「心に太陽を 唇に歌を」という詩が好きです。心に太陽を持て。あらしが ふこうと、ふぶきがこようと天には黒くも、地には争いが絶えなかろうと、いつも、心に太陽を持て。くちびるに歌を持て、軽く、ほがらかに。自分のつとめ、自分のくらしに、よしや苦労が絶えなかろうと デジタル大辞泉プラス - 心に太陽を持ての用語解説 - 山本有三の編纂・翻訳による児童向けの海外逸話集。1935年1月から刊行を開始した「日本少国民文庫」の第12巻(第1回配本にて刊行)。副題「胸にひびく二十篇」。表題作はドイツの詩人、ツェザール・フライシュレンによる詩。 とあり、ツェーザル・フライシュレンの詩「心に太陽を持て」の全文が掲載されています。 2 大阪府立国際児童文学館のホームページでは、1935年1月刊行の初版本が紹介されており、その解題によれば次のように記されています。 心に太陽を持て. 「心に太陽を持て」 確か?NHKの朝ドラ「おひさま」の中で、 主人公の兄の愛読書として、 この本が、登場しましたよね。 ~≪心に太陽を持て≫~ この言葉は、山本有三氏の座右の銘として… 心に太陽を持て 心に太陽を持て あらしがふこうと ふぶきがこようと 天には黒くも 地には争いが絶えなかろうと いつも、心に太陽を持て くちびるに歌を持て 軽く、ほがらかに 自分のつとめ 自分のくらしに よしや苦労が絶えなかろうと 心に太陽を持て あらしが吹こう が、雪がふろうが、 天には雲、 地には争いが絶えなかろうが! 心に太陽を持て そう すりゃ、何がこようと平気じゃないか! 読書感想 第64冊 心に太陽を持て 山本有三 新潮社 2018年のベストセラー 『君たちはどう生きるか』は 全16冊からなる 「日本少国民文庫」の最後に配本されました。 1937年7月の事です。 その「日本少国民文庫」の第1回配本が 山本有三の『心に太陽を持て』です。
2020 心に太陽を持て 解釈