日本では2012年12月に、「対イラク武力行使に関する我が国の対応(検証結果)」が発表されました。しかし、この中で反省しているのは、イラクの大量破壊兵器に関する外務省の情報についてであり、趣旨を要約すると、外務省は「情報が十分でなかったことは我が国としても厳粛に受け止める必要があり、今後情報収集能力を強化する必要がある」と指摘しました(読みやすい表現にしました)。 湾岸戦争、同時多発テロ、イラク戦争あたりのところについて詳しく知りたいのでお願いします。 3のどの部分が間違いなのか教えて頂きたいです。 たしか、武力行使できる点はあってますよね� Try IT(トライイット)のアメリカに踊らされた!?イラクの動向の映像授業ページです。Try IT(トライイット)は、実力派講師陣による永久0円の映像授業サービスです。更に、スマホを振る(トライイットする)ことにより「わからない」をなくすことが出来ます� 湾岸戦争はアメリカを中心とした多国籍軍とイラクとの戦争であり、多国籍軍の圧倒的戦力により、1991年1月17日からおよそ一ヶ月程度で終結した戦争です。この戦争は、サダム・フセインが指揮するイラクが隣国のクウェートを侵攻することがきっかけで�, イラク戦争での大規模戦闘が終わった後の2003年7月に「イラク復興支援特別措置法」が成立。自衛隊がイラクに派遣された。 名古屋地裁には04年2. 複雑でわかりにくい中東問題。しかし中東情勢を読み解くことで、社会の視点が養えます。中学受験でも高校受験でも、難関校では必須の中東情勢の流れを、子供へ簡単にわかりやすく説明するため、保護者向きに解説してい. イラクって戦争ばっかりしている国という悪役のイメージが強いのですが、実は、世界で初めて文明を生んだ国なんです。古代4大文明の一つメソポタミア文明は、文字を作り、家や町をつくり、舟や道路、ダムなども造ったという優れた文明でした�, イランのソレイマニ司令官が、アメリカ軍に殺害されました。 そして、2国間の戦争どころか「第三次世界大戦」がウワサされるほどの緊張状態になっています。少なくともイランとアメリカの戦争自体は、起きても不思議ではないほどに�. 2016年4月25日(月) イラク戦争で心に深い傷 元米兵と家族に聞く 突然、戦場体験が現れ 確かにイラクの戦場から、米国の故郷に帰ってきたはずでし. 「戦争報道で特に重要な問題は、テレビが現実を追いかける能力があることを証明した反面、単に現実に引っぱり回されるメディアでもあることでした。・・戦場が二つあるような戦争はこれまでに例がありません。イラク側とアメリカ側とが、どうしたら情報での戦いの中で勝つかということ. 終わらないイラク戦争ー年表 2003年2月~ 慶應義塾大学 経済学部 延近研究会 編著 イラク戦争関連の年表は主要新聞社のウェブ・サイトに特集として掲載されているものがある。それらは一覧表としては簡単な見出しだけで,記事全文へ�, イラク戦争 わかりやすく イラク戦争 原因 | イラク そ イラク総選挙 イラク 送金 イラク 装甲車 イラク 即席爆弾 イラク総選挙 アバディ首相 政党連合 イラク総選挙 アメリ氏 ハシュド hashd | イラク た イラク大使館 イラク 大使 イラク. 中東戦争をわかりやすく説明します!今も紛争が絶えないのはなぜ?まとめ トランプ大統領 は2017年、 エルサレムをイスラエルの首都と認定し、大使館を置くなどアラブ諸国との摩擦を生む行動も起こしました�. 【NHKニュース】 日本にとって重要な中東では、アメリカとイランの対立が深まり危険な状態に。トランプ政権はなぜ、イランに強硬な姿勢を取る. Ryoです。 イエメンで内戦が始まって もうすぐ4年。 国連が 「世界最悪の人道危機」だと言う イエメン内戦を終わらせ�. イラク戦争とは、2003年イラクが大量破壊兵器を保有していることを理由にアメリカ、イギリス軍がイラクを攻撃。フセイン政権を崩壊させた出来事です。この攻撃には、国際決議なしの先制攻撃であったこと。また、後の調査にてイラク攻撃の原因となった大量破壊兵器が結果、見つから. まとめ この記事では第三次世界大戦が起きるかもしれないアメリカとイランの対立について解説しました。 本日1/4にアメリカが中東地域に3,500人の部隊を増派する事を発表して、緊張は高まっています。 今回のイラン革命防衛隊コッズ部隊のソレイマニ司令官の殺害はアメリカにとっては. 「イラク戦争」の意味は2003年3月に米国を中心とする多国籍軍がイラクに侵攻して始まった戦争のこと。Weblio国語辞典では「イラク戦争」の意味や使い方、用例、類似表現などを解説しています。 Ryoです。 インドとパキスタンが ニュースになってるけど 第二次世界大戦後の世界史って あまり詳しくなかったり 授業時間. 2003年に起こったイラク戦争は、紛争が絶えず不安定な政治状況にあるためテロの温床ともなるなど病的症状を抱える国や地域に対し、国際社会としての姿勢を問われ、また責任を果たすことを求められる重要問題であったが、国連での決議の有無が不明確な場合に行動するという危険を伴うことであった。 