魚介類関連の株主優待のおすすめ銘柄一覧5選!旬な食材、名産、加工品…多彩な商品を優待でゲット! 知の広場|米国トランプ大統領が打ち出した、中国の輸入品に追加関税を課す計画は、株式市場を大きく揺さぶった。全面的な貿易戦争の結末として、なぜ通商関係が変化するのかまとめた内容や株価・銘柄はどうなるのかわかりやすく解説。アライアンス・バーンスタインの【知の広場】 JavaScriptが無効の為、一部のコンテンツをご利用いただけません。JavaScriptの設定を有効にしてからご利用いただきますようお願いいたします。(設定方法), 2021年版「株主優待カレンダー」販売中!優待投資の基本、注目銘柄、資産形成の基本も!!, 先週の日経平均株価は1週間で181円上昇し、2万3,293円となりました。NYダウは、1週間で175ドル上がり、2万8,051ドルとなりました。, 日経平均・NYダウとも、米中対立が一時的に緩和するのか、さらにエスカレートするのか、めまぐるしく変わる情勢に反応して神経質な動きとなっています。今のところ、楽観論が優勢ですが、情勢は予断を許しません。, ◆楽観シナリオ:米中「部分合意」が年内に成立し、米中対立が一時的に緩和。12月15日に予定されている米国による「対中制裁第4弾」は撤回される。それで、抑圧されていたハイテク投資が世界的に回復、来年にかけて5G(第5世代移動体通信)、半導体投資などが盛り上がり、世界景気は回復。, ◆悲観シナリオ:11月27日、香港人権法にトランプ大統領が署名し、法律が成立。中国政府は、これを「重大な内政干渉」とし、報復措置を発動する考えを示しました。これで、米中通商交渉の「部分合意」年内成立は絶望的に。12月15日に米国は予定通り「対中制裁関税第4弾」を発動し、中国もなんらかの報復措置を実施。米中の対立がさらにエスカレート。, 本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。 詳細こちら >>, 配信:記事配信時 随時facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります, 本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。. 米中「コロナ情報戦」は米国の圧勝か、中国共産党が今後迎える危機; 中国が米中覇権戦争に絶対勝てない3つの理由 「親中」政権なら短命に、菅氏が偉大な首相になるための条件とは何か 「外交初心者」の菅首相次第という日本外交の不透明 日本証券業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会, 米国のドナルド・トランプ大統領が打ち出した、約600億米ドルに上る中国からの輸入品に追加関税を課す計画は、株式市場を大きく揺さぶった。全面的な貿易戦争に発展した場合に備え、投資家はどの産業、国、企業が最大の被害を受け、あるいは漁夫の利を得るのか、検証し始める必要がある 。, トランプ大統領は2016年の選挙運動中から、米国の産業を守るために中国に対して厳しい措置を講じると有権者に約束してきた。アライアンス・バーンスタイン(以下、「AB」)はその政策に対して政治的立場を取ることはないが、株式投資家として、トランプ政権の政策の方向性を決定付け得る今回の動きがもたらす影響については冷静に分析しなくてはならない。, 今後の成行きを正確に予測することは誰にもできない。発表された関税は中国から譲歩を引き出すことを狙った戦術的な行動かもしれない。一部の措置は、一時的なものにとどまる可能性もある。中国が圧力に屈し、米国の要求に対し予想以上に柔軟な姿勢を取ることも考えられる。, しかし、事態がコントロール不能になればどうなるのだろうか? 米国が強硬な措置を押し通し、中国が同じレベルの報復措置を講じた場合、その影響は大きく広がることになる。マクロ経済レベルでは、おそらく米中双方の景気減速を招くであろう。個別企業の業績や株価に関しては、その影響はもっと複雑で、はるかに予測困難だろう。, 新たな貿易障壁はこれまでの通商関係に複雑な変化を引き起こす可能性がある。中国はアジア地域内を始めとする各国との取引関係を見直し、東南アジア、中南米、欧州連合(EU)との関係を強化するであろう。特に、これまで米国から大量に輸入してきた商品について新たな調達先を求めようとするだろう。例えば、航空機やその部品、豚肉、大豆などだ(図表1)。豚肉については、中南米やアジア諸国の一部が大きな代替供給源となり得る 。, 米国もさまざまな商品を中国から輸入している(図表2)。中国との貿易関係が劇的に変化すれば、グローバルなテクノロジー産業を支える屋台骨であり、米国の製造業にとってもきわめて重要なサプライチェーンの大幅な組換えが生じる可能性がある。例えば、アップルのiPhoneが中国で生産されていることを思い出すべきだ。多くの部品は韓国企業や台湾企業が中国で生産しているが、それらの企業は生産拠点をアジア地域の別の場所に移す可能性がある。, では、投資家は今何をすればいいのだろうか? 市場は不透明感に満ち溢れているが、貿易戦争のシナリオに備えるための、3つの重要なガイドラインを示してみたい。, 中国において大規模で複雑なサプライチェーンを構築している企業、特にエレクトロニクス業界や通信業界の企業は、予測できないような打撃を被る可能性がある。投資家は、どの企業が新たな現実にスムーズに適応でき、どの企業が深刻な混乱に見舞われる恐れがあるか、検討し始める必要がある。, 米国に生産拠点がある製品と直接的な競争関係にある中国製品も打撃を受けやすい。これにはスポーツ用品や家具などが挙げられるが、特に家具は米ノースカロライナ州が重要な生産地として知られている。また、米国のアパレル企業は、生産拠点を中国からベトナムやインドネシアなどに移す動きを加速させる可能性がある。, 米国企業の側を見渡してみると、政治的に重要性の高い米国製品が標的にされそうだ。