.ig-b- img { visibility: hidden; } line-height: 30px; font-size: 18px; Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved. 新潟5大ラーメンのひとつに「燕系背脂ラーメン」があります。その元祖ともいうべき店が今回紹介する「杭州飯店」です。俗に背脂チャッチャ系とも言われるほど、大量の背脂を乗せたラーメンですが、見た目ほどくどくなく、スープはむしろあっさりとすら感じられるのが特徴です。 font-weight: bold; 燕市では、背脂がたっぷりと浮いた醤油味の背脂ラーメンが数多くあります。今回ご紹介するお店は、その背脂醤油ラーメンの元祖といわれているお店です。, 背脂ラーメンの歴史は古く、初代店主が昭和9年に開いた前身の「福来亭」が発祥と言われています。, 燕市は、古くから洋食器の製造が盛んな土地で、背脂ラーメンは工場で働く人達への出前として生まれました。, 暑い工場の中でたっぷりの汗をかいて働く人達のために塩分を多く入れ、その塩分の緩和とスープが冷めないようにたっぷりの背脂を浮かせたのです。そして出前ということもあり、食べるまでに麺が伸びてしまわないようにと極太麺にしたそうです。, その異端なスタイルは話題を呼び、燕市全域、隣の三条市へも広がり、メディアなどでは、新潟5大ラーメンの一つ「燕三条系背脂ラーメン」という名称が定着しました。, 今回は、背脂たっぷりのインパクトを読者の皆様に見てもらいたいと思い「大脂」を選択しました(あとで店主に伺ったところ、お店のお勧めとしてはバランスの良い「普通」とのこと)。, 醤油ダレを多めに使ったスープは、結構しょっぱめなのですが、たっぷりと浮いたコクと甘みのある背脂が塩分を優しく覆ってくれます。, ただ、たっぷりの背脂により甘みが前に出るので、「大脂」の場合は上にタレが少しかかります。そのため序盤から程よく塩分を感じさせてくれます。, スープは背脂と醤油のインパクトの中にもしっかりとした煮干し出汁が主張し、また、豚骨などもしっかりと出ており、厚みある飲み応えとなっています。, ちなみに、たっぷりの背脂の割には、そこまで重くありません。理由としては、背脂の下にあるスープが濁らせないように炊かれたあっさりスープだからです。, 見た目のイメージとは裏腹に、濃厚豚骨などと比べでも、食べやすい仕上がりになっているのではないかなと思います。, 見た目どおり、噛み応えはハンパではありません!この太麺にたっぷりの背脂とスープが絡んできます。太さもあり、食後の腹持ちも良いんですよね。, 某有名菓子メーカーのプリンの容器をコップ代わりに用いている点に、歴史と哀愁を感じさせてくれます。, なんか気に入ってしまい、このお店にくる度に、ついついこの2つの写真を撮っています。, 杭州飯店は、背脂醤油の中華そばが有名ですが、実はその他のメニューが美味しいんですよね。, この様に美味しいメニューをたくさん提供している「杭州飯店」ですが、現在は3代目店主が切り盛りしています。, 日本全国のラーメンフリークにその名を轟かせる「杭州飯店」の魅力を味わいに、新潟県燕市を訪れてみてはいかがでしょうか?, 燕市には背脂ラーメンの誕生を促した洋食器や金物を販売しているお店などもあるので、食後にそれらを巡る事で、燕ラーメンの歴史を肌で感じてみるのも良いでしょう。, 限定ラーメン情報、読者投稿情報、掲示板、お得なクーポン、仕込み取材、読者投票によるランキング、管理人ブログ等、豊富なラーメン情報が詰まったHPです。, Facebook:https://www.facebook.com/niigataramencom, 新潟県三条市には、ご当地グルメとして「三条カレーラーメン」というものがあると、以前みんなのごはん上でご紹介させて頂きました。 みんなのごはん「正弘」記事はこちら 今回はそんな三条カレーラーメンの中でも…, .hatena-module-title { 燕三条背脂ラーメン(つばめさんじょうせあぶらラーメン)とは、新潟県燕市発祥で、新潟県県央地域(燕市・三条市)で提供されているご当地ラーメン。燕市と三条市を中心として広まっているため、燕三条系と呼ばれている[1]:188。, 燕三条背脂ラーメンは、1934年(昭和7年)に福来亭の前身となる屋台を浙江省出身の徐昌星が開業したのが発祥とされている[2]:61[3]:2-3。昭和30年前後に、徐は洋食器産業の工員の出前のラーメンについて、工員達の要望で味を濃くした上でバランスを考えて豚の脂を加え、さらに出前しても麺が伸びにくいように、小麦粉の原料を中力粉から強力粉に変え[2]:186-187、麺を極太にした[3]:4[4][5]。出前をしてもスープが冷めないように蓋をするかのように大量に背脂が入れられる[5]。, 麺はうどんのような極太麺[4]。煮干しなどの魚介類の出汁が効いた、濃口醤油のスープに、豚の背脂が表面を覆っているのが特徴[4]。, 名称にはぶれがあり、燕三条背脂ラーメン[6]:6[7]のほか、燕三条系ラーメン(つばめさんじょうけいラーメン)[8][9][2]:61,187[5]、燕背脂ラーメン(つばめせあぶらラーメン)[3]:5[10]:16[11][12][13]とも紹介されている。