「カンダハール」を作成したイラン人映画監督も同じことを言及している。「文化人 (中略)生身の人々よりも死んだ遺跡に執着する方が異様に思えた」(中村哲著『医 方がされていたことも、きっちりと認識しておかねがならない。. ている死については(中略)なぜ誰もこの死の原因について発言しないのか。現代の てはいないか、という点だ。確かに読ませるが、読んでいる途中、度々それが気になっ 大仏破壊 バーミヤン遺跡はなぜ破壊されたのか 逆転していき、ビンラディンの意向で遺跡破壊がなされたのだと著者は結論付ける 来事として語られている。取材対象者は知的エリートでモラリストで、それらの人物 描き方になっているのが気になったが)。 著者 高木徹   文藝春秋   1571円, サブタイトルの通りアフガニスタンのバーミヤンにある世界的有名な仏教遺跡がな ぜ破壊されたのかを検証したルポである。著者はNHKの現役ディレクターで、この大 仏破壊もNHK番組制作で映像ドキュメンタリー化された。 オマルの発言に変化が起こっていた。 「パレスチナ、チェチェン、カシミールなど世界各地でイスラム教徒が虐げられている。これを救わなくてはならない」。 ビンラディンは、オマルの思想を支配してしまったと誰もが考えた。 2001年2月26日。 ビンラディンとタリバンの力関係の変遷、特にビンラディンとオマルとの主従関係が の目がフィルターとなる。いわゆる高い目線だ。一方、アフガニスタンで長年、医療 オマルの発言に変化が起こっていた。 「パレスチナ、チェチェン、カシミールなど世界各地でイスラム教徒が虐げられている。これを救わなくてはならない」。 ビンラディンは、オマルの思想を支配してしまったと誰もが考えた。 2001年2月26日。 められたときに、遺跡破壊で大騒ぎされれば、それが何だと逆に硬化するだろう。 , http://cnn.co.jp/world/CNN200801210014.html, http://cnn.co.jp/world/images/CNN200801210013.jpg, http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1198989758/l50, http://abcdane.net/blog/archives/200512/musumeosama.html, http://jp.youtube.com/profile?user=whalekeeper, http://jp.youtube.com/watch?v=w34MILlp1uc, http://www.middle-east-online.com/english/?id=23934, http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3#.E8.A1.A8.E8.A8.98, http://en.wikipedia.org/wiki/Omar_Osama_bin_Laden. ンタビューし、その発言を多彩に盛り込んでいく。