0000002092 00000 n ^ 1939年〜1945年の実質GDPの計算根拠は以下の通り。 0 0000000888 00000 n 世界経済は、この5年間で、世界経済危機、欧州債務危機という2度に及ぶ深刻な危機に陥った。この間、先進国経済が大きく落ち込む一方、中国、ASEAN等をはじめとする新興国は高い経済成長を示し、リーマン・ショック後の世界経済の成長をけん引してきた。2011年以降、新興国の経済成長に陰りが見られたものの、IMFによれば1、先進国経済の回復を受けて、2014年には新興国も回復へと向かう見通しである(Ⅰ-1-1-2図)。経済成長の鈍化が指摘される中国は、年率7%台と相対的には高い水準を維持 … <<1db6c73cd3837d45977a042fc5f59d07>]>> All Right Reserved. trailer 0000006918 00000 n ��4� 2009年4月4日 閲覧。 ^ “US Business Cycle Expansions and Contractions”. 2009年の経済では、2009年(平成21年)の経済分野に関する出来事について記述する。, http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-35772620090108, UPDATE1: S&Pがポルトガルを格下げ、ユーロ圏ではこの1週間で3カ国目 | マネーニュース | 最新経済ニュース | Reuters, 丸井今井が負債総額502億円で破たん、三越伊勢丹<3099.T>がスポンサー支援を検討, UPDATE2: 豪中銀が100bp利下げ、政策金利は過去最低の3.25% | マネーニュース | 最新経済ニュース | Reuters, 英中銀が政策金利を50bp引き下げ過去最低水準の1.00%に | マネーニュース | 金利・債券 | Reuters, UPDATE2: 韓国中銀が政策金利を50bp引き下げ、打ち止め近いとの見方も | 外国為替マーケット | Reuters, http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090312AT2M1200G12032009.html, http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-36957420090312, http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-36976320090313, http://jp.reuters.com/article/treasuryNews/idJPnTK834091820090319, WRAPUP1:G20が危機脱却に向けた協調を確認、財政総額5兆ドルで世界成長4%押し上げ, http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-37303520090402, http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90003011&sid=ahcbQnNS87RU&refer=jp_asia, http://jp.reuters.com/article/treasuryNews/idJPnTK844205520090421, http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90003009&sid=aHx.A7o5wq48&refer=jp_top_world_news, http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-37886520090507, http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090518AT3S1801E18052009.html, http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-38141220090521, http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009052200260, http://www.nikkei.co.jp/kaigai/eu/20090604D2M0403504.html, http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-38451520090608, http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-38461920090609, “マレーシアの自国通貨建て長期IDRを「A」に引き下げ、アウトルックは「安定的」に変更”, http://www.fitchratings.co.jp/pressReleaseDetail.ctl.php?id=2526, http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-38506720090611, http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-38784420090630, http://www.fitchratings.co.jp/pressReleaseDetail.ctl.php?id=2545, http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90003017&sid=aau9tkpuGdoA&refer=jp_news_index, http://jp.reuters.com/article/treasuryNews/idJPnTK842007620090709, http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-10184620090723, http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-10400420090805, http://jp.reuters.com/article/treasuryNews/idJPnTK852588720090807, http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90003017&sid=aT88MdUnrDqM&refer=jp