U.S. checking possibility of pumping oil from northern Iraq to Haifa, via Jordan, https://web.archive.org/web/20080220232408/http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080115-899570/news/20080126-OYT1T00505.htm, http://www5.hokkaido-np.co.jp/motto/20021019/qa2.html, http://www.asahi.com/special/iraqrecovery/TKY200502130127.html, https://web.archive.org/web/20100106033032/http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe4500/news/20070117i203.htm, http://www.theage.com.au/articles/2004/06/18/1087245106216.html, https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/17/rls_1124c.html, http://www.47news.jp/CN/200211/CN2002113001000151.html, http://www.asahi.com/special/iraqrecovery/TKY200409140147.html, https://web.archive.org/web/20030305110920/http://www.commondreams.org/headlines03/0226-01.htm, http://www.afpbb.com/articles/-/2545021?pid=3577607, http://japanese.ruvr.ru/news/2014_06_13/273489156/, http://www.dailymail.co.uk/news/article-2793731/will-rusting-chemical-weapons-cache-ignored-americans-fall-isis-hands-iraq-claims-2-500-rockets-containing-deadly-sarin-hands-terrorists.html, “Al-Qaida linked to Baghdad hotel bombing”, http://www.theguardian.com/world/2007/jun/26/iraq.marktran, http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/6370847.stm, https://web.archive.org/web/20100106041336/http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/090317/mds0903170920007-n1.htm, Joint Statement - Transfer of Security Responsibility for Anbar Province, https://web.archive.org/web/20081025010438/http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200810230041.html, 国際政治学者・酒井啓子先生に高校生記者が聞く(前編)|高校生新聞オンライン|高校生を応援するニュース・情報サイト, http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/7033075.stm, “U.S. イラン・イラク戦争とは、 1980年9月22日から1988年8月20日まで、イラン・イスラム共和国とイラク共和国の間で続いた武力衝突 。 1980年にイラクがイランへ侵攻したことがきっかけで始まった戦争であったものの、その途中で形成は逆転� イラクは毒ガスを使用したり、アメリカの偵察衛星からの情報をもらい、効率的にイランを攻撃したりしました�, 連合軍の攻撃の理由は「イラクが大量破壊兵器を保有している」というものでした。 2003年3月20日、アメリカ軍によるイラクの首都バグダード(バグダッド)への空爆を皮切りに、戦闘がスタート。� イラク戦争とは? 混迷を深める中東情勢。その元凶をつくったと言われているのが2003年に起こったイラク戦争です。結果は、中東情勢を泥沼化させる悲惨なものとなりました。 今回は、そんなイラク戦争とは具体的にどんな戦争だったのか、原因、死者数、そして日本の関りを抑えながら. 米中の争いはニュースでも多く取り上げられていて、知っている方も多いのではないでしょうか?「米中覇権戦争」とも呼ばれていて、この争いは間違いなく、未来の教科書に載ります� イラク戦争初期の2003年(平成15年)12月から2009年(平成21年)2月まで行なわれていた、日本の自衛隊のイラクへの派遣行為の総称であ�, イラク日報が存在していたとされた問題で、実は去年の3月にイラク日報が発見していたものの、報告していなかったというありえないニュースがありました。 この件で「シビリアンコントロールが不全な状況にある」や「シビリアンコントロールの役目は� イラクへの軍事組織派遣は、日本の自衛隊が38番目で、G8( 主要8ヵ国 )ではアメリカ、イギリス、カナダ、 イタリアに続く。 イラク戦争に反対したフランス・ロシア・ドイツは復興にも軍を派遣していない�. 