4回京都1~2週ならびに土曜日の京都芝のレース結果、近年の菊花賞の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。 14着:ナイママ ウマニティ重賞攻略チーム, 13開催連続プラス収支を達成した予想神『スガダイ』の重賞展望をお届け!完全収支公開のガチンコ勝負を勝ち抜いた本気予想は必見です!, ヴァンケドミンゴ・犬山助手「前2走でいい脚を使った。着実に良化」 カウディーリョ・森助手「落ち着きがある。馬具でも対策をしていく」 カリボール・須貝調教師「状態はいい。ゆったり運べればここでも」 ザダル・大竹調教師「10キロ弱は絞れているので今週も馬なり。思ったとおり自ら動けた」 サトノルークス・池江調教師「ためる調教を重ねてきた。前走で力を証明。能力を出せれば」 シフルマン・松山騎手「しまい重点でいい動き。自分のリズムなら」 タガノディアマンテ・鮫島調教師「上積みは十分。うまく噛み合えば」 ディバインフォース・中嶋助手「順調にきている。スタミナは豊富」 ナイママ・武藤調教師「春とは臨戦過程が違う。内めの枠がほしい」 ニシノデイジー・ルメール騎手「3000メートルでも走れそう。雨が降っても大丈夫だと思う」 ヒシゲッコウ・上原助手「調教では本気を出さない。折り合いに問題はなく、最後に脚を使う」 ヒッチコック・中竹調教師「芝は1度だけだが柔らかい走りをする」 ホウオウサーベル・蛯名騎手「先週やったので軽く気合を乗せる程度。長丁場に不安はない」 メイショウテンゲン・池添兼調教師「体つきが大人になってきた」 メロディーレーン・森田調教師「3角過ぎからまくる自分の競馬で」 ユニコーンライオン・岩田康騎手「先週と全然違う。消耗戦になれば」 ワールドプレミア・友道調教師「坂路54秒くらいは予定どおり。初めて何の心配もなく使える」(夕刊フジ)★菊花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載, 最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開! 2012年10月21日 4回京都7日目 3歳オープン (国際) 牡・牝(指)(馬齢) 8着:カウディーリョ 菊花賞2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の菊花賞の着順は1着:コントレイル、2着:アリストテレス、3着:サトノフラッグとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。 レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。, ※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。, U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。 「ゲートもそれなりに出てくれて、ある程度のいい位置を取れました。4コーナーで狭くなってからもきてますし、精神面の成長も感じました。まだ、良くなる余地を残していると思います」, 7着 タガノディアマンテ(田辺裕信騎手) 3着:ヴェロックス(1馬身) 17着:ヴァンケドミンゴ 軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!, 「三冠」最終戦、かつ3000mの長距離戦ということもあり、トライアルを順調に使われてきた馬が強い。なかでも神戸新聞杯組が圧倒的で、2400mに生まれ変わった2007年以降、9頭もの勝ち馬を輩出。前哨戦としては極めて優秀な成績を残している。もうひとつのトライアルであるセントライト記念をステップに菊花賞を制した馬は、2015年のキタサンブラック1頭のみ。シンボリルドルフ以来31年ぶりの偉業であることからも、関連性の薄さが問われても仕方がない。だが、2009年2着フォゲッタブル(7番人気)、2012年2着スカイディグニティ(5番人気)、2017年2着クリンチャー(10番人気)など、キタサンブラック以外にも近年で勝ち負け争いを演じた馬はいる。ステップがセントライト記念だからといって、過度に不安視する必要はないだろう。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります), ※ 走 マークは出走予定馬※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます, 3歳クラシック最後の1冠。春シーズンから活躍を続ける実績馬と、夏に力をつけてきた上がり馬が頂点を争う。皐月賞、日本ダービーとともにこのレースを制し“3冠馬”の称号を獲得したのは、セントライト、シンザン、ミスターシービー、シンボリルドルフ、ナリタブライアン、ディープインパクト、オルフェーヴルと過去に7頭。春は惜敗続きだった馬による待望のクラシック戴冠や、まったく無名だった馬が一躍スターダムに駆け上がるきっかけとなった勝利など、これまで数々のドラマが繰り広げられてきてた。