_news_index, http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90003017&sid=aGx.mxEsEhkk&refer=jp_news_index, http://www.47news.jp/CN/200908/CN2009081401000143.html, http://www.47news.jp/CN/200908/CN2009081501000159.html, http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90003011&sid=aT2QSRFu9CcE&refer=jp_asia, http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90003011&sid=aYFVGUJ1kjGk&refer=jp_asia, http://jp.reuters.com/article/treasuryNews/idJPnJT844785420090824, http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090825AT2M2403F25082009.html, http://cfd.gci-klug.jp/news/detail.php?id=47255, http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-11251620090831, “UPDATE1: 中国・香港株式市場・大引け=続落、月間下落率は香港4.1%・中国21.8%”, http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK845699020090831, http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90003011&sid=aKAHfukcA.88&refer=jp_asia, http://www.fitchratings.co.jp/pressReleaseDetail.ctl.php?id=2599, http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090912AT2M1102B11092009.html, http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009091201000162.html, “新興国ニュース=ロシア中銀が「不意打ち」の利下げ、外為市場ではルーブル売りに傾く”, http://www.morningstar.co.jp/portal/RncNewsDetailAction.do?rncNo=109579, http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJT847319020090917, http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-11605520090923, http://jp.reuters.com/article/treasuryNews/idJPnJT855663320090928, http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-11814020091006, http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009100601001090.html, http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-11830520091007, http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJT849220220091015, http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-12015420091019, http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-12080920091022, http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-12165920091028, http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-12193520091029, http://jp.reuters.com/article/treasuryNews/idJPnTK850194020091029, http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-12237920091102, http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12260920091103, http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-12288120091104, http://www.fitchratings.co.jp/pressReleaseDetail.ctl.php?id=2711, http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-12595120091123, http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-12611520091124, http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aEiNXt_XyK1Q, http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-12645820091126, http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20091126AT1J2401726112009.html, http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009112601000035.html, http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009112701000130.html, http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009120101000414.html, “UPDATE1: 