ユニセフ(国連児童基金)が本日発表した報告書「学校に通えない子どもたちに関する世界イニシアティブ:アフガニスタン国調査(原題:Global Initiative on Out-of-School Children: Afghanistan Country Study)」によると、アフガニスタンの7歳から17歳の子どもの約半数にあたる370万人が学校に通って … アフガニスタンの住居 アフガンの家 アフガニスタンには多くの民族が暮らし、気候も砂漠気候から高地気候までバラエティーにとんでいます。そして何処をとっても非常に厳しい環境であり、自然の猛威から身を守るため、その風土・生活 … アフガニスタンのグリーン・ティー; 2013年. ¡ã§ã—ょうか。, ・洞窟 フェレシタさんと家族にとって、最も生活が困難になる冬。カブールの非公式テント居住区にある泥レンガ造りの家で雨露をしのぐのは、ビニールシート製の屋根だけです。フェレシタさんが母親と5人の弟や妹とここに身を寄せてから、もう7年の年月が経ちます。, フェレシタさん一家はかつて家を借りて生活をしていましたが、精神病を患う父親が薬物中毒になり、家を追い出されてしまいました。今は母親が一家を支えています。, 15歳のフェレシタさんは、この一家の長女です。妹が近くの無償の学校に出席する間も、フェレシタさんは家で弟や妹の面倒をみます。母親は近所の家で家政婦として働き、月に20米ドルほどの稼ぎを得ています。フェレシタさんは家でボラニというジャガイモ入りのパンを焼き、妹に持たせます。そして妹はそれを1つ25セントで市場に売りに行くのです。, 数ヶ月前、フェレシタさんの弟は、カブールの路上でボラニを売り歩いているときに車にひかれました。弟は学校から帰ってくると、家族の生活を支えるために路上でボラニを売っていました。帰ってこなかった息子を心配し探しに出かけた母親は、息子が事故にあい、近くの病院に搬送されたと聞かされたのです。, 母親が病院に駆け付けたとき、すでに息子は亡くなっていました。搬送された時には手の施しようがない状態で、病院に運ばれて間もなく息を引き取ったと、医師から告げられました。使っていた学生かばんは、今も当時のまま、壁にかけられています。, ファレシタさんのように、紛争や自然災害で避難を強いられている多くの家族がいます。カブール市内や周辺には、51の非公式居住区があり、およそ3万400人が身を寄せています。なかには10年以上、このような環境下で生活をしている人もいます。これらの人々のニーズに応えるため、ユニセフや他の国連機関、NGOは、食糧、燃料用の木材、毛布や避難生活に必要な物資などの非食糧支援物資を配布しています。, 避難生活を送る人たちは、夏の時期には水、食べ物、基本的な保健サービスへのアクセスが限られ、衛生環境の悪さで病気が発生するリスクが高まる中、生活を送ります。そして冬の時期には、寒さが厳しい気候に対応できる避難所や、基本的なサービスが不十分のため、生活環境が極めて悪化してしまいます。例年になく厳しい寒さであった2011年から2012年の冬には、24人の子どもたちが低体温症で命を落としました。, フェレシタさんや彼女のような子どもたちにとって、明るい兆しも見られます。ユニセフやパートナー団体は、緊急事態下に置かれている子どもたちの命を守るため、保健や栄養、水と衛生分野の支援を迅速かつ効果的に届けられる、よりよい方法の考案に力を注いでいます。, ユニセフは、アフガニスタン政府やNGO、他の国連機関と協力し、水様性下痢の蔓延やコレラ発生を予防するために、水の塩素処理キャンペーンや衛生環境促進の支援を実施する予定です。また、被災しているすべての子どもたちに対し、乳幼児の栄養改善を目的とした緊急支援を実施することで、急性栄養不良を防止しようとしています。そして、急性栄養不良に陥っている5歳未満の子どもたちに対する治療支援を、今後拡大していく予定です。, 妹を学校まで送り届け、フェレシタさんは凍るような冷たい水で汚れた皿を洗います。地面は濡れ、ぬかるんでいますが、履く靴下もありません。