連覇を目指す國學院久我山と2年ぶりの全国を狙う国士舘の好カードは、おなじみ駒沢第二球技場です。 昨年度は都内で圧倒的な成績を残し、選手権でも全国ベスト16まで勝ち上がるなど、改めてその存在感を示してみせた國學院久我山。 7月28日に行われた高校野球西東京大会決勝で、国学院久我山が創価を4対2で破り28年ぶり3回目となる夏の甲子園出場を決めた。, 就任6年目を迎える29歳尾崎直輝監督の「部員たちとともに考え、行動する姿勢」が実を結ぶ形となった。, 偏差値71の伝統ある私学の名門校ではスポーツ推薦はあるものの、高い学力を求められ、練習時間は平日・土日ともに3時間以内と定められている。その中でも部活動は盛んで、日本一の経験もあるラグビー部、2016年冬に全国高校サッカー選手権で準優勝したサッカー部、さらに陸上競技部やバスケットボール部も度々全国大会に出場している、まさに文武両道校だ。, 一方、野球部は甲子園に春3回、夏2回と過去5回出場してきたが、直近では松田進(ロッテ内野手)を擁した2011年春以来、夏は井口資仁(ロッテ監督)を擁した1991年以来、遠ざかっていた。, 環境面でもサッカー部と同じグラウンドを使用し、火曜日~金曜日は全面を使うことはできない。そんな環境下でも尾崎監督は「“できない理由”にするのではなく、“だからこそできる”と思っています」と言い訳はしない。, 少ない練習時間も「(勉強の時間も十分に取れ)将来の選択肢を増やすことができます」と、それをむしろ強みと捉えており、現在東大や慶大に進み東京六大学野球でプレーする選手も輩出してきた。, 高校時代は肩と腰の怪我により2年途中からは「主務兼学生コーチのような形」で裏方としてチームを支えた。進学した国学院大では谷内亮太(日本ハム)と同期だったが、野球部には入らず、そのまま継続して高校でコーチを務めた。そして、教員として採用された年の新チームから率いることとなった。, 「“鹿島っぽさ”を大切に、サポーター目線のコンテンツを」 5Gマルチアングル観戦体験で見えたこと, いい顔に迫る資生堂クロストーク「ONE ON ONE」羽根田卓也(カヌー選手) × 吉岡里帆(女優), 「SHISEIDO presents 才色健美 with Number」 最新コラム(右代啓祐さん)公開中!, ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。, 坂本勇人「あのときの長野さん、自分のことのように喜んでくれて…」塁上で感極まったワケ, 乾貴士が神トラップ&岡崎慎司に友情の平手打ち!? !』は、なぜ“立体的”に見えるのか? 「他で見たことない!」3つの表現法, <転身24年目>元SMAP森且行46歳、日本選手権初優勝 7年前に明かしていた「メンバーとの約束」, 神宮の珍事で嵐ファンと野球ファンが“場外乱闘”? 次々起こる“事件”経て、なぜか「アラフェス2020」観ることに, “奇跡のCS進出”ならず…それでもライオンズを陰で支えた西武鉄道の「野球ダイヤ」、特別な半年, 「ぶん殴られて痛いなんて未熟ですよ」プロ格闘家・青木真也が東大卒プロゲーマー・ときどにズバリ. 武藤嘉紀との“ロシアW杯組”3ショット写真も, 坂本勇人、3085安打・張本勲超えへ“必要3条件”は満たすが…最大の“不安要素”とは, 怪物・井上尚弥、“豪傑・パッキャオ”の域を目指し、次戦はWBO王者カシメロ? それとも…, 坂本勇人「31歳で2000本安打」への道を拓いた“2009年の屈辱” 後輩にも教わり極めた右軸打法, 年俸「120円」の42歳Jリーガーが月20万円の個人スポンサーを断ったワケ 監督は「考え方が違うんだよなあ」, 高校球児のダルビッシュ&イチローとの歓喜、見たことある? Numberカメラマンらが撮った“秘蔵写真”, 内川聖一「『僕は生え抜きじゃない』という遠慮が心のどこかに残っていました」監督がかけた言葉とは, なぜ楽天・涌井秀章(34)はウエートトレーニングをピタリとやめた? 本人が明かすイチローとダルの影響, 「ここまで勝点に貢献してくれるとは…」40歳遠藤保仁が移籍1カ月で“ジュビロの絶対的エース”に, 那須川天心に耳打ちした言葉とは? <独占>皇治インタビュー「あの子は人間、怪物ではない」, 大人気バレー漫画『ハイキュー! 2点のビハインドをひっくり返した関東一が國學院久我山を撃破!全国まであと一つ 【ニュース - 第99回全国高校サッカー選手権東京予選】; 東京aブロックは関東一と日大豊山が決勝へ 【ニュース - 第99回全国高校サッカー選手権東京予選】; 7日に東京aブロック準決勝! 