EUはすでに、トランプ政権が欧州の鉄鋼に対する関税を引き上げた場合、リーバイズのジーンズやバーボンなど、米国を象徴する製品に追加関税を課すと警告している。, 航空機部品は米中間の貿易の中で大きな位置を占めている。中国がボーイングのボイコットを決めれば、エアバスにとっては追い風となる可能性がある。中国はイリノイ州やアイオワ州から大豆を買い付けることをやめれば、代わりにブラジルからの輸入を模索するかもしれない。さらに、米国企業から購入している様々な製造設備や精密機械を欧州企業から調達しようとするかもしれない。, 中国はまた、米国企業に付与しているライセンスを取り消す可能性もある。そうなれば、幅広いセクターや業界において欧州企業やアジア企業にとっては競争環境が和らぎ、世界第2位の経済規模を持つ中国市場で優位に立つことができる。, 中国は、バッテリーや電子機器などさまざまな製品に用いられるレアアースやレアメタルの供給に関し世界最大の生産国となっている。ジスプロシウム、ネオジム、モリブデンといった素材だ。中国がレアアースやレアメタルの供給停止を決めれば、それらの価格は上昇し、そうした原材料に依存している企業は大きな打撃を受ける恐れがある。一方、それらの資源を生産している企業は恩恵を受けることになる。, イノベーションに関しては米国が中国をリードしている。トランプ大統領が先般中国と強い関係を持つブロードコムによるクアルコム買収を阻止したように、米国はすでに中国企業が米国のテクノロジー企業に出資するのを食い止めようとしている。, 米国と中国が全面的な貿易戦争に突入した場合、その影響は計り知れないほど大きなものとなる。そうした環境で投資するには、長期にわたって広がるであろう複雑な影響に関し、徹底的なファンダメンタル分析が必要となる。, 今伝えられているニュースがそうした結果につながるかどうかは決して定かではないが、リスクが高まっていることは間違いない。投資家は今すぐ、あらゆる可能性に備え始めなくてはならない。貿易環境の変化がもたらす可能性のある恩恵を直ちに見極めることは容易でないため、それをいち早く把握した投資家は大きなリターンを得られる可能性がある。, 本文中の見解はリサーチ、投資助言、売買推奨ではなく、必ずしもABポートフォリオ運用チームの見解とは限りません。本文中で言及した資産クラスの過去のパフォーマンスは将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。, 当資料は、2018年3月22日現在の情報を基にアライアンス・バーンスタイン・エル・ピーが作成したものをアライアンス・バーンスタイン株式会社が翻訳した資料であり、いかなる場合も当資料に記載されている情報は、投資助言としてみなされません。当資料は信用できると判断した情報をもとに作成しておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。また当資料の記載内容、データ等は作成時点のものであり、今後予告なしに変更することがあります。当資料で使用している指数等に係る著作権等の知的財産権、その他一切の権利は、当該指数等の開発元または公表元に帰属します。当資料中の個別の銘柄・企業については、あくまで説明のための例示であり、いかなる個別銘柄の売買等を推奨するものではありません。アライアンス・バーンスタインおよびABはアライアンス・バーンスタイン・エル・ピーとその傘下の関連会社を含みます。アライアンス・バーンスタイン株式会社は、ABの日本拠点です。. 投資スキルを身に付け将来的に南国へ移住したいと思っています。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 積立投資は、少額から投資が可能で時間的分散投資によってリスクを低減できるので、投資の初心者や資産形成をしたい方には非常におすすめです。, 私が資産の一部を振り分けて独自に実践しているおすすめの積立投資手法は、以下のようなメリットがあり、素晴らしく有用な手法だと思っています。, 以下の記事では、証券会社の画面コピー等の証拠付きで実績や手法の詳細をご紹介しています。宜しければぜひご覧ください!, 積立投資の独自手法・実績をブログで大公開中!【投信・ETF・米国株の積立で稼いでます】, 株式投資を実践する方は、株ブログを運営することを強くおすすめします。株ブログは需要がある中で独自コンテンツを作成し易く、収益額も高くなる傾向があるため、魅力的です。, 私自身、株ブログを運営することで、月に6桁の安定収入を獲得しています。誰でもノーリスクで始められ、稼いだ金額は投資資金にもなりますし、配当金のように定期収入が発生します。ご興味がある方は是非、下記の記事をご一読下さい。, 【2020年のコロナ相場でどうする?】株式相場の大暴落トリガーとなりうる4つの要因と5つの対策, 元金融マン×外資系戦略コンサルタント。プロフェッショナルとして株を中心に投資について分析・考察記事を書いています, ツイッターでブログ更新情報、有益な投資情報を呟いています(個人的な呟きも含む)。現在3000名以上方にフォローして頂いています。宜しければ是非フォローお願いします!, 低位株(ボロ株)のおすすめ一覧!一攫千金が狙える厳選15銘柄【2020年コロナ禍で魅力増大】, 2020年のテンバガー(10倍株)候補一覧!厳選10銘柄【コロナ影響下で魅力増大】, 2020年「アフターコロナ」で魅力が増す米国株のおすすめ29選!【テンバガー候補・成長銘柄・バリュー株・高配当株】, 5G関連銘柄の本命株!2020年に株価上昇が見込める企業10選【アフターコロナで魅力が増すテンバガー候補】, AI(人工知能)関連銘柄の本命株!2020年に株価上昇が見込めるおすすめ15選【コロナウイルス相場で魅力増大】, 2020年コロナ相場で魅力が増す高配当株のおすすめランキングベスト11 - "超"厳選銘柄. ©Copyright2020 元為替ディーラーの投資日記.All Rights Reserved. ● 換金時に直接ご負担いただく費用…信託財産留保金 上限0.5%です。 