第156回(2017年) キタサンブラック 第038回(1958年) セルローズ 第092回(1985年) ギャロップダイナ 第104回(1991年) プレクラスニー 第130回(2004年) ゼンノロブロイ 第110回(1994年) ネーハイシーザー, 第112回(1995年) サクラチトセオー 第124回(2001年) アグネスデジタル 第108回(1993年) ヤマニンゼファー 天皇賞(春) ・ レース映像は、gⅠ開催日の18時頃に掲載いたします。 ・ 1984年以降のgⅠレースの映像となります。 天皇賞(春) 表はスクロールすることができます. 第096回(1987年) ニッポーテイオー 第013回(1943年) クリヒカリ 第118回(1998年) オフサイドトラップ 第150回(2014年) スピルバーグ 第032回(1955年) ダイナナホウシユウ 第060回(1969年) メジロタイヨウ 第080回(1979年) スリージャイアンツ 第120回(1999年) スペシャルウィーク 第022回(1950年) ヤシマドオター 天皇賞(てんのうしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が春・秋に年2回施行する中央競馬の重賞 競走(GI)である。 第1回とされる「帝室御賞典」は1937年(昭和12年)に行われているが、JRAが前身としている「 The Emperor's Cup (エンペラーズカップ)」までさかのぼると1905年(明治38年)に起源 … 第128回(2003年) シンボリクリスエス 第114回(1996年) バブルガムフェロー 第126回(2002年) シンボリクリスエス 第162回(2020年) アーモンドアイ, 過度な内部リンクや太字の使用、マークアップなどを、適切な形に修正することが求められています。, 比較のために、牝馬に4ポンド追加している。表中のアーモンドアイ・アエロリットが該当, 安田記念|2019年06月02日 | 競馬データベース - netkeiba.com, 【安田記念】インディチャンプG1初V 2強粉砕!福永会心「馬が応えてくれた」 | 競馬ニュース, 【安田記念】アーモンドアイ悲運3着 発走後不利…G1連勝「5」で止まる | 競馬ニュース, 宝塚記念|2019年06月23日 | 競馬データベース - netkeiba.com, 【宝塚記念】スワーヴリチャードは勝ち馬から5馬身差の3着 Mデムーロ「最後はじりじりでした」, 神戸新聞杯|2019年09月22日 | 競馬データベース - netkeiba.com, 【神戸新聞杯】サートゥルナーリア独壇場 ノーステッキ3馬身!ライバルぶっちぎり | 競馬ニュース, 産経賞オールカマー|2019年09月22日 | 競馬データベース - netkeiba.com, 【オールカマー】スティッフェリオ快逃V 音無師驚いた「あんなに強いとは」 | 競馬ニュース, 京都大賞典|2019年10月06日 | 競馬データベース - netkeiba.com, 【京都大賞典】ドレッドノータス絆で大金星 師匠・矢作師「瑠星で勝てて良かった」 | 競馬ニュース, 毎日王冠|2019年10月06日 | 競馬データベース - netkeiba.com, 【万哲の馬場予報】天皇賞・秋(東京芝)「脚質問わず内を通る馬には注意」 | 競馬ニュース, 天皇賞(秋)(G1) レース結果 | 2019/10/27 東京11R レース情報(JRA) - netkeiba.com, 【天皇賞】アーモンドアイ無双 日本に敵なし!最強女帝3馬身差の完勝でG1V6 | 競馬ニュース, 【天皇賞・秋】ダノンプレミアムは3馬身差の2着 川田「やはりアーモンドアイは強いですね」, 【天皇賞】ダノンプレミアム2着完敗 中内田師「化け物」アーモンドアイに脱帽 | 競馬ニュース, 【天皇賞】サートゥルナーリア6着…高かった古馬の壁 スミヨン「力みがあった」 | 競馬ニュース, 【C.