今日はノーベル文学賞のこの呟きについて。 ノーベル文学賞を受賞した人が 「白人でアメリカ人のわたしが受賞して驚いた」 という話は、今のアメリカの歪みがよく出ていると思った — アオイ模型 (@aoi_mokei) 2020年10月10日 というのがバズってました。 2020年ノーベル化学賞、仏米の女性研究者2氏に ゲノム編集技術研究 2020年ノーベル物理学賞、欧米の3氏に ブラックホール研究 ウェブサイトへ スウェーデン王立科学アカデミーは7日、2020年のノーベル化学賞を、ゲノム編集技術の開発に貢献した米仏出身の女性研究者2人に贈ると発表した。狙った遺伝子をこれまでより効率よく改変する技術で、農水産物の品種改良などにかかる時間が大幅に短縮し、医療研究も飛躍的に進んだ。, 受賞するのは、仏国籍で独マックス・プランク研究所のエマニュエル・シャルパンティエ博士(51)と、米カリフォルニア大バークレー校のジェニファー・ダウドナ教授(56)。賞金の1000万スウェーデン・クローナ(約1億2000万円)は等分する。, 2氏は12年、複雑な操作を経ずに狙った遺伝子を壊したり、別の遺伝子を加えたりできるゲノム編集技術「クリスパー・キャス9」を開発。この技術は遺伝子を切るはさみ役の酵素(キャス9)と、切りたい場所に誘導する分子を組み合わせ、遺伝子を改変する。, 登場からわずか8年で、農水産物の改良から難病の治療研究、創薬まで活用が広がった。反面、人の受精卵を改変し、望ましい能力や容姿を備えた「デザイナーベビー」の誕生につながるなどの問題が指摘され、各国で規制が進んでいる。, この技術は中田篤男・大阪大名誉教授(90)、石野良純・九州大教授(63)らが発見した、大腸菌の特殊な遺伝子配列(クリスパー)が鍵となった。後に、細菌がクリスパーを手がかりに、はさみ役のキャス9を使って外敵のウイルスの遺伝子を壊して身を守る仕組みがわかり、この技術に応用された。同アカデミーも、先行研究の一つに中田、石野両氏らの論文を挙げた。, この日、記者団の取材に応じた石野氏は「自分が発見した遺伝子配列が活用されたことはうれしいし、祝福したい」とたたえた。, 紙面記事検索は、読売新聞に掲載されたほぼすべての記事を、1年前まで検索できる機能です。, 国際科学技術財団は2日、独創的な研究成果で社会に貢献した科学者らをたたえる「第33回日本国際賞」を、効率的なゲノム編集技術などを開発した3人に授与すると発表した。 受賞者は、狙った遺伝子を高精度で効率良く改変できるゲノム編集技術「クリスパー・キャス」のメカニズムを解明した独マックス・プランク感染生物学研究所のエマニュエル・シャルパンティエ所長(48)(仏国籍)と米カリフォルニア大バークレー校のジェニファー・ダウドナ教授(52)、数学的な手法で情報の暗号化技術を開発したイスラエルのワイツマン科学研究所のアディ・シャミア教授(64)。「日本国際賞」を受賞し、記念撮影に応じるエマニュエル・シャルパンティエ・マックス・プランク感染生物学研究所長(左)とジェニファー・ダウドナ・カリフォルニア大学バークレー校教授(2日午後2時3分、東京都千代田区で)2017年2月2日撮影, https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201007-OYT1I50055-T.jpg?type=thumbnail, 読売新聞オンライン「中学受験サポート」のコラムを書籍化 辛酸なめ子著「女子校礼讃」を10人に, 【読者会員限定】あと2日!電子マネー等1万円分が毎日10人に当たる!今日のプレゼントは「App Store&iTunesギフトカード」1万円分(11月10日), オンラインシンポジウム「デジタル・イノベーティブ・ニッポン~デジタルで日本を強くする~」を開催!. ルイーズ・グリュック氏(ゲッティ=共同) スウェーデン・アカデミーは8日、2020年のノーベル文学賞を、米国の女性詩人ルイーズ・グリュックさん(77)に授与すると発表した。� 【10月8日 AFP】(更新、写真追加)スウェーデン・アカデミー( Swedish Academy )は8日、2020年のノーベル文学賞( Nobel Prize in Literature )を、米国の女性詩人、ルイーズ・グリュック( Louise Gluck )氏に授与すると発表した。 2020年のノーベル文学賞の受賞者はアメリカの詩人ルイーズ・グリュックに決まったけど、事前の予想ではだれが有力だったのかな。日本人作家が受賞する可能性もあったのだろうか, 20年の有力候補が21年以降に受賞する可能性も大いにあるもんね。