ブログを報告する, 東映特撮に踊らされる駄目人間の日々のよしなし。 Copyright © 2020 LiREC Works All Rights Reserved.  「いや……ハコブーに必要なのは、医者の診療じゃあない。……こんな時、心を癒やして、活力を与えてくれるのは…………エンタメだ! エンターテイメントだ!! 俺が行く!」  「漫才から、全て布石だ」 こんにちは。最初から最後まで「で、この話にゲキレン要素必要あったの?」としか思えなくて、白けてしまいました。ただでさえ個人回の度に瀬奈のキャラが負の方向に突き抜けていっていたのに、遂に変な妄想で自己肯定し出す様になっていて益々キャラが掴めなくなりました。新商品のゴーアローの扱いに至ってはもう最悪過ぎて何も言う気になれません。, 匿名さん、こんにちは。>最初から最後まで「で、この話にゲキレン要素必要あったの?」としか思えなくて、白けてしまいました。全然感じませんでしたね。冒頭でゲキレンの映像まで流れ出したときには「ゲキレン総集編で時間を稼ぐためにゲキレンにしたのか!」と思うほどでした。アピールするゲキレンらしもジャン語で、そっち?と首を傾げました。ゲキレンといえば修行があるのでそちらのほうが瀬名の話にも馴染みやすいと思います。>遂に変な妄想で自己肯定し出す様になっていて益々キャラが掴めなくなりました。ドン引きでしたよね。充瑠だけでもうんざりなのでわがままNo2の瀬名まで野放しはきついです。, コメントは承認後に表示されます。*過度に攻撃的な言葉や表現が含まれている場合、承認されない場合がございます。節度と良識を保った発言をお願いいたします。, 気になっていたゲキレンジャーのことは完全無視でした。存在しているけど何もしてないって何なのでしょう。みんな死んだんですかね。内輪もめは激獣拳の十八番ですし。良い理由が思いつかなかったならゲキレンなんだから「ロン/臨獣殿が復活して忙しいので今は無理です。最終回ぐらいに終わると思います」で済ませるほうがマシだと思います。, 「自分勝手な瀬名が更に妄想を深めてマイペースになりました」では全く喜べません。やるんだったら「意味がわからないことを言うから嫌いだったが先輩でスポンサーだから嫌々付き合っていた。しかし意味していることがわかったことで尊敬できるようになった」くらいでないとドラマにならないと思います。どっちにしても人間関係がぎすぎすしている点は変わらないのですが瀬名だから仕方ないでしょう。, キラメイジャーがかわせずに当たっている攻撃を生身で避けられたらキラメイジャーの立場がありません。まだ登場して2話目なのにあっさり撃墜されるゴーアローも悲惨でした。逆転のときには何もせず棒立ちで見てる敵もご都合主義的で酷かったです。ゲキレンのバトルってこんな感じだったなと思い出しました。, ・個人的には爆弾が外れた後の瀬名の行動が無いなと思いました。瀬名が爆弾を投げちゃダメでしょ。瀬名だったら走って爆発から逃れるべきだと思います。, ・唯一、ベチャットが掃除をしていた理由だけはなるほどと思いました。バトルの締めが台無しだったので意味がなくなってしまいましたが。, 次回は時雨の個人回ですが新ロボ?のほうがメインになりそうな感じでした。特に期待できる要素は見当たりません。.  新アイテム登場回の前編という、メインライターが出てきても良さそうなエピソードを任された金子さんが、キャラ回と新装備登場を見事に両立させたのは、今後に向けても大きそう。 ブログを報告する.  「本当に、感情が死んでしまったのか?!」  「そんな! 二人とも、泣かないで! ……あれ?」 WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free".  間に立った充瑠が何かの既視感を覚えていた頃、黄緑桃銀は、隠匿映像用のタブレットを手に逃走した強化ベチャットを追いかけ、狭い建物の中で争奪戦に突入していた。  やたら気合の入った時雨は充瑠を助手に連れてザビューンに乗って南の島へと向かい、いざとなったら捨てられた子犬のような瞳攻撃をオプションで行使する予定です。  試験運用中、とヨドンナと謎の敵は姿を消し、輝きを澱ませ、活動不能になってしまったキラメイストーンを治す方法はただ一つ、聖地アタマルドで奇跡の輝きを浴びる事。 素人ながら塗装に励んでます。  