エルサルバドル産コーヒー豆の特徴を徹底解説していきます。味や香りはもちろんこと、農園の栽培方法や歴史についてもご紹介!最後にはおすすめの豆もお伝えします。今まで知らなかったエルサルバドル産コーヒー豆について分かるようになりはずです。 日々改良されていくエルサルバドルのコーヒー豆生産 エルサルバドルの人口は. 中南米の小国「エルサルバドル」は、首都サンサルバドルを中心に、人口約620万人が暮らす国です。中南米を拠点とするギャング「マラサルバドルチャ」が蔓延るエルサルバドルは、決して治安が良い国とは言えません。今回は、観光情報も含めて注意点をご紹介します。 4). さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「コーヒー豆&粉のおすすめ通販サイト11選!安い豆から高級豆まで」をチェック!, エルサルバドルはメキシコなどがある中央アメリカに位置しており、コーヒー大国のグアテマラとホンジュラスに挟まれています。, エルサルバドルの小さな面積に、なんと火山が20以上存在するということでも有名で、火山地帯です。, 飲んだ後に変な苦味が残ることもないので、あっさりしたコーヒーが好きな人にとっては飲みやすいです。, エルサルバドル産のコーヒー豆の品種は、世界的には少なくなりつつあるブルボン種です。, 世界のコーヒー産地が、ブルボン種から品種改良した新しい品種に植え替えた際に、長く内戦状態にあったので、エルサルバドルだけの植え替えが進まず、結果的にブルボン種が残ったというわけです。, エルサルバドルでは、国をあげてコーヒー豆の栽培を行っているため、エルサルバドル産のコーヒー豆は今後もたくさんのコーヒーが生まれてくる可能性は高いのではないでしょうか。, ※筆者厳選のおすすめコーヒー豆 筆者が厳選する「珈琲きゃろっと」は、コーヒー鑑定士の国際認定資格を持つ焙煎士が注文を受けてから生豆を焙煎してくれます。世界でたった1台の自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・最高の鮮度・最高の焙煎」のコーヒー豆です。今なら初回限定!今だけ45%OFFコーヒー豆お試しセットが購入できます。私なら迷わず買いますね。 » 珈琲きゃろっと 初回お試しセットはこちら, 上記でも説明しましたが、コーヒー豆の生産国として有名なグアテマラとホンジュラスに挟まれているエルサエルバドル。, それらの国と似ている栽培環境であるため、美味しいコーヒー豆の栽培が可能となっています。, しかしエルサルバドルは標高の高さのおかげで、快適な温度でコーヒー豆を栽培をすることが出来ているのです。, また小さな国内に20以上の火山があるため、火山灰性もミネラル分を多く含んだ肥沃な土壌となっているのも特徴的です。, このように雨季と乾季がはっきりと分かれているため、この期間の両方が必要なコーヒー豆の栽培にとってはまさに最適でしょう。, よりコーヒー豆の栽培について知りたいという方はこちらの記事を参考にしてみてください。, コーヒー生産は、エルサルバドル全体経済の重要な部分を占めるようになり、主要な輸出品となりました。, 1,880年には、エルサルバドルは世界4位のコーヒー生産国となり、現在の2倍以上のコーヒーを生産していたのです。, エルサルバドルでは1980年~90年にかけて内戦が続き、国内は疲弊していますが、現在では政情は安定しています。, 軽やかな酸味&まろやかな苦味が特徴のマイルドコーヒーで、エルサルバドルの特徴がぎっしり詰まっています。, 豆には最適な熱風量、熱風温度に調整することによって、むらがなく、しっかりと煎り上げることができています。, スタバから販売されるこちらの「エルサルバドル モンテカルロス エステート」は3種類の品種のエルサルバドルコーヒーです。, 「エルサルバドル産コーヒー豆の特徴とは?味や香りを徹底解説【保存版】」というテーマでお伝えしました。, まとめると、エルサルバドル産コーヒー豆=飲みやすいマイルドな酸味&すっきりとした後味になります。