郷田真隆王将がまさかの二歩の禁じ手で公式戦に敗れました。 ちなみに郷田さんが二歩で敗れたのは2度目! 実は8月27日に結婚していた郷田真隆さん。 結婚後初の公式戦で痛い敗戦となってしまいました。 プロ棋士・女流棋士へのお仕事依頼. 康光「奥さんツイッター再開されたんですねニヤニヤ」 10 名無し名人 2018/02/14(水) 23:00:28.33 ID:ANlS60Ho 多忙でネットにも疎い会長と専務理事にかわってアヒルTwitterを監視するその妻たち , このサイトに掲載されている記事・イラスト・写真・商標等の無断転載を禁じます。. 佐藤康光さんで今回も2回に分け掲載と考えています。 彼の事を「一億と3手読む人」と言ったのは故原田康夫先生。タイトル戦で集中して読んでいる姿を撮っていると本当にそう思います。 佐藤康光さんは、 2004年8月に今のお嫁さんと結婚しました。 才色兼備の女性として、 たびたび話題になっています。 2009年には、 娘さんが誕生し、 メロメロだとのこと。 こういうエピソードは、 ほのぼのとしていて良いですね〜 対局の時には、 妻の特製ドリンクを持ち込むこともあるとか。 ラブラブじゃないですか!! お嫁さんのお名前については、 「京子」さんという噂があるのですが、 確認はできませんでした。 だが、それが元阪神の矢野選手のように、こちらがファンの人だったりすると、話がややこしい。, 応援する気持ちとねたみそねみがクロスオーバーして、なんともアンビバレントな気持ちになるのだ。, そんな、ファンなのに奥さんが美人でねたましい人といえば、矢野選手のほかにもいるわけで、たとえば将棋のプロ棋士である佐藤康光王将。, 佐藤王将といえば、羽生善治二冠、森内俊之名人らと同世代、いわゆる将棋界の「黄金世代」をになう一人である。, 理論派でクールな羽生や森内とちがって、勢いや意地、独自性を重視する佐藤将棋は、素人が見ていてもおもしろくファンも多い。, 特に羽生とのタイトル戦は対戦成績こそ分が悪いものの、名局と呼ばれる将棋が多いのだ。, そういった熱戦を見せられるとさすが羽生ファンの私も応援せざるを得ないが、ここにひとつネックとなることがある。, 番組では、佐藤が渡辺明竜王と戦った竜王戦七番勝負が特集されていたのだが、そこでは下から突き上げてくる若手に負けるわけにはいかない佐藤が、嘔吐しながら指し続けるという激闘ぶりが見られた。, 極限まで集中した佐藤は目もうつろで、時に気持ちを休めるためにトイレに立つのだが、そこでも憔悴のあまりまっすぐ歩くこともできず、まるで泥酔した酔っぱらいのようにフラフラと廊下をさまよい歩く。, あまりの没入ぶりに前も見えないのか、何度も女子トイレに入ろうとしかけてハッとなったりなど、その姿を見ていると、将棋というのはそこまで自分を追いつめなければ勝てないのかと慄然とし、, エールを送るが、次のシーンでは奥さんが、夫のため朝に栄養たっぷりの特製ジュースを作ってあげるというエピソードが流れたりして、, かように、ファンであるのにねたましいというのは、なんとも因果なことであるよとなげく日々であるが、佐藤王将からすれば「知らんがな」であろう。, という真理もあり、そこに大いなる矛盾がはらんでいるわけで、もうどうしたらいいのやら。, そして妙手はよみがえる 大内延介vs村山慈明 2007年 第66期C級2組順位戦 その2, 将棋 「ゼット」なんて怖くない! 米長邦雄vs森安秀光 1983年 第43期棋聖戦, 「光速の寄せ」と「鋼鉄の受け」 谷川浩司vs森内俊之 1998年 第57期A級順位戦プレーオフ, 河江肖剰『ピラミッド・タウンを発掘する』 考古学的ピラミッド解析はオカルトよりもおもしろい! その2, 「七冠王フィーバー」があったころ 羽生善治vs谷川浩司 1995年 第44期王将戦 その3, 「この将棋の終盤戦を見せてやりたかった」と先崎学は言った 丸山忠久vs屋敷伸之 1990年 王座戦, 静岡と水戸の天才少女 加藤桃子vs本田小百合 2012年 第2期リコー杯女流王座戦, 河江肖剰『ピラミッド・タウンを発掘する』 考古学的ピラミッド解析はオカルトよりもおもしろい!, 久保利明と元祖「さばきのアーティスト」 大野源一vs加藤一二三 1961年 九段戦, 「七冠王フィーバー」があったころ 羽生善治vs谷川浩司 1995年 第44期王将戦 その2, 「七冠王フィーバー」があったころ 羽生善治vs谷川浩司 1995年 第44期王将戦, 「七冠王フィーバー」があったころ 羽生善治vs佐藤康光 1993年 第6期竜王戦 第5局. きっと佐藤康光さんなら新たに将棋の普及に尽力されることでしょうね。 