間も手間もかからず簡単で効果的な方法です。, そして、最も重要なのは先程も言ったように、調教欄から得た情報にどの程度の重み付けを行うのか?と言う事です。, この重み付けを間違えているから、多くの人は「あれ?おかしいな調教は駆けているのになんであんな凡走を…」とか、「なんでこんな調教の馬が勝つんだ?おかしいよ!」とか、 そういう事をレース後に言ってしまうハメになるのです。, 重み付けを知らないと言う事は極端な話で、調教なんて一切無視だと考える人や、調教以外のデータなど何も必要ないと言う人と同じ事を無意識にしてしまっているわけです。, 競馬初心者が最もわかりやすい使い方は、馬の調子を判断する目安として利用するのが理想だと思います。, 競馬予想サイト「細川達成のTHE万馬券」は、登録してすぐに的中がもらえる!?口コミ・評判・評価を検証. ③~⑤のベストタイムや連対時のタイム、前走時のタイムは、競馬新聞によっては表示していないものも多いので注意してください。, ⑥は、併せ馬の内容です。単走の場合は表記がありません。併せた馬の名前やクラス、追走したのか先行したのか、先着・遅れとその着差、などが記載されます。「同入」や「併入」というのは、一緒に並んで走っているという意味です。, ⑦は、走った回数を示しています。トラックではなく坂路で調教されたときに表記されます。これはあまり気にする必要はありません。 美浦の南Bコースにあるウッドチップコースで、時計の出にくいコースとして有名です。 追い切りタイム、時計を見て調子を判断する。評価、診断する。穴馬を探す。力の出せない人気馬を探す。新馬戦の競馬予想には欠かせないファクター。調教タイム、追い切りタイムを重視して競馬予想される方の多いファクター。 ポリトラックで行われていたり、プール調教を併用していたりで、脚に不安がある場合があるため、調教場所もチェックが必要です。, 馬場状態は時計が早いのか遅いのかを判断する際に使います。 まずは競馬の調教タイムの見方を勉強しましょう。調教タイムの見方は一度覚えてしまえば簡単です。競馬新聞などの調教欄には、実にたくさんの情報がつまっているのです。, 実際に調教タイムをどうやって競馬予想に活かすか?を知りたい方は、こちらのページをご覧下さい。このページでは、調教欄の見方について説明します。, まず調教タイムそのものの見方についてです。 欠点としては、天気の影響を受けやすいため、雨が降ると馬場状態は悪化します。 文字通り坂道になっており、表面に間伐材などの木片を敷き詰めて舗装されているコースになります。, クッション性に優れており、足元への負担を少なくしながら調教が出来るメリットがあります。, ポリトラックは馬場コンディションの維持を目的に開発されたもので、天候に左右されないといった特徴があります。, そのため実際のレースに近いコースで調教をつける事により、コーナーでの曲がり方や折り合いをつける練習を行えることがコース追いのメリットです。, 故障した馬や足元に不安があり調教を十分に詰めない馬の、運動不足解消を目的に行われています。, 因みに、馬によって泳ぎの上手い下手はあるそうですが、馬のカナヅチというのは無いそうですよ。, 正確なラップで調教をする時や、調教のやりすぎを防止したい時などに選択する事が多いです。, 1種前追い切りだろうが最終追い切りだろうが、その時計を参考に各馬の調子を判断する事が多いと思います。, 芝のコース追いだろうがウッドチップのコースだろうが、追い切りタイムの出方というのは日によってまちまちです。, 雨による馬場の含水率によっても変わりますし、馬場の手入れをしたかどうかでもタイムは変わってきます。, 競馬専門紙によっては、調教の際どの位置を走ったかが分かるように①~⑨で表しています。, ただこの1.5秒というのもあくまで目安ですし調教コースや、その日の馬場状態によっても変わってきます。, しかし乗っている騎手の重さが1㎏増えるだけでも追い切りタイムが変わる事は、容易に想像できると思います。, その方法は追い切りタイムを調教コースの基準値と照らし合わせて、その馬の絶対値を想定する方法です。, これにより初出走の馬でもある程度は、どれくらいのポテンシャルかが想像できるかと思います。