スミヨン騎手(後編)】『今年いい結果を出して、来年も短期免許で日本に乗りにきたい』, 「ベストターンドアウト賞」 サートゥルナーリアの滝川清史調教助手が受賞 | 競馬ニュース, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=第160回天皇賞&oldid=80115932, 12.8 - 11.4 - 11.5 - 11.6 - 11.7 - 11.6 - 11.3 - 11.1 - 11.3 - 11.9, 騎乗したクリストフ・ルメールは、レースについて「アエロリットの後ろでいいポジションを取れましたし、サートゥルナーリアをマークして行ったんですが、早めに止まってしまったので内にスペースがあったしいい反応をしてくれました」, 国枝栄調教師は、最後の直線の伸びについて「やっぱりビックリですよね。メンバーがメンバーなので、しのぎを削ってという感じを思っていたんですけど、一気に抜けましたね」「なんか…おっかないというか…ねぇ。すごいなと。本当にビックリですね」と振り返った, レース後、今までと同じく脚元がふらつく場面が見られたため、芝コースでの口取り記念撮影はなく、検量室前で水をかけられ、厩舎へと引き揚げた。優勝馬が姿を見せないため、競馬場内がざわついたが、国枝は「止めると少しフラッとしたので大事を取っただけ」と説明した, 騎乗した川田将雅は、レースについて「スムーズに自分の競馬はできましたが、やはりアーモンドアイは強いですね。(ダノン)プレミアムなら、と思って挑みましたが、やはり強かった」と振り返った, 騎乗した戸崎圭太は、レースについて「状態はさらによくなっていた。自分の形で競馬ができたし、最後も2着に入りそうな感じがあった。距離がうんぬんと言うより、本当にタフな馬」と評価した, 騎乗した岩田康誠は「力のある馬。スムーズに自分の競馬ができ、よく伸びてくれた」と評価した, 騎乗した福永祐一は「もう1列前で競馬がしたかった。リラックスして走り、脚はたまっていた。最後はよく追い詰めただけに悔しい」と回顧した, 騎乗したクリストフ・スミヨンは、敗因として精神面を挙げ「ゲートに入る前からカッカしていた。レースでも力みがあった。残り100メートルで外に逃げてしまったし、ラストはアップアップだった」, 騎乗した松岡正海は「競馬上手な面を生かせた。調子が戻ればもっと上位にこれる」と分析した, 騎乗した幸英明は「最後はしっかり脚を使ってくれたし、こういう競馬がいいのかな」と分析した. 第011回(1942年) ニパトア 第084回(1981年) ホウヨウボーイ 第026回(1952年) トラツクオー 第142回(2010年) ブエナビスタ 3:39. 天皇賞(春)(過去gⅠ成績) レース成績データ 過去gⅠ成績. 第064回(1971年) トウメイ 第003回(1938年) ヒサトモ 第072回(1975年) フジノパーシア 第144回(2011年) トーセンジョーダン 第078回(1978年) テンメイ 2009年 天皇賞(春)のページ。スポーツ総合サイト、スポーツナビ(スポナビ)の競馬ページです。最新のニュース、レース日程と結果、出馬表、オッズ、名鑑情報、記録、成績などを素早くお届けします。 天皇賞(春)[2009年5月3日京都10r]のネット新聞。全重賞レースの予想印/血統&コース分析/コース×種牡馬連対率など豊富なデータが満載!アナタの予想も記入できます。 第132回(2005年) ヘヴンリーロマンス 第044回(1961年) タカマガハラ 2018年の天皇賞(秋)のレイデオロ、2019年の天皇賞(春)のフィエールマンに続いて、天皇賞3連勝 。天皇賞3連勝は、武豊、和田竜二に並ぶ記録で史上3人目 。 国枝栄厩舎は、2009年の天皇賞(春)マイネルキッツ以来、天皇賞2勝目 。 第082回(1980年) プリテイキャスト 第098回(1988年) タマモクロス 第054回(1966年) コレヒデ, 第056回(1967年) カブトシロー 第034回(1956年) ミツドフアーム 第040回(1959年) ガーネツト 第140回(2009年) カンパニー 第102回(1990年) ヤエノムテキ 第016回(1947年) トヨウメ 第030回(1954年) オパールオーキツト Mini-Patissier Miracle Patiful Humberger - Duration: 4:51. sakurameta Recommended for you. 