2003年 イランイラク戦争が起こり、イラク特措法が成立しました。 この法案により、自衛隊はイラクに派遣されました。 2008年 ソマリア海域の海賊増え、海賊対処法が成立しました。 まと� イエメン内戦をわかりやすく!現状と解決策は?代理戦争の理由とは? 2019年1月5日 こんにちは! アメリカはイラクが大量破壊兵器を持ってる!と言う結論に達し、2003年にアメリカがイラクを攻撃してイラク戦争が始まり、イラクが負けたのです。ここまで話すと、イラクは戦争ばっかしてんな・・と思った人もいるでしょう� 2003~2011年のイラク戦争によって、イラクでは約50万人の命が直接的、間接的に奪われたことが、同国の1960世帯を対象とした画期的調査によって明らかとなった。公衆衛生専門家が行った同調査によると、戦争による暴力行為. Suwila @Suwillerさんをフォロー. 「シリア内戦」や「シリア難民」について、わかりやすく解説してくれているサイトは多くありません。 争いは2011年から始まり、すでに5年を経過しているのでもちろん状況は当時と変わっています。 最新のニュースを見てわからないところがありネットで検索しても、出てくる情報は昔の. イラク戦争を止めようとした女性の衝撃の実話!『オフィシャル・シークレット』 K・ナイトレイ&R・ファインズ共演 激重な実話だけど小難しくない! CBS News, 25 April 2003. 伊勢崎賢治, 「集団的自衛権の「問題点を一気に学ぶ」伊勢崎賢治『戦場からの集団的自衛権入門』から」, SYNODOS, 2015/8/11.  米英の反省と比較すると、正しい情報がなかったという点でブッシュ大統領やブレア首相の反省と似ている印象がありますが、米国において正しい情報が伝えられなかったことは戦争の開始に直接影響しうる問題でした。しかし、日本の情報が十分でなかったことは、幸か不幸か、米英による戦争の開始を決定づけることでありませんでした。したがって、日本外務省の情報検証は戦争開始の是非を検証したものではありません。 イラク戦争 戦術 迅速な攻略 イラク全図「イラク戦争の年表」も参照2003年3月19日に開戦を宣言すると、翌3月20日には制空権が確実な状態で陸上部隊が進攻を開始した(イラク侵攻 (2003年)(英語版))。ウムカ.. 湾岸戦争湾岸戦争とは、サダムフセイン率いるイラクが油田などの利益を求めてクウェートに侵攻したことから始まった戦争である。アメリカが主導し多国籍軍が作られ、ソ連がそれを支持したことから冷戦の終焉を象徴する戦争となった�. イラン=イラク戦争は1988年8月に停戦が実現したが、和平交渉は難航していた。 そこで、イラクは戦争 終結に関するイラン側提案を全面的に受け入れた。 内容は、①国境のシャトルアラブ川境界線を川中央と決� 薩英戦争が起こったきっかけは「生麦事件」? 薩英戦争を語る上ではずせない有名な事件があります。それは「生麦事件」です。 1862年9月14日、薩摩藩主だった島津久光の大名行列が江戸から薩摩への帰途の途中、前方から現れた外国人4人が行列をかき乱したことにより、彼らが斬り捨て. イラク戦争がイラスト付きでわかる! 安倍総理のメルマガ訴訟、菅元総理に「完全勝利」?〜荻上チキが判決文を読む(文字起こし), 写真からの航空機の飛行高度推定(2)Googleマップを使って、計算なしに距離を推定する. イラク戦争とは一体なんなのか?その原因や目的をわかりやすく解説していきます。未だに議論が続き、中東の混乱を引き起こしたイラク戦争について理解を深めていきましょう。2003年から始まったイラク戦争は、過去100年間のアメリアの外交政策の中で恐 実は、日本は単にイラク戦争の検証をしていないのではありません。日本はイラク特措法を恒久法にして「国際平和支援法」を制定しましたが、これにも問題がありました。それより先にイラク戦争への関与が適切であったか検討すべきだったのです。 改憲論議が起こっていますが、憲法9条を考えるに当たっては、戦争・紛争に対する日本の国際貢献についても考えていく必要があるように思います。 1.    ③-3 その他の貢献, 戦後処理に米軍が入っても、米国は憎悪の対象なので、テロが止まりません。それが、イラク戦争の長期化とISILなどのテロ組織が台頭する原因です。, 日本が戦争に一切関与しなければ、攻撃を受けた国の民衆からすれば、敵ではありません。, 伊勢崎賢治さんの記事に、アフガニスタン紛争後の武装解除に関して、次の記述があります。, イラク戦争には後方支援という形で兵站で戦争参加してきましたが、これでは日本は被攻撃国の人々にとっては敵国です。テロと闘う国々への人道支援のための資金提供でさえISILは敵対行為と見做しました。米国は政府を倒した後の戦後処理で失敗し、イラク戦やアフガニスタン戦争は長期化しています。, 平和のために戦争をする積極的平和主義(proactive contribution to peace)ではなく、戦争が行らないような環境を作る積極的平和(positive peace)のためのアプローチによって、戦争・紛争の問題を根本的に解決していく道を模索していくべきでしょう。, 日本は、一切、戦争には関わらず、戦後処理に貢献する道を模索すべきではないでしょうか?つまり、日本は、戦争に参加しないメリットを戦後の武装解除・平和維持・復興のために生かし、国際社会に貢献することについて真剣に考えるべきです。