oekaki_script.setAttribute('id','oekaki_script'); 世論調査ではバイデン氏(左)が優位を保っているが、実際に投票で勝つのはトランプ氏だろうとの見方もある/Getty Images ); var oekaki_script=document.createElement('SCRIPT'); You heard a lot come out of President Trump’s mouth. バイデンを支持してるわけじゃなくて、反トランプというだけっていうのがな 6 既にその名前は使われています 2020/11/04(水) 10:15:46.79 ID:zC8drfqC 竹中が嫌いな人が反対票を投じるよう … 朝日新聞デジタルに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 -->, https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201108-00000000-mai-n_ame. document.getElementsByTagName('HEAD')[0].appendChild(oekaki_script); 「トランプとバイデン、どっちがいいと思う?」 最近、こんな質問をされる機会が増えてきた。私の本業である調達・サプライチェーンのコンサルティングで顧客先に出向いたときの雑談だ。製造業の今後の戦略は、米大統領選から大きな影響を受ける。 Copyright © The Asahi Shimbun Company. oekaki_script.setAttribute('src','//www2.5ch.net/wpaint2/oekaki.js'); バイデン氏がトランプ氏に7.4ポイント先行している。 2016年の前回大統領選前の世論調査ではクリントン元国務長官がほぼ一貫してトランプ氏を上回っていたが、トランプ氏は最終的に勝利した。 if(!node.dispatchEvent) var pf=document.getElementsByName('oekaki_thread1'); I’m so proud of @JoeBiden and more confident than ever that he's the leader with the experience we need right now.I hope you'll pitch in with a few dollars or volunteer hours at https://t.co/mxkpLIOEux so we can have a real president again. var ol=document.getElementsByClassName('oekaki_load1')[0]; 4年前の大統領選でトランプ氏に敗れたヒラリー・クリントン氏、「バイデン氏こそ我々に必要な経験を備えた指導者であることをこれまで以上に確信した」とツイート。バイデン陣営への寄付とボランティアを呼びかけ。, バイデン氏が約1分間にわたり、カメラ目線で「次の4年間がどうなるかはみなさん次第。投票に行ってください」と手ぶり身ぶりを加えて呼びかけた。, トランプ氏が米軍兵士を「負け犬」と発言したとされる問題について、バイデン氏は米軍兵士としてイラク戦争に参加した長男を引き合いに「彼は負け犬ではなく、愛国者だった。米軍兵士は英雄たちだ」と、トランプ氏を指さして攻撃。, ※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。. function standardize(node){ 9月29日に行われた1回目の米大統領候補者討論会は、これまでで最もひどい討論会と報道された。ドナルド・トランプ大統領が、司会者と民主党候補のジョー・バイデン前副大統領の発言を何度も遮って一方的に持論を展開し、討論は何度も中断された。その討論会のなかのひとつのトピックとしても取り上げられた環境問題。トランプ大統領とバイデン氏の考えは真っ向から対立する。, ◆大統領候補二人の真逆の考え function(){ お使いのブラウザはJavaScriptに対応していないか、または無効になっています。詳しくはサイトポリシーのページをご覧ください。, 共和党のトランプ大統領(74)と民主党のバイデン前副大統領(77)。アメリカ大統領選挙の候補者2人による初のテレビ討論会が、29日夜(日本時間30日午前)に開かれました。