- 投球モーションや球のキレを数値化できるIoTボール”, https://news.mynavi.jp/article/20170928-TECHNICAL-PITCH/, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=中村稔_(投手)&oldid=77302042, 読売ジャイアンツ (1970 - 1977, 1981 - 1983, 1989 - 1992). 巨人元投手コーチの中村稔氏(81)はどう見るか。 中村氏は川上巨人の不滅の金字塔が始まった1965年に20勝4敗、70年からはコーチとしてV9を支えた。 - 投球モーションや球のキレを数値化できるIoTボール”, https://news.mynavi.jp/article/20170928-TECHNICAL-PITCH/, 読売ジャイアンツ (1970 - 1977, 1981 - 1983, 1989 - 1992), おもしろ!ザ・ジャイアンツ - ベップ出版、1984年1月発売、書籍コード:ISBN 4893513311. 中村 稔(なかむら みのる、1938年9月28日 - )は、三重県伊勢市出身の元プロ野球選手(投手)・コーチ、解説者・評論家。 「ロッテ2-0オリックス」(11日、ZOZOマリンスタジアム) 巨人からロッテにトレードで移籍した沢村が、八回、移籍後2試合目の登板をした。 1978年 から 1980年 まで 日本テレビ の野球解説者、 1981年 から 1983年 まで巨人一軍投手コーチ、 1984年 から 1988年 まで ラジオ日本 評論家、 1989年 から 1992年 まで再び巨人一軍投手コーチ、 1993年 から 1996年 まで再びラジオ日本評論家を務めた。 中村 稔 選手名鑑 (なかむら みのる) 投 手: 生年月日: 1938年09月28日: 出身地: JPN・三重県伊勢市: 身長/体重: 175cm/75kg: 投法/打法 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2009/08/12 15:10 UTC 版), 三重県出身。宇治山田商工高校卒業後の1957年に読売ジャイアンツに入団。1965年には20勝4敗、防御率2.21をマーク。1969年に現役引退後は巨人、ロッテで投手コーチを務めた。, 藤田元司が巨人軍監督の時は、必ず投手コーチに中村を起用していた。第一次監督時代は江川卓、西本聖、定岡正二、加藤初の先発4本柱を確立させ、さらに角三男をストッパーとして大成させた。第二次監督時代も桑田真澄、斎藤雅樹、槙原寛巳、宮本和知、香田勲男、木田優夫らを一本立ちさせるなど、藤田監督からの信頼は厚かった。, 1997年、近藤昭仁のロッテ監督就任に伴い一軍投手コーチに就任。投手陣の整備に従事し、チーム防御率の改善に貢献したが、翌1998年シーズン途中(6月30日)チームの記録的連敗の責任を問われ、コーチを解任された。, Weblioでは、統合型辞書検索のほかに、「類語辞典」や「英和・和英辞典」、「手話辞典」を利用することができます。辞書、類語辞典、英和・和英辞典、手話辞典は連動しており、それぞれの検索結果へのリンクが表示されます。また、解説記事の本文中では、Weblioに登録されている他のキーワードへのリンクが自動的に貼られます。解説文で登場した分からないキーワードや気になるキーワードは、1クリックで検索結果を表示することができます。, All text is available under the terms of the, 読売ジャイアンツ (1970 - 1977, 1981 - 1983, 1989 - 1992). 宇治山田商工高校 卒業後の 1957年 に 読売ジャイアンツ に入団。 1965年 には20勝4敗、 防御率 2.21をマーク。 1969年 に現役 引退 後は巨人、 ロッテ で投手コーチを務めた。 巨人元投手コーチの中村稔氏(81)はどう見るか。 中村氏は川上巨人の不滅の金字塔が始まった1965年に20勝4敗、70年からはコーチとしてV9を支えた。 中村 稔(なかむら みのる、1938年9月28日 - )は、三重県伊勢市出身の元プロ野球選手(投手)・コーチ、解説者・評論家。