近年では、のちに歴史的名馬の1頭に数えられることになるキタサンブラックが、距離不安説を覆して初G1制覇(2015年・第76回)を達成したレースとして知られる。ほか、著名かつ人気のある優勝馬は、ミホシンザン、メジロマックイーン、ビワハヤヒデ、マヤノトップガン、ゴールドシップなど。, 会員登録(無料)するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。, ▼1995年マヤノトップガン。直線では後続を寄せつけずレースレコード(当時)で優勝。, 【TAROの競馬研究室】注目の2強対決! 天皇賞(秋)の展望&馬券の買い方を考える. 11着:ホウオウサーベル 18着:カリボール, 春のクラシック戦線では皐月賞をサートゥルナーリアが、日本ダービーをロジャーバローズが制していた。, 1着 ワールドプレミア(武豊騎手) 11 R 第73回菊花賞(G1) 芝右 外3000m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40 過去の菊花賞. 「道中はスムーズで、折り合いもうまくついていました。枠で内、外の差が大きかった。一回使った効果もあったと思うし、最後は甘くなったけど、(力を)出し切ったと思います」, 8着 カウディーリョ(M.デムーロ騎手) 菊花賞2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の菊花賞の着順は1着:ワールドプレミア、2着:サトノルークス、3着:ヴェロックスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。 4着:ディバインフォース(3/4馬身) 競馬情報サイト「競馬の魅力」では動画や結果から出走予定馬、予想オッズ、追い切りなど幅広く情報を提供してます。, 2019/10/20 ¸õ : À² / ¼Ç : ÎÉ / È¯Áö : 15:40, 3(1,5)14(2,10)15,9,8(4,12)(7,17)-6,18(16,13)-11, 3(1,5)14(2,10)15(9,8)(4,12)17,7-6,18(16,13)-11, 5,3,1,14(2,15)10(4,9,8)7(16,12,17)6-(18,13)-11, 5(1,2)(4,14)(10,15)(9,8)12(16,6,17,7)(3,13)-18-11, 13.0 - 12.0 - 12.0 - 12.0 - 11.9 - 11.7 - 12.4 - 12.5 - 12.3 - 12.4 - 12.2 - 11.7 - 11.7 - 11.6 - 11.6, 13.0 - 25.0 - 37.0 - 49.0 - 60.9 - 72.6 - 85.0 - 97.5 - 109.8 - 122.2 - 134.4 - 146.1 - 157.8 - 169.4 - 181.0 (37.0-34.9). 「距離の壁がありましたね。初めて、(JRAの)G1に乗せていただいて、ありがたく思っています」, ワールドプレミア(World Premiere)牡3/黒鹿毛 友道 康夫(栗東) 5着:メロディーレーン(クビ) 競馬予想のウマニティが菊花賞2019を徹底予想!出走予定馬の最新情報・過去10年の結果(動画)・データ分析・レース傾向・無料予想・プロ予想・オッズ・u指数などの情報満載! 10着:ヒシゲッコウ 11 R 第75回菊花賞(G1) 芝右 外3000m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40 過去の菊花賞. 2016年 菊花賞のページ。スポーツ総合サイト、スポーツナビ(スポナビ)の競馬ページです。最新のニュース、レース日程と結果、出馬表、オッズ、名鑑情報、記録、成績などを素早くお届けします。 今回の出走メンバーで血統面および先述した馬場傾向の要点(1~4枠あたり)を満たしているのは、①ザダル、⑤ワールドプレミア。当欄では、この2頭を注目株として推奨する。 ¸õ : À² / ¼Ç : ÎÉ / È¯Áö : 15:40, 11,18,9(12,17,5)(2,7,8,10,14)(15,16)6,3,4,1,13, 11,18(12,9)(17,5)(2,7,8,10,14)(15,16)6(4,3)1-13, 11,18,10(17,14,1)(12,16)(2,7,4)(6,15,9,3)(5,13)-8, (11,*10,1)(16,4)3(18,2,14)15(17,6,7)13,12,5-9,8, 13.0 - 11.9 - 12.2 - 12.2 - 11.6 - 11.6 - 12.6 - 12.5 - 12.3 - 12.2 - 12.5 - 12.2 - 11.9 - 11.8 - 12.4, 13.0 - 24.9 - 37.1 - 49.3 - 60.9 - 72.5 - 85.1 - 97.6 - 109.9 - 122.1 - 134.6 - 146.8 - 158.7 - 170.5 - 182.9 (37.1-36.1). 