", Peace Monuments for Baroness Bertha von Suttner. マララ・ユスフザイ(英語: Malala Yousafzai 、パシュトー語: ملاله يوسفزۍ 、Malālah Yūsafzay、1997年 7月12日 - )は、パキスタン出身の女性。 フェミニスト・人権運動家。 ユースフザイ やユサフザイとも表記される 。 2014年 ノーベル平和賞受賞 。. ワンガリ・マータイ(Wangari Muta Maathai, 1940年 4月1日 - 2011年 9月25日 )は、ケニア出身の女性環境保護活動家、政治家。 ノーベル賞受賞者。. ・女性として初のノーベル平和賞受賞者はベルタ・フォン・ズットナーというオーストリア出身の女性。, 【注:この記事には複数の写真が含まれています。写真説明と出典しかみることが出来ない場合は、Japan In-depthのサイトでお読みください。】, 最初のノーベル平和賞受賞者は、赤十字の創立者アンリ・デュナン(スイス人)と、国際仲介委員会の創立に功績があったフレデリック・パシー(フランス人)である。これを聞いて違和感を持つ人は、まずいないだろう。, では、女性として初の受賞者は誰か、ご存じだろうか。その名をベルタ・フォン・ズットナーといい、オーストリア出身。受賞は1905年のことで、その時点での国籍はオーストリア=ハンガリー二重帝国であった。, 陸軍大将・伯爵を父に持つが、若い頃から筋金入りの反戦主義者で、ナポレオン戦争後にヨーロッパの秩序を再構成しようとした列強の政治家や貴族たちの姿を題材とした反戦小説『武器を捨てよ』は、邦訳も出版されている。, 現実には、世に言うウィーン会議が招集されたものの(1814年)、利害の調整がつかず、華やかな舞踏会のみ繰り返されて、「会議は踊る。されど会議は進まず」という言葉だけが後世に残されたが。, そもそもベルタの存在が、アルフレッド・ノーベルをしてノーベル平和賞の創立を決意させたと言われている。しかもこれは、都市伝説などでなく、結構しっかりした根拠のある話なのだ。, ノーベルが生涯独身で、しかも複数の女性からプロポーズを拒まれたことは前回述べたが、実はその一人がベルタだったのである。彼女は旧姓をキンスキーといい、前述の通りオーストリア=ハンガリー二重帝国の陸軍大将の娘であった。1876年、ノーベルが女性秘書を募集する公告を5カ国語で出したところ、5カ国語で応募してきた女性がいた。誰あろうベルタである。, ノーベルは正規の高等教育を受けていないが、スウェーデンで一度は破産した父親が、帝政ロシアの軍需産業に食い込んで再起し財をなしたため、サンクトペテルブルクで複数の家庭教師がつく生活を送ることができ、その結果、母国語であるスウェーデン語に加えて、英仏独露の計5カ国語で流暢に会話ができるまでになっていたという。反面、学校生活を経験していない分、人と接するのが苦手な人物になったようだ。, しかし、ベルタがノーベルのそばにいたのは、わずか数週間に過ぎなかった。かねて恋仲でありながら、結婚に反対されていた(彼女の方が7歳年上であったため)、アルトール・フォン・ズットナーという青年貴族の存在と、秘書募集の公告が実は「婚活」であったことに憤慨した、二重の理由であったと見る向きが多い。結局彼女は、ノーベルの元を去る直前、ズットナーと結婚した。, しかしその後も、ノーベルは彼女に幾度も手紙を送っている。と言っても、彼女の反戦運動や著作活動に対する激励の文面がほとんどだった。このような、ベルタの反戦運動に対するシンパシーが、平和賞創設の動機だと見る向きも多いわけだが、当然ながら異説もある。, 前回、ノーベル賞の選考と授与は、主にスウェーデンの研究機関が行っていることを紹介したが、平和賞だけはノルウェーから授与されることになっている。, これは、ノルウェーの歴史と関わりが深い話で、12世紀以降、王位継承を巡る内戦や、黒死病で王家の血筋が途絶える、といった不幸に見舞われ続けた同国は、1536年以降、デンマークの支配下に置かれていた。, その後、デンマークがナポレオンの傘下に入り、これまた前述のウィーン会議を経て、1814年、スウェーデン国王がノルウェー王を兼ねる「同君連合」が形成されたのである。つまり、アルフレッド・ノーベルが平和賞の創設を遺言した時点で、ノルウェーは外交権を持つ独立国ではなかった。, だからこそ、平和賞の選定に際して政治的な思惑が働く余地が少ないだろう、というノーベルなりの深慮遠謀であった、と見る向きと、スウェーデンとノルウェーの和解を促すべく、ノーベル賞の一部門だけ選定と授与をノルウェーに任せた、と見る向きがあるわけだが、ここまで来ると、故人の心の内までは分からない、としか言いようがない。