その構成が絶妙で内容に引き込ま Šú‚ɂ킽‚Á‚Ď󂯎æ‚ê‚é‘fÞ‚ðŽè‚É“ü‚ꂽB, ƒrƒ“ƒ‰ƒfƒBƒ“‚́u‹LŽÒ‰ïŒ©v‚É‹Á‚¢‚½‚̂̓AƒƒŠƒJ‚ÌŽ‹’®ŽÒ‚¾‚¯‚Å‚Í‚È‚©‚Á‚½Buƒ^ƒŠƒoƒ“v‚̍ō‚Žw“±ŽÒA˜‚𔲂©‚µ‚½ƒIƒ}ƒ‹‚́Aƒrƒ“ƒ‰ƒfƒBƒ“‚ðuƒJƒ“ƒ_ƒnƒ‹v‚ɌĂт‚¯‚½Bƒrƒ“ƒ‰ƒfƒBƒ“‚Í‚S‚v‚cŽÔ‚ɏæ‚Á‚Ä‚â‚Á‚Ä‚«‚½B‚S‚v‚cŽÔ‚Í“ú–{»‚ÌŽÔ‚¾‚Á‚½B, ƒAƒ‹ƒJƒCƒ_•ºŽm‚́uƒCƒXƒ‰ƒ€‹³v‚ª¹í‚ÅŽ€‚ñ‚ŁAs‚¯‚é‚ƐM‚¶‚Ä‚¢‚é“V‘‚Æ‚Í‚Ç‚¤‚¢‚¤‚à‚Ì‚©B, ‚P‚X‚X‚U”NBƒ^ƒŠƒoƒ“‚́AuƒJƒu[ƒ‹v‚ðè—Ì‚µ‚½B, uƒIƒ}ƒ‹v‚́AŽx”z’nˆæ‚Łu’¥•º§v‚ðŽ{s‚µ‚½B•º—Í‚ª•s‘«‚µ‚½‚½‚ß‚¾B‚¾‚ªAŠe’n‚Łu’¥•º§”½‘΁v‚Ì”½—‚ª‹N‚«‚āuƒ^ƒŠƒoƒ“•ºv‚Ì“¦–S‚ª‹N‚«‚‚¯‚½BuƒIƒ}ƒ‹v‚Í‚±‚ê‚É“ª‚ð”Y‚Ü‚¹‚Ä‚¢‚½BuƒIƒ}ƒ‹v‚́uƒAƒ‹ƒJƒCƒ_‚ÌŒRŽ–—́v‚É—Š‚ç‚´‚é‚ð‚¦‚È‚­‚È‚Á‚½Bƒrƒ“ƒ‰ƒfƒBƒ“‚ªuŒRŽ–ƒLƒƒƒ“ƒvv‚ð‚‚­‚Á‚½‚èAuƒAƒ‹ƒJƒCƒ_ƒŠƒNƒ‹[ƒg‚̃Aƒ‰ƒu•”‘àv‚ðŠCŠO‚©‚çŒÄ‚ÑŠñ‚¹‚Ä‚¢‚邱‚Ƃɉ½‚àŒ¾‚¦‚È‚­‚È‚Á‚½BƒIƒ}ƒ‹‚́Aƒrƒ“ƒ‰ƒfƒBƒ“‚ðŒÄ‚ñ‚ŁAŒRŽ–î¨‚âƒAƒ‰ƒu•º‚̈µ‚¢‚ɂ‚¢‚Ä‚±‚Ü‚©‚¢‚Æ‚±‚ë‚Ü‚Å‹¦‹c‚µ‚Ä‚¢‚½B, ‚P‚X‚X‚W”N10ŒŽBƒ^ƒŠƒoƒ“‚ƍ‘˜A‚ÌŒðÂ‚ªuƒJƒ“ƒ_ƒnƒ‹v‚Å‚¨‚±‚È‚í‚ꂽB, ƒrƒ“ƒ‰ƒfƒBƒ“‚©‚çuƒIƒ}ƒ‹v‚֏‘ŠÈ‚ª‘—‚ç‚ꂽB, uƒAƒ‹ƒJƒCƒ_v‚̃iƒ“ƒo[‚R‚Łu“¯Žž‘½”­ƒeƒv‚ÌŒv‰æ‚𗧈õ‚½uƒnƒŠƒhEƒVƒFƒCƒNEƒ‚ƒnƒƒhv‚́uƒJƒ^[ƒ‹‚̉q¯ƒeƒŒƒr‹ÇƒAƒ‹ƒWƒƒƒW[ƒ‰v‚́uƒ†ƒXƒŠEƒ†[ƒ_viƒvƒƒfƒ…[ƒT[j‚̃Cƒ“ƒ^ƒ”ƒ…[‚É“š‚¦‚Ä‚¢‚éB, ‚Q‚O‚O‚P”NHB‚XŒŽBu‚XE11vŽ–Œ‚ª‹N‚«‚½B“ñ‚‚̔j‰ó‚Í‚È‚º‹N‚«‚½‚Ì‚©B, ‚U”N‚ªŒo‰ß‚µ‚½Bƒrƒ“ƒ‰ƒfƒBƒ“‚ÌŽv‘z‚͐¢ŠE’†‚É”ò‚ÑŽU‚Á‚Ä‚¢‚éBƒrƒ“ƒ‰ƒfƒBƒ“‚́uƒƒfƒBƒAƒvƒƒ_ƒNƒVƒ‡ƒ“EƒAƒbƒTƒnƒuv‚̓Aƒ‹ƒJƒCƒ_‚̐킢‚ðŽB‰e‚µ•ÒW‚µ‚āAƒCƒ“ƒ^[ƒlƒbƒgAƒrƒfƒIA‚b‚c‚Å—¬‚µ‚Ä‚¢‚éB‚»‚̉f‘œ‚𐢊E’†‚ÅŒ©‚‚߂éŽÒ‚ª‘吨‚¢‚éB‚±‚̃rƒfƒI‚Ì’†‚É‚Í“ú–{‚́uó‘Ž›v‚à“ü‚Á‚Ä‚¢‚éB. 「9.11」以前とその以後というような世界観ができている (ビンラディンは本著では権謀術数に長けた狂信的テロリストというのが強調された とも会談した経験があるという。他にも大仏破壊阻止に動いた交渉者たちに綿密にイ ニスタンの情勢に最も通じた外交官」である日本人の元国連職員である。彼はオマル き起こされた凄まじい飢饉のためにアフガニスタンで100万人の人びとに差し迫っ 者井戸を掘る アフガン干魃との闘い』より)とタリバンの行為にも一理あると擁護 しかし、そこが気になる点でもある。まず事実関係を超えてシナリオが描かれ過ぎ いまさらアフガニスタンの旧タリバン政権が犯したバーミヤン大仏破壊を取り上げて も仕方あるまい、と考えるかもしれないが、なんのなんの、どっこい、今の世界状況 と太く繋がっている。 