第158回(2018年) レイデオロ 第028回(1953年) クインナルビー 第160回(2019年) アーモンドアイ 第042回(1960年) オーテモン 第074回(1976年) アイフル 第007回(1940年) ロツキーモアー 第009回(1941年) エステイツ 桜花賞2009 皐月賞2009 天皇賞(春)2009 NHKマイルカップ2009 ヴィクトリアマイル2009 優駿牝馬(オークス)2009 東京優駿(日本ダービー)2009 安田記念2009 宝塚記念2009 スプリンターズステークス2009 秋華賞2009 菊花賞2009 天皇賞(秋)2009 エリザベス女王杯2009 第001回(1937年) ハツピーマイト 第116回(1997年) エアグルーヴ 第050回(1964年) ヤマトキヨウダイ 第090回(1984年) ミスターシービー 第070回(1974年) カミノテシオ 第106回(1992年) レッツゴーターキン 天皇賞(春) 2009年 第139回 3200m.mpg - Duration: 3:39. kinghorse7 19,859 views. 第020回(1949年) ニユーフオード 第146回(2012年) エイシンフラッシュ 第088回(1983年) キョウエイプロミス 第058回(1968年) ニットエイト 第068回(1973年) タニノチカラ 第018回(1948年) カツフジ 天皇陛下御即位慶祝 第160回天皇賞(秋)(だい160かいてんのうしょう・あき)は、2019年10月27日に東京競馬場で開催された競馬の競走である。アーモンドアイが優勝した。, 2019年(令和元年)10月22日に令和の「即位礼正殿の儀」が執り行われた天皇陛下の御即位を祝して[2]、秋の天皇賞の競走名を「天皇陛下御即位慶祝 第160回天皇賞(秋)」と定めて、「慶祝競走」が開催されることなった[3]。, それを受け、日本中央競馬会(JRA)では、ウインズやエクセル、東京競馬場内の競馬博物館にて、「天皇陛下御即位慶祝メモリアルブック」が配布され、天皇賞の歴史についてや皇室と競馬の繋がり、競馬関係者や著名人が語る天皇賞の思い出が掲載された[4]。, 安田記念は、インディチャンプが最後の直線4、5番手から外に持ち出して抜け出し、安田記念のレースレコードでGI初制覇を成し遂げた[6]。2着のアエロリットは前走のヴィクトリアマイルから中2週の間隔での出走、直線で逃げ粘るものの、2018年の安田記念と同じ2着となった[7]。騎乗した戸崎圭太は「落ち着いていたし、いい雰囲気でした。レースもいい形で運べたし、リズムもよかった。」と振り返っている[7]。3着のアーモンドアイは、スタート直後に大外枠のロジクライが内に大きく切り込んだことにより、後方に閉じ込められる不利があったが、最後の直線で出走メンバー中最速の上がり3ハロン32秒4の末脚を見せた。騎乗したルメールは、「スタートで問題があった。あれで5馬身くらい(ロスした)。GIのマイルで…。最後まで頑張っていたんですが」と話した[8]。7着のケイアイノーテックは、12番手から上がり3位の32秒7の末脚を見せた。16着のダノンプレミアムは、同じくロジクライによる不利を受け、後方からレースを進めることとなったが、ダッシュがつかず、最後は無理せずに流して入線した[9]。入線後騎乗した川田が、馬場内で下馬し、馬運車で運ばれ、診療所で検査を受けたが異常は認められなかった[10]。, 宝塚記念は、リスグラシューが、2018年のエリザベス女王杯に続くGI2勝目[12]、史上4頭目[注 1]の牝馬による宝塚記念制覇となった[12]。3着のスワーヴリチャードは、先行策で4番手に付け最後の直線は内から前を追った[13]。騎乗したミルコ・デムーロは、「頑張ってるよ。勝った馬の後ろにいたが、最後はいつも通りジリジリだった」とした[14]。4着のアルアインは、好位からレースを進めたがラストは脚色が鈍った[15]。北村友一は「4コーナーからの手応えが前走ほど良くありませんでした。距離が1ハロン長いのか、馬場の内が緩かったからか、そこは微妙です」と分析した。単勝10番人気の評価で7着のスティッフェリオ、騎乗した丸山元気は「向こう正面でも右手前のままでした。