takasugi 当資料は、アライアンス・バーンスタイン・エル・ピーのCONTEXTブログを日本語訳したものです。オリジナルの英語版はこちら。, https://blog.alliancebernstein.com/library/can-investors-make-money-in-a-us-china-trade-war, 当資料についてのご意見、コメント、お問い合せ等はjpmarcom@alliancebernstein.comまでお寄せください。, 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第303号  なぜなら米国の主要なIT産業や半導体産業はこの影響を大きく受けていてこの構図の中で株価が大きく上下に変動するからです。 投資スキルを身に付け将来的に南国へ移住したいと思っています。 『戦争とは他の手段をもってする政治の継続である』 軍事学者クラウゼヴィッツの「戦争論」で述べられた言葉です。 すなわち戦争とは政治の延長線上であり、経済活動でもあるわけです。 戦争によってお金や株式市場は大きく動きます。 はたしてそれは上がるのか? 経済知識 2018.09.25 2019.09.07 takasugi. メインはFX投資, 今回は米国と中国間における貿易摩擦について、わかりやすく解説していきたいと思います。, 米国が中国に対する関税を発動し、それに対して中国が報復関税で対抗するという全く出口が見えない状態へと陥っています。, まったく終わりが想像できない米中貿易摩擦ですが、そもそもなぜこの貿易摩擦が起きてしまうのかという点から考えていきましょう!, どちらか一方が得をして、どちらか一方が損をする状態になってしまうため、損をしている側が「なにかしらの行動」を起こすことによって貿易摩擦へと発展します。, 「なにかしらの行動」とは具体的にどちらか一方が関税を引き上げるなどして報復措置をとることです。, 米中貿易摩擦の場合、先に米国側が中国から輸入する製品に対する関税を引き上げましたよね。, これは中国が米国に輸出する際に、余計なコストである関税が発生することになりますので、中国側が貿易で不利になってしまうということです。, 貿易収支とは輸出から輸入を引いたもので輸出が多ければ貿易黒字になり、輸入が多ければ貿易赤字となります。, 輸出が多いということは国内から海外へモノが輸出され、国内にお金が入ることになります。, 逆に輸入が多くなると国外からモノを輸入することになるので、国内のお金が流出してしまうことになります。, これは海外にお金が流出していしまうということなので国としては損をしてしまうということです。, つまり貿易赤字とは、自国からお金が海外へ流れてしまった結果、国内のお金回りが悪くなり、経済が停滞してしまうことなのです。, 更に貿易赤字は国内の通貨が市場に出回るという点で、自国通貨安を招き逆に貿易黒字は自国通貨高を招きます。, 歴史を見てみると1970年代、日本が米国に対して自動車を大量に輸出したことで日米貿易摩擦となったという歴史もあります。, 日本バッシングとして当時日本製の自動車を壊し、抗議するということが社会現象になりました。, これは米国側から日本へ資金が流れ過ぎてしまった結果、米国人にとって不利益が生じ社会的な不満が爆発した事が要因となります。, ただ今回の米中貿易摩擦に関しては以前の日米貿易摩擦のような状況と少し事情が異なります。, というのも従来の貿易摩擦は社会的な不均衡による要因から貿易摩擦へと発展していましたが、米中貿易摩擦に関してはその原因が根本的に異なるのです。, 結論から申し上げると、米中貿易摩擦の原因は中国による米国の知的財産権侵害を発端としています。, つまりトランプ大統領は米国の知的財産権を侵害している中国に対して、関税を引き上げることによって報復しているということになります。, トランプ大統領は表向きには貿易の不均衡という名目で訴えていますが、本来の目的は別にあるということですね。, というのも中国経済が成長するにつれて、中国企業は米国企業製品を模倣した商品を開発するようになりました。, 最近発売された「iphoneX」とファーウェイが発売した「P20 Pro」を見比べてみると、どれだけ酷似しているか分かると思います。, 中国市場は米国企業が今後開拓していきたい市場であり、模倣品の存在は将来の米国産業にとっても大ダメージになるため米国としても中国の知的財産の侵害を許容できなかったのです。, 米中間の関係悪化から、米国の追加関税や、中国側の外国企業締め出しなどネガティブな材料が連想されるためです。, 実際に中国の売上げ割合が大きいアップル株はここ1年で230ドル台から140ドル台まで下落しました。, アップル代表のティムクック氏もこの株価の要因は中国におけるiPhone販売数の低下であると会見で述べています。, 市場においては貿易摩擦の懸念が高まれば高まる程、中国関連銘柄に大きな売りが入る事になるといえるでしょう。, 一方為替市場では、リスクが高まると円が買われる傾向にありますので、円買いドル売り圧力が増すことになるので、米中貿易摩擦が激化するにつれて円高ドル安方向へ動くと考えられます。, 【関連記事】リスク回避でドルが売られ、円が買われるのはなぜ?円高になる2つの理由を元為替ディーラーが解説!, 今後中国側が知的財産の侵害に対して柔軟な対応策をとらなければ、この貿易摩擦が改善されることはないでしょう。, 中国側としても国の企業を守るため、国内企業の成長を妨げるような規制をしたくはないはずです。, しかし、中国にとってドル箱でもある米国への輸入に関税を課せられることは、国内経済にとって非常に大きな影響を与えることになります。, よって中国側がなんとか米国に対して落としどころを打診していくという状況が続くと考えられます。