, あまりコーヒーが好きじゃないという方にも、比較的飲みやすいコーヒー豆になっていると思います。, 「珈琲きゃろっと」は、スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。, スーパーや市販では味わえないような美味しさが楽しめるため、通販で買うのがおすすめ。, 詳しく知りたい方は「ダイエット効果が期待できるバターコーヒーとは?作り方からおすすめまで」の記事をチェック!, コーヒーをこよなく愛し続けて約7年。コーヒー豆&粉の専門家・バリスタとして日々活動中! Copyright ©COFFEE LIFE, All Rights Reserved. ©2020 KODANSHA CO.,LTD. エルサルバドルでは都市化は1960年以来驚異的な速度で進み、数百万人を都市に駆り立てて都市問題を国内のいたるところで生みだした。 2004年の時点で、約320万人のサルバドル人が国外に住んでおり、その中のいくらかはアメリカ合衆国への不法移民である。 中央アメリカと南アメリカはコーヒー豆の生産国として有名であり、コーヒー豆の生産量が世界一のブラジルをはじめ、コロンビア、グアテマラ、メキシコなど様々な国がコーヒーの生産国として知られています。, そんな中で中央アメリカにあるエルサルバドルという国でもコーヒー豆が生産されています。普段の生活では日本人から見ると馴染みがあまりありませんが、エルサルバドルは美味しいコーヒーの栽培に適した条件をいくつも持っています。, 今回はそんなエルサルバドルのコーヒー豆の栽培方法、生産方法、味などについて、詳しく見ていこうと思います。, 1). 関連記事:カネ、殺人、麻薬、女──18ヵ月間「最凶ギャング」と暮らしてわかった「闇の向こう側」. エルサルバドルでギャングがらみの犯罪に巻き込まれる女性の大半が、25歳以下だPhoto: Robert Nickelserg / Getty Images, エルサルバドルでは多くの女性が犯罪の犠牲になっているPhoto: Marielle van Uitert / ullstein bild / Getty Images, 近年エルサルバドル政府は、ギャンググループの摘発に力を入れているが、成果は薄いPhoto: Michael Robinson-Chavez / The Washington Post / Getty Images, バレンティナは、中米エルサルバドルにある女子少年院「女性社会統合センター」で10年の実刑に服している。, 「私とメンバーの間には、すばらしい友情があったの。友達の頼みを断りたくはなかった」, しかも、「女だから」という理由で女性を殺害する事件の数は増え続けており、2015年にはその数が575件に達した。また、2016年の1~3月の間には、197件の女性殺人事件が報告された。これは、前年の同時期の2倍以上の数字だ。, 2003年以降、エルサルバドル政府はギャングを撲滅するために「鉄の拳」政策を展開してきたが、成果はいっこうにあがらない。2016年には、警察の武装を強化して逮捕の権限を拡大したが、そのせいで逆にギャングと国家権力の軍拡競争が激化した。, 売人はエレナをギャングの溜まり場である「破壊者の家」へ連れて行ってくれた。ギャングたちはそこで寝泊まりし、女の子を連れ込んでレイプしていた。ドラッグや銃を保管する場所でもあった。. エルサルバドル共和国(エルサルバドルきょうわこく、スペイン語: República de El Salvador)、通称エルサルバドルは、中央アメリカ中部に位置するラテンアメリカの共和制国家である。北西にグアテマラ、北と東にホンジュラスと国境を接しており、南と西は太平洋に面している[3]。中央アメリカ5か国のうち、唯一カリブ海に面していない[3]。首都はサンサルバドル[1]。, カリブ海諸国以外の米州大陸部全体で最小の国家であるが、歴史的に国土の開発が進んでいたこともあり、人口密度では米州最高である。, 正式名称はスペイン語で、República de El Salvador (発音 [reˈpuβlika ðe el salβaˈðor] レプブリカ・デ・エル・サルバドル)。