, 「世界の人たちが、ここで起こっているような問題に目を向けてくれたらいいです。暖かい服や毛布、それに食糧。寒さが厳しい冬には、生活をしていくために多くのものが必要です」と、フェレシタさんが語ります。, 2014年2月21日、ユニセフは『子どもたちのための人道支援報告書−2014年』を発表しました。この国際社会に対する支援要請は、世界中で大きく報道される大規模な緊急事態だけではなく、子どもや女性の生活や幸福を危機に陥れる緊急の危機にもかかわらず、大きく取り上げられることがない国や地域にも焦点をあて、最も困難な環境下で生きる人々のニーズに対応するためのものです。, 『子どもたちのための人道支援報告書−2014年』では、世界中の子どもたちに対する災害や緊急事態の影響が高まっていることも反映し、5,900万人の子どもたちを含む8,500万人の人々に必要な支援を行うため、ユニセフは過去最大規模の人道支援要求額である22億米ドルを国際社会に要請しました。, アフガニスタンにとって極めて重要な年となる2014年。大統領選挙や国際軍の撤退が予定されており、国の安全や発展にも大きな影響がでることが予想されています。, 家族を支えるために困難な生活を送るアフガニスタンの15歳の女の子。彼女がおかれている苦境に目を向ければ、最も支援を必要としている人たちを守り、生活をサポートするために、より効果的な支援が求められていることは明らかです。ユニセフの人道支援要請は、現在も続く栄養危機、水と衛生のサービス、難民の支援、紛争に影響を受ける子どもや女性の問題に焦点を当てています。, 妹が学校で勉強をする間、フェレシタさんは家で妹や弟の面倒をみます。そして妹が家から戻ると、学校で習ったことを教えてもらいます。. 盛大に祝うアシューラー; ザイナブさんの1日; 大地震後の生活; アフガニスタンの婚約から結婚式まで; アフガニスタンの祝日「イード」 「学校」――アフガニスタンにおける子供たちの日常 目次 1 紛争地の子どもたちはどんな暮らしを強いられるか 1.1 暴力を受ける子どもたち 1.2 劣悪な環境による死のリスクも 2 尊い命として扱われない紛争地の子どもたち 3 紛争地の子どもたちのために私たちができる支援 3.1 子ども … 現在、アフガニスタンの多くの地域で、ひどい干ばつに直面しています。降雨量、降雪量が平均値をはるかに下回る事態は今年で6年目となり、慢性的な水不足に苦しむアフガニスタンの人々の生活 … アフガニスタンでは、長年に及んだ内戦によって、学校施設ばかりでなく、教育施設そのものが破壊されてしまいました。そのため、屋根がない教室で、強い日差しに照り付けられながら、地べたに座って授業を受ける子ども … まずはアフガニスタンの国のデータを見ていきます。 熱心にイスラム教を信じるムスリム国であり、政治や文化の基本はイスラム教で成り立っています。 また、男尊女卑の考え方が強く残っている国でもあります。 後発開発途上国に分類され、主な産業は農業、牧畜、鉱業です。 しかし1973年に王政が崩壊してからは断続的に内戦、紛争が起きているために社会的に不安定です。また戦闘行為によって住居や交通インフラが破壊さ … アフガニスタンで20年の活動歴がある中村哲医師のペシャワル会が井戸掘りを活動の一つの柱に据えていることも理解できる。 旧ソ連が侵攻してくるまでは、経済の中心は農業と牧畜業で主要産品は小 … ョン事æƒ, パキスタン国民が最も熱狂するスポーツって?, あるチャンナ料理屋さんの一日, ジャパン・プラットフォーム本体サイト. テレビやニュースで伝わる紛争について、実際に何が起こっているのか知っている人は多くはないかもしれません。。, 日本で暮らす私たちにはイメージしづらくても、実際に紛争地域暮らす人々は過酷な状況で命の危機にさらされています。, 特に紛争地において子どもに対する扱いは酷く、大人の理不尽な要求で命を落とす子どもは後を絶ちません。, 紛争地の子どもたちはどのような問題を抱えているのか、そして難民危機が与える影響はどのようなものがあるのか、説明していきます。, 2019年現在も紛争が解決していない国や地域は?