これから強い馬と戦って力をつけていってくれれば。」とした[16]。マカヒキは11着で、「馬場を気にしていたのか、進んで行かなかった」と騎乗した岩田康誠が回顧した[16]。, 神戸新聞杯はサートゥルナーリアが制した[18]。ノーステッキで2着のヴェロックスに3馬身離して、ルメールは「向正面も冷静に走っていた。3、4コーナーで外へ出してから加速し、すごくいい脚を使ってくれた」とし[18]、「スーパーホースだと思います」と評価した[18]。なお3着のワールドプレミアは次走の菊花賞でGI初制覇を挙げており[19]、ヴェロックスは同じく菊花賞で3着となった[20]。, オールカマーは、スティッフェリオが勝利した。レース序盤にハナを奪い、そのまま逃げ切り[22]、2017年の東京優駿(日本ダービー)、2018年の天皇賞(秋)でGIを2勝しているレイデオロを4着に退け[23]、重賞3勝目を記録した。騎乗した丸山元気は、「馬の雰囲気も4コーナーの反応も良かったです。リズム良く運ぶことが出来ました。強いメンバーに入って、どこまで走れるかと思っていましたが、よく走ってくれました。馬場もいいし、作戦も上手くいきました。小回りコースで結果を残してきた馬で、広いコースでも結果を出したいです。重賞を勝たせてもらってきた馬で、GIでも結果を残したいです」と振り返った[24]。海外G1を制した後の休み明け復帰初戦であったウインブライトは9着で[25]、騎乗した松岡正海は「距離が長いです。位置取りは一番良いぐらいでしたし、ペースも問題ありませんでしたが、距離が敗因です」と回顧した[24]。, 京都大賞典では、ドレッドノータスが勝利した。11番人気の評価で、3連単188万円の高配当を演出した[27]。2015年の京都2歳ステークス以来の4年ぶりの重賞2勝目。騎乗した坂井は、「開幕週だったので、ハナの後ろのイメージ通りのポジションを取れて、リズムよく運べました。直線もしっかり伸びてくれて、ダンビュライトが粘っていたけど、かわしてくれると思っていました。指示通りに乗れて、師匠の矢作先生の馬で勝てたのが何よりうれしいです。前走に比べて体が絞れて状態は良かったと思います」と振り返った[28]。, 2着は逃げたが直線で捕らえられたアエロリット。騎乗した津村明秀は「ペースはちょうど良く、最後にインディチャンプを差し返してくれて、力のあるところは見せられました。3コーナーで自分から力むところがあったので、そこが影響したのかもしれません」と振り返った[30]。, 全16頭のうち、天皇賞史上最多の10頭がGI優勝馬で、重賞勝利馬が15頭という豪華メンバーでの開催となった。アーモンドアイ[31]は、2018年に牝馬三冠や第38回ジャパンカップを制した後、ドバイに赴きドバイターフに優勝し、GIを5勝している。その後帰国し第69回安田記念に出走。スタート直後のロジクライの斜行で進路を狭まれる不利を受けたが、最後の直線で巻き返し3着。それから秋は初めて出走、単勝オッズ1倍台の支持で、断然の1番人気となる。2番人気はホープフルステークスや皐月賞を制しGIを2勝で、前哨戦の神戸新聞杯では、同じ世代の3歳馬を寄せ付けない勝利をみせたサートゥルナーリア[32]。3番人気は2017年の朝日杯フューチュリティステークスのGI勝利があり、2019年は金鯱賞やマイラーズカップを制しているダノンプレミアム[33]。2018年の東京優駿(日本ダービー)を制したワグネリアン[34]が4番人気。2018年の大阪杯を制したスワーヴリチャード[35]が5番人気。2017年のNHKマイルカップを制したアエロリット[36]が6番人気。2016年の東京優駿(日本ダービー)を制したマカヒキ[37]が8番人気、天皇賞(秋)と同じ距離の2000mであるGI、大阪杯と皐月賞を勝利しているアルアイン[38]が9番人気、2019年の年初の中山金杯から、3連勝で香港のG1クイーンエリザベス2世カップを制したウインブライト[39]が12番人気、2018年のNHKマイルカップを制したケイアイノーテック[40]が14番人気と名を連ねた。, 13番人気のランフォザローゼス[41]以外の、15頭が重賞優勝馬で、スティッフェリオ[42]は前哨戦のGIIオールカマーを勝利するなど重賞3勝の実績があり11番人気。