そんな佐藤康光さんって結婚されているかどうか気になるところではないでしょうか? 47歳という事もあり結婚されていても全くおかしくないわけですが…。 Copyright(c) 2016 Japan Shogi Association , All rights reserved. 佐藤: 北海道、東京都、宮城県。続いて神奈川県、福島県、秋田県、山形県、新潟県、埼玉県、岩手県。①新潟県佐渡市(旧:佐渡国)発祥。国名としては飛鳥時代に記録のある地名。「佐渡の藤原氏」の意。藤原フジワラ参照。宮城県伊具郡丸森町小斎では新潟県佐渡市(旧:佐渡国… 将棋マガジン1987年10月号、「若手棋士訪問記 米長邦雄のスーパーアドバイス 佐藤康光の巻」より。中外製薬米長 近所の奥様たちは解散しましたか、ハハハハ。私はやっぱり、奥様方に人気があるのかな(笑)。父母 今日はよろしくお願いいたします。 佐藤康光の奥さまは、美人である。 しかも、仕事の面でも優秀な才女であるという。 私も写真を見たが、これがまあ、みなもうらやむ知的美女であった。 将棋マガジン1987年10月号、「若手棋士訪問記 米長邦雄のスーパーアドバイス 佐藤康光の巻」より。, 米長 近所の奥様たちは解散しましたか、ハハハハ。私はやっぱり、奥様方に人気があるのかな(笑)。, 米長 いやいや。こちらこそ。せっかくの日曜日にお邪魔してすみませんね。お父さんはお仕事は何をなさってるんですか。, 父 製薬会社に勤めてるんです。中外製薬なんですけどね、それで先生には以前、講演に来て頂いたことがあるんですよ。, 米長 それはどうも。私のつたない話を。お宅には昭和50年に『ピシバニール』なる薬で大変お世話になりましてね、あれでわが家も立ち直ったんですよ。ありがとうございました(笑)。あの薬はガンに効くんだけど、私の場合は家に効いた。中外製薬の人にはいくらお礼を言っても足りないぐらいですよ。, 父 そうです。おかげさまで『ピシバニール』以来、会社の内容が非常にいいんですよね。, 父 そうです。康光が小学1年生の時から。中学2年の時にこちらに来たんですよねえ。だから、7年間位大阪にいたんですね。, 米長 最初は大阪の奨励会にいたんだよな(2級の時、東京に)。師匠とか兄弟の話をしてくれ。, 佐藤四段は田中魁秀八段門下、17歳。前年度、つまり1986年度の最後の奨励会で四段に昇段、今期の順位戦にギリギリで間に合った。昇段の成績は13勝1敗、それも二段から三段に8連勝で上がって、そのまま続けてあげた成績。21勝1敗という恐るべき勢いで二段から四段に一気に駆け登った。住まいは東京都日野市。京王線の高幡不動駅から歩いて20分位。奨励会入会は1982年の秋で、これは羽生、森内らと同期。良きライバルとなっていきそうな三人である。, 米長 塚田泰明じゃないよ。タイメイはカステラみたいな甘い顔してるけど。オヤジさんが文明堂だからな。塚田正夫先生に。言われた事ない?, 佐藤 研究会とかで指した将棋で、その現れた局面を、帰ってからあれこれ研究するような感じですね。, 米長 俺が高校3年の時は……三段だったんだなあ。1年の時に三段になって3年のときも三段だったんだ。次の年に四段になったのか。高校3年で、俺は婚約者がいたね。君は?, 米長 国学院!!国学院っていったら難しいんだろ。将棋指しの頭じゃ、なかなか入れないよ。, 米長 まあ、そんな事もないか。でも、結構、難しい学校だよね。一生懸命勉強して、国学院に入れたらいいなあ、と思ってる中学生がいっぱいいるんだから。将棋の片手間に入るんだから大変なもんだよね。フフフフ。とにかく、きわめて順調に来てるわけだ。親元にいて、将棋の道場に通って、奨励会に入って、学校にも行って、めでたく四段になって。えーと、四段になったのはいつだい。, 米長 じゃあ、もう、わずかながらも給料が出てるわけだ。給料、対局料はどうしてるの?, 米長 それは非常にマジメだね。カネが入ったら、パーッとどこかへ飲みに行くとかじゃなくて、高校生らしい生活をしてるわけだ。棋士というよりも。, 米長 ああ、そうか。学校の帰りに。ちょうどいい所にあったもんだね。もっとも千駄ヶ谷にあるから、そこにしたのか。, 佐藤 ええ、奨励会に入る前まではやってたんですけど、入ってからは全然。今は1年に1回、弾くかどうかですね。, 父 いや、妻の方が熱心でして。あのう、鈴木慎一先生という人がいましてね、その人が、環境によると言うんですよ。