, 現段階で中国側が合意できない点としては2点あり、1点目は米国との合意後にすぐに今まで課されていた関税を撤廃してほしいということと、中国側が合意条件を破った際に課される条件の緩和です。, 一方トランプ氏も自分の支持率が下がると、国民からの支持獲得のために中国に対して更なる追加関税を課す可能性もあります。, 元々トランプ大統領は米国第一主義を掲げて、票を取ったという経緯があるので、そのような米国ファーストの政策を行うと支持が上がるためです。, ただトランプ大統領としてもそこまで中国との合意に急いでいるわけはなく、気長に待つとの声明を出してもいます。(これも一種の戦略かもしれませんが), 2カ国共にすぐに決着をつけようと考えているわけではないので、この貿易摩擦は今後も暫くの間継続していくと考えられます。, 長期化するといっても、米中の貿易摩擦は2020年を目途に解決している可能性が高いと言えます。, というのも現在の貿易摩擦はトランプ大統領が次の大統領選で当選するため、中国との貿易交渉を有利に進めたいという思惑があるからです。, 中国に対してい優位な態度を示し、2020年の大統領選挙で国民の支持を得たいということですね。, ただ逆に、2020年の大統領選までに米国にとって優位な交渉条件にならないようであるならば、トランプ大統領は更なる制裁に踏み込むことが予想されるでしょう。, 今現在はお互いに関税率の引き上げをするといったレベルですが、貿易自体一切行わないという手段もまだ残されているのです。, 米中関係においてはまだまだ予測できない政治リスクが突発的に生じる可能性が高い問題ですので、今後のメイントピックになっていくでしょう。, 【名前】 This does not include the 250 Billion Dollars already Tariffed at 25%…, その後、閣僚級の会合が継続されていた中、2019年12月14日に米中の貿易交渉は第1段階の合意に達し、アメリカ政府は中国の輸入品に上乗せしている関税の一部を引き下げると発表しました。, 米中の貿易交渉は、中国による農産品の購入や知的財産権の保護などの分野で第1段階の合意に達し、トランプ政権は去年3月に中国に対する関税措置を発動して以来初めて、関税の一部を引き下げると発表しました。, 背景として、来年の大統領選に向けたトランプ大統領の思惑があります。中国との合意に至ったという事実を成果としてアピールし、選挙戦での支持に繋げたいという狙いがあります。, いずれにせよ、この合意を受け、米中貿易摩擦への懸念が和らぎ、株式を始めとする世界の金融市場は落ち着きを見せています。, ただ今回の合意については、米国による関税引き下げの規模がまだ定まっていません。合意内容が明らかになるのは、2020年1月になる見込みで、それまでの間に両国間の見解の相違が表面化する可能性は存分にあります。, OECDの2018年末時点の試算によると、もし米中が第4弾の追加関税措置を発動した場合、2021年にかけてアメリカは▲1.1%、中国は▲1.3%、世界は▲0.8%GDPが下落する、と予測されています。, またBank of Americaのチーフエコノミストは、中国の成長率が6%を割り込み”悲惨な成長環境”に陥る、との予想を出しています。, 内閣府から、貿易摩擦の影響によって米国の消費者にとって物価高による負担が重くなるとの分析が発表されています。消費の重しとなり、経済成長の停滞を招く可能性があります。, 内閣府は26日公表した報告書「世界経済の潮流」で、米中貿易摩擦の影響を検証した。米国による追加関税品目のうち、中国からの輸入製品が占める割合(対中依存度)は発動済みの第3弾までで2割、検討中の第4弾で4割に達する。中国以外の国や地域からの輸入で代替する難しさが増すうえ、携帯電話など生活に身近な品目も増え、米国の消費者の負担が重くなると分析した。, 実態として、2019年4-6月の米国GDP成長率は2.1%となり、1-3月の3.1%から減速しています。輸出の減少が大きな要因です。, 長引く米中貿易摩擦の影響を受け、2019年4-6月期のGDP成長率が6.2%と1992年の観測史上で最低水準となりました。直前の1-3月期から0.2%縮小しています。, 工業生産は自動車や半導体の生産が不調に終わりましたが、米国が追加関税を課していることから輸出関連製品の生産量が落ちていることが原因です。実際に、輸出は前年同期対比で▲1.3%減少しています。, 1点目は、中国国内経済の景況悪化です。中国の対米輸出が関税引き上げによって減少することで、中国企業の業績悪化⇒中国国内の景気悪化が起こります。, これにより輸出関連企業を始めとして日本企業の中国における業績が停滞する可能性が高まります。, 中国に生産拠点を持つ日本企業は多く存在します。中国から米国への輸出に関税がかかると、日本企業が中国で生産した製品の対米輸出が減少します。, 特に影響が大きいのは、日本を代表する産業である自動車業界です。トヨタを始めとする自動車業界の業績が悪化すれば、国内経済への悪影響も予想されます。, 3点目は、世界的な企業投資の減退です。世界で最大級の市場を誇る中国の景気が悪化すれば、先行き不透明感から世界中の企業が設備投資等の投資を控える可能性があります。, 世界経済の成長に停滞をもたらす米中貿易戦争の影響は、株式相場にネガティブなインパクトを及ぼしています。, 特に、直接影響を受けるアメリカのダウ平均株価が大きく動いたのは、2018年2月と2018年12月です。日経平均も連動するように下落しました。, 貿易戦争への懸念が顕在化した2018年2月~3月に、上り調子だったダウ平均株価が変調します。, 特に、2月2日の始値:26,129ドル⇒2月5日の終値:23,989ドルとたった2営業日で▲8.2%も下落しました。, また2018年12月には、12月4日の始値:25,586ドル⇒12月31日の終値23,313ドルへ▲8.9%も下落しています。, 2019年12月に米中間で第一段階の合意に達しており株式市場は好感、米国ダウや日経平均株価も年初来高値を更新しました。