, 参加義務がありそうな戦争:朝鮮・湾岸参加義務がない戦争:ベトナム・アフガン・イラク・対ISIL アメリカのための戦争に日本は参加する必要はない。戦争はしたくない。でも、国際貢献も要求される。では、どうすればよいか?私は、後方支援を含め日本は戦争に参加しない道を模索すべきと思う。 https://t.co/kQtnQRUEjI.   ② お金だけだして、それ以外は何もやらない。 iCasualties.org (was lunaville.org). 皆さんはベトナムという国をご存知でしょうか?テレビなどでもよく取り上げる有名な戦争のひとつです。 今回はそんな『ベトナム戦争』について簡単にわかりやすく解説していきます。 ベトナム戦争とは� 同時多発テロと言えば、多くの人の記憶にも新しいのではないでしょうか。そして同時多発テロが起こったとき、アメリカは絶対に報復をすると感じた記憶がある人もいるかもしれませんね。それならばイラク戦争は一体何だったのでしょうか� 今日、3月20日で、米国を中心とする有志連合によるイラク戦争の開戦から15年となる。破壊しつくされた街、約230万人の国内避難民、安定しない. 2003~2011年のイラク戦争によって、イラクでは約50万人の命が直接的、間接的に奪われたことが、同国の1960世帯を対象とした画期的調査によって明らかとなった。公衆衛生専門家が行った同調査によると、戦争による暴力行為は2006年と2007年がピークだったという。 存在しないはずの イラク戦争に派遣された自衛隊の日報が 発見されたのである。 これにより、日本はどの様に イラク戦争に関与していたのかが わかりやすく調査する事ができるのだ�, イラン・イラク戦争 (イラン・イラクせんそう、 アラビア語: حرب الخليج الأولى ‎)は、 1980年 から 1988年 にかけて、 イラン・イスラム共和国 (イラン)と イラク共和国 (イラク)との間で行われた 戦争 �, イラン・イラク戦争は最終的に、ペルシャ湾にいたアメリカの巡洋艦がイランのエアバスを撃墜したことで、アメリカのペルシャ湾での強力なプレゼンスをイランに叩き付けたことでイランは停戦を承諾したのでした�. 存在しないはずの イラク戦争に派遣された自衛隊の日報が 発見されたのである。 これにより、日本はどの様に イラク戦争に関与していたのかが わかりやすく調査する事ができるのだ   ③ 戦争には参加せず、戦後処理で貢献する。 この春、『記者たち 衝撃と畏怖の真実』と『バイス』という、イラク戦争関連のアメリカ映画が公開されたことをご存知でしょうか? なぜ. 【歴史】 2018.5.27 ベトナム戦争をわかりやすく!枯葉剤はアメリ�. 世界は大規模な戦争を繰り返すたびに仕組みづくりをしていますが、実際には戦争は無くなっていません。 また、国連憲章では「自衛権」として武力行使はできると定めており、1991年の湾岸戦争ではイラクがクウェートに侵攻した事から、「救済するために」武力行使は正しいものとされまし. The Military-Industrial Complex Revisited: Shifting Patterns of Military Contracting in the Post-9/11 Period. 混迷を深める中東情勢。その元凶をつくったと言われているのが2003年に起こったイラク戦争です。結果は、中東情勢を泥沼化させる悲惨なものとなりました。 今回は、そんなイラク戦争とは具体的にどんな戦争だったのか、原因、死者数、そして日本の関りを抑えながら、わかりやすくまとめていきたいと思います。 7 世界のテレビはイラク戦争をどう伝えたか 放送研究部永島啓一/服部弘/坂井律子 要 約 目 次 2003年3月に始まったイラク戦争では,対テロ戦争.    ③-2 国連平和維持軍(PKF)に派兵する。 00年代初頭の暗い記憶を呼び起こす社会派サスペンス キーラ・ナイトレイ主演最新作『オフィシャル・シークレット』は、アメリカ主導の. デュルファー報告 Vol.1, 'Regime Finance and Procurement' p.31 figure 16.    ③-1 国連文民警察に要員を派遣する。 2003年3月に米国を中心とする多国籍軍がイラクに侵攻して始まった戦争。イラクが、湾岸戦争の停戦条件として受諾した大量破壊兵器廃棄の義務を果たさず、秘密裡に核兵器開発などを行っていたことが発覚し、その後も国連の査察に対して妨害を続けたことなどの理由による。作戦名は「イラクの自由作戦」。2011年12月、イラク駐留米軍部隊の完全撤退によって終結した。→イラク特別措置法, [補説] 多国籍軍は開戦後約3週間で主要都市を制圧。2003年5月に米国大統領ブッシュが戦闘の終結を宣言したが、米英軍を中心とする占領統治下でも、武装勢力によるテロやゲリラ活動、イスラム宗派間の武力抗争が続いた。2006年5月に正式政府が発足し、2008年には治安回復の傾向がみられたことから、イラク当局への治安権限移譲が進んだ。各国の派遣部隊は次々と撤収し、2009年7月には英国軍が撤退を完了。米国は2010年8月に大統領オバマが戦争終結を宣言し、主要戦闘部隊を撤退させ、残留部隊も2011年12月までに完全撤退した。日本は人道支援の名目で平成15年(2003)12月から自衛隊を派遣。派遣先の治安権限が英国からイラクに移ることなどを理由に、陸自は平成18年(2006)7月に撤収、空自も平成21年(2009)2月に撤収を完了した。