, 中村自身は三重県出身で戦前の東京巨人軍のエースだった沢村栄治とは親戚であったという[1][2]。宇治山田商工では2年生の時、1955年秋季中部地区大会に進むが、1回戦で太田勝のいた豊川高に敗退。翌1956年夏も三岐大会1回戦で岐阜高に敗れ、甲子園出場はならなかった。, 卒業後、1957年に読売ジャイアンツへ入団。新人から4年間はわずか3勝を挙げたのみであったが、5年目の1961年に参加したベロビーチキャンプでドン・ドライスデールから直接指導を受けてチェンジアップを習得[3]、この年に17勝10敗・防御率2.13(リーグ6位)をマークしてチームの勝ち頭となり、川上哲治の監督としての初の優勝に貢献する。同年の南海ホークスとの日本シリーズでは5試合に登板。第1戦で先発するが、野村克也、穴吹義雄に本塁打を喫し大敗。しかし最終第6戦では堀本律雄をリリーフして勝利投手となり、チーム日本一を果たす。このシリーズでは技能賞を獲得した。, 1962年7月10日にナゴヤ球場での中日との試合後、翌日は先発投手を務める予定であったにもかかわらず、宿舎で禁じられていたビールを同室の堀内庄・伊藤芳明と飲んでいたところをヘッドコーチの別所毅彦に見つかり叱責を受ける。この一件を週刊誌が「殴打事件」と報道したことから問題が大きくなったため、球団側が別所に謹慎処分を科すとともに二軍コーチへの降格を命じるが、別所は命令の受け入れを拒み、退団している[4]。, この年、中村は9勝12敗・防御率2.28(リーグ9位)とやや成績を落とした。その後は肩を痛めて年々成績を落とし、1964年は春先に交通事故を起こしたこともあり[2]、勝ち星を挙げられずに終わる。しかし、翌1965年に復活して20勝4敗防御率2.21(セ・リーグ5位)を記録、城之内邦雄(21勝)・宮田征典(20勝)とともに1チーム内で3人が20勝投手となり、V9の初年度の優勝に貢献した。同年の南海との日本シリーズでは第4戦に先発するが、6回に崩れ敗戦投手となる。翌1966年にも先発陣の一角として11勝7敗、南海との日本シリーズでも第5戦に先発し8回を好投。しかしその後は再び年々成績を落とし、0勝に終わった1969年限りで現役を引退した。, 引退後も巨人に残り1970年から二軍投手コーチを務めたが、1977年に解任された[5]。1978年から1980年まで日本テレビの野球解説者、1981年から1983年まで巨人一軍投手コーチ、1984年から1988年までラジオ日本評論家、1989年から1992年まで再び巨人一軍投手コーチ、1993年から1996年まで再びラジオ日本評論家を務めた。, 藤田元司から手腕を信頼されており、その後も藤田が監督を務めた際は、必ず投手コーチに中村を起用していた。, 江川卓のプロ初登板試合を解説した。1997年に巨人コーチ時代に同時期にコーチ就任していた千葉ロッテマリーンズの監督近藤昭仁に招聘されて一軍投手コーチに就任。投手陣の整備に従事し、チーム防御率の改善に貢献したが1998年シーズン途中(6月30日)に記録的連敗の責任を問われ、コーチを解任された。2002年から2003年頃にかけてJスカイスポーツ解説者として活動していた。, 現在は千葉県大学野球連盟1部リーグ・敬愛大学野球部のコーチを務めている[6]。また、アクロディアの発売する投球データを解析できるボール「TECHNICAL PITCH」のアドバイザー役も務め、大学での投球指導にも活用している[7]。, 直球のスピードはそれほどでもなかったが、シンカー気味のシュートと大きく曲がるカーブを操り、思い切りの良いピッチングをした[8]。, 向こうっ気が強く、何に対してもへこたれない性格であった。麻雀の腕もあり、中村を探す際は麻雀の音を頼りに探せば必ず見つけることができたという。[8], この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。, 『川上哲治元監督を悼む』日刊ゲンダイ 2013年10月31日発行 35面での中村稔本人による寄稿より。, https://business.nikkei.com/atcl/report/15/226265/042500253/?P=2, “野球が、ピッチャーが変わる!? 中村 稔 (なかむら みのる、 1963年 12月11日 - )は、 愛知県 知立市 出身の元 プロ野球選手 ( 内野手 )、元 プロ野球審判員 。 