向が精緻に語られる。当初はタリバンは遺跡破壊の示唆などしていなかった。それが 持ち出されたことのないものだった。ムラー・オマルがこの外套を着て屋上に 立ち、風に翻させたりすると、下の広場に集まっていたムラー(イスラム指導者) たちは大声で叫んだ「アミール・ウル・モミンイーン!」 この「アミール・ウル・モミンイーン」とは「全世界のムスリムたちの指 【10月16日 AFP】ウサマ・ビンラディン(Osama bin Laden)は家では厳格な父親で、おもちゃや現代的な電化製品を禁じていた。 する。加えて、モフセン・マフマルバフというアフガニスタンの現状を描いた映画 オサマ・ビンラディンといえば、アメリカにとっては9月11日の大規模テロ事件を起こした仇敵であるはずだが、そのビンラディンが今年7月、中東ドバイのアメリカン病院に腎臓の病気を治療するため入院し、入院中にアメリカCIA要員やサウジ高官などが面会に訪れていたという。 像は破壊されたのではない 恥辱のあまり崩れ落ちたのだ』より)。こうしたアフガ ボランティアを継続している「ペシャワール会」医師中村哲氏から見る大仏破壊は違っ オマル氏はビンラディン容疑者と容貌に共通点があり、息子であることを隠していない。 オマル氏は、ビンラディン容疑者が旧ソ連と戦っていた時、米政府から英雄視されていたことを 指摘し、父親をテロリストと見なしていないと発言。 ムハンマド・オマル(パシュトー語: ملا محمد عمر Muhammad Omar、1959年頃 ‐ 2013年4月 )は、アフガニスタンの政治家、イスラム主義勢力ターリバーンの創設者で初代最高指導者。元アフガニスタン・イスラム首長国首長。「オマル」は「ウマル」とも表記される。日本の報道では「オマル師」と表記することが多い。 世界では、人間よりも像のほうが大事にされるというのか」(『アフガニスタンの仏 オマル氏はビンラディン容疑者が1人目の妻との間にもうけた11人の子どものなかで4番目にあたる。同氏は、2007年に英国人女性と結婚している。(c)AFP 『ビンラディンの息子、「父が死ねば最悪な事になる」=米誌 ロイター[1/21 17:14] 1月20日、ウサマ・ビンラディン容疑者の息子オマル・ビンラディン氏(写真)が、同容疑者が死亡すれば武装勢力は「非常に卑劣な」攻撃をするようになり「最悪の事態になるだろう」と警告。 『ビンラディンの息子、「父が死ねば最悪な事になる」=米誌 ロイター[1/21 17:14] 1月20日、ウサマ・ビンラディン容疑者の息子オマル・ビンラディン氏(写真)が、同容疑者が死亡すれば武装勢力は「非常に卑劣な」攻撃をするようになり「最悪の事態になるだろう」と警告。 や芸術家は誰も彼もが、破壊された仏像を守れ、と叫んだ。しかし、干魃によって引 オマル師は行方不明となります。 その後、ビンラディンは2011年、 パキスタン北部の街アボタバード郊外に潜伏しているところを 米軍の急襲に遭い、命を落とします。 けれども、政権が崩壊しても、ビンラディンが死んでも、 タリバンは生き残りました。 中で、本書を読めばこの大仏破壊が「9.11」の胎動であったことに合点がいく。 た状況に写ったようだ。「国民の5パーセントに相当する百万人が餓死寸前に追い詰 の立場から語られていることは否めない。だから大仏破壊は権力中枢と国際政治の出 ビンラディン氏を神格化し、組織への求心力を維持できるからだ。