原因を知り解決策や支援について考えよう, 30秒で終わる簡単なアンケートに答えると、「紛争で苦しむ難民へ支援物資を届ける」活動している方々・団体に、本サイト運営会社のgooddo(株)から支援金として10円をお届けしています!, 設問数はたったの4問で、個人情報の入力は不要。あなたに負担はかかりません。年間50万人が参加している無料支援に、あなたも参加しませんか?, 紛争による一般人への被害は計り知れません。住む場所を追われ、財産は失われ、避難先での劣悪な生活を強いられます。しかしそれは紛争による被害の一端でしかありません。紛争においては力のない子どもこそ残酷な被害にあうと言われています。, 紛争地域では、子どもたちは攻撃の対象とされ、学校だろうと、残虐な暴力にさらされます。, 特に前線の攻撃対象とされているため、人間の盾として使用されるという非人道的な扱いを受けることも少なくはありません。そして命を奪われる、あるいは生涯残る傷やケガを負わされるなど、聞くにたえない状況に陥ります。, 子どもを最前線に立たせる考え方は、イラクやシリア、イエメン、ナイジェリア、南スーダン、ミャンマーなどの紛争地域ではごく一般的な戦術として用いられています。, 兵力が不足すれば徴兵・徴用され、またはストレスのはけ口として強姦や拉致、便利な道具代わりに子どもを奴隷化するなど、人権を無視した非道な扱い方をされるのです。, また、家族を貧困から救うために、親に売られ強制的に知らない大人と結婚させられる子どもさえいるのです。, 例えこの状況から救い出されたとしても、子どもたちは心に深いトラウマを植え付けられ、大人に怯えながら生きなければいけません。, 子どもたちへの危機は暴力だけではありません。飢餓による栄養不良や、病気へのリスクが高い状況にも陥っています。, 難民キャンプでは食糧はもちろん、飲み水も満足に確保できない状況です。それだけでなくトイレがない、水道がないなどで野外排泄も当たり前な不衛生な環境で生活しています。, そのため子どもたちは下痢などになりやすく、そこから体調不良が悪化し、脱水症状などで死に至ることや、重い病気をかかってしまうこともあります。, 常に命の危機にさらされてしまうのが、免疫力も抵抗する力もない子どもたちであることを忘れてはいけないのです。, (出典:公益財団法人 日本ユニセフ協会 「世界の紛争地の子どもたち 攻撃と暴力の一年 人間の盾、強姦、強制結婚、拉致も戦争の手段に ユニセフ、紛争地の子どもの保護を要請」,2017), 紛争地域においては子どもたちの命はとても軽く扱われます。人間の盾にされて利用されるのはもちろんのこと、ときには爆弾を抱えさせられ、自爆攻撃を強要されるなど、大人の都合で尊い命が犠牲となっています。, そして、未来を担うはずの子どもたちの教育の場は失われ、教育を行っている最中の学校にまで攻撃を行い、多くの子どもが虐殺されることもあるのです。, 例えば、保健や栄養の支援として予防接種の実施や医薬品の提供、医療チームの派遣による、子どもたちの治療など、他にも栄養検査と栄養治療、ビタミンAの投与や栄養補助食の提供も行っています。, 彼らは危険と隣り合わせでありながら、政府や企業、NPO・NGOと協力することで、支援を必要としている地域や人のために積極的に活動を行っているのです。, 戦火に巻き込まれる子どもたちを保護するために、衣類キットや毛布、防水シート、テントを配布し生活環境を整えています。, また保護施設の開設や心のケアを始め離別した家族の再会プログラム、子どもを危険から守るための啓発活動、さらに、水や衛生面の支援、子どもたちの未来を切り開くための教育支援など多岐にわたる支援が行われています。, そして、様々な支援を行うためには資金が必要となります。遠く離れた日本に住む私たちができる支援として、資金のサポートが一つの例として挙げられます。, 寄付による支援は身近で参加しやすい支援方法です。毎月定額を寄付をする方法とその都度寄付をする方法があり、自分に合った選択をできます。