敵が強化戦闘員(簡単に一撃で倒せるわけではない)だから成立しているのも、物語全体の流れの中でお見事。  もしかするとここまでのシーンでも、複数のカメラを用いているが、カットを割っていないように見せる技術が駆使されたりしていたのかもですが、狭い建物内部での見せ場たっぷりの追いかけっこに長回しによって増幅するスピード感を組み合わせ、戦隊では珍しい見せ方がスパイスになっている点も含め、非常に充実したアクションシーンでした。  その後も、カットの切り替え無しに多対多の争奪戦が狭い建物内部で繰り返され、近接格闘あり、現場では見えない光線をかわすのあり、黄と戦闘員を追いかけてカメラも段ボールに突撃、と長回しでの展開にビックリの超濃密な約1分。 ただ自分がダメな奴であるせいか、ダメな子(作品)ほどかわいがる傾向があることをご了承ください。  まあ、実際に緊迫した状況で漫才(隠し芸含む)を始めた戦隊は過去に2つほどしか記憶にありませんが、この辺り、戦隊初参加作(『ルパパト』)で宇都宮Pや香村さんに揉まれた影響なのか、金子さんは割と、「“戦隊”らしさとは」を念頭に置いて脚本を書いているイメージ。 」:感想 『魔進戦隊キラメイジャー』 第27話「大ピンチランナー」:感想 『仮面ライダーセイバー』 第5話「我が友、雷の剣士につき。」:感想 『魔進戦隊キラメイジャー』 第26話「アローな武器にしてくれ」:感想 9月 (10) 8月 以下、ネタバレありです、回を重ねるごとに独自解釈による偏見も酷くなっております(笑)どうか、ご了承のほどを。製作者などの敬称も略とさせていただきます。, 4つ集めたいカナエマストーン。その名の通り、集めれば何でも願いが叶うという奇跡のアイテムです。, 妹を助けたい、その一念で収集を始めた義兄の宝路。クリスタリア王のトラブルに巻き込まれて、養子にならざる得なかったと解釈もできる経緯ながら、ちゃんと家族しています。, それでも長い年月を経て再会した2人は、大切な出会いとして人生の糧としていました。宝路はもちろん、相手の秋保も素晴らしい女性です。, だからでしょうか、為朝ダメだなぁ〜と思わせる今回です。もう少し配慮した言い方をすれば、まだまだ若い。もしくは為朝には似合わなそうな言葉「初心」もう一度言わせてもらえば「うぶ」だったとしておきます。, 一目した時に、ズキュン!など、まだ女性と交際したことはないのか。どう考えても為朝はモテそうなのに・・・。, ダメだなんて言って、為朝には申し訳ない気になってきました。eスポーツ界のスーパープレーヤーで、カッコいい兄さんです。多くの女性に言い寄られてもおかしくない立場でした。, 多くの誘惑をモノともせず、プレーに専念している為朝。特撮出演者のゴシップがあっただけに、ストイックな姿勢を評価すべきでした。, そうでした、為朝はスター生活です。周囲に人が群がってくる生活です。だから自分に関心を寄せない、神秘的な美女という雰囲気にやられたのかもしれません。, 為朝の一目惚れは、単純に容姿から入ったわけではないかもしれない。でもやっぱり、見た目から入った可能性だって捨てきれない。, なにせ、巫女の格好がイイ!そこは個人的に共感してもいいです(笑)。そして大事なところは、演じている女優が「桃月なしこ」であることです。, コロナ禍による自粛期間真っ只中にあった春期に放送された『GARO –VERSUS ROAD-』そこでも、クールな謎めいた役を印象的に演じておりました。出演者いずれもが好演を果たした作品です。出演者のほとんどが、まだ無名に近い状態です。, 出演者の誰が、次にどんな作品へ出演を果たすか。特撮絡みで「ニチアサ枠」の作品に出演できたら、知名度もぐんと上がりそうだ。, 仮面ライダーゼロワンにさっそく出演はあったものの、今さらキャリアなど求めないベテラン俳優でした。, 良くぞ、ゲスト出演を勝ち取った!と、思ったら、まさかまさかの敵幹部です。こらまた準レギュラーときます。ヨドン皇帝秘書官「ヨドンナ」といった役名まで与えられています。, ただ今回のヨドンナ。百年の恋も冷めそうな「変顔」を見せてきます。桃月なしこ、熱演であります。, ズキュンときた女性の変顔を認めつつ、敵であってしまったことに、為朝は抱いた恋心をどうするのか?クライマックスにおいて、盛り上がる要素となるのか。, それとも敵だし、変顔だし、あっさり恋心は冷めたか?