通称、El Salvador。エルナン・コルテスの部下として1524年にやってきたペドロ・デ・アルバラードによって「救世主」を意味するエル・サルバドールと名付けられた[3]。, 公式の英語表記は、Republic of El Salvador。通称、El Salvador。, 日本語の表記は、エルサルバドル共和国。通称、エルサルバドル。エル・サルバドル、エル・サルバドールとも表記される。漢字表記は、救世主国(もしくは薩爾瓦多)。, 紀元前のこの地にはモンゴロイド系の先住民、すなわちインディヘナ(インディオ)が暮らしていた。先古典期中期には、オルメカ文明の影響を受け、チャルチュアパ(スペイン語版、英語版)などに祭祀センターが築かれた。1世紀にイロパンゴ火山の噴火にともない、先住民はグアテマラのペテン低地など低地マヤ地域に避難したと考えられている。先古典期後期のウスルタン式土器や石碑を刻む伝統も伝播した。6世紀末、ロマ・カルデラ火山の噴火にともない埋まった集落ホヤ・デ・セレンは保存状態が良好であったため、世界遺産に登録されている。, 10世紀ごろには小王国がいくつか成立し、そのうちピピル人はクスカトラン(スペイン語版、英語版)を首都にして16世紀までに統一王国「クスカトラン王国(スペイン語版、英語版)」(ピピル語: Tajtzinkayu Kuskatan, 1200年ごろ - 1528年)を建設しつつあった[3]。, 1524年にスペイン人エルナン・コルテスの部下ペドロ・デ・アルバラードがクスカトラン王国を征服しようとした[3](アカフトラの戦い(スペイン語版、英語版))。インディヘナは一度スペイン人を打ち負かし、グアテマラに撤退させるが、1525年に再びやってきたアルバラードの攻撃により、ベルムーダ市はサンサルバドル(聖救世主)市と改称された。その後、1528年にはエルサルバドルのほぼ全域が征服された。, スペインの支配に入ったあとの1560年以降はグアテマラ総督領(スペイン語版、英語版)の一部として管理下に置かれ、農業や牧畜業、藍の生産などが営まれたが[3]、中央アメリカの中ではグアテマラと並び開発された地域だった。, 19世紀前半にはインディアス植民地各地のクリオージョたちの間で独立の気運が高まった[3]。1789年のフランス革命以来のヨーロッパの政治的混乱のなか、ナポレオン戦争によりフランスに支配されたスペイン本国では、1808年からナポレオン支配に対するスペイン独立戦争が勃発した。フランス皇帝ナポレオン・ボナパルトがボルボン朝のフェルナンド7世を退位させ、兄のジョゼフをスペイン王ホセ1世に据えると、インディアス植民地は偽王への忠誠を拒否した。1811年から独立闘争が本格化し、1821年9月15日にグアテマラ総督領(スペイン語版、英語版)が独立すると、エルサルバドルもスペイン支配から解放された[3]。, 1821年9月16日に独立したアグスティン・デ・イトゥルビデ皇帝の第一次メキシコ帝国に他の中央アメリカ諸国とともに併合されるが、1823年のメキシコ帝国の崩壊にともない旧グアテマラ総督領の五州は中央アメリカ連合州として独立し、1824年には中央アメリカ連邦に加盟した[3]。エル・サルバドル出身のホセ・アルセが初代大統領となるが、独立後の自由主義者のフランシスコ・モラサンをはじめとするエル・サルバドル派と、保守主義者のラファエル・カレーラをはじめとするグアテマラ派の内戦のなかで1838年に中央アメリカ連邦は崩壊し、1841年には中米連邦の瓦解にともない「エルサルバドル」として暫定的に独立を果たした[4]。このときにアメリカ合衆国への併合を求めたが断られている。, その後すぐに連邦再建を求めての内乱やグアテマラとの戦争が発生したが、1857年には中米連合軍の一員としてアメリカ人の傭兵ウィリアム・ウォーカー率いるニカラグア軍と戦った。その後は軍事独裁政権が相次いで成立し、その間に対外戦争や独裁打倒運動が行われた。また、この時期にコーヒーをはじめとする換金作物のプランテーションが多数設立された。