日経新春杯当日、G1馬ながら斤量49kgと最軽量ハンデに恵まれたテイエムプリキュアの鞍上荻野騎手は、これが最後とばかりに思い切った大逃げを打ったのだ。 ピークの過ぎた馬でその内失速するだろうと思われたが、4コーナー過ぎても勢いは衰えない。 日経新春杯(にっけいしんしゅんはい)は、日本中央競馬会 (jra)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞 競走 ()である。. ¸õ : ±« / ¼Ç : ÎÉ / È¯Áö : 15:45, 10=(4,12)(13,16)(2,5,3)(6,7,11,15)1(14,8,9), 10=12(5,13)16(4,2,7)(3,15)(1,11,9)(14,6,8), 12.7 - 11.3 - 11.7 - 12.7 - 12.7 - 12.6 - 12.6 - 12.1 - 11.6 - 11.9 - 11.9 - 12.8, 12.7 - 24.0 - 35.7 - 48.4 - 61.1 - 73.7 - 86.3 - 98.4 - 110.0 - 121.9 - 133.8 - 146.6 (35.7-36.6). テイエムプリキュアとは、2003年生まれの 日本の元競走馬である。牝・黒 鹿毛。 主な成績は阪神ジュベナイルフィリーズ1着、日経新春杯(g2)1着、エリザベス女王杯2着。 馬名の由来は、冠名のテイエム+tvアニメ『プリキュア』シリーズ。 日経新春杯(にっけいしんしゅんはい)は、日本中央競馬会 (JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走 (GII)である。, 1954年に創設された「日本経済新春杯」が本競走の前身[5]。1979年より「日経新春杯」に改称された[5]。, 創設時の負担重量はハンデキャップだったが、1981年から1993年までは別定で行われた[5]。距離も創設時は芝2400mだったが、1987年から1994年までは芝2200mに短縮していた[5]。外国産馬は1990年から出走可能になった[6]ほか、2006年からは外国馬も出走可能な国際競走となった[6]。外国馬の出走枠は当初4頭までだったが[7]、2007年から2014年までは8頭まで[8][9]、2015年からは9頭までとなった[10]。2020年からは地方競馬所属馬も出走可能になった。, なお、本競走の優勝馬にはオーストラリアのG1コーフィールドカップへの優先出走権が与えられることになっている。, 2017年の1着賞金は5700万円で、以下2着2300万円、3着1400万円、4着860万円、5着570万円[2][3]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=日経新春杯&oldid=80059324. 寄贈賞を提供する日本経済新聞社は、東京と大阪に本社を置く新聞社 。. テイエムプリキュアは日本の競走馬、繁殖牝馬である。2005年度JRA賞最優秀2歳牝馬。馬名の由来は「冠名+キャラクター名」。「プリキュア」とはアニメ『ふたりはプリキュア』シリーズの主人公たちが変身する伝説の戦士の名であり、名付け親は馬主・竹園正繼の娘である。 1着=⑩テイエムプリキュア 牝6 49 (萩野琢真) 11番人気 2着=⑧ナムラマース 牡5 56 (小牧太) 3番人気 3着=⑦タガノエルシコ 牡4 52 (藤岡佑介) 4番人気 タイム=2:26.6(良) レース上がり3ハロン=36.6 勝ち馬上がり3ハロン=36.6 3連複=22,460円 3連単=213,570円 年明け最初の古馬重賞ハンデ戦、日経新春杯。過去20年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!! No.1競馬サイト「netkeiba.com」が日経新春杯(G2)2020年1月19日京都の競馬予想・結果・速報・日程・オッズ・出馬表・出走予定馬・払戻・注目馬・見どころ・調教・映像・有力馬の競馬最新情報をお届 … No.1競馬サイト「netkeiba.com」が日経新春杯(G2)2020年1月19日京都の競馬予想・結果・速報・日程・オッズ・出馬表・出走予定馬・払戻・注目馬・見どころ・調教・映像・有力馬の競馬最新情報をお届 … アイトーンがサラスを押し切ってハナを主張、単騎になるまでに相当な時間を要してしまい結果として前半1000mが58秒台のハイペースとなった1戦。