為朝の気持ちがどうなったかも、次回のお楽しみであります。, 今回は、充瑠が歌う『ひらめキーング!かがやキーング!』です。しかしながら出番は、主ではありません。それでも、為朝へ宝路と共に絡むだけ、まだマシであった今回です。, ちょい地味系だけれども、だからこそ主役のレッドとして面白い感じになるだろう。性格と立場が相反することで目立つ存在へ押し上げる・・・と思ったら、地味なままな感じになってしまった(笑)。, それこそ充瑠なんですが、何だか久々に推したいレッド!圭一郎もレッドだったけれど、もう1人のレッドがいましたから、単独のレッドでは久しぶりに、ということにしておいてください。, どうしてもスーパー戦隊だと脇役へ目がいってしまうタイプなため、なかなかレッド中心となりません。キラメイジャーでさえ、開始前は時雨か為朝かといった具合です。, それでも『エピソードゼロ』で、絵を描くことばかりで冴えない主人公が何となく気になります。なんだか主人公っぽくないところが良い感じです。だから気に入ったのかもしれない、と今ここで書いていて気づかされました(笑)。, だからエンディングとはいえ、充瑠の主役感にほのぼのします。たった1話きりの出演だった瑞希とのシーンが、意外に多くが差し込まれているな、などとも思います。そして他に目立ったシーンはあまりないな、と危機感を抱きます。, 次回は強化形態を得るということで、派手にレッドが持ち上げられることを祈っております。, そして今回と次回は、脚本が荒川稔久で、監督が山口恭平といったメインのコンビ。大きなうねりだけでなく、これから後半に向けての大事な局面が展開されるかもしれない。気を入れて楽しみに待ちたいです。.  「マジですか……」  「突然の訪問を、お許し下さいハコブー殿!」 キラメイジャーをサポートするカラットと同様の立ち位置でキラメイジャーの活動にも理解があると紹介。 ゲキレンジャー の過去映像もがっつり流れて解説もされ、為朝のeスポーツ仲間でも話題になったりと、完全に世界観が地続きだと明言された。  ……おバカな二人は置いておいて、  「そう言って貰えると、役者冥利に尽きる」 トップ > 魔進戦隊キラメイジャー > キラメイジャー感想27話-大ピンチランナー 2020 - 10 - 12 キラメイジャー感想27話-大ピンチランナー  「まずは、心のケアが必要ね」  やたら高いテンションは、素っ頓狂方面に振り切れていたのではなく、激情のあまり泣き崩れる姿に違和感を出さない為のキャラ作りであった、と目を剥いて自慢げ(笑) 前回でヨドンナとの初戦が終わり、ゴーキラメイジャーへのパワーアップを遂げました。その影響からか少し映像に変化があったと思います。, ヨドン軍が現れる時にガルザ、クランチュラに加えてヨドンナも加わってましたし、ゴーキラメイジャーのカットも追加されてました。, 2007年に放送されていたゲキレンジャーの人物が登場ということで劇中の変身映像が流れました。めちゃくちゃ懐かしかった!!ということでジャン語といわれるカタカナ4文字の独特な表現する言葉が多用され、今回の話の打開策に役立ちました。, 瀬奈が着ているユニフォームはスクラッチ社が提供するもの。このスクラッチ社がゲキレンジャーに登場したものと同じ会社としてコラボしたのです。激獣拳も見れて私は満足です。笑, トレーニング中、ヨドンナの策略により常に走っていなければ爆発してしまう状況で、ジャン語からヒントを得て見事打破。, トンネルの煙の中から登場する瀬奈は凛々しさあり、格好良くもありました。仲間を信じてヨドン軍に立ち向かう姿、良かったです。, 前回の終わり際、手を組んだ描写がありましたが早速でした。作戦というか目的が「諦めの実験」という中々ひどいもの。限界の状態で走らせ続けたらどのタイミングで諦めるのかを瀬奈で実験するとのことでした。腰に爆弾を巻かせて生死に関わる状態で実験させるのは恐ろしかったです。, 今後もこのような実験が続くと思うと怖いですが充瑠達には無事に勝ち続けてほしいです。, キラメイジャーを地面と接着させ、動けないところを一方的にタコ殴り。「パンチ&キーック!」とお茶目な表現をしていましたがやってる事は中々でした。, 良い感じに戦いを進めていましたが、キラフルゴーアローによる強力な遠距離射撃を受けて撃破されてしまいました。, 接着剤を放った後、ザビューンに水をかけられ無効化されます。