1872年から1898年の間エル・サルバドルは連邦再結成派の旗手となり、1896年にはエルサルバドルを中心にしてホンジュラス、ニカラグアとともに中央アメリカ大共和国が設立するが、1898年には崩壊した。, 20世紀に入り、1907年からメレンデス一族の独裁が始まると、一時的に国内は安定を取り戻したが、世界恐慌で主要産業のコーヒーが打撃を受け世情は再び不安定となった[5]。, 経済危機の混乱のなか、1931年にマクシミリアーノ・エルナンデス・マルティネスがクーデターでメレンデス一族から政権を掌握し、専制体制を敷いた[5]。その間激しい言論弾圧が行われ、「ラ・マタンサ(スペイン語版、英語版)(La Matanza、「虐殺」の意)」により、反独裁運動を始めようとしていたファラブンド・マルティをはじめとする共産党員や、西部のピピル族などおよそ3万人が虐殺された[5]。, 1934年満州国を承認。1935年、堀義貴初代駐エルサルバドル日本公使が着任し、正式に日本との間で外交関係が成立した[6]。, 第二次世界大戦では親米派として連合国の一員に加わるが、1944年にはクーデターが起き、マルティネス独裁体制は崩壊した[5]。しかし、その後も政情は不安定でクーデターによる政権交代が相次いだ。, そうしたなかで1951年には「サン・サルバドル憲章」が中米5か国によって採択された[5]。エル・サルバドルは1960年に発足した中米共同市場によりもっとも恩恵を受けた国となり、域内での有力国となった。こうして1966年にようやく大統領選挙によってエルナンデス政権が発足するなどの安定を見せたが、1969年には、「サン・サルバドル憲章」以後も国境紛争や農業移民・経済摩擦など多くの問題を抱えて不和だったホンジュラスとの間で、サッカーの試合をきっかけとしたサッカー戦争が勃発した[5]。, ホンジュラスとの戦争後、30万人にものぼるエルサルバドル移民がホンジュラスから送還されたことなどにより、経済、政治ともに一気に不安定化した。1973年の選挙結果の捏造以降、軍部や警察をはじめとする極右勢力のテロが吹き荒れ、「汚い戦争」が公然と行われるなかで、それまで中米一の工業国だったエルサルバドルは没落していくことになる。, 1979年にニカラグアでサンディニスタ革命が起きるのと時期を同じくしてロメロ政権が軍事クーデターで倒され、革命評議会による暫定政府が発足した[5]。しかし、極右勢力のテロは続き、1980年にはサンサルバドル大司教オスカル・ロメロをはじめとする聖職者までもが次々と殺害されていく状況に耐えられなくなった左翼ゲリラ組織ファラブンド・マルティ民族解放戦線(FMLN)が抵抗運動を起こし、1992年までの長きに渡って続くこととなり、7万5,000人を超える犠牲者を出したエルサルバドル内戦が勃発した[5][7]。, 事態の収拾のために暫定政府はアメリカ合衆国の支援を要請し、「エル・サルバドル死守」を外交の命題に掲げたロナルド・レーガン合衆国大統領は中米紛争に強圧策を持って臨み、軍や極右民兵に大幅なてこ入れを重ねた。1982年には政府と革命勢力の連立政権が成立したが、これも極右勢力の妨害によってすぐに破綻した。こうして、ニカラグアの革命政権からの援助を受けてゲリラ活動を展開するFMLNと政府軍との内戦は泥沼化の様相を呈した。1984年にはナポレオン・ドゥアルテ(スペイン語版、英語版)大統領(民族主義共和同盟、略称ARENA。右派)が政権を担い、FMLNとの首脳会談を実現した。しかし、この間政府軍・ゲリラ双方による、弾圧・虐殺・暴行が横行した。特に政府軍のそれは半ば公然と行われたが、アメリカ政府はそれを恣意的に無視して政府軍を支援し続けた。, 1989年にはクリスティアーニが大統領に選出されたが内戦は収まらなかった。1992年にようやく国際連合の仲介で和平が実現し1,000人からなるPKO(国際連合エルサルバドル監視団、略称ONUSAL)の派遣が決定・実施され、7万5,000人にも及ぶ死者を出したエルサルバドル内戦は終結した。FMLNは合法政党として再出発し、1994年には総選挙が実施され、ARENAの候補であるカルデロン大統領が選出される一方、FMLNが第2党になった。