対照的な2人による直接対決のゆくえは――。タイムラインで詳報します。. if(typeof window.oekaki!=="undefined")return false; 米大統領選の二候補、どちらが中国にとって都合が良いかとの観点から、先日ブログを書きましたが、同じ視点で、英国誌「Economist」が興味深い記事を掲載しましたので、ご紹介したいと思います。, 英国人は、歴史的に中国との関係が深く、物事の裏側を見抜く力を持った国民です。彼らが、どの様にこの問題を見ているのか興味深いところです。Economistの記事をかいつまんでご紹介しましょう。, 中国にとって両候補のどちらが良いか。これは難しい質問です。北京のエリートサークルでは、両候補に猜疑心を抱きながら、議論されています。バイデン 候補は2011年に北京を訪問した際に、中国を大事な友人と持ち上げています。トランプ大統領も、習主席のことを「とても良い友人」とまで称賛しています。, こんな甘言に中国側はだまされません。トランプ氏もバイデン 氏も、ディールの為に甘言を囁くことを中国側は見抜いています。中国のエリートは、非公式の場で、時に本音をもらす事がありますが、両候補の事を、政策的にも、人格的にも劣っていると馬鹿にしています。, トランプ氏は無知で、予測不能で、退屈な男であるが、使い道がないわけではないと中国側は考えている様です。, 彼はイデオロギーに対して無関心であり、ウイグル族への弾圧等に無関心である点は、中国側の評価するところです。中国の将軍達は、トランプ氏が軍事的冒険を嫌う点を評価しています。中国のリーダー達は、当初、トランプ大統領を現実主義の大物と誤解していました。彼は、今、自分の事しか関心がないナルシストと中国では呼ばれています。トランプ氏が中国の体制を変える事より、中国から金を取ることに関心があることを見抜いた中国側は、貿易戦争の第一フェーズに関して合意し、米国産品を購入することを決定しました。中国はコロナの件について、米国が中国を罵っている最中も、貿易合意を守っています。これをみて、トランプ氏の貿易戦争の勝利と称賛されるかもしれませんが、中国側は時間を稼いでいます。, 実際、トランプ大統領は、超党派の要請である中国の構造改革に関する要求を差し止めています。それでも中国側は油断していません。トランプ大統領が、周辺の反中タカ派に取りこまれる事を恐れています。, 一方、バイデン 氏はどう見られているかというと、中国との相互関係を危険と見るよりも安定の礎と見た一世代前の政権の一員と見られています。同氏は、オバマ政権時代に地球温暖化等国際問題に、中国と共に取り組んだ事で知られています。, しかし、中国では当時へのノスタルジックな感情は驚くほど少ないのです。当時のアメリカのアプローチは、中国が豊かになるにつれて、中国が西側に政治的に近づいていくだろうという誤ったアメリカの認識に基づいていたという人もいます。これはアメリカの政治家が「民主主義には、専制的な中国に欠けている創造的なエッジがある。」と自慢していたのを思い出させます。バイデン 氏もこの手の政治家で、北京のアメリカ大使館でビザを申請している中国人学生を前に「イノベーションは、あなたが自由に呼吸する時にのみ起こりうる。」と語りました。中国が、最高の科学者とハイテク企業を持つに至った事が、アメリカの自信を喪失させ、反中ヒステリーに陥っているというのが中国の見方です。, 米国で、コロナ感染が拡がり、デモが頻発した後は、「アメリカは、分断され、自己中心的で、人種差別的であるが故に、国民に安全を保証できない国となった。アメリカは没落の一途を辿っている。」との認識が北京のエリートの間に拡がりました。中国のマスメディアはトランプ大統領を直接批判する事を避けてきましたが、最近、現地紙「Global Times」が「トランプ大統領は中国を強くする為に働いている中国のダブルエージェントではないか」とのジョークを掲載しました。それでは、中国はトランプ大統領の再選を望んでいるのでしょうか。, この点については、意見が別れています。この問題に答える為には、次の二つの問いに答える必要があります。, 安全保障の観点からは、国内では民主主義を弱め、同盟国との関係を悪化させているトランプ大統領の再選が望ましいとの声が多数を占めています。しかし経済的側面からは、中国が利益を享受している世界の貿易システムを早期に崩壊させる事に不安があります。, この観点では、バイデン氏の方が、米中両国のデカップリングのタイミングを遅らせて、中国に他国への依存度を低下させる時間的余裕を与えるだろうと期待されています。