Registration on or use of this site constitutes acceptance of our. ダマスカス近郊の東グータ地区ドゥーマで、自転車に乗る住民。道に刺さっているのは、爆発したクラスター爆弾の残骸とみられる(2015年11月5日撮影)。, アサド政権による化学兵器の使用が疑われる攻撃をきっかけに、7年に及ぶシリア内戦に改めて国際社会の注目が集まっている。, 最大50万人が命を落としたとされるこの紛争は、第二次世界大戦以降、最悪の難民危機をもたらした。多くの都市やインフラが破壊され、その再建には2000億ドル(約21兆4000億円)が必要との推計もある。, アサド政権に対する抗議デモから始まった一連の動きは、内戦へと転じ、数十カ国が直接的、間接的に関係する本格的な軍事衝突へとエスカレートした。シリア国内も、数百の武装集団、4つの主要勢力が争っている。, 自由シリア軍のスローガンを唱える人々。少年がメガホンを手に参加者を率いている(シリア、アレッポ)。, 武器を抱え、タバコで一服する自由シリア軍の兵士。ダマスカスの郊外、東グータ地区のオタイバの前線近くで(2013年8月15日撮影)。, アレッポのシャイフ・サイード地区で、破壊された建物の脇を通り過ぎる、アサド大統領に忠誠を誓った武装組織の兵士。メディアツアーの途中で撮影。, ダマスカス近郊の東グータ地区ドゥーマで、負傷者を運ぶ住民。2015年10月29日、アサド大統領に忠誠を誓う武装組織が病院を空爆したという。, Source: Business Insider and Washington Post, アサド大統領に忠誠を誓う武装組織によるものとされる、たる爆弾の攻撃を受け、負傷者を運ぶ住民たち。イドリブの南、マアッラト・アン=ヌウマーンで撮影(2015年6月8日)。, スロベニア国境で、オーストリアのシュピールフェルトへの入国を待つ移民の子どもたち(2016年2月16日撮影)。, アサド大統領に忠誠を誓う武装集団によるものとされる、たる爆弾による攻撃を受け、倒壊した建物の下から少年を救出するアレッポの住民。, シリア北部のラッカで行われた軍事パレードで、自動車に乗り込み、旗を掲げるイスラム系武装組織の兵士たち(2014年6月30日撮影)。, レバノン南部で行われた、反政府勢力との戦闘で死亡した兵士の葬儀で、ヒズボラの旗を掲げるメンバー(2015年5月26日撮影)。, イスラエル南部のエイラート近郊のオブダ空軍基地を飛び立つイスラエル空軍第115飛行隊(別名「フライングドラゴン」)のF-16戦闘機。2017年11月8日、多国籍演習「ブルーフラッグ2017」で撮影。, 2015年3月7日、アサド大統領に忠誠を誓う武装組織によるものとされる空爆の後、がれきの下から負傷者を救出する住民たち。ダマスカス近郊の東グータ地区ドゥーマで撮影。, 2014年11月20日に撮影されたこの写真は、シリア北部コバニのISISの支配下にある地域を捉えたもの。手前に見えるのは、Qada Azadiの円形交差点。街は荒れ果て、建物は破壊されたものの、住民らは街を守ろうと団結、ISISの進軍を食い止めるべく、2カ月以上にわたって粘り強く戦った。, 犠牲となった子どもの遺体を運ぶ男性。救助隊によると、反政府勢力の支配下にあったイドリブの町ハーン・シャイフーンが攻撃の標的だったという。, 地中海に派遣されていた米海軍の誘導ミサイル駆逐艦「ポーター(DDG-78)」から、巡航ミサイル「トマホーク」が発射される様子(2017年4月7日、米海軍提供の動画からの静止画像)。, Mass Communication Specialist 3rd Class Ford Williams/U.S. Navy via AP, ブルサヤ(Bursayah)の丘を制圧するトルコ軍部隊。この丘は、クルド人が支配し、周囲から孤立するアフリンと、トルコの支配下にあるアザーズの境に位置する。2018年1月28日撮影。, 米軍による空爆で破壊される直前の、「親政権部隊」のT-72型戦車。ロシアの傭兵が乗っていたとみられる。, U.S. Air Forces Central Command Public Affairs, イスラエルのHardufの村の付くに墜落したイスラエル軍の戦闘機F-16の残骸を検分する治安部隊。, 2018年3月時点のシリア国内の勢力図。赤はシリア政府、黄色はSDF(クルド人)、緑は無数の反政府組織、黒はISIS、白はタハリール・アル・シャームの支配地域。, ギリシャのレスボス島に到着した、難民や移民であふれるボート(2015年11月10日)。, ダマスカスの中心部から10キロメートルほど離れたシリアの街ドゥーマで、化学兵器が使用されたと思われる攻撃にあった子どもたちが治療を受けていた(2018年4月8日)。, シリアの街ドゥーマで、化学兵器が使用されたとみられる攻撃の後、からだを洗う男性。ロイター通信が2018年4月8日に入手した動画からの静止画。, ニューヨークの国連本部で開催された、シリアに関する国連安全保障理事会の様子(2018年4月9日)。, [原文:Syria's civil war took another deadly turn this weekend with a suspected chemical attack — here's what's happened over 7 years of conflict], Syria's civil war took another deadly turn this weekend with a suspected chemical attack — here's what's happened over 7 years of conflict, 「変わらなければ離婚される」ホールフーズCEO、アマゾンによる買収を"結婚"に例える, アメリカでは231年の歴史で初めて、フルタイムの仕事を持つファーストレディー誕生か, フィンランド、テック人材向け「移住促進パッケージ」提供開始。住居、オフィス、託児所…すべて無償提供, 【米大統領選】リベラル派が「選挙を盗もうとしていた」? トランプ大統領の支持者ら、選挙結果に抗議の声, 【週間天気予報】東京は5℃予想の日も。週前半は強い寒気南下 11/10(火)〜11/16(月), 会社はもはや社員のキャリアを守れない。「変化の時代」の生き残り戦略はこの6パターン【田中研之輔】, アクセンチュアが考える「コンサルタントに必要な能力」──全ての本部にデジタル人材を再配置した理由, 着眼点は「クモの糸」。ノースフェイス、sacaiが注目する新素材はこうして生まれた, Copyright © 2020 Mediagene Inc. All rights reserved. 内戦が始まってから8年が経った、2019年3月15日に発表されたイギリスの監視団体の報告によると、シリア内戦による死者は約37万人、難民は約1300万人にのぼると考えられています。内戦前の人口が約2250万人だったので、実に約6割の人が難民になっている計算。 シリア内戦の死者数、2019年は過去最低:人権監視団発表 イドリブ県南部のマアッラト・アン=ヌウマーンで政府軍の攻勢から逃れ、同県ハーブヌーシュの村の近くの避難民キャンプにトラックの荷台に乗ってたどり着き、複雑な表情を見せるシリア人の子供。 アサド政権による化学兵器の使用が疑われる攻撃をきっかけに、7年に及ぶシリア内戦に改めて国際社会の注目が集まっている。最大50万人が命を落としたとされるこの紛争は、第二次世界大戦以降、最悪の難民危機をもたらした。多くの都市やインフラが破壊さ
佐々木勇気 和服, 日本 アメリカ 選挙 違い, Greeeen 星影のエール, シャイニーブレイカー 食玩, キラメイ ピンク役, 島崎遥香 高校, 19世紀 アメリカ 移民, ロッテオリオンズ ロゴ, アメリカ50州 特徴,