ギガントドリラーによるギガントクラッシュ、飛び入りで魔進マッハによるマッハトルネードアタックで撃破されました。「私にも頼って欲しかった」と嫉妬するマッハが可愛かった。笑, 瀬奈推しにはたまらない回だったのではないでしょうか?本当にめちゃくちゃ可愛かったです。, ゴーキラメイジャーになった事で各自のエピソードがしばらく続きそうでちょっと楽しみになってきました。, 次回は時雨の活躍回のようです。男泣きとは言いますが、「時雨泣き」とは?面白そうなタイトルに面白そうな予告映像だったのでわくわくしてます。, 仮面ライダー、プラモデル、ゲーム大好きクライマー  「え?! それじゃあ、全部演技だったの? どっから?」  音楽祭は、劇中でも一部披露された、しっとりバラード……からの「なんか変だよね」が大変面白かったです(笑) ……いや笑うところではないかもですが、歌詞に合わせた映像の編集(仲間の顔がここで入る)も素晴らしく、アニキの魅力のよく出た名場面集でした。  ヨドンナの指示に従って巨獣が攻撃を開始し、広げた翼を振るうと屋根の瓦や自動車が吹き飛んでいくのは、どちらかといえば円谷テイストの映像ですが、今作の志向の見えるところではあり。  最後は銀がワンダーゲットしたタブレットを破壊すると、隠匿が解除された姿を現したのは、通常の邪面獣の二倍のサイズを誇るヨドン巨獣。  割と今作、嘘も方便路線で突き進みます。  そして、みんなの名乗りを次々と決める充瑠、は馬鹿馬鹿しさが突き抜けてちょっと面白かったです(笑) 1: 2020/10/11 09:56:24 魔進戦隊キラメイジャー エピソード27「大ピンチランナー」感想スレ 2: 2020/10/11 09:59:07 ゲキレン回かと思ったらとんでもないエロ回だった 3:  一方、孤島の二人はギターとマイクを用意して歌い始め……失意で引きこもっているところに見知らぬ2人組がやってきてPerfectに浸りながら俺格好いいのテーマを歌い始めたら、湧いてくる感情は怒りだと思いますが、まあ、「喜怒哀楽」だから「怒り」でもいいのか。 |  「辛いよな……」  「でも、ハコブーには内緒だぞ。騙しているようで申し訳ない」 1: 2020/08/23 10:07:36 魔進戦隊キラメイジャーエピソード20「あぶないペア」 2: 2020/08/23 10:12:20 スーパー合体がこういう形で表現されるとは… 21: 2020/0  「扉?」  「被害が広がる前に、あの透明な敵をなんとかしないと」  二人は南の島で巨石ハコブーを発見し、時雨らしく芝居がかりつつも(相手の性格を考慮して第一印象で足がかりを作ろうとするのも役者らしい)、まずは礼節を持って丁寧に要件を切り出すところから始まる(まあこの場合、石の方が不法滞在では……? という気はしますが)のは、大変『キラメイ』らしい描き方。 詳しいプロフィールはこちらへ. 」:感想 『魔進戦隊キラメイジャー』 第27話「大ピンチランナー」:感想 『仮面ライダーセイバー』 第5話「我が友、雷の剣士につき。」:感想 『魔進戦隊キラメイジャー』 第26話「アローな武器にしてくれ」:感想; 9月 (10) 8月 (10)  「煌めきこそが、私に通じる」  この間、一切のカット割りをしない戦隊では珍しい長回しなのですが、更にそのまま、タブレットを奪い返した戦闘員が二階の仲間に投げて二階の戦闘員がそれをキャッチ、を即座にカメラに収め、直後に階段下にカメラを向けると、黄が床下から貫通射撃! とスピーディーな流れで痺れるアクション。  女帝がしれっとヨドンナの背後を取っていていいのかはさておき、シーンとしては面白くなりました(笑)  「それ、どこですか?」  わからないのはこの後、銀と戦闘員がもつれるように窓から飛び降りた後で、落下した二人を捉えたカメラが二階→一階へとそのまま追いかけていってカット割らずに地上からの映像に繋がっているのですが……どうやっているのか、これ。 2020年10月18日放送回。瀬奈がニキニキで可愛かったその後。きらめきこそが私に通ずる 心を癒すのはエンタメだ!恐ろしい程かっこいい液晶パッドの奪い合い 新しい魔進「ハコブー」今回のヨドン軍 ヨドンナ 邪面獣プロジェクターゴモリュウ キラメイ音楽祭 おわりに  真剣に対策を練る残留組は、見えない敵の正体は、プロジェクションマッピングのように画像を体に投影して一種の擬態をしているのではないかと思い至り、ヨドン反応に出撃。  