久我山のスタイルは「パスサッカー」だが、中学年代からの育成や狭いグラウンドでの練習でチームのカギとなる「判断力」が養われている。 第94回全国高校サッカー選手権決勝 國學院久我山の選手達 写真提供:筆者が撮影 ビジネスを勝利に導くFCバルセロナのマーケティング実践講座』(ソル・メディア)、『モウリーニョvsグアルディオラ』(ベースボールマガジン社)。, 矢板中央高校、流経大柏など注目の6チームが登壇!【中3生向け:高校サッカー部 オンライン合同説明会】を開催, 高校サッカー日本一の静学・川口修監督に聞く、劣勢を跳ね返すのに必要な「頭を整理する力」を身につける指導, サッカーで頭を切り替えるのに必要なスキルとは。選手権優勝の静岡学園に学ぶ、必要な情報を選び取る力, 保護者のキャラも見られている! 川崎フロンターレのスカウト担当が語る「いい選手」の保護者の特徴, ボールホルダーの選択肢を狭めるプレスのかけ方/ジュニア年代から理解しておきたい守備の基本トレーニング, パフォーマンスを上げる時に気を付けたい「悪い癖をつけるトレーニング」になっていませんか?, Jクラブのスカウトが見るポイントは? 川崎フロンターレのアカデミースカウトが語る選手評価ポイント, 股関節の可動域はドリブラーの生命線!興國高校・内野智章監督も絶賛のストレッチ法とは?, 中村憲剛選手もサカイクキャンプの考え方に共感! 一流選手に必要な「考える力」を育む一歩, サッカーがうまくなる一番の方法が、技術指導ではなく人間性を磨くことだと教えてくれる記事7選, お子様の疲れが気になるなら!10歳~15歳のジュニアアスポーツ専用サプリ「キレキレ」. copyright(c) 2010-2020 E-3 Inc. all rights reserved. 例えば、東京都予選4試合で8得点とチーム総得点(11得点)の7割以上を一人で叩き出したFW松村遼選手は、國學院久我山中学からの一貫生で大学では食品関連の研究をするため難関国立大学の受験を予定しています。理系の進学クラスに在籍するため毎日1時間ほど練習参加が遅れ、部活終了後は塾に直行して21時まで自習室での勉強を続けてきた松村選手は、全国トップレベルの高校サッカー部で主軸として活躍しながらもあくまで学業(一般受験)での大学進学を目指してきました。, 李済華(リ・ジェファ)監督は東京都予選決勝でハットトリックの活躍を見せた松村選手についてこう話します。, 「うちにはサッカーで入ってくる子もいますが、松村は俗に言う『久我中』、一貫の久我山中からサッカー部に入ってきた子なので今も受験のためにしっかり勉強をやっています。うちは周りから『文武両道』と言って頂いていますが、勉強をやっている彼のような選手でもサッカーでこのくらいのレベルになれるんだと。『勉強かサッカーか』と迷っている子どもたちにとって、松村はそのままの見本です。彼を見てもらえれば、『悩む必要ないよ、両方できるよ』と言えますから、すごくいいことだと思います」, 今大会の注目選手として脚光を浴びたU-18日本代表候補のMF渡辺夏彦選手もサッカーの実力的には「サッカー推薦」、「特待生」での大学進学が十分可能でしたが、「自分の中でずっとテーマとしてきた『文武両道』を大学でも実践したい」という強い意志の下、AO入試で超難関私立大学への進学を決めています。しかし、渡辺選手は周囲から「久我山は文武両道を実践していてすごい」という評価を受けることについてこう話します。, 「普段の勉強をしっかりやって、定期テストで点数と成績を取るというのは、部活のあるなしは全然関係ないと思います。例えば、テスト前は部活なしのところもありますが、そういう人たちが帰ってダラダラと勉強するより、僕は部活をやって、スイッチを切り替えて勉強に集中するという方が効率良くできると考えています」, しかし、サッカー部がテスト一週間前に練習を許可されるのはインターハイや選手権といった公式戦を控えた時のみ。朝練は学校と李監督の方針から行なったことすらなく、学校が完全下校の時間(18時半)を徹底管理しているため國學院久我山の練習時間は1日平均1時間半で2時間を超えることはまずありません。オフも週1日以上しっかりと確保されており、李監督の持論は「練習の質を高めるためには朝練も2時間以上の練習量も必要ないし、逆にサッカーをやり過ぎてもサッカーは上手くならない」というものです。, また、國學院久我山にもスポーツ推薦の制度は存在しますが(サッカー部は一桁の推薦枠)、スポーツ推薦にしては「かなり高い」と言える評定平均が求められ、どれほどサッカーが上手くとも評定平均以上の成績がなければ受験できません。