2020プロ野球!12球団戦力分析, 千葉ロッテマリーンズ, 2020年、千葉ロッテマリーンズの開幕スタメンオーダー、打順、先発ローテーション、開幕投手の予想!, 2020年のロッテは、2017年に記録した球団ワーストであった87敗でペナント最下位に沈んだシーズンから、井口新監督体制となった2018年は59勝81敗3引き分けの5位でペナントを終えると、, 2019年シーズン序盤は優勝の二文字が見えるかに思えたが終わってみれば69勝70敗4引き分けのパリーグ4位でフィニッシュ、あと1勝が遠く負け越してしまったが着実に優勝を狙える球団に育ってきた印象、, しかし、鈴木大地選手の他球団への移籍が吉と出るか凶と出るか、戦力低下に繋がるのかそれとも鈴木大地選手が抜けた穴を狙う若手の競争でレベルアップに繋がるのかが、2020年ロッテが優勝する為の一つの目安にもなりそうだ。, また、ドラフト1位の佐々木郎希投手の1年目は育成重視になりそうだが、FA組の美馬投手と福田外野手の活躍次第ではAクラスに、優勝も見えてきそうだ。, 19年のロッテはレアードの獲得もあり本塁打数が18年の78本から倍増の158本と本塁打数は倍増し長打力がアップしたが、鈴木大地選手の流出で20年は若手の台頭が求められる。, しかし、福田選手の獲得でマーティンの起用法は気になるものの、伸びてきた若手を考えると打線は鈴木大地が抜けたことで若手のレギュラー争いはチームの底上げに繋がる。, また、投手のポイントは美馬投手を獲得したものの涌井や酒井投手が流出、先発陣のレベルは高いが怪我人が出たときにどう乗り越えるのか、中継ぎ陣は新戦力のジャクソンとハーマンにかかってきそうだ。. 『サッカーキング・オピニオン』ライター 2020/5/29 if(typeof(adingoFluct)!="undefined") adingoFluct.showAd('1000041691'); //
2020 ロッテ 先発ローテーション