, 2001年にドル化政策(Dolarización)が実施され、それまでの通貨「コロン」に代わり、「米ドル」を自国の通貨として流通させるようにした。ドルとコロンの間は1ドル=8.75コロンの固定レートにより取引されていた。現在、旧通貨コロンはほとんど流通していない。また、2003年には親米政策からイラクへ派兵し、2008年末まで駐留し続け、ラテンアメリカでイラク派兵を行った唯一の国となった。, 2009年3月15日、大統領選挙でARENAのロドリゴ・アビラ(スペイン語版、英語版)を破ってFMLNのマウリシオ・フネスが勝利し、20年間続けてきた新自由主義路線の与党ARENAからの初の政権奪取を実現し、左傾化が進むラテンアメリカ諸国に新たな左派政権が誕生した[7]。18日にエルサルバドル中央選挙管理委員会が大統領選挙の最終結果を発表したところによると、左派のファラブンド・マルティ民族解放戦線党(FMLN)のマウリシオ・フネス候補は51.32パーセント(135万4,000票)、右派の民族主義共和同盟(ARENA)のロドリゴ・アビラ候補は48.68パーセント(128万4,588票)であった[8]。, 政体は大統領を元首とする共和制国家であり、行政権は大統領に属する。大統領の任期は5年。国民による普通選挙で過半数の得票により選ばれる。大統領は政府首班と国家元首を兼ねる。立法権は一院制の議会に属しており、議員定数は84人、議員任期は3年である。司法権は最高裁判所に属している。現行憲法は1983年憲法である。, エルサルバドルは政治における軍部の力が強く、1931年から1982年までの実に50年に渡って軍部(あるいは軍部出身者)による政治が続いた。, 内戦以前から存在する死の部隊により、現在も元ゲリラ兵士や、非行少年、ホームレスなど社会的に好ましくないと見られる存在が暗殺される事件がおきている。, エルサルバドルは1955年に戦後初めて日本の企業が海外進出した国であり、ユサ社は半世紀以上操業を続けている。, エルサルバドルは中華民国(台湾)を承認していたが、2018年8月21日に中華人民共和国が国交樹立の条件とする台湾との断交をエルサルバドルが受け入れた。, エルサルバドルは中央アメリカに位置し、国土面積は2万1,040平方キロメートルと 四国(1万8803.87平方キロメートル)よりやや大きい程度であり、これは米州大陸部全体でもっとも小さい。また、中央アメリカで唯一太平洋のみに面し、カリブ海と面さない国家である。, グアテマラと203キロメートル、ホンジュラスと342キロメートルに渡って国境を接している。, エルサルバドルの国土の約10パーセントが森林地帯となっているが、そのうち80パーセントが植林により再生したものであり、自然林はほとんど残っていない。, エルサルバドルには20以上の火山があり、代表的な火山としては特にイサルコ火山(1,910メートル)が挙げられる。その他にはサンタ・アナ火山(2,286メートル)などがある。国内最高峰はエル・ピタル山(2,730メートル)である。, エルサルバドルははっきりとした雨季と乾季に分かれる熱帯気候であり、気候はおもに高度によって変化するが、多少は季節の変化によっても変化する。太平洋側の低地は一様に暑く、中央高原と山地は快適な気候になっている。雨季は5月から10月までであり、年間の降雨量のほとんどはこの時期に集中し、首都のサンサルバドルでは年間平均雨量が1,700ミリ、南部の丘陵地帯では年2,000ミリにも達する。乾季は11月から4月までである。, 保護地域と中央高原はこれよりも少ないが、それでも量は多い。この時期の雨はおもに太平洋からの低気圧により発生し、午後の雷雨となって降雨することが多い。ときどきハリケーンが太平洋から飛来するが、ハリケーン・ミッチのような例外を除いてほとんどエル・サルバドルには影響しない。, 環太平洋火山帯の上にあるアメリカ大陸の太平洋側の常として地震の多い土地であり、2001年の2月に2度にわたり大地震が起こり、それぞれ800人、250人が死亡している(エル・サルバドル大地震(英語版))。