こうした疑問や悩みに答えていくよ, 読書好きでなくても、ノーベル文学賞の有力候補になる作家の作品ぐらいは読んでおきたいよね。21年以降に受賞するかもしれないですし, わが家が赴任した英国などの欧米諸国では、教養のない人は社会で相手にされないんだよね。政治家や芸能人、そして普通の市民の多くも、歴史や文化にとても詳しくて驚くよ, 候補を予想する上での一つのよりどころとなるのが、英ブックメーカー(賭け屋)の賭け率です。, そのうちの一つ、「Nicer Odds」(ナイサーオッズ)の2020年の受賞者発表直前の賭け率(10月7日時点)をもとに、1番人気だった作家から順番に、有力視された候補を紹介していきますね。, では、受賞者のルイーズ・グリュックを筆頭に、事前の賭け率で人気の高かった作家を順番に紹介していくよ!, BREAKING NEWS: The 2020 Nobel Prize in Literature is awarded to the American poet Louise Glück “for her unmistakable poetic voice that with austere beauty makes individual existence universal.”#NobelPrize pic.twitter.com/Wbgz5Gkv8C, The 2020 Nobel Prize in Literature goes to American poet Louise Glück for her "unmistakeable poetic voice"https://t.co/2NMNshX90X, Maryse Condé is one of the most significant voices in world literature, whose decades-spanning work explores gender, class and race relations in the postcolonial Caribbean and West Africa. 【10月8日 AFP】(更新、写真追加)スウェーデン・アカデミー(Swedish Academy)は8日、2020年のノーベル文学賞(Nobel Prize in Literature)を、米国の女性詩人、ルイーズ・グリュック(Louise Gluck)氏に授与すると発表した。, 同アカデミーは、グリュック氏の「個人の存在を普遍的なものへと高める、朴訥(ぼくとつ)とした美しさをたたえた比類なき詩的表現」が評価されたと述べた。, グリュック氏は1993年、野アヤメを意味する「The Wild Iris」という詩集でピュリツァー賞(Pulitzer Prize)を受賞。2014年には全米図書賞(National Book Award)を授与された。, エール大学(Yale University)で英語学教授を務めるグリュック氏について同アカデミーは、「普遍性を追求する中で、神話と古典的主題から着想を受けており、それが多くの作品に反映されている」と紹介した。, グリュック氏にはメダルと賞金1000万クローナ(約1億2000万円)が授与される。(c)AFP, AFPBB Newsに掲載している写真・見出し・記事の無断使用を禁じます。 © AFPBB News. #PIC19 You can follow the event live at: https://t.co/ATesDW3taN pic.twitter.com/bweASovwq3, Si te gusta la poesía, te invitamos a descubrir la obra de Anne Carson, Premio Princesa de Asturias de las Letras 2020, y a participar en la acción #YoRecitoAnneCarson.Toda la información en la siguiente imagen . 【10月7日 AFP】(写真追加)スウェーデン王立科学アカデミー( Royal Swedish Academy of Sciences )は7日、2020年のノーベル化学賞( Nobel Prize in Chemistry )を、フランス人女性のエマニュエル・シャルパンティエ( Emmanuelle Charpentier )氏と、米国人女性のジェニファー・ダウド … @PenguinRandomUK @ChattoBooks Read my poem Blackberries + respond (poem, drawing, painting etc. 