9着:ニシノデイジー 「ちょっと位置を取りにいって、好位はとれましたが、あまり余裕のある追走ではなかったですし、3角の下りでしんどくなってしまいました」, 13着 ザダル(石橋脩騎手) 競馬予想のウマニティが菊花賞2019を徹底予想!出走予定馬の最新情報・過去10年の結果(動画)・データ分析・レース傾向・無料予想・プロ予想・オッズ・u指数などの情報満載! 2019年10月20日 京都11r 菊花賞(g1)の結果・払戻です。jra開催レースの出馬表や最新オッズ、レース結果速報、払戻情報をはじめ、競馬予想やデータ分析など予想に役立つ情報も満載です。 6着:レッドジェニアル 13着:ザダル とはいえ、位置を取りに行こうとして序盤から急かすと最後まで脚はもたず、後続勢にとっては格好の目標となってしまう。ゆえに先行系を狙うのであれば、すんなりと中団より前の位置をキープできそうな馬がベター。そのあたりには注意が必要だ。 7着:タガノディアマンテ 「2番手から4角先頭のイメージで乗りましたが、さすがに距離が長かったですね」, 18着 カリボール(藤井勘一郎騎手) 2019年10月20日に京都競馬場で開催された第80回菊花賞の着順結果と映像動画、配当払い戻し情報です。優勝したのはワールドプレミアでした。ヴェロックスを徹底的に内からマークして、勝負所で1頭分の隙間をしっかりと見落とさずに動けたのが良かったのだと思います。 2014年10月26日 4回京都7日目 3歳オープン (国際) 牡・牝(指)(馬齢) 血統的には、自身が菊花賞や天皇賞(春)で連対歴を持つサンデーサイレンス系種牡馬が優勢。なかでも、ディープインパクトやステイゴールドの血を持つ馬が勢いを強めている。ほかでは、父キングカメハメハ系、ロベルト系種牡馬を父もしくは母父に配する馬の奮闘も目につく。 「位置取りもリズムも良く、いい内容で走ってくれたと思いますが、3000メートルが長かったと思わざるを得ない、直線の苦しさがありました。精いっぱい走ってくれた結果だと思います」, 4着 ディバインフォース(横山典弘騎手) 「内枠を利用して、何の不利もなく回ってこられました。それだけに、もっと伸びてもという思いがあります。ちょっと距離が長かったのかも知れません」, 15着 ユニコーンライオン(岩田康誠騎手) 走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。 15着:ユニコーンライオン 「テンからあまり行かない馬なので、長いところが合うんだろう。最後はよく来ているからね」, 5着 メロディーレーン(坂井瑠星騎手) 「人気馬の後ろでレースができましたが、直線では切れる脚が使えず、ずっと同じペースでした。もっと流れが速くなって、スタミナを求められる展開が合うのかなと思います」, 10着 ヒシゲッコウ(C.スミヨン騎手) 16着:シフルマン 菊花賞 京都3000芝 10/25 1着 3 コントレイル 牡3 57 福永 03:05.5 1.1 2着 9 アリストテレス 牡3 57 ルメー クビ 23 3着 10 サトノフラッグ 牡3 57 戸崎圭 3.1/2 34.9 4着 8 ディープボンド 牡3 57 和田竜 クビ 51.6 5着 15 ブラックホール 牡3 57 藤岡佑 クビ 116.8 6着 13 ロバートソンキー 牡3 57 「ハナに行きたかったんですが、イレ込んでゲートで立ち上がったりして、考えていたレースができませんでした」, 17着 ヴァンケドミンゴ(藤岡佑介騎手) 「馬の出来は良かった。この状態でこれだけ止まるんだから、距離が長かったのでは」, 16着 シフルマン(松山弘平騎手) 直近の京都開催と近年の当レースの傾向をまとめると、ディープインパクトやステイゴールドの血を持つ馬、ならびに父キングカメハメハ系が狙い目といえそう。そのなかでも、毎年のように上位を賑わせている、トライアルで優先出走権を獲得した馬を重視したい。 菊花賞2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の菊花賞の着順は1着:ワールドプレミア、2着:サトノルークス、3着:ヴェロックスとなりました。レースの詳しい結果、動画などを … 菊花賞2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の菊花賞の着順は1着:コントレイル、2着:アリストテレス、3着:サトノフラッグとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。 日曜日午後からの降水確率はゼロ。内ラチ沿いの傷みがどこまで進むかは読みづらいところだが、一気に外を回る馬が有利の馬場へ様変わりすることは考えにくい。それゆえ、内めを先んじて通る(通りそうな)馬、あるいは内めの枠(1~4枠あたり)を利して上手に立ち回れそうな馬を優先したほうがいいだろう。 父:ディープインパクト 母:マンデラ 母父:Acatenango 「よく頑張りました。