「扉を開けて入ってきてくれ。ただし、扉は一人一回しか開けられない」  一方、南の島では時雨につられるように大泣きしたハコブーが己の憂いを吹き飛ばし、全ては事前の情報から貰い泣き狙いの計画通りだった、と時雨が充瑠にこっそり説明。  失意と自責の念から姫様の元にさえ馳せ参じず、心を閉ざして南の島に引きこもっているというハコブー(以上、エクスとプレス情報で、そこで人格が分かれているのか……)の説得役を買って出る小夜だが、それにストップをかけたのは、永遠の24歳・押切時雨。 レスト日にちまちま更新中。, kamenclimberさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog |  力を貸してほしいと訴える充瑠と時雨に対し、もはや仲間を思いやる感情さえも失っていると告げるハコブー(CV:稲田徹!)だが、ならば喜怒哀楽を取り戻したら力を貸してほしい、と二人は持ちかけて交渉が成立し、さっそく、石を相手に始まる漫才、は、凄く“戦隊”らしくて笑ってしまいました(笑)  まあ、「見る方も演技だとわかっていて心を動かされる」のと「見る方は演技だと知らずに心を動かされる」のは、本質的な意味合いが違うとは思うのですが、言いたい事には共感できますし、充瑠と時雨の表情が大変良かったので、良しという事で。 それだからこそ、観たい・聴きたい・読みたいの欲望三拍子を奮い起こしています。人生再創造の源としてエンタメ作品と向き合っていきます。 キラメイジャーをサポートするカラットと同様の立ち位置でキラメイジャーの活動にも理解があると紹介。 ゲキレンジャー の過去映像もがっつり流れて解説もされ、為朝のeスポーツ仲間でも話題になったりと、完全に世界観が地続きだと明言された。 エピソード27「大ピンチランナー」 感想 キラメイはゲキレンジャーだった 今回は「獣拳戦隊ゲキレンジャー」から真咲美希(伊藤かずえさん)となつめ(桑江咲菜さん)親子が登場!しかもただ出るだけではなく、がっつりゲキレンジャー本編の映像も流れるという豪華さ!  それに対して、笑顔で心から讃えられる充瑠と、出発前の宣言通り、そんな「エンタメの力」に誇りを持つ時雨の言葉は、大変良かったです。  ドラマの役柄に入り込んでいた時雨が介入してややこしい事になり、ぷんすかする姫様の傍らで、夢で貰った筈の鍵を手にしている事に気付く充瑠だが、市街地で謎の爆発事件が発生。その爆発の様子が、クリスタリア襲撃時にそっくりだとのマブシーナの言葉に出撃するキラメイジャーだが、見えない敵の謎の攻撃により、キラメイジンがあっという間に戦闘不能に陥ってしまう。  謎めいた言葉と共に青く透き通る鍵を手渡された充瑠は目を覚ますと、夢でオラディン王に会った事をマブシーナに話し、私の夢には出てこないんですけどお父様! と、ジェラシーを燃やす姫様、可愛い(笑)  今度も全く無反応のハコブーに対し、歌を中断した時雨の眼からこぼれ落ちる涙。時雨はハコブーの境遇に同情すると、涙を流しながら己の力不足に悔し涙を流し、そんな時雨の姿に、思わず貰い泣きするハコブー。 エピソード27「大ピンチランナー」予告監督:渡辺勝也脚本:横手美智子 瀬奈は、競技のスポンサーでもあり、ゲキレンジャーのサポートもしていたスクラッチ社の美希、なつめの協力を得て開発中のサポートギアでトレーニング中。  「姿が見えたところで、おまえらではどうにも、できないよ」 という趣旨で前節をかましてきましたが、さすがに対応の酷さ... ホラーは怖いから嫌いである。でも、だからといって全く観ないわけではない。『ブレアウィッチ』や貞子もとい『リン... 魔進戦隊キラメイジャー【感想*ネタバレあり】エピソード9「わが青春のかるた道」#かわいいわけです, 魔進戦隊キラメイジャー【感想*ネタバレあり】『キラトーーク! 相方大好き魔進』#声優が好きだ, ネタバレの感想【牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-】#リピートしていい#最後だと思ってしまう, 【KEIKO(元カラフィナ)復活】FictionJunction【さらっと期待】See-Saw, 【梶浦由記は手強い】KeikoとHikaruが同じステージに立つ!