【イスラマバード春日孝之】 パキスタン軍情報機関(ISI)筋によると、タリバンの最高指導者オマル師は今月6日にカンダハルを明け渡し、北方のウルズガン州に入った。 れる。とにかくまるでプロットの利いた小説を読むようにスリリングである。 ウサーマ・ビン・ムハンマド・ビン・アワド・ビン・ラーディン(أسامة بن محمد بن عوض بن لادن、Usāma bin Muhammad bin ʿAwad bin Lādin, 1957年3月10日 - 2011年5月2日)は、サウジアラビア出身のイスラム過激派テロリスト。1988年に国際テロ組織「アルカーイダ」を設立してその初代アミール(司令官)となり、以降アメリカ同時多発テロ事件をはじめとする数々のテロ事件を首謀したことで知られる 。連邦捜査局(FBI)における最重要指名手配者の1人であった。サウジアラビア有数の富豪の一族に生まれ … 一方アルカイダもタリバンの庇護下に入り、ナンバー2のザワヒリがオサマ・ビンラディンを「オマルの一兵卒」と表現し、アルカイダは歴代のタリバン指導者に忠誠を誓っています。 アメリカの9・11テロ以来世界的に有名になった人と言えば、ウサマ・ビンラディンではないでしょうか?国際テロ組織のアルカイダの指導者で、巨額の懸賞金が賭けられているにもかかわらず消息不明に近い状態のウサマ・ビンラディン、人々は密かに、ビンラディンは死んでしまっているのではないだろうかと噂している状態ですよね。ところが、ビンラディンの息子であるオマル・ビンラディンさんは「父はまだ生きてるはず」と述べていると言います!ニュースのインタビューに答えたオマル・ビンラディンさん、インターネット上で発表されるビンラディン容疑者の音声声明は本物だといい、声明は最新情勢について語っていて、父はまだ生きていると話しているのだそう。音声操作ってことは、ないのかな?なんて思ってしまいますが、オマル・ビンラディンさんは本物と指摘している様子。ちなみにビンラディンは19人の子供がいて、オマル・ビンラディンさんはその中の一人であり、2007年にイギリス人女性と結婚したことが騒がれたこともあったそう。オマルさんは2001年にアルカイダの拠点を離れて以来、お父さんとは連絡を取っていないようですが、暴力をやめるなら再開したいと言っているそう。うーむ、本当に生きているのかなあ。. こうした事実関係の屋台骨をささえる情報提供、証言をするのは、「当時のアフガ た。そして、何より著者の立脚点だ。本書はタリバン側と交渉していた外交官側から 本書はその書籍版である。 ニスタンの現状に詳しい、いわば在野から見た目では、大仏破壊はまったく異なる見 なんて思ってしまいますが、オマル・ビンラディンさんは本物と指摘している様子。 ちなみにビンラディンは19人の子供がいて、オマル・ビンラディンさんはその中の一人であり、2007年にイギリス人女性と結婚したことが騒がれたこともあったそう。 ビンラディンとタリバンの力関係の変遷、特にビンラディンとオマルとの主従関係が 逆転していき、ビンラディンの意向で遺跡破壊がなされたのだと著者は結論付ける (ビンラディンは本著では権謀術数に長けた狂信的テロリストというのが強調された 大仏破壊が起こる前後の旧タリバン政権の最高指導者オマルをはじめ幹部たちの動
野村証券 Cm 女優, ロッテ 2012, パトリオット 映画 実話, 株式会社lifestyle キャンペーン事務局, 坂口征二 若い頃, カルテット 主題歌, 武藤嘉紀 慶応,