隊列も当然ながら縦長で展開するが、向正面から4コーナーにかけて出遅れたメイショウテッコンが後方から一気の捲りを見せて進出。と同時にペースも上がり各馬が仕掛けながらの直線コースへ。内で上手く脚を溜めていたグローリーヴェイズが楽々と抜け出し、後続を最後まで寄せ付けず重賞初制覇を飾った。2着には大外から差し込んだルックトゥワイス、3着には地力を見せたシュペルミエールが入線。特殊なレース運びにより、各馬のポジショニングで明暗が別れた。, ロードヴァンドールが楽に先手を取り主導権を握っての道中、前半1000mは62秒と完全に前残りの展開となる。番手に付けたガンコ含め前が楽をして直線コースへ入ると、その余力で後続を突き放し2頭のマッチレースになるかに見えた。しかし、その外を鮮やかな末脚で一気に差し切ったのが1番人気パフォーマプロミス。ステイゴールド産駒の遅れて来た大物が遂に覚醒した瞬間。ミッキーロケットはトップハンデも響いたか4着に敗れる。, 直線で明け4歳の上がり馬2頭の壮絶なデッドヒート。一旦は前に出たシャケトラを、内からミッキーロケットが差し返しで根性でもぎ取った初重賞タイトルとなった。神戸新聞杯であのサトノダイヤモンドにあと一歩まで迫った実力は本物だろう。それ以上に1000万条件を勝ち上がったばかりでここまで走ったシャケトラの大物感も見逃せない。2017年の活躍が期待される両頭だ。, 道中で先頭が入れ替わるなど出し入れの激しい乱ペースとなったが、終始最後方からじっくり競馬を進めたレーヴミストラルが最後の直線で全頭をゴボウ抜き。レースの上がりを2秒も上回る豪脚を披露し、昨年の青葉賞以来となる重賞2勝目を飾った。2着には同じ4歳の上がり馬シュヴァルグラン、3着には古馬の実績馬サトノノブレスが入線し、ハンデ戦にしては順当な決着となった。, メイショウサミットが大逃げを打つ展開も、後続はしっかりと固まった冷静なレース運び。中でも先行から直線一番に抜け出した前年3着馬のフーラブライドが勝負を仕掛けるも、最内から鋭く脚を伸ばしたアドマイヤデウスがゴール前で差し切って重賞初制覇。3着にも前年2着馬アドマイヤフライトが入線し、各馬が中穴だった事から3連単は20万円を超える波乱決着となった。, レース途中からハナを奪ったサトノノブレスがそのままマイペースに持ち込み、あれよあれよと言う間に逃げ切った。クビ差まで迫った上がり馬のアドマイヤフライトが惜しい2着、中団から差して来たフーラブライドが3着に入線するも、上位人気馬同士での決着となり3連単は5000円を切る低額配当。明け4歳馬が圧倒的に強い。, 平均ペースで流れる展開で馬群はひと塊のまま最後の直線へ。純粋な切れ味勝負となった所を、内からスッと抜け出した軽量のカポーティスターが後続を振り切って重賞初制覇。前走1000万下を勝ち上がったばかりの条件馬が、古馬の強豪相手に大金星を飾った。その2着には1番人気のムスカテール、3着にはトウカイパラダイスが入線し3連単は6万円台とそこそこの配当。, 圧倒的1番人気のトゥザグローリーが、中団待機から直線で外へ持ち出し貫禄の競馬で抜け出して重賞4勝目をゲット。トップハンデも何のそので、前走有馬記念3着の実力を見せつけた形だ。2着にはこのレースでの鉄板となる明け4歳のダノンバラード、3着には後方から猛追した8番人気のマカニビスティーが入るも3連単は1万円を切る順当な配当となった。, 新年早々、明け4歳の強豪が出揃った1戦。その中で最も理想的なレースをしたルーラーシップが先行抜け出しから更に後続を突き放す圧巻の内容でライバルのヒルノダムールとローズキングダムを一蹴した。番手競馬からほぼ最速上がりを使える同馬は、不安定な成績ながらも最強と言われた同世代でも特にキャラクターの濃い1頭だ。強い時はとことん強い。, 道中最後方から競馬を進めたメイショウベルーガが、直線で異次元を脚を繰り出して圧勝。最後は2着のトップカミングに3馬身差を付けるパフォーマンスで観客を驚かせた。特に坂の下りでスピードを付けられる京都競馬場になると鬼の様に走るのでコース適性の助けもあったか。3着には最下位人気のレッドアゲートが入り、3連複と3連単はやや荒れとなった。, 49kgの超軽ハンデを活かしたテイエムプリキュアが大逃げからそのまま直線でもリードを保ち、11番人気の低評価を覆す逃げ切り勝ちで阪神JF以来となる重賞2勝目を飾った。2着には後方から一気の末脚で追い込んだナムラマース、3着には中団から粘り込んだタガノエルシコが入線。3連単は20万円を超える中波乱決着となった。, 良馬場発表だったが、小雨は降り続けパワーがいる芝の状態。