, しかしながら、先行きは不透明感が未だ漂っており、今後、戻す局面もあるでしょうが、貿易摩擦問題がさらに加速すれば、ダウ平均株価をはじめ株式市場はネガティブに捉える可能性が高いでしょう。, 海外メディアやアナリストの間では、株式相場への悪影響を示唆するコメントが拡がっています。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 米中対立の構図は2016年から始まる米国と中国の貿易赤字に対する米国側の不満から始まりましたが、これは膨張する中国経済を抑え込まないと世界の潮流が変わってしまうという米国の危機意識から来ています。, この構図を理解することは現在のアメリカの株式市場の流れを理解するのに非常に役に立ちます。 この記事を見ると具体的にどの銘柄が米中ハイテク戦争によって影響を受けているかがわかります。. トランプ大統領のコメントは、好調だったGDP成長率と雇用統計の結果の後で上昇した株式市場を揺るがす可能性がある。, 中長期的にネガティブなインパクトが大きいはずの米中貿易戦争の動向は予断を許さず、株式市場への影響とともに注視が必要です, ちなみにですが米中貿易摩擦の相場への影響は、トランプ大統領のツイートが発端になっています。「トランプ砲」と呼ばれていますが、その威力を測定してみました。ぜひご一読ください。, また、米中貿易摩擦によって市況が悪化している中でも、株価が上がる銘柄が存在します。具体的な銘柄を以下の記事でご紹介していますので、良ければご覧ください。, Youtubeで銘柄分析を始めとする有益な投資情報を発信していますので是非ご覧ください!. 米中貿易戦争は今年6月、米国が知的財産権侵害の制裁として中国からの輸入品500億ドルに追加関税を課す方針を打ち出したことが発端となりました。 500億ドルは、中国の実質国内総生産9兆5000億ドルから見ると、軽微との見方が多いのですが、米国の狙いは、制裁の金額的多寡よりむしろ、実質的な中身にあるといえます。 というのも、追加関税率は25%ですが、その対象は、航空機や産業用ロボット、半導体などハイテク製品を含む818品目があげられています。すなわち、中国の戦略的先端技術を狙い … 1.1 中国への関税引き上げを延期したアメリカ; 1.2 米中貿易協議はいつ決着が着くのか; 2 米中貿易戦争とは?. Patrick Chovanec, chief strategist at Silvercrest Asset Management, warned that Trump’s move could disappoint investors and push -markets down. ● 申込時に直接ご負担いただく費用 …申込手数料 上限3.3%(税抜3.0%)です。 「老後2000万円問題」が取り沙汰され、将来の生活に対して危機感を持っている方も多いでしょう。私は、将来的な資産形成のために、積立投資は絶対にやるべきだと考えています。, ほんの一握りの富裕層を除き、会社勤めなどの本業からの収入のみでは将来的に生活が困窮するのは目に見えています。, 私自身も、独自の積立投資手法を確立・実践して着々と利益を積み上げています。実績と共にその概要を以下の記事で解説していますので、宜しければご覧下さい。, 最近では、優れた運用パフォーマンスを誇る商品や100円単位で手軽に始められる商品サービスが存在しており、積立投資で利益を上げられる可能性やアクセスが向上しており、積立投資を開始する絶好のタイミングです。, 以下の記事では、必ずやあなたの資産形成の一助となる、パフォーマンスに優れつつも手軽に開始できる積立投資の商品・サービスを紹介しています。資金面で将来に不安を抱いている方は、ぜひご一読頂けると幸いです。, 著名な投資家ブロガーが参加している投資家ブログまとめメディア「Betmob」。本ブログも参加させて頂いています。, 有力な投資家のブログで公開されている投資戦略や実績がまとめてチェックできる、個人投資家の方々におすすめのメディアです。, https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/05/60025.php, https://edition.cnn.com/2019/05/05/politics/trump-china-additional-tariffs/index.html, 米国は段階的に関税を引き上げしており、第4弾関税引き上げ(3,000億ドル分)まで視野に入れていた, 2019年12月14日、米中間で第一段階の合意に達し、引き上げしていた関税の一部引き下げを発表, 貿易摩擦問題の長期化は日本経済を含め世界経済の成長に停滞をもたらし、株価に悪影響がある可能性. リスク回避でドルが売られ、円が買われるのはなぜ?円高になる2つの理由を元為替ディーラーが解説!, ワタミグループの居酒屋で支払いを安くするお得な方法を5つ紹介!!鳥メロ、ミライザカなども安くなる?, 【2020年版】株主優待おすすめ外食ランキングBEST10を紹介!少しでも安くお得に外食に行こう!. (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 積立投資は、少額から投資が可能で時間的分散投資によってリスクを低減できるので、投資の初心者や資産形成をしたい方には非常におすすめです。, 私が資産の一部を振り分けて独自に実践しているおすすめの積立投資手法は、以下のようなメリットがあり、素晴らしく有用な手法だと思っています。, 以下の記事では、証券会社の画面コピー等の証拠付きで実績や手法の詳細をご紹介しています。宜しければぜひご覧ください!, 積立投資の独自手法・実績をブログで大公開中!【投信・ETF・米国株の積立で稼いでます】, 株式投資を実践する方は、株ブログを運営することを強くおすすめします。株ブログは需要がある中で独自コンテンツを作成し易く、収益額も高くなる傾向があるため、魅力的です。