, ベルタが挺身した平和運動は、第一次大戦後の国際連盟設立ですっかり影が薄くなってしまったことと、ノーベル平和賞はその性格から、受賞に対する異論が多い、という事実のみ、あらためて報告させていただこう。, 写真)オーストリア1000シリング紙幣の肖像となった、ノーベル平和賞受賞者ベルタ・フォン・ズットナー 1966年, 出典)Peace Monuments for Baroness Bertha von Suttner, 1958年東京生まれ。神奈川大学中退。1983年より10年間、英国ロンドン在住。現地発行週刊日本語新聞の編集・発行に携わる。また『地球の歩き方・ロンドン編』の企画・執筆の中心となる。帰国後はフリーで活躍を続け、著書50冊以上。ヨーロッパ事情から政治・軍事・歴史・サッカーまで、引き出しの多さで知られる。少林寺拳法5段。. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission. 国境なき医師団(msf)は、医療・人道援助を行っている民間の国際ngoです。1999年にノーベル平和賞を受賞しました。このページでは受賞式のスピーチを全文掲載しています。なお、msfの活動は、寄付、活動地への派遣、証言・広報を中心に成り立っています。 ・女性として初のノーベル平和賞受賞者はベルタ・フォン・ズットナーというオーストリア出身の女性。 ・ノーベルのベルタの反戦運動に対するシンパシーが平和賞創設の動機といわれている。 ・ノーベル平和賞はその性格から、受賞に対する異論が多い。 マララ・ユスフザイ(英語: Malala Yousafzai 、パシュトー語: ملاله يوسفزۍ 、Malālah Yūsafzay、1997年 7月12日 - )は、パキスタン出身の女性。 フェミニスト・人権運動家。 ユースフザイ やユサフザイとも表記される 。 2014年 ノーベル平和賞受賞 。. ノーベル財団のホームページを見てみると、1901年から2015年までに、ノーベル賞とノーベル経済学賞(正式にはアルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞)が寄贈されたのは573回で、受賞者総数は、個人が874名、団体が26となっています。 このうち、女性の受賞は、49回。キュリー夫人が、2度の受賞を果たしていますから、今までに、48人の女性がノーベル賞かノーベル経済学賞を受賞したということになり … ノーベル平和賞 ( ノーベルへいわしょう 、 ( ノルウェー語: Nobels fredspris )は、ノーベル賞の一部門で、アルフレッド・ノーベルの遺言によって創設された5部門のうちの一つ 。. ノーベル平和賞 - ベルタ・フォン・ズットナー 1905年 ノーベル文学賞 - セルマ・ラーゲルレーヴ 1909年 [43] ノーベル化学賞 - マリ・キュリー 1911年 2つのノーベル賞を受賞した唯一の女性 [41] (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); copyright2014-"ABE,Inc. 2004年 12月10日、「持続可能な開発、民主主義と平和への貢献」により、環境分野の活動家およびアフリカ人女性として史上初のノーベル平和賞を受賞した。 ワンガリ・マータイ(Wangari Muta Maathai, 1940年4月1日 - 2011年9月25日[1])は、ケニア出身の女性環境保護活動家、政治家。ノーベル賞受賞者。, 2004年12月10日、「持続可能な開発、民主主義と平和への貢献」により、環境分野の活動家およびアフリカ人女性として史上初のノーベル平和賞を受賞した。また、ナイロビ大学初の女性教授となった人物でもある。関西学院大学、早稲田大学、青山学院大学、お茶の水女子大学名誉博士。, 名前は出身エスニックグループのキクユの言葉で Wangarĩ Maathai と表記される場合もある[2]が、これをキクユ語読みすると [waŋɡaɾe maːðai] となるため、より原語に近いカナ表記はワンガレ・マーザイとなる。, 1940年、ケニア中部のニエリの農家の娘として生まれ、アメリカ、カンザス州のベネディクティン・カレッジ卒業後、ピッツバーグ大学で修士号、ナイロビ大学で博士号(獣医学)を取得し、1971年にはナイロビ大学教授に就任した。1977年にグリーン・ベルト・ムーブメントを設立して土壌の浸食と砂漠化を防止する植林活動を開始し、1986年にアフリカン・グリーン・ベルト・ネットワークへ改称後、アフリカ大陸全土で植林活動を行い、民主化や持続可能な開発の推進に取り組んだ。, 独裁政権下にあったケニアにおいて、公然と政権を批判したことで数度の逮捕と投獄を経験。