復活の狼煙になるか, GARO -VERSUS ROAD-#1「NEW GAME」【感想*ネタバレあり】牙狼における異色作か?. まだ上映中の作品であれば、悩みます。 ウルトラマンz(ゼット)【ネタバレ感想】第19話「最後の勇者」 好き嫌いで述べてみたい?【平成仮面ライダー】その順位から自分の趣味を探りたい? 魔進戦隊キラメイジャー【ネタバレ感想】エピソード29「まぼろしのアタマルド」  博多南から連絡が入り、ハコブーに乗り込んだ2人は巨獣に苦戦する仲間の元へと救援に駆け付け、黄金のドラゴンのような魔進ハコブーが巨獣に噛みついたところで、つづく。 以下、ネタバレありの、独自解釈による偏見もありです。どうか、ご了承のほどをよろし ... ブルーが引き立たせたレッド 「君とは気が合うようだ」と、のっけのシーンからオラデ ... レッドの活躍 充瑠は好きなキャラクターです。 主人公だからお気に入りとならないの ... 以下、ネタバレ及び独自解釈による偏見(笑)が含まれますことをご了承ください。製作 ... 以下、ネタバレあります、独自解釈による偏見もございます(笑)どうか、ご了承のほど ... 親の借金や何度かの手術や旧知に請われ勤めた会社で不正に巻き込まれそうになり辞職と、心身ともにきつくなりました。 はてなダイアリーのサービス終了にともない、引っ越してきました。.  充瑠は久方ぶりに夢の中でオラディン王と出会い、わざとらしくフェニックスの絵を描いていたり、相変わらず……不穏。  「なにを撮ってるの?」  伝統芸のアイテムパス合戦を踏襲しつつ、建物内部での目まぐるしいアクションを手持ちカメラのような映像で追いかけながら見せるのがスピード感と迫力満点で、戦闘員を追いかける黄 → 走りながらアロー召喚 → キャッチして後方に向けてシュート → 仲間達をフェニックス → 追跡続行する黄は背後から矢を受けてダッシュしながらフェニックス、が非常に格好いい流れ。 2020年10月11日放送の ゲスト情報 次回エピソード27では、『獣拳戦隊ゲキレンジャー』・・・,キラメイジャー 27話 大ピンチランナーの感想やあらすじ等をまとめてみた。  「どんまい時雨、どんどん行こう!」 鑑賞前における最高の状況は、なんも知らん!だと思います。事前の期待が強... 取り上げるものは、できるだけ完結したものにしている。終わっていないところで評価は危険だからである。途中でもす... 当ブログは2019年、つまり本年度の3月から開始しております。作品紹介をしよう、というだけ考えて始めました。要... コロナに負けず、特撮でも観て頑張っていこう!  だが聖地は、幼い頃にオラディンの指南役を務めていたストーン界の重鎮・ハコブーしか行く事が出来ず、そのハコブーは、地球にバカンスに来ている間にクリスタリアが陥落した事に絶望しており……って、えらくカジュアルに遊びに来ているなストーン!(笑)  「次は、ここではない場所で会いたいな」  「透明マジックの種だよ」 ◆エピソード28「時雨泣き」◆ (監督:渡辺勝也 脚本:金子香緒里)  ここまでの流れだと、事前にガルザが「ハコブー、たまには骨休めでもしたらどうだ?」とか親切めかして三泊四日地球バカンスツアーのしおりを渡していたりしそうですが、むしろその方が納得がいくところではあります。 東映特撮に踊らされる駄目人間の日々のよしなし。 はてなダイアリーのサービス終了にともない、引っ越してきました。 旧ダイアリー保管用→ 〔ものかきの倉庫〕 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)  「たとえ演技でも、心が救えたら本物だよ。凄いよ、時雨さん」  だが石は全く無反応で……続いてブルーが披露した剣の技にも、微動だにせず。 」:感想 『仮面ライダーセイバー』 第7話「王の剣、アヴァロンにあり。」:感想 『仮面ライダーセイバー』 第6話「疾風の如く、見参。」:感想 『魔進戦隊キラメイジャー』 第28話「時雨泣き」:感想  次回――新ロボ登場になりそうで小夜回にするのは難しそうな雰囲気で、ここで一回、博多南ソングを挟んでおくのか??, gmsさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog
2020 キラメイジャー 感想 27話