, 私自身、株ブログを運営することで、月に6桁の安定収入を獲得しています。誰でもノーリスクで始められ、稼いだ金額は投資資金にもなりますし、配当金のように定期収入が発生します。ご興味がある方は是非、下記の記事をご一読下さい。, 【ドイツ銀行危機まとめ】分かりやすく解説。破綻時の経済や株式市場への影響はどうなる?, 元金融マン×外資系戦略コンサルタント。プロフェッショナルとして株を中心に投資について分析・考察記事を書いています, ツイッターでブログ更新情報、有益な投資情報を呟いています(個人的な呟きも含む)。現在3000名以上方にフォローして頂いています。宜しければ是非フォローお願いします!, 低位株(ボロ株)のおすすめ一覧!一攫千金が狙える厳選15銘柄【2020年コロナ禍で魅力増大】, 2020年のテンバガー(10倍株)候補一覧!厳選10銘柄【コロナ影響下で魅力増大】, 2020年「アフターコロナ」で魅力が増す米国株のおすすめ29選!【テンバガー候補・成長銘柄・バリュー株・高配当株】, 5G関連銘柄の本命株!2020年に株価上昇が見込める企業10選【アフターコロナで魅力が増すテンバガー候補】, AI(人工知能)関連銘柄の本命株!2020年に株価上昇が見込めるおすすめ15選【コロナウイルス相場で魅力増大】, 2020年コロナ相場で魅力が増す高配当株のおすすめランキングベスト11 - "超"厳選銘柄. “The prospect of higher and broader tariffs was one factor that drove markets down in the fourth quarter of 2018, but markets have since come to believe that some sort of deal was imminent to avoid them,” Chovanec said. アライアンス・バーンスタイン株式会社の設定・運用する投資信託は、株式・債券等の値動きのある金融商品等に投資します(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)ので、基準価額は変動し、投資元本を割り込むことがあります。したがって、元金が保証されているものではありません。投資信託の運用による損益は、全て投資者の皆様に帰属します。投資信託は預貯金と異なります。リスクの要因については、各投資信託が投資する金融商品等により異なりますので、お申込みにあたっては、各投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面等をご覧ください。, お客様にご負担いただく費用:投資信託のご購入時や運用期間中には以下の費用がかかります 1 米中貿易協議の行方や株価・為替への影響は?. 「バイドゥ」は検索サービス、「アリババ」はEC最大手、「テンセント」はSNSなどのコミュニケーションサービス「ファーウェイ」は通信機器製造大手とそれぞれがGAFAと同じようなサービスを提供しています。, これは中国が米国企業を締め出し同様のサービスを模倣、コピーし自国で発展させるという戦略を展開していたからであり、米国がこの技術流出に反発するのは自然な流れだと考えます。, 米国が危機感を抱いたのはファーウェイからはじまる通信技術の覇権争いです。5Gと呼ばれる通信規格の普及によりモバイル通信は激的に高速化し、通信設備などのインフラをおさえられてしまうと先端技術や安全保障上の重要情報などの流出リスクが出てきました。, 米国はこれ以上の技術の窃盗に危機感を抱いて世界的に同盟国を巻き込んで自由主義経済からの締め出しに奔走しています。, 安全保障の観点から政府調達にファーウェイに機器を除外する方針を示しました。これに追随するように同盟国にもクリーンネットワークの名目で5Gの通信設備の導入の制限に動きました。最初からデカップリング(切り離し)に大きく賛同する国は一部でしたが2020年の香港人権法案の可決により旗色が変わってきます。, 徐々に欧州やインドなどを巻き込んで米国に同調する国が増えてきています。またGoogleのスマートフォン向けのOS(オペレーティングシステム)の更新停止もファーウェイ製のスマートフォン端末の普及に水を差す事態になりました。, ここまでで株価に与える影響は2018年の12月にはこの米中のデカップリングを要因の一つに大きく株価を下げました。, この流れの中で米国は米国先端技術を搭載する半導体のファーウェイへの提供を禁止する措置を発動させます。これは半導体セクターに大きな影響を与えました。米国の半導体企業は台湾のTSMC(台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング※半導体受注大手)に製造を委託しています。米国はこのTSMCに圧力をかけファーウェイへの提供を禁止しました。ちなみにTSMCの顧客にはApple、NVIDIA、Qualcomm、AMD、HiSiliconなどの名だたる半導体メーカーが名を連ねています。, 中国は事前にこの動きに合わせて自国に中芯国際集成電路製造(SMIC)と呼ばれる半導体製造企業を立ち上げていますがこの会社の技術はTSMCに比べて数年遅れるほどの技術差があります。, このことから米国は台湾の半導体技術の中国からの切り離しに成功しました。しかし技術流出の懸念はまだ残ります。, そしてこの締め出しの動きはSNSやアプリケーションにも飛び火します。中国ハイテク企業バイトダンスが運営する短時間の動画コンテンツ配信サイト「TikTok」の利用禁止及び米国企業への売却契約の締結へ圧力を強めています。, これにより売却先企業であるOracleや候補企業であったMicrosoftとWalmartの株価に影響を与えています。, これらはすべて関連していますし米国は一貫した戦略のもとこれを実行していると考えられます。株価への影響としてはGAFAMやNVIDIA、Teslaなどの大型株から小型株まで中国のサービスに関わる企業全般です。