8月2日が、湾岸危機つまりイラクのクウェート侵攻の30周年だった。そして、それから10日後の8月13日にUAE(アラブ首長国連邦)とイスラエルが国交の正常化で合意とアメリカのドナルド・トランプ大統領が発表した。これによってUAEは、エジプトとヨルダンに続くイスラエルを承認する3番目のアラブ国家となった。イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相の外交的な勝利である。パレスチナ暫定自治政府のパレスチナ和平の達成まではイスラエル承認を控えてほしいとの希望は無視された。UAEはパレスチナ人を見捨ててイスラエルとの関係改善に走った。パレスチナ人にしてみれば同じアラブ人による裏切りである。, さて湾岸危機とUAEとイスラエルの国交正常化は、間接的ながら深く関係している。湾岸危機以前にはクウェートを中心に80万人ともいえるパレスチナ人がアラビア半島の産油諸国で働いていた。ブームで沸いた産油国は急速な国家建設を進めるために石油と砂以外はすべてを輸入に頼った。一番重要だったのは、労働力だった。イスラエル建国によって故郷を追われたパレスチナ人の多くが湾岸諸国で働いた。官僚組織から教育まで広範な分野を実際はパレスチナ人が動かしていた。例えば教員の多くはパレスチナ人であった。外務省をつくったものの外交官がいないので、クウェートの外交官の多くはパレスチナ人であった。湾岸諸国の政策はパレスチナ寄りであった。, こうした状況を湾岸危機が変えた。占領されたクウェートの亡命政権を始め産油諸国は、アメリカに頼ってイラク軍を追い出そうとしていた。ところがPLO(パレスチナ解放機構)のヤセル・アラファト議長は、問題のアラブ内での外交的な解決を訴えた。アラファトがイラクの首都バグダッドを訪問してイラクのサダム・フセイン大統領と抱擁し合う写真が各国の新聞紙面を飾った。クウェート人などの記憶に深く刻み込まれた映像だった。フセインは、イスラエルへ強い姿勢を取ってパレスチナ人の喝采を浴びていた。クウェートなどのアラビア半島の産油国にしてみれば、難民として苦労していた人々を受け入れてあげたのにとの思いだった。裏切られたとの苦い感情が煮えたぎっただろうか。, その後の展開は、歴史の示すとおりである。アメリカ軍は圧倒的な軍事力でイラク軍をクウェートから追放した。解放されたクウェートでは、イラク寄りであったということでパレスチナ人の追放が起こった。他の産油国でもパレスチナ人を見る目は冷たくなった。湾岸地域の教育で大きな役割を果たしていたパレスチナ人がいなくなった。, それから、ちょうど30年である。この30年間、この地域で育った人々はパレスチナ人の先生からは教えを受けていない。この問題についての関心も薄くなっているだろう。アラブ首長国連邦と国名にアラブを冠した国家が、同じアラブのパレスチナ人の意向を無視してイスラエルとの関係を正常化させた背景だろうか。. 湾岸危機後の諸問題 多国籍軍による武力行使は、イラクが国連安全保障理事会の関連諸決議を受諾するとの意向を明らかにしたことを受け、2月28日に至り停止され、事実上の停戦が成立した。 8月2日が、湾岸危機つまりイラクのクウェート侵攻の30周年だった。そして、それから10日後の8月13日にUAE(アラブ首長国連邦)とイスラエルが国交の正常化で合意とアメリカのドナルド・トランプ大統領が発表した。 1989年に冷戦が終結。アメリカとソ連が争い合うのをやめたことで世界は新しい時代に突入することになります。 そんな新世代初めての世界間での戦争となったのが1990年に起こった湾岸戦争でした。 今回はそんな湾岸戦争について詳しく解説していきたいと思います。 ±ã‚ã‚‹ã¨ã¨ã‚‚に、占領地域のパレスチナ人に対する援助を拡充することとした。, (注) 流出した原油の量はおおむね100~400万バレルと推定されている。. 他方、湾岸危機を契機に、政府の邦人保護に対する取組やそのための体制等につき、様々な観点から意見が示された。 第1に、イラクのクウェイト侵攻をなぜ事前に予測できなかったのかという疑問が表明 … ©The Asahi Shimbun Company / VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved. 第3節 湾岸危機後の諸問題への対応 1. 株式会社ゆうちょ銀行および日本郵便株式会社が発行するプリペイドカード・デビットカード。国際的なクレジット決済ブランドであるVisaの加盟店で利用できる。年会費は無料で、満12歳以上(小学生を除く)のゆ... 「コトバンク」は朝日新聞社の登録商標です。「コトバンク」のサイトの著作権は(株)朝日新聞社及び(株)VOYAGE MARKETINGに帰属します。 体制の一層の整備を図っていがなければならない。. Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 湾岸戦争は日本も関与した戦争です。国際社会で起こる戦争は今やどの国も決して無関係ではいられません。我々日本人は特に戦争というものにことのほか無縁であるために危機感が非常に薄く感じます。 湾岸戦争は日本も関与した戦争です。 国際社会で起こる戦争は今やどの国も決して無関係ではいられません。 我々日本人は特に戦争というものにことのほか無縁であるために危機感が非常に薄く … 実際には、国際情勢も、日本を取り巻く状況も1980年代に大きく変化していた。冷戦は急速に終焉に向かっており、イラクのクウェート侵攻の前年(1989年)11月にはベルリンの壁が崩壊し、12月にはマルタでブッシュ米大統領とゴルバチョフ・ソ連書記長が冷戦の終結を宣言していた。中国ではこの年の6月に天安門事件が起きたが、鄧小平は改革開放の継続を求めており、1990年代初頭には西側への協調姿勢が強かった。イラク … No reproduction or republication without written permission. 湾岸戦争(わんがんせんそう、英語: Gulf War、アラビア語: حرب الخليج الثانية‎)は、1990年8月2日のイラクによるクウェート侵攻をきっかけに、国際連合が多国籍軍(連合軍)の派遣を決定し、1991年1月17日にイラクを空爆して始まった戦争である。 外国為替用語集 - 湾岸危機の用語解説 - 1988年8月20日にイラン・イラク戦争が停戦となったが、イラクは膨大な戦時債務を抱え、その後経済の回復も遅れていた。このような中、サウジアラビア、クウェートがopecの割当量を超えた石油の増産を行ない、イラク経済に打撃を与えた。 また、当サイトで提供する用語解説の著作権は、(株)朝日新聞社及び(株)朝日新聞出版等の権利者に帰属します。 …1990年8月2日にイラクがクウェートに侵攻,これを併合したことから,アメリカを中心とした多国籍軍が,クウェートからイラクを撤退させるために起こした戦争。[湾岸危機] イラクは対クウェート越境攻撃を行うにあたって,〈クウェートで革命勢力による暫定政権が樹立され,その要請を受けて進軍〉とその行動を正当化したが,国際社会の多くはこれを侵略と見なした。特にアメリカは米ソ冷戦構造終結後の初めての紛争処理のケースとして断固たる姿勢で望み,侵攻の4日後には国連安保理でアメリカの強い主導のもと対イラク経済制裁(決議661)が決定されるなど,国連を中心としたイラク非難の国際世論形成が徹底された。…. 湾岸危機によってイラクおよびクウェートの原油が国際石油市場から消滅した。これに対しopec総会が開催され、生産制限の一部棚上げによって石油市場の混乱はくいとめられた。その後、1993年9月まで生産枠について包括的な合意はできていない。 ブッシュ(George Herbert Walker Bush、アメリカ合衆国第41代大統領).
2020 湾岸危機 とは