速くも遅くもない、いいペースで運べましたが、強い馬が早めにきて、最後は苦しくなりました。落ち着きはありましたよ」, 9着 ニシノデイジー(C.ルメール騎手) 「道中はロスなく運ぼうと考えていました。勝負どころで手応えが怪しくなったんですが、外に出したら長く脚を使ってくれました。小さい馬(この日の馬体重340キロは菊花賞史上最低馬体重=馬体重が発表された1970年以降)ですけど、素晴らしいスタミナがあります。これからが楽しみです」, 6着 レッドジェニアル(酒井学騎手) 金曜日の夜から翌朝まで降った雨の影響で、土曜日の芝コースは力を要するコンディションでレースが行われた。前週の3日連続開催による馬場の劣化も相まって、内ラチ近辺で運んだ馬が伸び・踏ん張りを欠くシーンが続出。直線で中~やや外めに進路をとった差し馬の活躍が目を引いた。 2019/10/21 No.1競馬サイト「netkeiba.com」が菊花賞(G1)2020年10月25日京都の競馬予想・結果・速報・日程・オッズ・出馬表・出走予定馬・払戻・注目馬・見どころ・調教・映像・有力馬の競馬最新情報をお届け! 第80回 菊花賞(GI)芝・右・外 3000m 脚質については、土曜日の結果だけを踏まえると、先述したように差し優位。ただ菊花賞が行われる芝3000mに関しては、過去の結果を検証する限り、先行~好位差しがやや優勢。外回りコースではあるが、スタートから最初のコーナーまでの距離が約200mと短いせいか、先行勢のアドバンテージは思いのほか大きい。 「相手が一気に強くなったのもあるけど、3コーナーで手応えが悪くなったからね。キャリアが浅いし、ようやく良くなってきたところ。まだ克服しなければいけない課題もあるし、来年以降にもっと良くなることを期待したい」, 12着 メイショウテンゲン(池添謙一騎手) 「気分よく走れて、勝った時よりも前に行けました。ですが、気分が乗らない時に促すと自分の力が出せないように感じました。メンタルの部分なのでしょうか。これから経験を積んでいけば、重賞を勝てるだけの能力はあるはずです」, 11着 ホウオウサーベル(蛯名正義騎手) Kikuka Sho(Japanese St. Leger) (G1), 1着:ワールドプレミア また、4回京都開催における芝1800m以上のレースを振り返ると、ハーツクライやステイゴールドの系統産駒が好調。ディープインパクトの系統産駒も堅調に走っている。ほか、父キングカメハメハ系や、ノーザンダンサー系種牡馬を父あるいは母父に持つ馬の上位進出も多い。 「ひと言で言ってジョッキーがうまい。いいスタートを決めてくれたし、ロスのない競馬だった」, 2着 サトノルークス(福永祐一騎手) 馬名の由来:世界規模での上映会を目指して, 菊花賞 2010の動画・結果です。菊花賞の結果は1着:ビッグウィーク、2着:ローズキングダム、3着:ビートブラック。「ビッグウィーク」が勝利した菊花賞の詳しい結果、動画をご覧ください。, 菊花賞 2012 の動画・結果です。菊花賞 の結果は1着:ゴールドシップ、2着:スカイディグニティ、3着:ユウキソルジャー。ゴールドシップ が勝利した 菊花賞 2012 の詳しい結果、動画をご覧ください。, 2012年の「The WINNER【菊花賞】」のCMです。2012年の菊花賞のCMには歴代の勝ち馬のミスターシービーがピックアップされています。菊花賞は2015年10月21日(日)、京都競馬場・芝3000mで開催されます。, 「菊花賞 2017」の動画・結果です。菊花賞の結果は1着:キセキ、2着:クリンチャー、3着:ポポカテペトル。「キセキ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。, 「菊花賞 2015」の動画・結果です。菊花賞の結果は1着:キタサンブラック、2着:リアルスティール、3着:リアファル。「キタサンブラック」が勝利した2015年の菊花賞の詳しい結果、動画をご覧ください。, 菊花賞2018の出走予定馬・想定騎手の情報です。20頭が出走登録を済ませています。出走予定馬にはエポカドーロやブラストワンピースなどが名を連ねています。牡馬クラシック三冠の最終戦。長き3000m先のゴールを目指し!, 競馬情報サイト「競馬の魅力」です。動画・結果はもちろん、登録馬・出走予定馬から予想オッズ、追い切りなど幅広く情報を提供してます。, 亡きディープに捧ぐ待望のG1勝利!2019年の菊花賞はワールドプレミアが最後の一冠をつかみ取る, 菊花賞2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:フィエールマン、2着:エタリオウ、3着:ユーキャンスマイルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。, 皐月賞2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の皐月賞の着順は1着:サートゥルナーリア、2着:ヴェロックス、3着:ダノンキングリーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。