, 上記が今までの流れです。今後も株価に与える影響は高いため定期的に確認することをおすすめします。, このサイトは投資が好きなくまさんがが収集した情報をわかりやすい形にして配信するサイトです。, 推し銘柄はバンガードS&P500ETF(VOO)やバンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)です。他に米国高配当株や成長株、日本の個別株の情報も集めています。, 当ブログに掲載されている記事の内容につきましては、正しい情報を提供することに務めてはおりますが確実性を完全には保証できません。サイト内の記載情報を利用することで被った損害などにつきましては、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 投資行動の勧誘・助言を目的として記載しているものではありません。投資は自己責任ですので実際に投資をする際にはご自身の判断と責任において行うようにお願い致します。, https://yokubear.com/wp-content/uploads/2020/07/title_head_2_4.png, ファーウェイはソフトウェアもハードウェアも調達できない。→AppleやTSMC・NVIDIA等に影響, TikTokとOracleの提携発表→Oracleに好材料・MicrosoftやWalmart、FastlyやZOOMなどの株価に影響. 魚介類関連の株主優待のおすすめ銘柄一覧5選!旬な食材、名産、加工品…多彩な商品を優待でゲット! 米中貿易摩擦をわかりやすく解説!米中の貿易戦争による株価や経済への影響は!? こんにちはくまさんです。今回は米中ハイテク戦争が米国株に与える影響について考えたいと思います。, 米中対立が益々深まる中、現在世界がどのように動いているのかを考えてみました。 【簡単な自己紹介】【簡単な自己紹介】 先週の日経平均株価は1週間で181円上昇し、2万3,293円となりました。nyダウは、1週間で175ドル上がり、2万8,051ドルとなりました。日経平均株価週足:2018年初~2019年11月末nyダウ週足:2018年 … 今回は、米中貿易戦争で危険な米国株5銘柄をピックアップしました。2020年の再選をにらむトランプ大統領が対中制裁関税を取り下げる理由がありません。そのため、米中貿易問題は引き続き相場のテーマになりそうですね。 米中対立の主戦場は関税からハイテク戦争へ 米中対立はハイテクの覇権戦争へ. ● 保有期間に間接的にご負担いただく費用…信託報酬 上限2.068%(税抜1.880%)です。, その他費用:上記以外に保有期間に応じてご負担いただく費用があります。投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面等でご確認ください。, 上記に記載しているリスクや費用項目につきましては、一般的な投資信託を想定しております。費用の料率につきましては、アライアンス・バーンスタイン株式会社が運用する全ての投資信託のうち、徴収するそれぞれの費用における最高の料率を記載しております。, アライアンス・バーンスタイン株式会社の運用戦略や商品は、値動きのある金融商品等を投資対象として運用を行いますので、運用ポートフォリオの運用実績は、組入れられた金融商品等の値動きの変化による影響を受けます。また、金融商品取引業者等と取引を行うため、その業務または財産の状況の変化による影響も受けます。デリバティブ取引を行う場合は、これらの影響により保証金を超過する損失が発生する可能性があります。資産の価値の減少を含むリスクはお客様に帰属します。したがって、元金および利回りのいずれも保証されているものではありません。運用戦略や商品によって投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資対象国等が異なることから、リスクの内容や性質が異なります。また、ご投資に伴う運用報酬や保有期間中に間接的にご負担いただく費用、その他費用等及びその合計額も異なりますので、その金額をあらかじめ表示することができません。上記の個別の銘柄・企業については、あくまで説明のための例示であり、いかなる個別銘柄の売買等を推奨するものではありません。, 【AB IQ Webinar Series】気候変動:危機への対応力と資産運用への示唆, 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第303号 加入協会:一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会. この記事では、米中貿易摩擦の懸念が大きくなるほどに株価が上昇する銘柄をご紹介しています。, 米中貿易摩擦が激化すると、ダウ平均や日経平均は下がる傾向がありますが、そのような状況下で株価が上がっている銘柄も存在します。, 米中貿易摩擦は、米中のみならず世界経済全体の成長率を押し下げ、世界中の金融市場に大きな影響を与えています。, 株式相場へのネガティブなインパクトが語られがちですが、「円高」「原材料安」といったキーワードで探すと、「上がる株」を発見できます。, 以下で、米中貿易摩擦の影響をおさらいしつつ、米中貿易摩擦の中でも上がる株の探し方と共に、具体的な上がる株銘柄をご紹介します。, トランプ大統領のツイートや米国政府の発表などで米中貿易摩擦が激化すると、世界中の株式市場に多大な悪影響が及びます。, 特に日本企業においては、全世界における経済成長減速や円高によって輸出企業を中心に株が売られる傾向が見られます。, トランプ大統領の米中貿易摩擦についてのツイートが発端となった、2018年12月や2019年5月の日経平均株価の下落は記憶に新しいところです。