単に背脂ラーメンや燕系ラーメンと呼ばれることもある[注 1]。, 石神秀幸による新潟四大ラーメンの分類では燕三条流背脂ラーメン[14]または燕三条背脂ラーメン[15]:109-111として紹介されている。また、大崎裕史は、著書で新潟の四大ご当地ラーメンの背脂系として紹介している[16]:181[1]:187-188。, 岩岡洋志は、このラーメンが「背脂チャッチャ系」の元祖なのではないかと推測している[2]:186-187。, 三条市に本社のあるタクシー会社「中越交通」は、貸し切りで運転手がおすすめする背脂ラーメンの店を案内する「燕背脂ラーメンタクシー」を運行している[11]。, 新潟4大ラーメンが注目され始めた2005年頃には「背脂ラーメン」と雑誌に紹介されていた, “燕市内36のラーメン店の「自慢の1杯」収録したラーメンマップ「燕ラーメン 三十六カ所*お遍路マップ」完成”, http://www.kenoh.com/2008/08/27ramen.html, “「燕三条系ラーメン」がじわじわと勢力を拡大中! }, Instagramもやってます!.ig-b- { display: inline-block; } 背脂と極太麺のド迫力!燕系背脂ラーメンの元祖「杭州飯店」はラーメン好きなら一度は食べるべき, 黒すぎる異端のご当地グルメ!三条「龍昇園」の黒カレーラーメンは食材の旨味が凝縮された珠玉の一杯だ. margin-bottom: 10px; border-bottom: 3px solid #b2b2b2; 燕三条一帯を車で走るとラーメン屋さんが多いことに気づきます。実はこの街の名物はラーメン。それも燕は「背脂ラーメン」、三条は「カレーラーメン」という独自のメニューを生み出し、発展させてきました。高度経 … 今や女性でも好きな人が多い、背脂チャッチャ系の背脂ラーメン。東京にも背脂ラーメンのお店が豊富にあります。まるで給油レベルの背脂たっぷりラーメンから、王道のものや進化系までそろえました!早速、給油しに行ってみましょう♪ 豚骨と煮干しをメインに作られたスープに、白い背脂がこれでもかと降りかかった「背脂ラーメン」。ものづくりの町として知られる新潟県燕(つばめ)市で、力仕事の職人たちから愛され続けてきたご当地ラーメンです。今回はそんな職人文化と共に育ってきた背脂ラーメンを、燕市とお隣の三条市から計3軒ご紹介します!, 新潟県燕市燕49-4[営業時間]平日/11:00~14:30、17:00~20:00L.O.、土・日曜・祝日/11:00~20:00L.O.※売り切れ次第終了[定休日] 月曜(祝日の場合は営業、火曜休み)※月に一度、月・火曜の連休あり, 新潟県燕市白山町1-9-21[営業時間]11:00~14:30、17:00~20:00[定休日] 木曜(祝日の場合は営業。水曜または金曜休み), 新潟県三条市東三条2-4-6[営業時間]月・火・木・金曜/11:00~15:00 17:00~20:30、土・日曜・祝日/11:00~20:30[定休日] 水曜, ライター。新潟をもっと楽しくするWEBマガジン「にいがたレポ」参加ライター。広告会社にて勤務後、フリーランスに転向。「暮らすような旅」をモットーに地域に住む人・日常も含めて伝えることを目標にしている。 編集:唐澤頼充, 隣には、豚の骨であるゲンコツや煮干しが入り、背脂がたっぷりと浮いたスープが。毎朝6時半に来て、準備しているとのこと。, 味のベースとなるタレは玉ねぎが入った特製醤油ダレ。文字がかすれた器も歴史の長さを物語っています。, タレと背脂たっぷりのスープを合わせたら、茹で上がった麺を湯切りしてスープの中に。すると、奥様がチャーシュー、メンマ、玉ねぎをたっぷりと乗せてくれます。そして仕上げに「これでもか!」というくらい背脂を振りかける!, 平ざるでどんぶりに油を振りかける様子から、背脂のことを「チャッチャ」「チャッチャ麺」と呼ぶことも。チャッチャの際は、周りに脂が飛ぼうがお構いなし!, チャーシューはあっさりとした味。最近よく目にする、プルプルとした脂身が魅力のチャーシューとは異なり、昔ながらの赤身のつくり。こちらも社長のこだわりで、背脂で脂分が強い分、さっぱりとした味にしているそうです。, おわかりいただけますか??ボリューム抜群、かなり大きめの餃子なのです。注文は2個(1個200円)から可能です。さっそく割ってみると、中からはふぁ~っとニンニクの良い香りが…!目一杯に詰め込められた豚肉とニラに期待値が高まります。, さて美味しいラーメンと餃子をいただいたところで、直幸さんに背脂ラーメンの歴史について伺いました。, 営業を続けるうちに、工場への出前も増え、ピーク時には1日に800杯も売っていたそう。麺を太くすることを思いついたのは杭州飯店を開業した勝二さん。「父は配達の場合、食べ始めるまでに時間がかかることを気にかけていました。そのときに考えたのが、伸びにくくするために麺を太くすること。さらに、背脂を厚くかけることでフタをし、冷めにくくしたそうです」。