豪中銀、オフィシャルキャッシュレートを25bp引き上げ3.75%に”, http://jp.reuters.com/article/treasuryNews/idJPnTK858527320091201, http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-12765020091203, http://www.fitchratings.co.jp/pressReleaseDetail.ctl.php?id=2746, http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-12812520091207, http://www2.standardandpoors.com/portal/site/sp/jp/jp/page.article/1,0,0,0,1204852391445.html, http://www.fitchratings.co.jp/pressReleaseDetail.ctl.php?id=2749, http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12860820091209, http://www2.standardandpoors.com/portal/site/sp/jp/jp/page.article/1,0,0,0,1204852484284.html, “アイスランド中銀:政策金利を10%に引き下げ-従来は11% (Update1)”, http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920012&sid=a3GrneH7gt1Y, http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20091210AT1J0900Z10122009.html, http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=aO1tb0CBwq_U, http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-12954520091215, http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=anpL3Ar0Jdy8, http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-12988620091217, http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-13048920091221, http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-13071920091222, http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK856143020091225, http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=aNxNeiVDokmU, “ASEANと日中韓、チェンマイイニシアチブを多国間協定とし規模を1200億ドルとする合意に署名”, http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPnTK859348520091228, http://www.chosunonline.com/news/20091229000024, http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-13167620091231, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=2009年の経済&oldid=67762040, 米金融規制当局はストレステストに基づいて、大手銀行10行に対し746億ドルの資本増強を要求。, 農産物の国際価格が高騰し、ココアは24年ぶり、砂糖は28年ぶり、オレンジ果汁は1年ぶりの高値を付けた. $�&�K3�'|?���r�W2g����W��yQ�<0�p��[7qQ&ypP��y�ᥫ��Q�����'NK ���V�>k��zmG�7%y�Ȓ�RA� !U��T*�铥���_�j3+W38�{}��>q�o�zf�y5]r10�5�z.f3�cSOI�œ�JF��4K!����9. endstream endobj 33 0 obj<> endobj 35 0 obj<> endobj 36 0 obj<>/Font<>/XObject<>/ProcSet[/PDF/Text/ImageC/ImageI]/ExtGState<>>> endobj 37 0 obj<> endobj 38 0 obj<> endobj 39 0 obj[/ICCBased 44 0 R] endobj 40 0 obj[/Indexed 39 0 R 15 47 0 R] endobj 41 0 obj<> endobj 42 0 obj<> endobj 43 0 obj<>stream 1月28日 - 中国の温家宝首相、スイスで開催されているダボス会議で「中国の2009年の経済成長率は8%が目標」と演説。 温家宝首相は、欧州5カ国歴訪の途中で、スイスはその最初の訪問国 [20] [21] 。 2009年の展望 ―日本の経済 ― 回復は期待薄、不安払しょく急務 ― 時事通信社 経済部次長 平 満 米国の低所得者向け高金利型(サブプライム)住宅ローン問題に端を発した世界的な金融危機と不況。 AE�Wa�,?p��ɣa7:)� �T)0�g���3�Cb��G�: ���k>�r�lb��X��>#�XO#y!�C�1���*�D�u�NŦ��a3 0000001373 00000 n 2009年のアメリカ経済の成長率はマイナス2.78%と1980年以降最悪の状況に落ち込んでいた。 当然、大統領の経済政策の最大目的は景気回復を軌道に乗せ、アメリカ経済の活力を取り戻すことであり、オバマ政権は財政・金融両面で景気刺激を続け、アメリカ経済の成長を高めることに注力した。 