日本人に生まれれば、自然に日本語を覚える。だから、小さい時から教育すればどんな子供でも伸びる、能力にはそんな差がないと言うんですよね。結局、あとは練習であると。一日何時間練習するかによってその能力が伸びる。そういう教育の仕方なんですよ。だから、皆、小さな頃から、やったんですよね。, 父 康光が将棋を覚えたのも、それがきっかけだったんです。夏期学校がいつも松本で行われるんですよ。4日間泊まり込みで行くんですけどね。小学2年生の時に、たまたま同じ部屋になった中学生の子がバイオリンより将棋が好きで将棋盤を持って来てたんですね。そこで興味を示したんですよ。それで帰りに松本で将棋盤を買いましてね。列車の中でやったんですね。それから好きになりました、ものすごく。自分で勉強するようになりまして、急激に強くなりましたね。, 米長 大体、ルールを覚えた瞬間に”面白い!!”というのと”つまんない”という両極に分かれるんですよね。その時に決まりますよね。プロになるような人は、”これは面白い”と思ったんですよね。だから伸びるわけだよな。, 父 そうですね。だから、家庭教育でも、子供が興味を示さなければダメですね、親がいくら一生懸命になっても。これは勉強でも何でも同じですね。, 佐藤 あ、でも、教室とか手伝っていた時はたまに怒られました。それで、礼儀とかも少しは身に付いたと思います。, 米長 大阪の方が、先輩後輩、奨励会と棋士の差というのがハッキリしているという感じがあるね。東京はなんか、みんな一緒という感じになっちゃってるけど。, 米長 俺も大阪の会館に行くと”ああ、俺はやっぱり将棋の先生だったんだな”という気がするね。奨励会員でも、尊敬のまなざしというか、気を遣ってくれてるような、そんな雰囲気があるのね。東京の場合はあいさつでも、ヘタしたらしないのまでいるしね、するにしても、なんか、アルバイトの青年が社長にちょっとあいさつするような、そんな感じのが多いんだよな。昔はそういう先輩後輩、棋士と奨励会の差というのは大変なもんだったんだよ。俺が内弟子の頃、升田三冠王が、佐瀬七段の家に来た事があったんだ。その時はもう、殿様と家来が話をしているような感じだったからね。また、奨励会でも、6級から見た初段というのも大変な差があるような感じだったんだ。そういうような所が、大阪はまだ少し残っているという感じがあるよね。君は大阪のいい所を持ち続けてるのかな。, 米長 まだ、なったばかりなんだよな。これからだ。お父さんは中外製薬だし、お母さんは若々しくて美人だし、言う事ないよね。環境はいいし、マジメだし、頑張るだけなわけだ。順調にこのまま伸びたらいいんだよね。普通にやって伸びるから順調ってわけでね。普通の人はこうは行かないんだから。まあ、いずれは将棋界を背負って立つわけだからな。しっかりやってもらわないと。その時は俺の面倒をみてくれよ(笑)。, このような、お父さんが大手企業のビジネスマンで、家庭教育の方針が明確で、普通なら大学進学→就職の道を進むケースが多くなると思うのだが、そうした中から棋士と歌舞伎役者(弟の市川段一郎さん)が生まれたというのは、ご両親が本当に子供が興味を持った分野を大事にしていたということだろう。, 「鈴木慎一先生という人がいましてね、その人が、環境によると言うんですよ。日本人に生まれれば、自然に日本語を覚える。だから、小さい時から教育すればどんな子供でも伸びる、能力にはそんな差がないと言うんですよ」, 鈴木慎一さん(1898年-1998年)はヴァイオリニストであり、スズキ・メソードの創始者。, →「やり抜く力を育てる」 ~スズキ・メソードと日本将棋連盟、トップ対談(毎日メディアカフェ), 佐藤 少し感染されてきてるかもしれないですね。 米長 先崎学という感じになってきたのか(笑)。 佐藤 そうですね(笑)。, 「やり抜く力を育てる」 ~スズキ・メソードと日本将棋連盟、トップ対談(毎日メディアカフェ), 「三番勝負の初戦を落として後のない先崎は、いささかハデな格好で対局場に現れた。『ジャンボ尾崎が着てるような感じの柄のシャツですよ』と聞いて、おおっ、と思う」, 「一足先に四段になった村山聖が杉本昌隆三段の将棋を『振り飛車の本格正統派』と評したことがあった」. 近代将棋1999年3月号、読売新聞記者の西條耕一さんの「普段着の棋士たち 関東編」より。1月某日 指し初め式。カメラマンとともに将棋会館へ。藤井竜王に1月9日付けから4週連続で土曜日の夕刊文化面に「週間日記」を書いてもらうことになったので、
2020 佐藤康光 奥さん