女であるにもかかわらず意志が強すぎ、コントロール不可能であると夫が国に訴え離婚させられた経験ももつ。1997年にはケニアの大統領選挙に立候補しようとしたが、所属政党の説得により断念。2002年に国会議員となり、2003年から環境・天然資源・野生動物省の副大臣を務め、ケニア・マジンジラ緑の党を設立して代表も務めた。2005年3月28日、アフリカ連合経済社会文化会議の初代議長に選出された。2007年実施のケニア国会議員総選挙で落選した。, 2005年2月14日から10日間、京都議定書関連行事出席のため来日した際、日本語の「もったいない(モッタイナイ[3])」という言葉を知って感銘を受ける。同年3月の国連女性地位委員会では出席者全員と「もったいない」と唱和した。同年より「MOTTAINAI」キャンペーンを展開する。, 2006年のトリノオリンピックの開会式ではオリンピック旗を掲揚する際の旗手を務めた。2009年5月にはケニアの岩谷滋雄特命全権大使から旭日大綬章の伝達を受け、同年12月には国連平和大使に任命された。, 2011年9月25日、ケニアの首都ナイロビの病院で卵巣がんにより死去[4]。71歳没。同月28日、ケニアのキバキ大統領は生前の功績を称え国葬とすることを決め[5]、10月8日にナイロビ市内のウフル公園で国葬が行われた。葬儀は「木を使わないで」という遺言に従い、特製の棺に納められガスによる火葬に付された[6]。, ノルウェー・ノーベル委員会は、2004年度のノーベル平和賞受賞者を発表する席で次のようにコメントした。「マータイは、ケニアの圧政的な前政権に対し果敢にも立ち上がり、彼女のユニークな運動は政治的抑圧に対して国内、また国際的にも注意を引くのに貢献した。彼女は民主的権利への運動の中で多くの人々にとってインスピレーションとなり、また特に女性の地位向上を促すのに勇気を与えた」。, ノーベル平和賞受賞の報告を受けての席上で、マータイは、エイズウイルス陰謀説のうちの一つである「HIVウイルスは生体工学の産物であり、アフリカにおいて西洋の科学者によって、黒人を懲らしめるために大量破壊兵器としてばら撒かれた」との主張に対して賛成するようなコメントをした。その後マータイは自らの見解を、2004年10月10日付TIMEマガジンヨーロッパ版にて明らかにした[7]。, 授賞式のスピーチではこれまでの活動を振り返ると同時に、アフリカの同胞に対し紛争や貧困を減らし生活の質を向上させるため共に努力することを呼びかけ、またアウンサンスーチーの軟禁解除を訴えた[8]。, 国際連合 / コフィー・アナン (2001)  - ジミー・カーター (2002)  - シーリーン・エバーディー (2003)  - ワンガリ・マータイ (2004)  - 国際原子力機関 / モハメド・エルバラダイ (2005)  - グラミン銀行 / ムハマド・ユヌス (2006)  - 気候変動に関する政府間パネル / アル・ゴア (2007)  - マルッティ・アハティサーリ (2008)  - バラク・オバマ (2009)  - 劉暁波 (2010)  - エレン・ジョンソン・サーリーフ / レイマ・ボウィ / タワックル・カルマン (2011)  - 欧州連合 (2012) - 化学兵器禁止機関 (2013) - カイラシュ・サティーアーティ / マララ・ユスフザイ (2014)  - チュニジア国民対話カルテット (2015)  - フアン・マヌエル・サントス (2016)  - 核兵器廃絶国際キャンペーン (2017)  - デニス・ムクウェゲ / ナーディーヤ・ムラード (2018)  - アビィ・アハメド (2019)  - 国際連合世界食糧計画 (2020), http://www.news24.jp/articles/2011/09/26/10191442.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ワンガリ・マータイ&oldid=79841893. マザー・テレサ(Mother Teresa, 1910年 8月26日 - 1997年 9月5日)、あるいはコルカタの聖テレサ(Saint Teresa of Calcutta)は、カトリック教会の修道女にして修道会「神の愛の宣教者会」の創立者。 またカトリック教会の聖人である。 本名はアルーマニア語でアグネサ/アンティゴナ・ゴンジャ・ボヤ …
姉 子育て 頼りすぎ, イラレ カラーコード 変わる, ブルガリ ブルガリ 時計 時間 合わせ, 契約書 両面印刷 袋とじ, 退園 メッセージ 先生へ, Twitter テーマカラー アプリ 反映されない, Sony Bdz-zw1500 Youtube, オフ ロード バイク ギアオイル,