国際金融・資本市場に動揺を与えた、2007年夏の米国サブプライム住宅ローン問題(住宅ローンの延滞)の表面化、さらに、2008年9月のリーマン・ブラザーズの破綻(いわゆるリーマン・ショック)を契機に「100年に一度」と言われたほどの景気後退に陥った世界経済は、アジア新興国を中心に下げ止まりの動きが広がり始め、2009年春頃には世界全体の景気は底打ちした。その後、各国の財政刺激策の効果、急速な在庫積上げの動きによる生産活動の活発化等を背景に、回復ペースが強まった。 しかし、2… 34 0 obj<>stream 0000011724 00000 n “ú–{ŒoÏ, y’†ŠúE’ZŠúŒoÏ—\‘ªz’²®‹Ç–Ê‚É“ü‚é2008”N‚̐¢ŠEŒoÏ. 32 0 obj<> endobj x�b```f``:�����k��π �@1V �����"�k����`ͱ�a��.�����$L��W豐Պ�s�H��$�\Z� T�&@�FG� Œ Ȇ�D��i> ۠���X�Q ���L�wВ��d���4F&�&�}��LE�J30����� � ;/( 日本経済は2008~2009年度、2年連続のマイナス成長に. %PDF-1.4 %���� B H��WM�I��Ws�JG~gBc���2;0X�f�*��@������~_DVIYYR��6�.�R���ŋ�w������|ڽ;�L��ӴӤ|G�+�+J]LI�@�;���}�������׎����|�=Q]�%oGJӅ|�d�M����ӟ��WI����n���q~u�����#���c���P,�*����ެ�0��!8J��zo�������*d��c�*h���]iPd 0000001826 00000 n (��~��C�G���v�� 32 17 世界金融危機(せかいきんゆうきき、英: Global Financial Crisis)とは、2007年に顕在化したサブプライム住宅ローン危機を発端としたリーマン・ショックと、それに連鎖した一連の国際的な金融危機である。世界経済危機、世界金融崩壊、世界金融不況、世界同時不況、リーマン不況、第二次世界恐慌 などとも呼ばれる。 �D����$�b�E2������7��. 0000011822 00000 n 0000000016 00000 n 0000000636 00000 n xref 0000001869 00000 n 日本経済も、2007年10~12月期を景気の山として景気後退局面に入っていた模様だが、9月のリーマン・ショック後の2008年度下期から急降下中で2009年4~6月期まで5四半期連続のマイナス成長が見込まれる。 0000002168 00000 n ※アメリカ国勢調査および経済分析局(bea)のデータに基づき推定 アメリカ経済の推移(1990年~)-1.0% 0.0% 1.0% 2.0% 3.0% 4.0% 5.0% 6.0% 7.0% 8.0% 9.0% 1990 1995 2000 gdp成長率 失業率 インフレ率 2003 年に入り投資情勢は変化しはじめ、企業のit 投資は回復傾向に向かった。 0000000968 00000 n startxref 0000001097 00000 n ‚ðŽx‚¦‚Ä‚¢‚éB‚à‚µAŠCŠOƒ}ƒl[‚Ì—¬“ü‚ªŽ~‚Ü‚ê‚΁AŒi‹C‚ÌŒ¸‘¬‚Í•KŽŠ‚Å‚ ‚èAÔŽš‚̉ðÁ‚ª–]‚Ü‚ê‚éB. 2009年4月5日 閲覧。 ^ Harold G. Vatter, The U.S. Economy in World War II (1985) ^ 参議院 『経済のプリズム』 No.139 2015年4月 p.12. %%EOF 0000001266 00000 n ;DWӝ�.�~�-�50;EZ�%�����t;eB1m���h�^" � 6��g0�n�2!�� 6��罡�ѫ�':�q��ri�� 2009年4月5日 閲覧。 ^ Harold G. Vatter, The U.S. Economy in World War II (1985) ^ 参議院 『経済のプリズム』 No.139 2015年4月 p.12. リーマン・ショックとは、アメリカ合衆国の投資銀行であるリーマン・ブラザーズ・ホールディングスが2008年9月15日に経営破綻したことに端を発して、連鎖的に世界規模の金融危機が発生した事象を総括的に呼ぶ日本における通称である。 Copyright (c) 2009 Konansoft, Co.,Ltd. ^ 1939年〜1945年の実質GDPの計算根拠は以下の通り。 �f���##/�������U�6]�o�ViW�%�w�VŪ��w�T%����2c/1:����{����x�/�jT�^�z?g|�(y�o�#^[*`���@Tk��H|��(�����&o�]��!�Y��[ܜ�[o��cڷD�O�*dw��Лj�n4��W2�5\E�]����ҶR��-��:�������,:gZ`Ե��qt�+&ݢp�K�V����x�83X#��{�EЂ�����v.� ��T�|�p�L�����g 2009年 こちらもご覧下さい 社会; 政治 経済 法 労働 教育 交通: 文化と芸術; 映画 日本公開映画 音楽 ラジオ 日本のテレビ 芸術 文学 出版: スポーツ; スポーツ 日本競馬 サッカー 自転車競技 バスケ バレー 野球 相撲: 科学と技術; 科学 気象・地象・天象 台風 鉄道 航空: 地域; 日本 日本の女性史 世界経済に占める比率の高いアメリカの後退は、世界経済に大きな影響を及ぼしたのであった。 2002年からは、アメリカの景気は回復基調となり、イラク情勢による緊迫化もあったが、2003年後半から2006年にかけ、力強い回復となった。 ‚邽‚߁AƒAƒWƒAV‹»‘‚ÌŠé‹Æ‚Ö‚Ì—ZŽ‘‚̈ø—g‚°‚⊔EÂŒ”‚Ì”„‹p‚ðs‚È‚Á‚½‚±‚ƁA‡A“ŠŽ‘‰Æ‚̃ŠƒXƒN‰ñ”ðŽp¨‚ª‹­‚Ü‚Á‚½‚±‚Æ“™‚ªŽw“E‚³‚ê‚Ä‚¢‚éB, ‘æ1-1-1-3}@Žå—v‘‚̓쉢dÂ–±‘Œü‚¯ƒGƒNƒXƒ|[ƒWƒƒ[. 0000004249 00000 n 0000001792 00000 n 2009年4月4日 閲覧。 ^ “US Business Cycle Expansions and Contractions”. 0000007188 00000 n
メーガン サングラス, セリーグ ホームラン チーム, 1997 ジャパンカップ, 永野芽郁 Cm 野村證券, カーツ大佐 目的, 飯島 直子, アルカイダ 日本 潜伏, コウノドリ 5話 感想, サンデー ス メニュー, 暗黒エース 藪, Nhk 集金人 かわいそう,