10番人気のカデナ[43]は2017年の弥生賞以来勝利から遠ざかっているが、2019年は小倉記念2着や、新潟記念3着と好走している。15番人気のドレッドノータス[44]は前哨戦のGII京都大賞典で、2015年の京都2歳ステークス以来の4年ぶりの重賞2勝目を挙げた。7番人気のユーキャンスマイル[45]は、2017年の菊花賞3着の後、2019年はダイヤモンドステークスと新潟記念と2勝している。最低人気の16番人気のゴーフォザサミット[46]は、2018年の青葉賞を制したが、その後GIIを走り続けたが、凡走が続いている。, 10月27日当日、東京都府中市の天気予報は曇りで、降水確率20パーセント[47]、15時時点の東京都の最高気温は20.6度で[48]、湿度72パーセント[48]、降水量はなく[48]、風速1メートルで風はほとんどなかった[48]。, 天皇賞2日前の10月25日の大雨により東京競馬場でも60.5ミリメートルの雨量を記録[49]。25日の正午現在では、含水率が芝コースのゴール前22.5パーセント、4コーナーで21.4パーセントで不良馬場が記録された[49]。, 天皇賞前日の26日は晴天に恵まれ、含水率は芝コースのゴール前18.0パーセント、4コーナーで17.7パーセントとなり[50]、天皇賞までに良馬場に回復した[51]。, 芝コースはこの週から内ラチから3メートルに仮柵を設けるBコースを使用した[47]。, アエロリットが良いスタートでハナに立ち、スティッフェリオやサートゥルナーリアがそれに倣い先頭集団を形成。その後ろのダノンプレミアムとアーモンドアイが並んだ。後方にスワーヴリチャードやワグネリアンが付けて、そのさらに後方には、ユーキャンスマイルやマカヒキ、最後尾はカデナが待機する隊列となった。, 1000メートル通過のペースは59.0秒とアエロリットがマイペースの逃げに持ち込み、第4コーナーではまだ後続に1馬身離していた。これをめがけて2、3番手にいたサートゥルナーリアが手綱を持ったまま、アエロリットの外側を進出、それにつれてその外からダノンプレミアムが追い出し、先頭で3頭が並ぶ形となった。その後ろに位置していたアーモンドアイが3頭を見ながら、内を走るアエロリットと内ラチの間をすり抜け先頭に躍り出た。追い抜いた残り200メートル地点からは2番手集団を離して、ゴール板では2着馬に3馬身離す独走状態で入線した。, 2番手集団は最も外のダノンプレミアムと最も内のアエロリットが横一列で入線したが、クビ差ダノンプレミアムが勝って2着、アエロリットが3着、サートゥルナーリアは直線で伸びを欠き6着に後退した。, 後続集団では、ユーキャンスマイルとワグネリアンが追い込んで来たが前の集団には届かず、それぞれ4着、5着となった。, 競馬評論家の安藤勝己は自身のTwitterにて、アーモンドアイについて「改めてとんでもない馬。スタート後は(サートゥルナーリアの)スミヨンに強引に入られてヒヤッとしたけど、そんな心配もどこ吹く風」「先行馬ペースで前付けした2頭が圏内に残ったけど、その手応えがまるで違う。1分56秒2で走ってやからね」とし、ダノンプレミアムについては「相手が悪かったとしか言いようがない」と評価した[71]。, 国際競走指定前: 第048回(1963年) リユウフオーレル 第036回(1957年) ハクチカラ 第052回(1965年) シンザン 国際競走指定後: 第122回(2000年) テイエムオペラオー 第005回(1939年) テツモン 第094回(1986年) サクラユタカオー 第024回(1951年) ハタカゼ 第066回(1972年) ヤマニンウエーブ 第154回(2016年) モーリス 第100回(1989年) スーパークリーク 第086回(1982年) メジロティターン 第148回(2013年) ジャスタウェイ 第138回(2008年) ウオッカ 第046回(1962年) クリヒデ 第076回(1977年) ホクトボーイ 第136回(2007年) メイショウサムソン 第152回(2015年) ラブリーデイ 第062回(1970年) メジロアサマ 第134回(2006年) ダイワメジャー
2020 天皇賞(春 2009)