米国は、イラクが大量破壊兵器を保有し、大統領サダム=フセイン(当時)が国際テロ組織アルカイダを支援している疑いがあるなどとして開戦したが、その後の調査で、大量破壊兵器は発見されず、フセイン政権とアルカイダの関係も立証されなかった。フセインは2003年12月に逮捕。1982年に自国のシーア派住民を大量殺害したことが人道に対する罪にあたるとして死刑判決を受け、2006年12月に刑が執行された。, 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/30 00:25 UTC 版), イラク戦争(いらくせんそう)とは、アメリカ合衆国が主体となり2003年3月20日から、イギリス、オーストラリアと、工兵部隊を派遣したポーランド等が加わる有志連合によって、イラク武装解除問題の大量破壊兵器保持における進展義務違反を理由とする『イラクの自由作戦』の名の下に、イラクへ侵攻したことで始まった軍事介入である。(第二次湾岸戦争とも), アビリーン作戦 - ドラゴン・エアボーン作戦 - アンシェント・バビロン作戦 - オールアメリカン・タイガー作戦 - アローヘッド・ブリザード作戦 - バヨネット・リフティング作戦 - ブートヒル作戦 - ブルドッグ・マンモス作戦 - カタリスト作戦 - チェンバレン作戦 - チョーク・ホールド作戦 - クリア・エリア作戦 - デザート・スコーピオン作戦 - デザート・スノープラウ作戦 - デザート・トラスト作戦 - デビル・サイフォン作戦 - イーグル・カーテン作戦 - フォークナー作戦 - グラチチュード作戦 - インダスリアル・スウィープ作戦 - アイアン・ブリッド作戦 - アイアン・フォース作戦 - アイアン・グリップ作戦 - アイアン・ハンマー作戦 - アイアン・ジャスティス作戦 - アイビー・ブリザード作戦 - アイビー・サイクロン作戦 - アイビー・サイクロン2号作戦 - アイビー・ライトニング作戦 - アイビー・ニードル作戦 - アイビー・サーペント作戦 - ロングストリート作戦 - マンダリン・スクイズ作戦 - ノーザン・ディレイ作戦 - OKコーラル作戦 - オプション・ノース作戦 - オーバーコート作戦 - パンサー・バックロード作戦 - パンサー・スクイズ作戦 - ペニンシュラ・ストライク作戦 - プラネットX作戦 - レッド・ダウン作戦 - ライフル・ブリッツ作戦 - ライフル・フューリー作戦 - ライフル・スウィープ作戦 - スラム作戦 - サンタ・ストライク作戦 - スコーピオン・スティング作戦 - サイドワインダー作戦 - シルベラード作戦 - ソーダ・マウンテン作戦 - スパルタン・スコーピオン作戦 - スウィーニー作戦 - テリック作戦 - タイガー・クリーン・スウィープ作戦 - ティール作戦 - ホワイトハウス作戦, イラク - イラク進攻戦 - 大規模戦闘終了宣言後 - 有志連合軍作戦の一覧 - イラク占領後の時系列 - イラク戦争における反乱者の攻撃 - イラク戦争の犠牲者, アロハ作戦 - アーミー・サンタ作戦 - アローヘッド・ストライク10号作戦 バックブレーカー作戦 - バックパック作戦 - バトンルージュ作戦 - ブラック・タイフーン作戦 - ブルー・タイガー作戦 - ブルドッグ・マンモス作戦 - ケイジャン・マウストラップ2号作戦 - ケイジャン・マウストラップ3号作戦 - セントー・ファースト・ガス作戦 - セントー・ロデオ作戦 - セントー・ストライク2号作戦 - セントー・ストライク3号作戦 - クリーン・スウィープ作戦 - クローズ・フォー・キッズ作戦 - コブラ・スウィープ作戦 - クレヨン作戦 - ダラス作戦 - デンジャー・フォーティテュード作戦 - デビル・クリンチ作戦 - デビル・スラスト作戦 - ディスアーム作戦 - ディヤラ・サンライズ作戦 - ドラゴン・ビクトリー作戦 - デューク・フューリー作戦 - デューク・フォティテュード作戦 - イーグル・リバティ作戦 - ファルコン・フリーダム作戦 - ファイナル・カット作戦 - ギムレット・クルセイダー作戦 - ギムレット・サイレント・スナイパー作戦 - ジュリアーニ作戦 - グリズリー・フォースド・エンティティ作戦 - ハイファ・ストリート作戦 - ヒッコリー・ビュー作戦 - ハリケーン作戦 - ハリケーン2号作戦 - アイ・キャン作戦 - イラク・チルドレン作戦 - アイアン・ファースト2号作戦 - アイアン・フューリー作戦 - アイアン・フューリー2号作戦 - アイアン・プロミセス作戦 - アイアン・リゾルブ作戦 - アイアン・サーベル作戦 - ランサー・フューリー作戦 - ランサー・ライトニング作戦 - ライオン・キャブ作戦 - ロングホーン作戦 - マンダリン・スクイズ作戦 - マーケット・スウィープー作戦 - マルヌ作戦 - メイフィールド・スウィープ3号作戦 - ムスタング・フレックス作戦 - ムスタング・シッコ作戦 - ニュー・ダウン作戦 - オアシス作戦 - アウトロー・デストロイヤー作戦 - ファントム・フューリー作戦 - ファントム・ラインバッカー作戦 - プリマス・ロック作戦 - クォーターハウス・ライズ作戦 - ラマダン・ラウンドアップ作戦 - レイピア・スラスト作戦 - レゾリュート・ソード作戦 - リッパー・スウィープ作戦 - ロック・ボトム作戦 - ロック・スライド作戦 - ロケットマン2号作戦 - ロケットマン3号作戦 - サーベル・ターナー2号作戦 - サルーン作戦 - シレイラ作戦 - ショーダウン作戦 - スラム・シェイディー作戦 - サッカーボール作戦 - ソプラノ・サンセット作戦 - スパルタン・スコーピオン作戦 - スプリング・クリーンアップ作戦 - ストライカー・ハリケーン作戦 - ストライカー・トルネード作戦 - スチューデント・トゥ・スチューデント作戦 - スーサイド・キングス作戦 - タンジェリン・パンチ作戦 - タンジェリン・スクイズ作戦 - サンダーストック作戦 - タイガー・ケア作戦 - タイガー・フューリー作戦 - トブルク作戦 - トマホーク作戦 - トゥームストーン・パイルドライバー作戦 - トライバルブレイザー作戦 - トリプルプレー作戦 - トゥルー・ギフト作戦 - ヴァンガード・サンダー作戦 - ヴィジラント・リゾルブ作戦 - ウォーホース・ホワールウィンド作戦 - ウォリアー作戦 - ウォリアー・リゾルブ作戦 - ウインディシティ作戦 - ウルフハウンド・フューリー作戦 - ウルフハウンド・フューリー2号作戦 - ウルフハウンド・ジャブ作戦 - ウルフハウンド・パワー作戦 - ウルフハウンド・トラップ2号作戦 - ウルフパック・クランチ作戦 - ウルヴァリン作戦 - ウルヴァリン・フォレスト作戦 - ワンダーランド作戦 - イエローストーン作戦, エイブル・ライジングフォース作戦 - エイブル・ウォリアー作戦 - アトルボロ作戦 - バッドランズ作戦 - ビッグ・ディグ作戦 - ブロック・パーティー作戦 - ブロック・パーティー2号作戦 - ボウ・カントリー作戦 - ボウイ作戦 - ブルーインズ作戦 - ブル・ダウ・チャリオット作戦 - カランタン作戦 - セントー・ショーダウン作戦 - チェックメイト作戦 - チャプルテペテック作戦 - クリアー・ディシジョン作戦 - コブウェブ作戦 - コッポラス作戦 - サイクロン作戦 - ダガー作戦 - デーモン・ダガー作戦 - ドクター作戦 - ドラゴン・ブレス作戦 - ダンラップ作戦 - イースト・ライジング作戦 - フリー・フリッカー作戦 - フォンタナ作戦 - グレート・レイクス作戦 - グリーン・トライデント作戦 - グレイ・ウルフ2号作戦 - ヘッジホッグ作戦 - ハドソン作戦 - ハンター作戦 - アイアン・フィスト作戦 - ジョイント・ヴェンチャー作戦 - ケネソー・ドラゴン作戦 - キイストーン・スウィープ作戦 - ノックアウト作戦 - ランタノイド作戦 - リバティ・エクスプレス作戦 - ライトニング作戦 - ライオンズ作戦 - マタドール作戦 - マングース作戦 - ムーン作戦 - ムーン・リバー・ドラゴン作戦 - マウンテナーズ作戦 - ムービング・フォワード作戦 - ナショナル・ユニティ作戦 - ネイバーフッド・ウオッチ作戦 - ニュー・マーケット作戦 - オープン・ウィンドウ作戦 - パンサーズ作戦 - ペニンシュラ作戦 - ピッチフォーク作戦 - クイックストライク作戦 - ラムズ作戦 - レストリング・ライツ作戦 - リバー・ブリッツ作戦 - リバー・ゲート作戦 - リバー・ウォーク作戦 - サンファン作戦 - サラトガ作戦 - シミター作戦 - スクリメージ作戦 - シーホース作戦 - シャディヴィル作戦 - シャンク作戦 - スキナー作戦 - スピアー作戦 - スパイダー・ウェブ作戦 - スクイズ・プレー作戦 - スチール・カーテン作戦 - ストラテジック・セパレーション作戦 - スウォッシュバックル作戦 - ソード作戦 - セラピスト作戦 - サンダー作戦 - タイガース作戦 - ウハサール作戦 - アンフォーギヴェン作戦 - ヴェイカント作戦 - ウォリアーズ・レイジ作戦 - ホワイト・シールド作戦 - ウルフ・ストーク2号作戦 - ウッドストック作戦, アークティク・サンライズ作戦 - バビル・ペレメーター作戦 - バグダッド・イズ・ビューティフル作戦 - バーンストーマー作戦 - バストーニュ作戦 - ベネフィット・デイ作戦 - ボールド・アクション作戦 - チェプルテペック作戦 - コブラ・ストライク作戦 - コマンドー・ハンター作戦 - コンスティチューション・ハンマー作戦 - クールスプリング8号作戦 - クーガー作戦 - カウペンス作戦 - ディーラー作戦 - ダーティー・ハリー作戦 - ドラゴンズ・ブレス作戦 - イーグル・ウォッチ作戦 - エル・トロ・ロコ作戦 - エンデュリング・エデュケーション作戦 - ファルコン・スウィープ作戦 - ガウガメラ作戦 - グラディエーター作戦 - グローリー・ライト作戦 - ガーディアン・タイガー作戦 - ハーベスト・ライツ作戦 - ヘルピング・ハンズ作戦 - インダストリアル・レボリューション作戦 - アイアン・アロー作戦 - アイアン・アロー2号作戦 - ジョーズ5号作戦 - ツタンカーメン作戦 - コア・キャニオン作戦 - ライトニング・ブリッツ作戦 - ライオン作戦 - ライオン・ハント作戦 - ライオン・ハント2号作戦 - ロフティ・サミット作戦 - メデューサ作戦 - ミノタウロス作戦 - マネー・ウォルス作戦 - ムーンライト作戦 - ノーザン・ライツ作戦 - パッセージ作戦 - ピットブル作戦 - ポーラー・ブラック・ダイアモンド作戦 - ポスト・ホーク作戦 - レイジング・ブル作戦 - レッド・ブル作戦 - レッド・ライト2号作戦 - リバー・ファルコン作戦 - ローリング・タイガー作戦 - サンドストーム作戦 - スカラー・オブ・ジャスティス作戦 - スコーピオン作戦 - スモークワゴン作戦 - スタリオン・ラン作戦 - スターリング作戦 - SOUK作戦 - スワップ・フォックス作戦 - スォーマー作戦 - スイフト・ソード作戦 - タロン作戦 - サンダー・キャット作戦 - ティント作戦 - トゥギャザー・フォワード作戦 - トリフェクタ作戦 - トロピカル・ライトニング作戦 - ユニファイド・フィスト作戦 - ユナイテッド・フロント作戦, アガベL作戦 - アルージャ作戦 - アメリイェット作戦 - アンカレッジ作戦 - アールビード2号作戦 - アルデンヌ作戦 - アローヘッド・リッパー作戦 - アローヘッド・ストライク3号作戦 - アローヘッド・ストライク4号作戦 - アローヘッド・ストライク6号作戦 - アローヘッド・ストライク9号作戦 - アローヘッド・ストライク10号作戦 - バンゼーン作戦 - バストーニュ作戦 - ビーチ・イエロー作戦 - ベア作戦 - ベル・ハリヤー作戦 - ベロー・ウッド作戦 - ベセル作戦 - ブラック・イーグル作戦 - ブラック・イーグル2号作戦 - ブラック・イーグル・シティ作戦 - ボーンブレイカー作戦 - ブラウン・ホーク作戦 - ブルータス作戦 - ブルラン作戦 - キャスティーン作戦 - チェスターフィールド作戦 - チャーチ作戦 - コブラ・ストライク作戦 - コマンチ・スワーム作戦 - コンバインド・ジャスティス作戦 - イーグル・アレス作戦 - コマンドー・ダイブ作戦 - コマンドー・イーグル作戦 - クレイジーホーズ・サンダー作戦 - クリムゾン・ショーグン作戦 - デストロイヤー・ストライク作戦 - ディクソン作戦 - ドラゴン・ファイア作戦 - ドラゴン・ファイア・イースト作戦 - ドラゴン・フォックス作戦 - ドラゴン・ハンマー作戦 - ドラゴン・タロン2号作戦 - イーグル・アレス作戦 - イーグル・チカマウガ作戦 - イーグル・クロウ11号作戦 - イーグル・ダイブ1号作戦 - イーグル・ダイブ2号作戦 - イーグル・ライトニング作戦 - イーグル・シャイロー3号作戦 - イーグル・スウィープ作戦 - イーグル・タロン作戦 - イーグル・サンダー3号作戦 - イーグル・ヴェンチャー4号作戦 - イーグルス作戦 - イースタン・フューリー作戦 - エルフィン・ケイブ作戦 - エンデュリング・エデュケーション作戦 - ファルコン・フューリー2号作戦 - フォールクリーク作戦 - ファイアクラッカー作戦 - フォー・ブラザーズ作戦 - ゲーター・ラン作戦 - ゲッコー作戦 - ゲッコー3号A作戦 - ゲッコー3号B作戦 - ジェロニモ・ストライク作戦 - ジェロニモ・ストライク2号作戦 - ジェロニモ・ストライク3号作戦 - ゴールド・ディガー作戦 - ゴールデン・イーグル2号作戦 - グリーン・エンジェル作戦 - グレナダ作戦 - グレイウルフ・ハンマー2号作戦 - ガン・バレル・シティ作戦 - ヘッドハンター作戦 - ヘルメス作戦 - ヒットエンドラン作戦 - ホップライト作戦 - イラク・ハート作戦 - イラク・ホーム・プロテクター作戦 - アイアン・ブリッツ作戦 - イサカ作戦 - ジャスティス・リーグ作戦 - ジャリル作戦 - ジャスティス・リサーチ作戦 - K作戦 - コディアック作戦 - ロー・アンド・オーダー作戦 - レイテ・ガルフ作戦 - ライトニング・ハンマー作戦 - ライトニング・ハンマー2号作戦 - ライオンズ・パウ作戦 - リトルマン作戦 - マルヌ・アンヴィル作戦 - マルヌ・アヴァランチ作戦 - マリーン・ハスキー作戦 - マルヌ・トーチ作戦 - マルヌ・トーチ2号作戦 - マチェット・ハーベスト作戦 - マウチーニ作戦 - ミシガン作戦 - ニューブルー作戦 - ニューデイ作戦 - ナイメーヘン作戦 - ナイメーヘン2号作戦 - ナイメーヘン3号作戦 - ノーザン・フォージ作戦 - ノーザン・ヴェンチャー作戦 - ノースウェスタン・ショルダー作戦 - オリンパス作戦 - ペトリオット・ストライク作戦 - ペガサス・ブリッジ作戦 - ペレグリン2号作戦 - ペリクリース作戦 - ファントム・ストライク作戦 - ファントム・サンダー作戦 - フェニックス作戦 - ポーラー・シャレード作戦 - ポーラー・ダイブ作戦 - ポーラー・スクラム作戦 - ポーラー・テンペスト作戦 - ポリス・ビクトリー作戦 - パワーライン作戦 - パニッシャー作戦 - パープル・ヘイズ作戦 - ラット・トラップ作戦 - レッド・イーグル作戦 - レギュラー・ジャスティス作戦 - ロック・ドリル作戦 - ロック・ハンマー作戦 - ローグ・ストンプ作戦 - ローグ・サンダー作戦 - セイバー・ボス作戦 - セイバー・ガーディアン作戦 - セイフ・ティーチ作戦 - セイフティ・アンド・セキュリティ作戦 - スクール・サプライズ作戦 - シンドバッド作戦 - スレッジハンマー作戦 - スネーク・リバー作戦 - サウザン・シミター作戦 - スタンピード3号作戦 - ストリート・スウィーパー作戦 - タコマ3号作戦 - スリー・ソード作戦 - タイガー・ハンマー作戦 - ザ・アイアン・ハンマー作戦 - トマホーク・ストライク11号作戦 - トマホーク・ストライク12号作戦 - トライデント4号作戦 - テュルク・ボール作戦 - テュルク・ボール2号作戦 - トワイタ・サンライズ作戦 - ヴァルディーズ作戦 - ヴァリアント・ガーディアン作戦 - バイキング・クランプダウン3号作戦 - バイキング・スナッチ作戦 - バイキング・スクイズ作戦 - ヴァイパー・バイト作戦 - ウォーターフロント作戦 - ウォーミングアップ作戦 - ホワイト・ロケッツ作戦 - ウィッカーシャム作戦 - ウィッカーシャム2号作戦 - ウィッカーシャム3号作戦 - ウィリアム・ウォレス作戦 - ウィンストン=セーラム作戦 - ウォルヴェリン・アレシア作戦 - ウッドシェッド作戦 - ユーコン・リバー作戦, アイアン・ハーベスト作戦 - アイアン・リーパー作戦 - マルヌ・サンダーボルト作戦 - ファントム・フェニックス作戦 - リーパー・ハーベスト作戦, アフガンにおける不朽の自由作戦 - フィリピンにおける不朽の自由作戦 - アフリカの角における不朽の自由作戦 - トランス・サハラにおける不朽の自由作戦, イラク戦争 - ワジリスタン紛争 - タイ南部紛争(英語版) - レバノン侵攻 - ガザ紛争 (2008年-2009年) - ウサーマ・ビン・ラーディンの殺害 - 生来の決意作戦 - ロシア連邦航空宇宙軍によるシリア空爆 - ロシア軍爆撃機撃墜事件, アメリカ同時多発テロ事件 - バリ島爆弾テロ事件 (1) - スペイン列車爆破事件- イラク日本人人質事件 - イラク韓国人会社員殺害事件 - イラク日本人青年殺害事件, ロンドン同時爆破事件 - バリ島爆弾テロ事件 (2) - 2005年アンマン自爆テロ - ムンバイ列車爆破事件 - パキスタン・モスク立てこもり事件 - 2007年ターリバーン韓国人拉致事件 - アフガニスタン日本人拉致事件 - 2008年デンマーク大使館爆発事件 (パキスタン) - イスラマバード・マリオット・ホテル爆破テロ事件 - ムンバイ同時多発テロ, 2010年ストックホルム爆破事件 - モスクワ地下鉄爆破テロ (2010年) - アレクサンドリア自爆テロ - ドモジェドヴォ空港爆破事件 - 2012年アメリカ在外公館襲撃事件 - ミディ=ピレネー連続銃撃事件 - アガデスとアーリットの襲撃 - ケニアショッピングモール襲撃事件 - アルジェリア人質事件 - ブッダガヤ爆弾テロ事件 - 2014年シドニー人質立て籠もり事件, ユダヤ食品店人質事件 - ISILによる日本人拘束事件 - シャルリー・エブド襲撃事件 - ガリッサ大学襲撃事件 - ナイジェリア生徒拉致事件 - バルド国立博物館での銃乱射事件 - 2015年スーサ攻撃 - タリス銃乱射事件 - ベルリン婦人警官襲撃事件 - ニューサウスウェールズ警察本部銃殺事件 - ロシア旅客機爆破テロ - パリ同時多発テロ事件 - 2016年イスタンブール自爆テロ - 2016年ブリュッセル爆発 - ダッカ・レストラン襲撃人質テロ事件 - アタテュルク国際空港襲撃事件 - 2016年ニーストラックテロ事件 - 2016年ベルリンのクリスマスマーケットにおける事件, 2017年ロンドンテロ事件 - 2017年サンクトペテルブルク地下鉄爆破テロ事件 - 2017年ストックホルムトラックテロ事件 - マンチェスター・アリーナに於ける爆発物事件 - 2017年6月ロンドンテロ事件 - 2017年バルセロナテロ攻撃事件 - 2018年ストラスブール銃乱射事件, アルカーイダ - ISIL - アブ・サヤフ - ヒズボラ - ハマース - アル・シャバブ - ジェマ・イスラミア - ターリバーン - パタニ連合解放組織 - ラシュカレトイバ - 世界イスラーム戦線 - ウズベキスタン・イスラム運動 - パキスタン・ターリバーン運動 - イスラーム・マグリブのアル=カーイダ機構, 2015年欧州難民危機 - 文明の衝突 - アブグレイブ刑務所 - グァンタナモ米軍基地 - 悪の枢軸 - 米国愛国者法 - ESTA - テロ支援国家 - ブッシュ・ドクトリン - 覇権主義 - イスラーム過激派 - サラフィー・ジハード主義 - グルジア訓練・装備支援計画 - グルジア維持安定作戦支援計画 - 海上阻止行動 - 海上治安活動 - アラブの春 - シリア内戦 - ISISちゃん, Weblioでは、統合型辞書検索のほかに、「類語辞典」や「英和・和英辞典」、「手話辞典」を利用することができます。辞書、類語辞典、英和・和英辞典、手話辞典は連動しており、それぞれの検索結果へのリンクが表示されます。また、解説記事の本文中では、Weblioに登録されている他のキーワードへのリンクが自動的に貼られます。解説文で登場した分からないキーワードや気になるキーワードは、1クリックで検索結果を表示することができます。, ただし、飛行禁止空域の設定自体が国連決議に則ったものではなく、国際法上は明らかに違反行為であると指摘する声も多い, 米英による空爆は軍施設を対象としていたが民間人に対する誤爆も有り、1999年には年間で44人の犠牲者が受難したことが国連により報告されている, ただし、スコット・リッターはイラク政府に近い実業家から40万ドルの現金を受領したとされる疑惑が出ており、アメリカ議会ではイラクに買収されたという見方もされている, 参入した多くの企業が、ブッシュ政権の閣僚を重役に置いていた時期があり俗に「回転ドア」と称される。, ただし、石油価格高騰は投資資金の石油市場流入や中国経済の急成長も関わっているため、原因は1つではない。.
2020 イラク戦争 日本 関与