本間雅美(院のみ) - 札幌大学教授; 松本源太郎(院のみ) - 札幌大学女子短期大学部教授; 美馬孝人 - 北海学園大学名誉教授; 森本正夫(院のみ) - 開発政策の研究者、学校法人北海学園 理事長; 矢島武 - 北海道における農業経済学の大家、元旭川大学学長 All rights reserved. copyright©2007-ZaikaiSapporo Co.,Ltd. 【全文掲載】札幌国際大学からクビを宣告された大月隆寛教授の教え子有志が大学に抗議文送付. 札幌国際大学産学官連携方針; 札幌国際大学短期大学部産学官連携方針; 沿革; 学則; 公開情報. 札幌大学/札幌大学女子短期大学部 〒062-8520 札幌市豊平区西岡3条7丁目3番1号 Tel. 札幌医科大学は平成27年5月25日付けで50代教授の懲戒解雇処分を行った。教授の解雇はとても珍しい。札幌医大のホームページを見ると、解雇の理由について次のように記載されている。 平成27年5月25日付けで次のとおり、本学教員に対する懲戒処分を行いましたので公表します。 札幌国際大学短期大学部入学者受入れ方針 ; 産学官連携方針. 和田 寿郎(わだ じゅろう、1922年3月11日 - 2011年2月14日[1])は、日本の心臓血管外科医。札幌医科大学名誉教授。ワダ弁(人工心弁)の開発や、後に「和田心臓移植事件」として様々な疑惑が浮上する日本初の心臓移植手術を執刀したことで有名な医師。, 北海道札幌市生まれ。医学の道を志し、旧制札幌第一中学校から北海道帝国大学予科を経て、同大学医学部を1944年(昭和19年)に首席で卒業した。, 1950年(昭和25年)に北大医学部講師を辞め、アメリカへ4年に亘る留学をする。ミネソタ州立大学、オハイオ州立大学胸部外科、ハーバード大学などで研鑽を積む。ミネソタでは、世界初の心臓移植を執刀した南アフリカのクリスチャン・バーナードと知己を得、さらに犬を使った動物実験で画期的な成功を収め、その後も世界の心臓移植を牽引し続けたノーマン・シャムウェイともここで知り合った。アメリカ留学の間に合理主義を培った。, 1954年(昭和29年)に帰国。和田の母校である北大医学部は彼の復帰を受け入れなかった。それ以来、旧帝国大学系医学部に敵愾心を抱くようになったとも言われている[要出典]。初代学長大野精七の招きで新設されたばかりの札幌医科大学助教授に就任。, 1958年(昭和33年)に同医大に胸部外科が創設されると、36歳の若さで初代胸部外科教授となった。当時画期的だった人工弁「ワダ弁」を自身の考案によって開発し、弁置換術において日本一の実績を誇った。なお「ワダ弁」は、後にバーナードによる世界初の心臓移植手術にも用いられている。論文の数と術例の豊富さで、歴史と伝統を誇る北大医学部第二外科に対抗した。その後も人工心肺の心内直視下手術(開心術)における使用時間の向上とともに、心臓外科における未知の領域を開拓していった。例えば1968年(昭和43年)には大血管完全転移症に対する根治手術のひとつであるマスタード手術に日本で初めて成功している。, 同年、日本初の心臓移植手術を執刀し、大きくその名を世間に知られるが、心臓移植の際にドナーとレシピエントをともに殺したのではないかという強い疑いをかけられる、いわゆる和田心臓移植事件で注目を浴び、殺人罪で刑事告発されている(不起訴処分)[要出典]。, 1977年(昭和52年)には木本誠二(東大)とともに戦後の日本の心臓血管外科をリードし続けた榊原仟(東京女子医大)の招きで、彼の後任として東京女子医大附属日本心臓血圧研究所教授に転任。東京女子医科大学を定年退職後、和田寿郎記念心臓肺研究所を開設した。, 父は、国際法をアメリカで学んだ、元北大教授の和田禎純。和田寿郎の弟の和田淳(英語版)も、ブリティッシュコロンビア大学の医学者で、ワダテスト(英語版)(Wada test、大脳の言語優位半球の判定法。てんかん等の脳外科手術で用いられる)の開発者として著名。, 心臓移植の際にドナーとレシピエントをともに殺したのではないかという強い疑いをかけられる、いわゆる, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=和田寿郎&oldid=72690799, 1968年、札幌医科大学で心臓移植手術を行う(和田心臓移植事件)が、同件で刑事告発される。. 札幌大学の先生・教授を一覧で紹介しています。他にも先輩のキャンパスライフレポート,卒業後のキャリアも掲載。大学・短期大学・専門学校の進学情報なら【スタディサプリ 進路(旧:リクナビ進 … 北海道大学の人物一覧(ほっかいどうだいがくのじんぶついちらん)は、北海道大学に関係する人物の一覧記事。, 文学部 | 法学部 | 経済学部 | 医学部 | 歯学部 | 工学部 | 獣医学部 | 水産学部 | 理学部 | 薬学部 | 農学部 | 教育学部, 文学研究科 | 法学研究科 | 経済学研究院・経済学院 | 医学研究院・医学院 | 歯学研究科 | 工学研究院・工学院 | 獣医学研究科 | 情報科学研究科 | 水産科学院・水産科学研究院 | 環境科学院・地球環境科学研究院 | 理学院・理学研究院 | 薬学研究院 | 農学院・農学研究院 | 生命科学院・先端生命科学研究院 | 教育学院・教育学研究院 | 国際広報メディア・観光学院 メディア・コミュニケーション研究院 | 保健科学院 | 公共政策学教育部・公共政策学連携研究部 | 総合化学院, 北海道大学病院(北大病院)| スラブ・ユーラシア研究センター | 