, 支払い方法はクレジットカードや口座振替、コンビニ支払、ペイジー、郵便局・ゆうちょ銀行払込用紙など、多様な方法から選ぶことができます。, ただし、物品は季節や現地の状況によって必要な物が変動するため、NPO・NGOが募集しているものを調べ、必要とされている物のみを寄付するようにしましょう。, ボランティアに参加するのも支援活動になります。例えば支援を行っている団体の事務作業を手伝うだけでもスタッフの負担が減ります。, またイベントなど多数の人手が必要な行事には、ボランティアの力が鍵となってきます。このような活動でも支援への手助けとなるのです。, 紛争地域では当たり前のように力のない子どもの命は奪われ、利用され、そして残酷な目にあい命を落としています。このような子どもたちの命を紛争から救うためには、もちろん紛争を止めることが必要です。, 1人でも多く救うためにできることは、紛争地域から子どもたちを保護し、避難キャンプなどをしっかりと整備して、食糧、衛生面での問題を解決して生活してもらうことが必要となります。, 子どもたちの命を守ることができる状況を支援によって作り上げることが大切となってくるのです。, その支援を少しでも増やしていくためにも、積極的にNPO・NGOへの支援を行ってみてはいかがでしょうか。, グループメディア:BITDAYS | DELIGHTmedia | GANMA!ニュース, gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。, 紛争地域から子どもたちを保護し、避難キャンプなどをしっかりと整備して、食糧、衛生面での問題を解決して生活してもらう, 中央アフリカ共和国:紛争再燃から数ヶ月で暴動が増加し、子どもたちの殺害や強姦、拉致、武力勢力への徴兵や徴用, コンゴ民主共和国:推定で420万人の子どもが重度の栄養不良のリスクにさらされ、武装勢力による強制的な徴兵・徴用や性的搾取, ミャンマー:ロヒンギャの子どもたちが家を追われ、大規模な暴力を経験し目撃することとなった, 南スーダン:2013年以来、武装グループなどに1万9,000人以上の子どもが徴兵・徴用され、2,300人以上死傷. アフガニスタンにとって極めて重要な年となる2014年。大統領選挙や国際軍の撤退が予定されており、国の安全や発展にも大きな影響がでることが予想されています。 家族を支えるために困難な生活を送るアフガニスタンの15歳の女の子。 中東やアフリカなど紛争が多発している地域では、子どもは暴力や殺害の対象となりひどい扱いを受けています。紛争地で子どもが抱えている問題や必要としている支援などについて紹介します。  これは特別な例ですがアフガニスタンの中部山岳地帯には無数の洞窟があり天然の住居を提供してくれます。バーミヤンの石仏の写真をご覧になるとわかると思いますが仏様の周りに無数に開いている穴に暮らしている人もいます。乾燥した地域であれば洞窟の中は夏でも涼しく絶好の居住空間を提供してくれます。. アフガニスタンで生産されるアヘン(麻薬の一種で、ケシの実からつくられる)の量は、世界アヘン市場の95%にも及ぶ。 国内で、それに従事するアヘン生産者の数は、290万人。(2008年) 法律を無視した生産は、容認されるべきではないが、アヘンの生産を生活 … アフガニスタンの22県では、冬季の極端な乾燥により、100万人の生活が影響を受け、さらに200万人が今後数カ月で影響を受けることになります。ユニセフ・アフガニスタン事務所は、子ども … アフガニスタンのグリーン・ティー 2013年 盛大に祝うアシューラー ザイナブさんの1日 大地震後の生活 アフガニスタンの婚約から結婚式まで アフガニスタンの祝日「イード」 「学校」――アフガニスタンにおける子供 … アフガニスタンで生産されるアヘン(麻薬の一種で、ケシの実からつくられる)の量は、世界アヘン市場の95%にも及ぶ。 国内で、それに従事するアヘン生産者の数は、290万人。(2008年) 法律を無視した生産は、容認されるべきではないが、アヘンの生産を生活の糧としている人々がいる事 …
2020 アフガニスタン 子供 生活