, ▲中華風の天井は、原本を一つ中国から輸入し、それに合わせて職人さんに作ってもらったもの, また、今では背脂ラーメンの象徴的な具材のひとつである「玉ねぎ」も思わぬ状況から生まれたアイデアだったそう。, 福来亭は食券システム。中華そばは「半盛り中華そば(160g)」640円、「中華そば(220g)」780円、「大盛り中華そば(280g)」890円と麺の量によって金額が異なります。ラーメン以外にも「とりからあげ」660円や「しゅうまい」660円、「もやし炒め」700円といったサイドメニューも豊富。, 少し変わった背脂ラーメンを求めて向かったのは、女性からの支持も高い「らーめん 鯉次(こいじ)」。福来亭から車で約20分、燕市のお隣三条市にあるJR東三条駅からは徒歩約6分のお店です。, 一見こってりとした見た目の背脂ラーメン。3店舗行ってみて思ったのは、意外にもあっさりとした味だったいうこと。燕市の職人のニーズに寄り添いながら作り上げてきたラーメンが、今では地域を超え、世代を超えて愛され続けています。そんな文化と一緒に育ってきたラーメンをぜひ一度、燕三条で味わってみてください。, ※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。, 背脂ラーメンは職人たちの胃袋を支え続けてきたソウルフード。元祖の店を含めた厳選3店をご紹介!. 我武者羅のラーメン「元祖 背脂生姜醤油ラーメン」をラーメン・つけ麺の通販サイト「宅麺.com」からご購入頂けます。【商品説明】ラーメン王国新潟出身の店主が創作した温故知新とも言える一杯。背脂と生姜の抜群な相性を生かすこだわりの素材を、やみつきになるバランスに仕上げている。 .ig-b-48 { width: 48px; height: 48px; background: url(//badges.instagram.com/static/images/ig-badge-sprite-48.png) no-repeat 0 0; } .ig-b-48 { background-image: url(//badges.instagram.com/static/images/ig-badge-sprite-48@2x.png); background-size: 60px 178px; } }. 燕背脂ラーメンの元祖、金属工場の町で育まれた杭州飯店の中華そば . .ig-b-:hover { background-position: 0 -60px; } .ig-b-:active { background-position: 0 -120px; } position: relative; 燕三条背脂ラーメン(つばめさんじょうせあぶらラーメン)とは、新潟県燕市発祥で、新潟県県央地域(燕市・三条市)で提供されているご当地ラーメン。燕市と三条市を中心として広まっているため、燕三条系と呼ばれている 。 田中 貴も足繁く通う“背脂煮干し”の実力とは?”, https://mainichi.jp/articles/20170707/gnw/00m/040/004000c, https://mainichi.jp/articles/20190226/ddl/k23/100/255000c, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=燕三条背脂ラーメン&oldid=78103363, この項目では、燕市発祥で燕市・三条市で提供されている背脂入りのご当地ラーメンについて説明しています。三条市発祥のご当地ラーメンについては「. 元祖「背脂豚骨ラーメン」に初挑戦! 昨夜は「九州豚骨の旅」を終えてから羽田空港で友達と合流し、こちらの店を初訪問。 創業60年を誇る「背脂豚骨ラーメン」発祥の店「ホープ軒」です。 正に「豚骨アフター豚骨」ですが、美女の誘いは甘んじて受けるのが私の信条です(笑) 19時20 背脂がたっぷりのった背脂ラーメン(写真は、脂量を増した「大脂」)jr東京駅から燕三条駅まで上越新幹線で約1時間50分。新潟県燕市で生まれた背脂ラーメンは、豚ロース肉の上側にある背脂を、煮干しの出汁が効いた豚骨スープに加えて作る、いかにも“ @media only screen and (-webkit-min-device-pixel-ratio: 2), only screen and (min--moz-device-pixel-ratio: 2), only screen and (-o-min-device-pixel-ratio: 2 / 1), only screen and (min-device-pixel-ratio: 2), only screen and (min-resolution: 192dpi), only screen and (min-resolution: 2dppx) {
マイクラ 黄昏の森 いけない, R250 防水フレームインナーバッグ ショート グレー, Jsバーガー メニュー おすすめ, 実話 映画 感動 日本, テント 寝るとき 閉める, スマホ 充電ケーブル タイプc, りんご ホイル焼き フライパン, 職場 雰囲気 改善, 会社 休む理由 急用,