, このコメントは毎日調教を見てきているプロの新聞記者によるものなので参考になると思います。, しかし各競馬専門紙の新聞記者というのは、厩舎毎に担当馬というのがいますのでどうしてもひいき目にコメントを書いてしまう事はあります。, また調教欄のコメントでも人気に影響を与えますので、コメントのみを参考にしていると結局本命馬に行き着いてしまう危険性も出てきますね。, それはつまり、過去の調教内容とレース結果を結び付け、各馬の調教好走パターンを見つける方法です。, 調教タイムや内容を各馬で比べ合う横の比較では無く、過去と現在とを比較する縦の比較に意味があるのです。, そのため過去の好走時の調教内容と同じく、今回も調教が詰めているようであれば調子はいいと判断して差し支えありません。, そのため調子が良いと判断すれば、いつもの調教内容を不必要に変える理由は基本はありませんからね。, 最終追い切りはいつも坂路で目一杯追う馬が、今回はポリトラックで馬なり調教に変わっていたりした場合ですね。, このような調教内容の変化は、坂路で追いきれない理由がある筈ですから決して調子がいいとは考える事は出来ません。, これからあなたには、追い切りタイムは参考にせず縦の比較にて馬の調子の良し悪しを判断していただければと思います。, 年間回収率60%以下から、競馬で勝ち続けるメソッドを構築し、年間回収率100%越えを8年連続で達成。, 現在は「年間回収率100%越えの達成とその継続!」をテーマに、クライアントが競馬で稼げるようになる為のサポートをしています。, 私自身、競馬で稼いだお金で奨学金を全て完済し、お金に余裕を持てた事で、競馬がより楽しめる毎週末を過ごしています。. 逆に、時計が早い!と思っても内を回っていれば平凡かなといった判断ができるので、こういった走るコースについてもチェックしてみると良いですよ。, 次に、各調教コースの紹介をします。 加速ラップを計算する際にも2Fをこれで計算して判断することをお勧めします。 追い切りでちょっと時間が掛かってるなと思っても、外を回っていれば、外を回った割に早いな!と判断することもできます。 理由はコーナーがきついコース形態になっており、曲がり切る際に時間を要してしまうからです。 3.1.1 日によって追い切りタイムの出方は異なる; 3.1.2 走る位置によって追い切りタイムも変わってくる; 3.1.3 調教を付けている騎手や調教助手の重さは一定ではない ④84.0-68.0-53.0-39.0-12.0⑤[8], 追い切りは基本水曜日か木曜日に追われることが多いですが、いつもは水曜日に一週前追い切りが行われているのに今走時はされていないなど、普段と比べて違う調教メニューの場合は注意が必要です。, 原因は様々ですが、前走時の疲れがあったり、好調すぎてもう最終の仕上げだけで良いとか、雪などで調教が行えなかったなど。 馬場状態もチェックする必要があるコースです。, こちらも使用頻度は少ないですが、雨など他のコースでは脚に負担がかかってしまうような時に使用されます。 例えば、芝コースやポリトラックでは、坂路コースと比べて約2秒ほど時計差が出てきます。, 単純な時計で判断すれば、ただ単に時計の出るコースで追い切りが行われていていただけという可能性があるので、調教場所についても確認する必要があります。 これは、ラスト1F(200m)が12.5秒、最後の3F(600m)を37.4秒、最後の4F(800m)を50.8秒、最後の5F(1000m)を65.1秒でそれぞれ駆け抜けた、ということを意味しています。, なぜ「最後の××」と書いているかというと、実際には助走部分があり、スタート直後のタイムは掲載されていないからです。助走部分はゆっくりとした走り出しなので、考慮する必要はないでしょう。上記の例の場合、この競走馬は5ハロン(1000m)を65.1秒で走った、と考えればよいです。, 図中の①は、調教の強さ、脚色を示しています。大まかには、馬なり < 強目 < 一杯 の順に強い調教になります。「一杯」は、目一杯に追っている調教を指します。一般的には、走破タイムが最も早くなります。「馬なり」の場合、騎乗者はほとんど手を動かしません。軽い調教だったり、”15-15″のように一定の速度で走ったりすることが多いです。
2020 追い切りタイム 見方