スポーツ推薦で入学する学生は5組に集められますが、ここでも私たちが一般的にイメージする「スポーツクラス」とは大違いで毎週小テストが課され、中間・期末テストのレベルも高く勉強の量と質の双方が求められます。, 李監督は文武両道の追求について「高校に通っているわけですから、勉強とクラブ活動の両方を一生懸命やるのは当たり前のこと」とした上で、こう続けます。, 「結局、文武両道で頑張るのは『人生をよく生きる』という目標のためです。勉強をすること自体はとても良いことで、私の考える勉強とは学校の成績を上げるためのものに限らず、物事を知るということを含みます」, こうした監督の考えは久我山の選手たちに見事に浸透しており、例えば今年のエースで大学進学ではなく海外を含めたプロ志望のFW富樫佑太選手は、, 「僕は基本あまり勉強をしたくない人間で、23時前には寝る生活を心がけていました」としながら、独自の勉強法についてこう説明します。, 「完全下校の時間が早く、20時までには帰宅できるのですが、帰ってからの時間はそう多くないので、電車の移動時間を利用して勉強していました。中学の時も電車で1時間かけて移動していましたが、その時の電車の1時間と、高校に入って使う電車の1時間が全然違うものになっています。ちょっとした合間の時間や余った時間をどう使えるかが大事だと思いますし、そこは高校に来て格段に上手くなりました」, また、受験勉強のない富樫選手は高校3年生になって通学電車内で読書に励むようになっています。様々なジャンルの本を読みあさり、サッカーノートに読書感想文まで記しているという富樫選手はまさに李監督が定義する「物事を知るための勉強」を現在進行形で実践しています。, このように國學院久我山の文武両道を見ていくと、文と武が切り離されたものではなく、「文が武を、武が文を助け、互いを高め合っている」ことがよくわかります。例年、学校での成績も優秀なサッカー部の選手たちは指定校推薦で関東の難関私立大学に進学することが多いのですが、今年のチームは例年とは異なり主力選手ほど一般受験での大学進学を目指しています。今大会の開幕戦のピッチに立った3年生では、松村選手を含めて3名が1月のセンター試験、2月からの一般入試を控えながら12月30日までトップレベルの高校サッカーに取り組みました。彼らにしてみれば口で言うほど「簡単なことではない」のでしょうが、これを可能にしたのはサッカーにおいても勉強においても「量ではなく質を追求する」國學院久我山の文武両道メソッドでした。誰もが久我山レベルで文武両道を実践できるわけではないでしょうが、本当に知って欲しいことは彼らのレベルの高さや凄さではなく、自分に合ったレベルでサッカーと勉強の両方を頑張ること、そのための独自のメソッドを確立することの大切さなのです。, 1977年、京都府生まれ。早稲田大学卒。サッカージャーナリスト。スペイン在住歴5年。日本とスペインで育成年代の指導経験を持ち、「育成」を主軸にしながらも指導者目線の戦術論やインタビューを得意とする。現在はサッカークリニック、サッカー批評、サッカーダイジェストなど複数の媒体で執筆の傍ら、サッカー関連のイベントやセミナー、ラジオ、テレビなどでトークもこなす。著書に『サッカー日本代表の育て方』(朝日新聞出版)、『日本はバルサを超えられるか(共著)』(河出書房新社)、『サッカー選手の正しい売り方』(カンゼン)、『スペインサッカーの神髄』(ガイドワークス)、訳書に『レアルマドリード モウリーニョの戦術分析』(スタジオタッククリエイティブ)、『SHOW ME THE MONEY! ――今年の高校サッカー選手権を最後に、監督を退任した清水恭孝さんとは11シーズンにわたり、仕事をご一緒したと伺いました。9年前に國學院久我山高校サッカー部でコンディショニングコーチを任されたとき、どんなイメージを描いていたのですか? 国学院久我山を導いた29歳青年監督。 “短い練習”を武器にした文武両道。 posted 2019/07/29 12:10 文武両道を高いレベルで実践する國學院久我山が勉強とサッカーを両立できるわけ。勉強か、サッカーか、だけではない。一般入試で大学受験する子たちも多い久我山の取り組みを李済華監督に聞いた 「美しく勝て」をモットーとしたパスサッカーで開催中の第92回全国高校サッカー選手権大会では優勝候補の一角にも推された國學院久我山でしたが、注目を集めた12月30日の開幕戦で熊本国府に1-2で敗れ、惜しくも初戦敗退となりました。しかし、國學院久我山の本当の価値はサッカーや選手権のみの結果では測れません。周知の通り、同校は「文武両道」を高いレベルで実践している模範的高校サッカー部です。.
2020 國學院久我山 サッカー 監督