, 日本ダービー2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の日本ダービーの着順は1着:ロジャーバローズ、2着:ダノンキングリー、3着:ヴェロックスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。, 神戸新聞杯2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の神戸新聞杯の着順は1着:サートゥルナーリア、2着:ヴェロックス、3着:ワールドプレミアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。, 菊花賞は2020年10月25日に京都競馬場で行われるクラシック三冠・最終戦。菊花賞は2020年で第81回を迎え、昨年はワールドプレミアが優勝した。菊花賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。, 武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(11/14・11/15)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。, ルメール騎手の2020年の騎乗予定・成績をまとめた記事です。C.ルメール騎手は3年連続で全国リーディングを獲得するなど大活躍中。先週の成績・結果や今週の想定・騎乗予定などすべてをチェックしよう。, 有馬記念は2020年12月27日に中山競馬場で行われる一年の締め括りの大一番。有馬記念は2020年で第65回を迎え、昨年はリスグラシューが制した。有馬記念の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。, 競馬ファンの心をつかんだCM『夢の第11レース』には続きがあった!CMでは直線の途中までの映像だが実は全18頭のレースの続きの動画が存在する。それは『夢のラスト1ハロン』。各馬が勝つ設定で感動の実況が収録されています。ファン必見です!, 川田将雅騎手の2020年の騎乗予定・成績をまとめた記事です。川田将雅騎手は日本人ジョッキートップの成績を残す次世代のエース。先週の成績・結果や、今週や今後の想定・騎乗予定などすべてをチェックしよう。, 2020年に産駒がデビューする新種牡馬を紹介するページです。新種牡馬にはドゥラメンテやモーリスなどG1で活躍した馬がズラリと並ぶ。種付け料や注目産駒などいろいろチェックしてください!, 2020年の騎乗停止に関する記事です。騎乗停止(きじょうていし)とは競馬において反則を犯した騎手に対して与えられる制裁で、行為の内容によっては長期間の騎乗停止処分が下される。どの騎手にどのような内容の処分が下されたかチェックしておこう!. 「4コーナーを回るまでは思い描いた通り。最後は脚が上がりそうになりながら、よく頑張った。ヴェロックスを見ながらかわせたんですが、内にもう1頭(ワールドプレミア)いました。長距離向きかは分からないけど、対応はできました。夏を越して良くなっていると聞いていたし、これからまだ成長が見込める」, 3着 ヴェロックス(川田将雅騎手) G1レース 動画・結果, 菊花賞2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の菊花賞の着順は1着:ワールドプレミア、2着:サトノルークス、3着:ヴェロックスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。, 2019年10月20日(日) | 4回京都7日 | 15:40 発走 「いいレースができて、馬が一生懸命走ってくれました。馬の状態も、枠順も良かったので、勝てるレースをしようと思っていましたが、いいレースができました。(プラス12キロの馬体重?)調教をしっかりやれてのものだったので、ようやく本格化したのかなと。イレ込んでいる部分がありましたし、まだまだ改善したいところもありますが、スタートを出てくれましたし、道中も折り合いを欠くこともズブくなることもありませんでした。春はクラシックに出れませんでしたが、今日こうやって勝てて、僕も久々の菊花賞ですし、嬉しいです。ディープインパクト産駒ということで意識もしていましたが、良かったです。(菊花賞勝利の)最年少記録と最年長勝利記録を取れて嬉しい。強いワールドプレミアを見せることができて、僕も久々のGI勝利で嬉しいです」, (友道康夫調教師) 12着:メイショウテンゲン 2着:サトノルークス(クビ) ただし、外差し馬場と決めつけるのは早計。むしろ道中外、直線も外という差し・追い込み馬は不発に終わるケースが多い。枠順についても同様で、外枠よりも内~中枠を引いた馬の勢いが増している。ようはロス少なく回り、直線で馬場の良いところを走った馬が結果を残しているということだ。
2020 菊花賞 2019結果