中国側は、次の大統領は、どちらがなったとしても、中国の台頭を抑えようとするだろうと認識しています。, バイデン 氏のスタッフがトランプ陣営より有能になる可能性がある事や、トランプ大統領が目をつむっている人権問題に、どの様な態度を示すか中国側は警戒しています。いずれにせよ、中国は次の米国大統領が友人になってくれる事を期待していません。, 以上がEconomist誌記事の要約です。トランプ大統領もバイデン 氏も、ずいぶん見下されたものですが、中国の分析能力を過小評価してはいけないと思います。, 何せ科挙の国ですから、現在の中国政府は、膨大な数の優秀なテクノクラートに支えられています。彼らは米国やその同盟国の出方を詳細に分析し、周到に国家戦略を練っている筈です。, しかも、中国はもはや社会主義の国というよりは、資本主義の国と言って良いほど、個人がお金を稼げる国になっています。, 社会主義の欠点は、平等を重んじるがあまり、働いても働かなくても同じ結果しか得られない結果平等がはびこった点ですが、今の中国は、個人の創意工夫次第で、アリババのジャック マーの様に億万長者になる事も可能です。, 「イノベーションは、あなたが自由に呼吸する時にのみ起こりうる。」などとのバイデン 氏の発言は時代遅れと言わざるを得ません。, しかし、今の中国には重要なものが欠けていると思います。私は、がちがちの反中主義者ではありませんが、やはり自由や民主主義というのは大事だと思います。, チャーチルの名言の中に、「民主主義は最悪の政治形態だ。今まで試された他の政治形態を別にすればだが。」と言うものがあります。, しかし、人間が間違いを犯す可能性がある事を信じれば、政権交代のメカニズムを取り入れた自由民主主義は、今、我々が持ちうる政治体系としては、ベストのものだと思います。, 米国は、日本や他の同盟国と共に、自由主義陣営をしっかり再構築して貰いたいと思います。, アメリカが金勘定を持ち出せば持ち出すほど、同盟国はアメリカから離れていきます。何故なら、金勘定だけであれば、中国も同じ様に重要になってきているのです。, 『世界の役に立つ情報を、日本のメディアとは違った視点でお届けする』をテーマに情報発信しています。, 米大統領選の二候補、どちらが中国にとって都合が良いかとの観点から、先日ブログを書きましたが、同じ視点で、英国誌「, 英国人は、歴史的に中国との関係が深く、物事の裏側を見抜く力を持った国民です。彼らが、, どの様にこの問題を見ているのか興味深いところです。Economistの記事をかいつまんでご紹介しましょう。, 中国にとって両候補のどちらが良いか。これは難しい質問です。北京のエリートサークルでは、両候補に猜疑心を抱きながら、議論されています。, バイデン 候補は2011年に北京を訪問した際に、中国を大事な友人と持ち上げています。トランプ大統領も、習主席のことを「とても良い友人」とまで称賛しています。, こんな甘言に中国側はだまされません。トランプ氏もバイデン 氏も、ディールの為に甘言を囁くことを中国側は見抜いています。, であり、ウイグル族への弾圧等に無関心である点は、中国側の評価するところです。中国の将軍達は、トランプ氏が, 中国のリーダー達は、当初、トランプ大統領を現実主義の大物と誤解していました。彼は、今、自分の事しか関心がないナルシストと中国では呼ばれています。, ことを見抜いた中国側は、貿易戦争の第一フェーズに関して合意し、米国産品を購入することを決定しました。, 実際、トランプ大統領は、超党派の要請である中国の構造改革に関する要求を差し止めています。, それでも中国側は油断していません。トランプ大統領が、周辺の反中タカ派に取りこまれる事を恐れています。, 一方、バイデン 氏はどう見られているかというと、中国との相互関係を危険と見るよりも安定の礎と見た一世代前の政権の一員と見られています。, 同氏は、オバマ政権時代に地球温暖化等国際問題に、中国と共に取り組んだ事で知られています。, 当時のアメリカのアプローチは、中国が豊かになるにつれて、中国が西側に政治的に近づいていくだろうという, これはアメリカの政治家が「民主主義には、専制的な中国に欠けている創造的なエッジがある。」と自慢していたのを思い出させます。, バイデン 氏もこの手の政治家で、北京のアメリカ大使館でビザを申請している中国人学生を前に「, 米国で、コロナ感染が拡がり、デモが頻発した後は、「アメリカは、分断され、自己中心的で、人種差別的であるが故に、国民に安全を保証できない国となった。