, CIAワールドファクトブックによると、エルサルバドルはパナマ、コスタリカに続いて中米地域で3番目に経済規模の大きい国家であり、一人あたりのGDPは4,900USドルに達するが、それでもこの国は発展途上国であり多くの社会問題を抱え、ラテン・アメリカ全体でも上位10番以内に入る貧しい国でもある。エルサルバドルの人口の約240万人が貧困層となっている。, エルサルバドルは有機鉱物資源、金属鉱物資源を産出しない。鉱業の対象となる唯一の資源は塩である。経済を支えるセクターは農業であるが、「十四家族」という言葉に象徴されるような寡頭大土地所有が問題となっている(実際に14の家族が土地を独占しているわけではなく、あくまでも比喩である)。特にコーヒー、砂糖、綿花の栽培が盛んである。コーヒー豆の生産量は2002年時点で9.2万トンに達し、これは全世界の生産量の1.2パーセントに相当する。穀物、根菜の栽培量は自給に必要な量に達していない。農業国であるにもかかわらず、穀物を輸入している。, エルサルバドル・ホンジュラス戦争までは中米一の工業国だったが、その後勃発した内戦の間に没落した[9]。, 世帯主がアメリカへ出稼ぎに行き、その仕送りで国内に残った家族が生計を立てている家庭が多いのが中米諸国の特徴で、エルサルバドルも例外ではない。しかしアメリカでの同時多発テロ以降、アメリカでの滞在条件が以前よりも厳しくなり、就労ビザが取れなくなり強制帰国を命ぜられた国民も多く社会問題となっている。, エルサルバドルは人口密度が中米一高いという事情もあり、都市間の長距離バス輸送・市内バスいずれも運転本数が多く、非常に充実している。, コマラパ国際空港は、エルサルバドル国内で国際定期航空路線が発着する唯一の空港である。, エルサルバドルは2013年現在634万人の人口を擁し[10]、住民の90パーセントを メスティーソが占める。白人が9パーセントであり、白人のほとんどはスペイン系であるが、少ないながらもフランス系やドイツ系、スイス系、イタリア系の家系もある。先住民のインディヘナは1パーセント程度で、ほとんどはピピル族とレンカ族が占める。先住民は土着の文化、伝統を保っていたが、特に1932年のラ・マタンサ(虐殺)などにより最大4万人がエルサルバドル軍によって殺害されたと見積もられる。, エルサルバドルは大西洋(に接続するカリブ海)に面していなかったため中央アメリカで唯一黒人が見られない国であり、加えてマキシミリアーノ・エルナンデス・マルティネス将軍は1930年に人種法を制定して黒人の入国を禁止した。この法律は1980年代に改定され、失効した。しかしながら、首都サン・サルバドルと港町ラ・ウニオン[要曖昧さ回避]には黒人の血を引くエルサルバドル人がまとまった数存在する。, パレスチナのキリスト教徒が少ないながら移民としてやってきており、数は少ないながらも強力な経済力を持っている。アントニオ・サカ大統領もその一人である。, CIA The World Factbook(2015年版)によると、エルサルバドルの平均寿命は男性で71.14歳、女性で77.86歳である。, 首都サンサルバドル都市圏には210万人が居住しており、エルサルバドルの人口の約42パーセントが農村人口だと推測されている。エルサルバドルでは都市化は1960年以来驚異的な速度で進み、数百万人を都市に駆り立てて都市問題を国内のいたるところで生みだした。, 2004年の時点で、約320万人のサルバドル人が国外に住んでおり、その中のいくらかはアメリカ合衆国への不法移民である。ただし多くのサルバドル系アメリカ人は合法移民であり、1986年の新移民法を通して合衆国市民か住民となっている。アメリカは伝統的に成功の機会を求めるサルバドル人の目的地となっている。, サルバドル人は近隣のグアテマラ、ホンジュラス、ニカラグアにも住む。国籍離脱者は1980年代の内戦の間、政治的、経済的および社会的な状況の中から生まれたものが大部分である。, 公用語はスペイン語であり、先住民を除いてほぼすべての国民によって話されているが、英語教育もなされている。