, そのような劣悪な環境下においても、一定の視点でみると株価が上がっている「上がる株」が存在します, 全世界に悪影響を及ぼす米中貿易摩擦ですが、「上がる株」はどのようなメカニズムで株価が上昇するのでしょうか?, 米中貿易摩擦の懸念が再燃すると、為替市場で円が買われる傾向にあります。米中貿易摩擦によって世界経済の成長が鈍化し、リスク逃避通貨として円が買われます。, 円高になることで輸出企業は打撃を受けるため日経平均株価は下がる傾向が強く、そのため日本にとっては悪影響だけがあると思われがちです。, しかし逆に、原材料等を輸入し国内で商品を製造・販売する内需関連企業は、円高によって業績が改善し株価が上昇します。, 業種で言うと、「食品」「建設」「小売」「通信」などが該当しますが、これらの内需関連企業を狙うと、米中貿易摩擦で上がる株を発掘できる可能性が高まります, 米中貿易摩擦によって、原材料が下落してコストが低減し、利益が改善する銘柄が存在します。, 一言で言うと、中国の米国からの輸入品に関税がかかることで輸入減少=原材料への需要が低減し、価格が下がります。米国は一大農産地であり、中国へも農作物を輸出しています。例えば大豆です。, 米中貿易摩擦において中国が米国からの輸入品に対して報復関税を課した商品の中に大豆があります。米国の大豆輸出のうちおよそ60%を中国が占めており、輸出減少が懸念されています。, 需要減少の懸念から、シカゴ商品取引所の大豆価格は、貿易摩擦懸念が高まる前の価格から下落しています。, 大豆価格が下落すると、大豆を原料として利用した商品を製造・販売している企業はコストが下がるため、同じ数量を販売しても利益が高まることになります, シンプルに考えると、米中貿易摩擦への懸念が再燃している期間中に、実際に株価が上昇している企業は今後も同様のケースで株価が上がる可能性が高いでしょう。, 注意したいのは、ただ単に株価の動きだけを見ていると、読み間違えてしまう可能性がある点です。仮に、株価が期間中に上昇していたとしても米中貿易摩擦以外の要因で上がっている可能性もあります。, 株価が上昇した要因が、米中貿易摩擦によるものなのか、決算が好調だった/ニュースが飛び出したなど他の要因なのか、見極める必要があります, 日本ハムは国内の食肉事業でトップシェアの企業です。食肉の生産・加工・販売を一貫して手掛けています。近年は海外投資にも積極的ですが、典型的な内需中心企業です。, 米中貿易摩擦の影響で、日本ハムが原材料として仕入れている豚肉の価格が下がると期待され、株価が上昇します。, 実際に、上記グラフの通り、貿易摩擦が激化して日経平均株価が大きく下落した2018年12月中と2019年5月中の両期間において、日本ハムの株価は上昇しました。, 花王は国内大手の化学品メーカーです。洗剤やトイレタリー商品で国内首位、化粧品は国内2位とトップクラスの市場シェアを誇ります。, 花王も円高による恩恵を受け、また売上のおよそ6割が国内であり、内需中心の企業です。, 2019年5月には、米中貿易摩擦への懸念が浮上していたにも関わらず株価は上昇傾向にありました。, 加えて、花王は連続増配期間が30年にも及ぶ、国内No.1の連続増配銘柄です。安定的な事業が増配を可能にしており、その安定性も投資家にとっては魅力の一つです。, ファーストリテイリングはご存知「ユニクロ」や「GU」といったアパレルブランドを展開する企業です。, 海外においてももちろん事業を展開してますが、国内事業が中心で内需関連株といえます。, 特筆すべきは、2018年12月および2019年5月の株価の動きです。米中貿易摩擦で他の銘柄が株価を落とす中、ファーストリテイリングの株価は上昇しています。, 国内における事業基盤により、円安になろうが関係ありません。安定した国内の事業基盤がもたらす収益構造で、株価も安定する傾向にあります。, 米中貿易摩擦に対する懸念が高まるさなかの2019年5月において、NTTドコモの株価は上昇を続けています。, 高い配当利回りも魅力です。高配当株は株の暴落に比較的強く、下落幅も小さいですし戻りも力強い銘柄が多いのが特徴です。, 米中貿易摩擦はネガティブなイメージがありますが、実は全体の相場に悪影響が及んで株価が下がってしまう銘柄が多い中で、株価が上がっている銘柄も存在します。, 前述のような視点をもってスクリーニングすれば、まだまだ米中貿易摩擦が激化する中でも株価が上がっている銘柄が見つかるかもしれません。, Youtubeで銘柄分析を始めとする有益な投資情報を発信していますので是非ご覧ください!. 「老後2000万円問題」が取り沙汰され、将来の生活に対して危機感を持っている方も多いでしょう。私は、将来的な資産形成のために、積立投資は絶対にやるべきだと考えています。, ほんの一握りの富裕層を除き、会社勤めなどの本業からの収入のみでは将来的に生活が困窮するのは目に見えています。, 私自身も、独自の積立投資手法を確立・実践して着々と利益を積み上げています。実績と共にその概要を以下の記事で解説していますので、宜しければご覧下さい。, 最近では、優れた運用パフォーマンスを誇る商品や100円単位で手軽に始められる商品サービスが存在しており、積立投資で利益を上げられる可能性やアクセスが向上しており、積立投資を開始する絶好のタイミングです。, 以下の記事では、必ずやあなたの資産形成の一助となる、パフォーマンスに優れつつも手軽に開始できる積立投資の商品・サービスを紹介しています。資金面で将来に不安を抱いている方は、ぜひご一読頂けると幸いです。, 著名な投資家ブロガーが参加している投資家ブログまとめメディア「Betmob」。本ブログも参加させて頂いています。, 有力な投資家のブログで公開されている投資戦略や実績がまとめてチェックできる、個人投資家の方々におすすめのメディアです。, 【2020年のコロナ相場でどうする?】株式相場の大暴落トリガーとなりうる4つの要因と5つの対策.
オリックス 正式名称, プレミア リーグ ブロック 選手, 将棋ソフト ランキング, シャダイ カグラ オークス, 競馬 厩舎コメント 無料, 医龍 荒瀬, 捜査一課長 キャスト 板木,