【10月7日 AFP】(写真追加)スウェーデン王立科学アカデミー(Royal Swedish Academy of Sciences)は7日、2020年のノーベル化学賞(Nobel Prize in Chemistry)を、ゲノム編集技術研究における功績で、フランス人女性のエマニュエル・シャルパンティエ(Emmanuelle Charpentier)氏と、米国人女性のジェニファー・ダウドナ(Jennifer Doudna)氏に授与すると発表した。, 同アカデミーは、両氏による「CRISPR-Cas9(クリスパー・キャスナイン)」と呼ばれる遺伝子の「はさみ」の開発を評価。, 「これを用いることで、研究者らは動物や植物、微生物のDNAを極めて高精度で改変することができる」「この技術は生命科学分野に画期的な影響をもたらし、新たながん治療に貢献している。遺伝疾患を治すという夢を実現する可能性も秘めている」とたたえた。, ノーベル化学賞を女性が受賞するのは、シャルパンティエとダウドナ両氏がわずか6人目と7人目。, シャルパンティエ氏は一般的な有害細菌について研究していた際、未知の分子を発見。この分子は、古代に進化したこの菌の免疫機構の一部で、DNAの一部を切り取ることでウイルスの無力化につながることが分かった。, 2011年に研究結果を発表した同氏は、ダウドナ氏と共同研究を進め、この菌の遺伝子の「はさみ」を再現。その使用と他の遺伝物質への適用が容易になるよう、簡便化にも努めた。, この技術は革新的ながん治療にもつながり、遺伝子操作を通じた遺伝疾患の治療への将来的な可能性に対する期待も、多くの専門家らの間で高まっている。, 両氏は賞金1000万クローナ(約1億2000万円)を半分ずつ受け取ることになっている。(c)AFP, AFPBB Newsに掲載している写真・見出し・記事の無断使用を禁じます。 © AFPBB News. 仙台通信note (Sendaitribune) 2020/10/07 22:14. 2020年度のノーベル化学賞は、画期的なクリスパー・キャス9というゲノム編集技術を、2012年に開発したエマニュエル・シャルパンティユ氏(仏、写真一枚目左)と、ジェニファー・ダウドナ氏(米、写真一枚目右)の二人に授与された。 「ビリーブ 未来への大逆転」の動画を無料で楽しむ方法は?|お得なVOD、映画のレビュー・見どころも紹介, 「スキャンダル」の動画を無料で楽しむ方法は?|お得なVOD、映画のレビュー・見どころも紹介, 「ロング・ショット」の動画を無料で楽しむ方法は?|お得なVOD、映画のレビュー・見どころも紹介, 「工作 黒金星と呼ばれた男」の動画を無料で楽しむ方法は?|お得なVOD、映画のレビュー・見どころも紹介, 【書評】「スタンフォード式 最高の睡眠」の要点まとめ【眠りの浅くなったアラフィフ世代は必読!】, 主な受賞歴は「Wild Iris(『野生のアヤメ』の意味)」(1992年)のピュリツァー賞、「Faithful and Virtuous Night(『忠実で高潔な夜』の意味)」(2014年)の全米図書賞, カリブ海出身の女性の姿を描いた自伝的小説「エレマコノン」、奴隷貿易の実状を明かした歴史小説「セグー」が有名, 代表作はほかに、魔女裁判がテーマの「わたしはティチューバ」、自身の過去を振り返る「心は笑ったり泣いたり」, ソ連時代の一般的な女性の日常を描いた「ソーネチカ」、第2次大戦中にナチスの通訳を担った実在のユダヤ人神父を取り上げた長編小説「通訳ダニエル・シュタイン」、スターリン時代の家族を描いた「クコツキイの症例」が代表作, 2000年には「昏き目の暗殺者」で英国の文学賞ブッカー賞を受賞。17年にはチェコのフランツ・カフカ賞, 自伝的小説「泣くな、わが子よ」や、宗教と農村社会の微妙な関係を描いた「川をはさみて」、ケニア社会の強権政治の不正を追及した「血の花弁」が代表作, 神話の世界観のもと、同性愛など現代の問題にも踏み込んだ詩小説「Autobiography of Red」(「赤の自伝」の意)などが代表作, 「犬婿入り」で芥川賞受賞。米国の代表的な文学賞である全米図書賞の翻訳文学部門に小説「献灯使」が選ばれた, 2014年に日本で刊行された「献灯使」では、大震災によって核で汚染された近未来の日本を舞台にした, 小説「密やかな結晶」は2020年、世界的に権威がある英国の文学賞「ブッカー賞」の翻訳書部門に位置付けられる「ブッカー国際賞」で最終候補の6作品に残った(受賞は逃す)。