, 宗教は伝統的にローマ・カトリックが主である。57パーセントがローマカトリックであるが、近年急速にプロテスタントが流行しており、さまざまな宗派のプロテスタント教徒を合わせると人口の33パーセントを超える。多くはエバンヘリコと呼ばれる 福音派プロテスタントであり、年々エバンヘリコが増加している。, 2001年のセンサスによれば、15歳以上の国民の識字率は80パーセントである[11]。, おもな高等教育機関としてはエルサルバドル大学(1841年創立。国内唯一の国立大学)などが挙げられる。, トウモロコシ文化圏の国であり、ププサスと呼ばれる独特の国民料理がある。他にはポヨカンペーロなどのフライドチキンチェーン店が有名である。その他にはトルティージャや、タコス、タマレスなどの料理が食されている。, 著名な詩人としてはクラウディア・ラルスが挙げられる。フランシスコ・アントニオ・ガビディアはニカラグア出身のモデルニスモ文学の大詩人ルベン・ダリオの師として有名である。, ラテンアメリカ諸国の例に漏れず、やはりエルサルバドルでもサッカーが盛んである。過去ワールドカップ本大会には1970年メキシコ大会(0勝3敗でグループリーグ敗退)と1982年スペイン大会(0勝3敗でグループリーグ敗退)の2回出場した経験がある。1982年、1次予選の対ハンガリー戦において、ワールドカップ史上最多得失点差である1対10の大敗を記録した。この記録は2018年現在でも破られていない。, エルサルバドル国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が1件存在する。, 座標: 北緯13度41分 西経89度11分 / 北緯13.683度 西経89.183度 / 13.683; -89.183, 後藤政子『新現代のラテンアメリカ』時事通信社、1993年4月。pp.318-321, https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/geos/ho.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=エルサルバドル&oldid=78247958, 県都:ヌエバサンサルバドル(サンタテクラ)市(Nueva San Salvador/Santa Tecla) - 地震の多いサンサルバドルに代わる新しい首都として計画された都市だが、実際にはいまだ遷都されていない。しかし2001年の大地震では壊滅的な被害を受け、皮肉にも遷都していなかったことが幸いして、被害を最小限に食い止めたと言われている。. このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をブログを通して発信しています。是非いいなと思ったら拡散よろしくお願い致します。, 私はコーヒー豆研究所に通うコーヒーブロガーです。コーヒーをこよなく愛し続けて約7年。コーヒー豆&粉の専門家として日々活動中!バリスタでもあります。, コーヒー鑑定士の国際認定資格を持つ焙煎士が、注文を受けてから生豆を焙煎します。今なら初回限定45%OFF!, 生産者から直接買い付けし、農薬・化学肥料不使用のコーヒーです。完熟豆を使用しています。発売以来、50万人以上に愛されている伝説のコーヒーを定期的で楽しめます。, 注文してからお届けする直前に、土居博司が生豆から焙煎するコーヒーです。会員数3万人を超える、リピーター商品!初回お試し特価で販売中です。, コーヒー豆の生産国として有名なグアテマラとホンジュラスに挟まれているエルサエルバドル。. エルサルバドル産コーヒー豆の味, そもそもエルサルバドルとはどんな国なのか知らない人も多いかと思いますが、エルサルバドルはメキシコなどがある中央アメリカに位置しており、コーヒー大国のグアテマラとホンジュラスに挟まれています。, Jørgen Woldさん(@woldjorgen)がシェアした投稿 – 2017 3月 1 6:14午後 PST, 面積は約2万㎢と日本でいう四国くらいの大きさしかなく、中央アメリアで最も小さい国と言われています。