人獣共通感染症リサーチセンター | 総合博物館 | 恵迪寮 | 北晨寮 | 霜星寮 | おしょろ丸 | 図書館 | 出版会, 北海道大学の人物一覧 | 北海道大学歴代総長 | 北海道大学の前身諸機関 |札幌農学校 | 北海道大学医療技術短期大学部 | クラーク像 | ポプラ並木 | 遺跡保存庭園 | 工業教員養成所, 北海道大学農学部(旧東北帝国大学農科大学)第二農場 | 旧札幌農学校演武場 | 北海道大学植物園・博物館, 北海道大学古河記念講堂 | 旧札幌農学校昆虫及養蚕学教室 | 旧札幌農学校図書館読書室 | 旧札幌農学校図書館書庫 | 宮部金吾記念館 | バチェラー記念館, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=北海道大学の人物一覧&oldid=80327123. 和田 寿郎(わだ じゅろう、1922年 3月11日 - 2011年 2月14日 )は、日本の心臓血管外科医。 札幌医科大学 名誉教授。 ワダ弁(人工心弁)の開発や、後に「和田心臓移植事件」として様々な疑惑が浮上する日本初の心臓 移植 手術を執刀したことで有名な医師。 “これは報復解雇だ”――札幌国際大学(札幌市清田区)では、外国人留学生の受け入れをめぐって理事長の上野八郎氏と、学長の城後豊氏が対立。城後氏は学長を退任する間際の今年3月末に記者会見を開き、その違法性と適正化を訴える事態となっていた。, 同大教授で民俗学者の大月隆寛氏は、兼ねてから留学生受け入れについての問題点を指摘、城後氏とともにその会見にも同席していた。, 「(城後氏らの主張については)事実誤認がある」とする大学側は、大月氏に対し、会見への同席やSNSで内部情報を漏らしたことなど4点をもって「事実誤認の学長の主張に同調し、会見に同席した行動に問題がある。結果的に本学の名誉を傷つけた」として6月29日に大月氏を懲戒解雇した。, 大月氏はこれを不服として、直ちに地位保全を求める仮処分を申請。審尋の結果いかんによっては、8月中にも地位確認訴訟を提起する構えという。, 「厩舎物語」「無法松の影」など多数の著書を上梓するかたわら、エッセイなどの文筆業、テレビコメンテーターを務めるなど著名な大月氏のもとには、多くの学生が集っていた。, 8月18日、その教え子有志が「SIU卒業生有志」というTwitterを開設。同大に対し、恩師の懲戒解雇に対する経緯の説明などを求めた「抗議文」を送付した。, 令和2年3月31日、前学長による留学生受け入れ問題に関する記者会見が開かれたところですが、それに係り、大月隆寛先生がその記者会見に同席したこと等を理由に令和2年6月29日付で懲戒解雇されたことについて、その処分は理由に鑑みて著しく重く、不当な処分であることから、処分の撤回を求め強く抗議します。そもそも前学長による記者会見は大学が文部科学省の示す日本語能力の水準に達していない外国人留学生を受け入れたことを告発することが主旨であり、記者会見後、大学も平成31年4月時点で日本語能力の水準に達していない外国人留学生が複数いた事実認めていることから、全くの事実無根の記者会見であるとは言えません。問題の認識について、双方の主張の食い違いがあるとしても、上記のようにある一定の事実を前提としている以上、前学長による記者会見は問題提起として意義はあり、これに同席したことを主な理由とする懲戒解雇は行き過ぎた処分として甚だ納得がいきません。このような行き過ぎた処分は先生の名誉を傷つけ、先生に教わった私たち卒業生の名誉をも傷つける行為であることから、強い憤りを覚えます。, 上記処分が学期期間中突然なされたことにより、非がないはずの在学生が先生の講義を受けることができなくなり、単位履修に支障をきたし、留年する恐れにさらされています。さらに、受けられなくなった講義分の学費は誰が負担するのか、第三者の誹謗中傷から在学生をどのような方法で守るのかという問題も生じています。在学生はこのような理不尽な問題に複数直面し、不安な学生生活を強いられていますが、大学はその不安を取り除くための経緯説明・対応を在学生が納得する形で行ったのでしょうか。保護者も同様に不安を感じています。このような大学の対応は、あまりにも在学生の今後を考える視点がかけており、私たち卒業生は大変遺憾に思っております。速やかに経緯説明・対応を明らかにすることを強く求めます。, 告発された問題について、出入国在留管理庁が調査をしているとの報道があります。調査の結果、そのような事実があるとされれば大学運営法人は当然責任問題になるものと認識しておりますが、そのような事実がないとされた場合であっても、大学運営法人は告発された問題を真摯に受け止め、外国人留学生への誠実な対応(講義における言語理解の補助、日本での生活サポート等)を確保していることを独自調査等により明らかにし、結果を公表することにより明確化することを強く求めます。, なお同大では先頃、留学生問題に関する第三者委員会を設置。事態の収拾に乗り出す予定だ。月刊財界さっぽろ編集部では、この問題をはじめとする“キナ臭い”話をさらに追及する予定だ。, この問題に関しては、8月14日発売の月刊財界さっぽろ9月号でも関連記事を掲載。こちらもぜひご覧ください。. (011)852-1181(代表) プライバシーポリシー 札幌国際大学理事長の上野八郎氏(左)と今年3月末で同大学長を退任した城後豊氏 ©財界さっぽろ 同大教授で民俗学者の大月隆寛氏は、兼ねてから留学生受け入れについての問題点を指摘、城後氏とともにその会見にも同席していた。
2020 札幌大学 教授