後方から進めた重馬場巧者のアドマイヤモナークが水を得た魚の様に、直線でも他馬が伸びあぐねる中でスイスイと伸び続けて快勝。2着にはダートでも実績のあるダークメッセージが入線、3着には12番人気のテイエムプリキュアが逃げ粘り3連単は50万円弱の高配当となった。, 12頭の少頭数で平均ペース、馬群も凝縮された状態のまま直線に入り各馬が一斉に追い出す展開となった。そうなれば道中の位置取りが最重要となるが、インの経済コースを取っていたトウカイワイルドとトウカイエリートの2頭がそのまま粘り込んでワンツーフィニッシュとなった。3着にはダートから勝ち上がって来たばかりの条件馬ダークメッセージが格上挑戦ながら健闘して入線。1番人気のアドマイヤフジはトップハンデに苦しみ6着に敗退した。, キョウワスプレンダが平均ペースで逃げる展開。12頭立ての少頭数でレースは進み最後の直線勝負となったが、道中インの経済コースを回ったアドマイヤフジが外から伸びたスウィフトカレントとの叩き合いをクビ差制して勝利。3着に先行して粘った1番人気インティライミが入線した。, 前半1000m64秒台の古馬重賞にしては珍しい超スローペースでレースは進む。馬群が固まり究極のキレ勝負となったが、最速の上がりを駆使して突き抜けたのはサクラセンチュリー。道中は最後方に近いポジションで4コーナーから勢いを付けると、最後は粘るマーブルチーフをゴール前でクビ差かわす鮮やかな競馬。3着には同じく後方から末脚を伸ばしたストラタジェムが入線。圧倒的1番人気のナリタセンチュリーは瞬発力に欠け9着敗退。, 淡々としたペースでレースは流れ各馬が能力を思う存分発揮出来る展開。その中で際立ったのは、1番人気のシルクフェイマスだった。道中は4番手前後の絶好位を追走すると、直線入り口では持ったまま先頭。そこから最速の上がりで突き抜け、最後は2着マーブルチーフに6馬身差を付ける完勝で重賞タイトルを手にした。3着には後方から脚を伸ばしたダービーレグノが入線。, ユウキャラットが逃げ、そのすぐ後ろを1番人気コイントスがマークする形で直線コースへ。2番手まであがったコイントスがそのままの勢いでかわすと独壇場、マイネルプレーリー以下を置き去りにして勝ちは目前に迫った。が、そこに突如表れたのがバンブーユベントスだ。上がり最速の鬼脚でコイントスを鮮やかにかわすと、念願の重賞タイトル獲得となった。, マイペース一環のホットシークレット。こうなれば強い同馬が最後の直線でも他馬の追撃を許さずゴール前で勝利を確信したが、最後の最後で豪快に伸びたトップコマンダーが差し切って勝利。3着にはまだ大成前のタップダンスシチーが人気薄で入線している。ラスカルスズカは伸びあぐねて6着に敗れる波乱。, サンエムエックスが先手を奪って馬群を引き連れるレース運び。明らかな前残りのペースで直線コースへ。サンエムエックスがそのまま逃げ切るかに見えたが、インコースをベタ付けで追走したステイゴールドが馬群を縫って鮮やかに抜け出しトップハンデに応える勝利で重賞をもぎ取った。3着にヤマニンリスペクトが入線している。, 8番人気メイショウドトウが番手から直線抜け出すと後続を引き離し必勝態勢へ。しかし、外から一気に追い込んで来たマーベラスタイマーが半馬身かわしきった所がゴールだった。上がりで実に1秒以上も上回る鬼脚が炸裂、見事人気に応える走りを見せた。ペインテドブラックは見せ場もなく6着に敗退している。. 京都11rの第56回日経新春杯(giiハンデ・芝2400m)は軽量49キロの11番人気テイエムプリキュア(荻野琢真騎手)が優勝、05年阪神ジュベナイルフィリーズ(gi)以来久々の勝利を重賞勝ちで飾った。スタートから先手を奪い、道中は一人旅。 テイエムプリキュアの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 1着=⑩テイエムプリキュア 牝6 49 (萩野琢真) 11番人気 2着=⑧ナムラマース 牡5 56 (小牧太) 3番人気 3着=⑦タガノエルシコ 牡4 52 (藤岡佑介) 4番人気 タイム=2:26.6(良) レース上がり3ハロン=36.6 勝ち馬上がり3ハロン=36.6 3連複=22,460円 3連単=213,570円 正賞は日本 … 11 R 第56回日経新春杯(G2) 芝右 外2400m / 天候 : 雨 / 芝 : 良 / 発走 : 15:45 過去の日経新春杯. 2009年1月18日 1回京都6日目 4歳以上オープン (国際)[指](ハンデ)
2020 テイエムプリキュア 日経新春杯