19年の全米図書賞翻訳文学部門候補にもなっている。, 主な受賞歴は、「河原荒草」で高見順賞、「とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起」で萩原朔太郎賞。2015年に早稲田大学坪内逍遥大賞を受賞, 52年に詩集「二十億光年の孤独」を発表してデビュー。これまでに2000を超す詩を創作し、海外での評価も高い, 主な受賞歴は、1983年「日々の地図」で読売文学賞、1993年「世間知ラズ」で萩原朔太郎賞、2010年「トロムソコラージュ」で鮎川信夫賞、 2016年「詩に就いて」で三好達治賞など. 悩んでいる人新型コロナウイルスの感染が拡大していて怖いんだけど、情報が錯綜していて、どのような対... 「スタンフォード式 最高の睡眠」の書評です。夜なかなか眠れないかた、眠りの浅いアラフィフ世代のかたにおすすめです。, 映画「スキャンダル」を自宅で楽しみたいですか。映画の基本情報や見どころ、感想をまとめました。動画を無料で観ることのできるVODも紹介します。自宅でお得に楽しみましょう。, 映画「ビリーブ 未来への大逆転」を自宅で楽しみたいですか? 男女差別の撤廃に尽力し、2020年に亡くなった米最高裁判事ルース・ギンズバーグ氏の実話に基づく映画。基本情報や見どころ、感想をまとめました。動画を無料でみることのできるVODも紹介します。自宅でお得に楽しみましょう。, 映画「ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋」の基本情報や見どころ、感想をまとめました。自宅で無料でお得に楽しむための動画配信サービス(VOD)も紹介しています。. ): Have fun! Copyright © 2019-2020 サントン All Rights Reserved. 2020年ノーベル化学賞は2名の女性科学者へ 16. 恒例のノーベル文学賞。2020年の受賞者はアメリカの女性詩人ルイーズ・グリュックでした。この記事では今後も有力視される作家と代表作品をまとめました。受賞の可能性を秘めた日本人作家も紹介。21年以降の受賞者となるかもしれませんので、著書を手にとって予習しましょう。 【AFP=時事】(更新)歴代のノーベル賞(Nobel Prize)受賞者は圧倒的に男性が多いが、2020年はこれまでに、米国のアンドレア・ゲズ(Andrea Ghez)氏に物理学賞、フランスのエマニュエル・シャルパンティエ(Emmanuelle Charpentier)、米国のジェニファー・ダウドナ(Jennifer Doudna)両氏に化学賞、米国のルイーズ・グリュック氏に文学賞が授与されることが決まった。図に、男性、女性、組織・団体別のノーベル賞受賞状況をまとめた。, ノーベル化学賞の受賞が決まったエマニュエル・シャルパンティエ氏(左)とジェニファー・ダウドナ氏(2015年10月21日撮影、資料写真)。, ノーベル化学賞の受賞が決まったエマニュエル・シャルパンティエ氏(2020年10月7日撮影)。, ノーベル化学賞の受賞が決まったジェニファー・ダウドナ氏(2018年11月4日撮影、資料写真)。, ノーベル化学賞の受賞が決まったジェニファー・ダウドナ氏(2017年6月7日撮影、資料写真)。, 2020年のノーベル文学賞受賞が決まった、米国の女性詩人ルイーズ・グリュック氏(左)。首都ワシントンのホワイトハウスで、バラク・オバマ大統領(当時)と(2016年9月22日撮影、資料写真)。, この記事内のリンクから商品を購入されるとマイクロソフトはアフィリエイト広告収入を得ることがあります, © Robin Marchant / GETTY IMAGES NORTH AMERICA / AFP, © Lachlan Cunningham / GETTY IMAGES NORTH AMERICA / AFP, © Brian Ach / GETTY IMAGES NORTH AMERICA / AFP, 新しいFacebookアプリで友達とのコミュニケーションを快適に楽しんで頂けます。. 2020年のノーベル化学賞は、ゲノム編集法の開発により、エマニュエル・シャルパンティエとジェニファー・a・ダウドナに授与されました。 彼女らは、遺伝子技術の最先端ツールの1つであるcrispr- cas9(クリスパー・キャスナイン)と呼ばれる遺伝子の「はさみ」を発見しました。 