審判員袖番号は 11 (1987年採用から)。 中村 稔(なかむら みのる、1938年9月28日 - )は、三重県伊勢市出身の元プロ野球選手(投手)・コーチ、解説者・評論家。, 中村自身は三重県出身で戦前の東京巨人軍のエースだった沢村栄治とは親戚であったという[1][2]。宇治山田商工では2年生の時、1955年秋季中部地区大会に進むが、1回戦で太田勝のいた豊川高に敗退。翌1956年夏も三岐大会1回戦で岐阜高に敗れ、甲子園出場はならなかった。, 卒業後、1957年に読売ジャイアンツへ入団。新人から4年間はわずか3勝を挙げたのみであったが、5年目の1961年に参加したベロビーチキャンプでドン・ドライスデールから直接指導を受けてチェンジアップを習得[3]、この年に17勝10敗・防御率2.13(リーグ6位)をマークしてチームの勝ち頭となり、川上哲治の監督としての初の優勝に貢献する。同年の南海ホークスとの日本シリーズでは5試合に登板。第1戦で先発するが、野村克也、穴吹義雄に本塁打を喫し大敗。しかし最終第6戦では堀本律雄をリリーフして勝利投手となり、チーム日本一を果たす。このシリーズでは技能賞を獲得した。, 1962年7月10日にナゴヤ球場での中日との試合後、翌日は先発投手を務める予定であったにもかかわらず、宿舎で禁じられていたビールを同室の堀内庄・伊藤芳明と飲んでいたところをヘッドコーチの別所毅彦に見つかり叱責を受ける。この一件を週刊誌が「殴打事件」と報道したことから問題が大きくなったため、球団側が別所に謹慎処分を科すとともに二軍コーチへの降格を命じるが、別所は命令の受け入れを拒み、退団している[4]。, この年、中村は9勝12敗・防御率2.28(リーグ9位)とやや成績を落とした。その後は肩を痛めて年々成績を落とし、1964年は春先に交通事故を起こしたこともあり[2]、勝ち星を挙げられずに終わる。しかし、翌1965年に復活して20勝4敗防御率2.21(セ・リーグ5位)を記録、城之内邦雄(21勝)・宮田征典(20勝)とともに1チーム内で3人が20勝投手となり、V9の初年度の優勝に貢献した。同年の南海との日本シリーズでは第4戦に先発するが、6回に崩れ敗戦投手となる。翌1966年にも先発陣の一角として11勝7敗、南海との日本シリーズでも第5戦に先発し8回を好投。しかしその後は再び年々成績を落とし、0勝に終わった1969年限りで現役を引退した。, 引退後も巨人に残り1970年から二軍投手コーチを務めたが、1977年に解任された[5]。1978年から1980年まで日本テレビの野球解説者、1981年から1983年まで巨人一軍投手コーチ、1984年から1988年までラジオ日本評論家、1989年から1992年まで再び巨人一軍投手コーチ、1993年から1996年まで再びラジオ日本評論家を務めた。, 藤田元司から手腕を信頼されており、その後も藤田が監督を務めた際は、必ず投手コーチに中村を起用していた。, 江川卓のプロ初登板試合を解説した。1997年に巨人コーチ時代に同時期にコーチ就任していた千葉ロッテマリーンズの監督近藤昭仁に招聘されて一軍投手コーチに就任。投手陣の整備に従事し、チーム防御率の改善に貢献したが1998年シーズン途中(6月30日)に記録的連敗の責任を問われ、コーチを解任された。2002年から2003年頃にかけてJスカイスポーツ解説者として活動していた。, 現在は千葉県大学野球連盟1部リーグ・敬愛大学野球部のコーチを務めている[6]。また、アクロディアの発売する投球データを解析できるボール「TECHNICAL PITCH」のアドバイザー役も務め、大学での投球指導にも活用している[7]。, 直球のスピードはそれほどでもなかったが、シンカー気味のシュートと大きく曲がるカーブを操り、思い切りの良いピッチングをした[8]。, 向こうっ気が強く、何に対してもへこたれない性格であった。麻雀の腕もあり、中村を探す際は麻雀の音を頼りに探せば必ず見つけることができたという。[8], 『川上哲治元監督を悼む』日刊ゲンダイ 2013年10月31日発行 35面での中村稔本人による寄稿より。, https://business.nikkei.com/atcl/report/15/226265/042500253/?P=2, “野球が、ピッチャーが変わる!?
2020 中村稔 巨人