, 中国のマスメディアはトランプ大統領を直接批判する事を避けてきましたが、最近、現地紙「Global Times」が「トランプ大統領は中国を強くする為に働いている, 安全保障の観点からは、国内では民主主義を弱め、同盟国との関係を悪化させているトランプ大統領の再選が望ましいとの声が多数を占めています。, しかし経済的側面からは、中国が利益を享受している世界の貿易システムを早期に崩壊させる事に不安があります。, 中国側は、次の大統領は、どちらがなったとしても、中国の台頭を抑えようとするだろうと認識しています。, バイデン 氏のスタッフがトランプ陣営より有能になる可能性がある事や、トランプ大統領が目をつむっている人権問題に、どの様な態度を示すか中国側は警戒しています。, イノベーションは、あなたが自由に呼吸する時にのみ起こりうる。」などとのバイデン 氏の発言は時代遅れと言わざるを得ません。. if(!node.addEventListener) 討論会終了後、バイデン氏が妻のジル氏をハグするのを見るトランプ氏と妻のメラニア氏=AFP時事, The Asahi Shimbun Asia&Japan Watch (ENGLISH). アメリカの大統領選を前に、世界の指導者たちは民主党のジョー・バイデン候補勝利に向けて備えているようだ。ロシアのプーチン大統領やイスラエルのネタニヤフ首相、ジョンソン首相率いるイギリス政府は最近、トランプ大統領と距離を置こうとしているように node.addEventListener=function(t,l,c){this["on"+t]=l;}; 討論を終えたバイデン氏のツイート。「トランプ大統領が色々なことを言うのを聞いたと思いますが、何か一つでもあなたの生活を実際に良くしたことを挙げられましたか?」, 討論会が終了すると、トランプ氏とバイデン氏の妻がそれぞれ登壇し、夫の労をねぎらった。バイデン氏の妻ジル氏はステージ上でも黒色のマスクを着用し、感染防止への徹底ぶりを見せたが、トランプ氏の妻メラニア氏はマスクを着用していなかった。, 拡大する討論会終了後、バイデン氏が妻のジル氏をハグするのを見るトランプ氏と妻のメラニア氏=AFP時事, CNNは「史上最悪のディベートだった。そもそもディベートではなく、恥をさらしただけ。今晩はアメリカ国民の敗北だ」「Shit show(くそみたいなショー)だった」などと批評した。, 郵便投票では不正が行われる可能性があると指摘するトランプ氏は「投票が操作されれば、私は(投票結果に)同意できない」と明言。一方のバイデン氏は「投票が確定した時点で、選挙は終了だ。私はどのような結果であれ尊重する」。. 世論調査ではバイデン氏(左)が優位を保っているが、実際に投票で勝つのはトランプ氏だろうとの見方もある/Getty Images, (CNN) ロイター通信とイプソスが発表した新しい世論調査によれば、11月の大統領選で野党・民主党のバイデン前副大統領に対する支持率は47%と現職のトランプ大統領の支持率40%を上回った。世論調査の一部は民主党と共和党の全国大会の会期中に実施された。, 各種世論調査の平均でバイデン氏の優位は変わらない。また、大部分の世論調査でバイデン氏は50%超の支持を得ている。, 今回の選挙戦で興味をひかれる現象のひとつは、前回の2016年の大統領選で起きたことについて専門家や有権者が取り組む様子だろう。世論調査ではトランプ氏は民主党候補のクリントン元国務長官に負けるとみられていたが、実際には選挙人を獲得したのはトランプ氏だった。, ニュースサイト「アクシオス」のジム・バンデヘイ氏によれば、トランプ氏が勝てないとみる社会通念は誤りだという。, 2016年の結果を今回の選挙戦に当てはめると、一般の人々は世論調査がバイデン氏の明らかなリードを示しているとは見ていない。人々はトランプ氏が勝つと考えている。, ピュー・リサーチ・センターの世論調査が何が起きているのかをよく示している。世論調査ではバイデン氏への支持がトランプ氏を8ポイント上回った。これは上で指摘した世論調査の平均とよく似ている。, しかし、同じ世論調査では米国人は51%がトランプ氏がバイデン氏を破ると考えている。バイデン氏が勝つと考える米国人は46%。有権者でみると、50%がトランプ氏が勝つと考えている。バイデン氏が勝つと考える有権者は48%だった。, このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。. ol.addEventListener("click",