pic.twitter.com/IgpxvqKVuz, 事前予想でオッズの上位には入っていなかったけど、日本人の有力候補をほかにも紹介するね, 【 最新記事 】<インタビュー>文学とアート/ 作家・詩人 多和田葉子 氏 :異世界へのつながりと発見「ライター・イン・レジデンス」( interview 檀原照和 ) https://t.co/jKhTrpFBkT pic.twitter.com/xpyhqxb5Ku, 「言葉は不自由な道具」小川洋子の遅くて弱くてはっきりしない言語化力「論理性や明快さは、言葉が持っている能力の一つだけれども、それだけが言葉の役割ではありません。だって、平安時代の貴族に求められた言語化の能力は、美しい恋の歌を詠む能力ですよ(笑)。」https://t.co/DWf9WpP51z pic.twitter.com/3mvjXyISyV, オッズにはランクインしていませんでしたが、2020年の英国の文学賞「ブッカー賞」で最終候補にまで残った小川洋子さんも、ノーベル文学賞の有力候補の一人といっていいでしょう。, 1978年『草木の空』でデビュー。80年代の女性詩ブームをリードし、数々の作品を発表してきた詩人の伊藤比呂美さん。人生の分岐点となったのは17、18歳の頃「摂食障害」になったことだと語ります。果たして、伊藤さんが摂食障害から抜け出したきっかけとは?詳しい目次はこちら https://t.co/yKAiIlLF9k pic.twitter.com/ZP5LeEuWcp, 【#をちこちMagazine】#国際交流基金賞 を受賞した詩人の #谷川俊太郎 さん。平易なことばで綴られる明快かつリズミカルな詩は、国内はもとより海外でも広く愛されています。谷川さんに日本語、コミュニケーションや詩作について伺いました。谷川俊太郎さん特別インタビューhttps://t.co/iMCOakRubV pic.twitter.com/lluCu6tWIq, 何ごともきっかけが大事。ノーベル賞作家の著作を1冊手に取ることで、あなたも奥深い読書の世界へ!!, ご指摘やご質問、ご要望は、すぐ下の方にある「問い合わせ」コーナーに記入していただけましたら、とてもうれしいです。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 「会社依存」からの脱却をめざす40代。慶應経済卒。大企業に20年以上。訪ねた国は50以上。妻と子2人。英国駐在中。「人生100年」時代を生き抜くため、ブログやアフィリエイトでの収益化(いま月4桁)と、衰えつつある肉体の改造に家族で挑戦。テーマは「人生の無駄をなくす」こと。老後にそなえて、同じ団塊ジュニア世代が抱える悩みを一緒に解決してゆきたい, https://www.nicerodds.co.uk/nobel-prize-in-literature, 【保存版】新型コロナウイルス対策で読むべき海外ニュース10選【欧米メディアが強調する感染対策とは?】. https://t.co/Xr3AXfUUSo pic.twitter.com/eFS19JKBfw, On Thursday, 3 September at 7pm, a ceremony will be held to award the Catalonia International Prize to the writer Ngugi Wa Thiong'o. See her in conversation free on our website during August: https://t.co/ZsR0h4l5me pic.twitter.com/0Oqxj0iGSZ, Russian language speakers, don't miss this rare talk with Lyudmila Ulitskaya, 1/21, 6:30pm: https://t.co/o10XI5r8ng pic.twitter.com/IMMD3qNfYV, 『騎士団長殺し』を出した作家の村上春樹さんにインタビュー。執筆の経緯や過去の作品、東日本大震災への思いまで、率直な言葉で語りました。 https://t.co/Jq7b4D4eWX pic.twitter.com/5KNI6G7C0X, Happy #National #Poetry Day U.K.! スウェーデン王立科学アカデミーは7日、2020年のノーベル化学賞を、ゲノム編集技術の開発に貢献した米仏出身の女性研究者2人に贈ると発表した。
2020 ノーベル賞 女性 2020