1879年、アフガン王国は外交権をイギリスに渡しアフガニスタン保護国化を受け入れた。 しかし、国王は屈服したものの、アフガン兵の抵抗は続き、反乱部隊によりイギリス使節団が殺される事態となり、イギリスはただちに報復のため軍隊を増派した。 アフガニスタン保護国化 1879年、アフガニスタンは、第2次アフガン戦争の結果、イギリスの保護国となった。 アフガニスタン の アフガン王国 がイギリスとの第2次 アフガン戦争 の結果、 1880年 、イギリスに外交権を奪われ、その 保護国 となった。 アフガニスタン(1) 中央アジアの交易路上に位置し、文明の十字路といわれて多くの民族が興亡した。18世紀に独立したが19世紀にイギリス・ロシアの激しい勢力争いに巻き込まれ(グレードゲーム)、一時イギリスの保護国となった。 1880年 ―― アフガニスタンは、イギリスの保護国となる。 その後、反英戦争に勝利した。 1919年 ―― アフガニスタン王国として独立を回復する。 1878年からの第二次アフガン戦争 の結果、イギリスによって事実上保護国化された。 この節の加筆が望まれています。 再独立. アフガニスタン首長国 1835 ... イギリス保護国 期. 1919年の第三次アフガン戦争(第ii期グレート・ゲーム)で、イギリス軍を退けたアマーヌッラー・ハーン(1919年2月27 主な資本主義国・帝国主義列強による保護国化には次のようなものがある。いずれの場合も最終的には領土化(直接支配)に移行することが多い。 ・イギリスによるエジプトの保護国化、アフガニスタン保護国化、クウェート保護国化
2020 アフガニスタン イギリスの保護国