しかし面積は約600万人おり、かなり人口密度の高い国となっています。, エルサルバドルではコーヒー豆の輸出が国の経済を支えており、国花も「コーヒーの花」になっているくらいです。14の県から成り立っており、この小さい面積に火山が20以上存在するという火山地帯になっています。, そんなコーヒー豆の生産国として有名なグアテマラとホンジュラスに囲まれているエルサエルバドルですが、やはりエルサルバドル自身もそれらの国と似たような環境で美味しいコーヒー豆の栽培が可能となっています。, エルサルバドルは一部で平野もありますが、基本的には国土の大部分が標高の高い高地になっています。赤道直下で普通であればコーヒー豆の栽培をするには暑すぎるのですが、この標高の高さのおかげで、快適な温度でコーヒー豆の栽培をすることが可能になります。, また小さい国内に20以上の火山があるので、火山灰性もミネラル分を多く含んだ肥沃な土壌となっております。また日照量をコントロールするためにコーヒー豆の木の横にはシェイドツリーが栽培されることが多く、このシェイドツリーが最終的には腐葉土となり、天然の良い土壌を作ります。, 5月〜10月までは雨季、11月〜4月までは乾季と、雨季と乾季がはっきりと分かれていることも、雨季と乾季の両方が必要なコーヒー豆の栽培にとってはまさに最適であると言えます。, エルサルバドルのコーヒーの栽培が本格的に始まったのは1858年であり、政府の主導で半強制的にコーヒー豆の栽培をさせたのが始まりでした。政府は共有地の2/3の面積でコーヒー豆の栽培を無理やりさせ、土地も全て政府の所有物としました。, エルサルバドルではかなり無理やりコーヒー豆の栽培が始まりましたが、もともとがコーヒー豆の栽培に適していたので、結果的には国の経済を支える産業にまで成長しました。, 現在ではエルサルバドルの農業生産の30%がコーヒー豆であり、輸出総額の50%がコーヒー豆であり、国内人口の25%がコーヒー豆の栽培に携わっています。このようにもはやコーヒーなしでは成り立たない国にすらなっているのです。, NA-KD.com – Nothing but Styleさん(@nakdfashion)がシェアした投稿 – 2017 3月 1 9:47午前 PST, そのために政府としても更なるコーヒー産業の強化を図っていく必要があり、エルサルバドル国立コーヒー研究所を設立しました。そこではコーヒー豆の品質改良などが行われており、パカラマ種などこの研究所から人工交配されたものもあります。, コーヒーチェリーの精製加工のプロセスにおいても改良は進んでいます。エルサルバドルではほとんどのコーヒーチェリーが水洗式(ウォッシュト)によって精製されています。, 精製加工とはコーヒーチェリーから皮や果肉を除去するための作業ですが、ほとんどの国では水洗式(ウォッシュト)か非水洗式(ナチュラル)が採用されています。しかし、最近ではより良い精製方法をエルサルバドルでは模索しており、「ハニープロセス」が注目されています。, これは、コーヒーチェリーのミューシレージと呼ばれるネバネバした部分を残して乾燥させるものであり、手間はかかるものの最終的に出来上がるコーヒー豆の品質の高さから最近になって普及しつつあります。, このようにエルサルバドルでは、品種改良から精製加工方法に至るまで、政府が主導になって、現在でもより美味しいコーヒー豆を栽培するために様々な改良がされ続けているのです。, エルサルバドル産コーヒー豆の味をひとことで言うと、飲みやすいマイルドな酸味とすっきりとした後味が特徴的です。キャラメルのような甘みを感じることもあり、豊かな香りが楽しめます。, 飲んだ後に変な苦味が残ることもないので、あっさりしたコーヒーが好きな人にとっては飲みやすいです。, ℑules ༉さん(@julesjetsets)がシェアした投稿 – 2017 3月 1 11:17午前 PST, また、エルサルバドル産コーヒー豆の等級は、その標高の高さによって決まっており、標高1,500m以上で栽培されたコーヒー豆はSHB(ストリクトリー・ハード・ビーンズ)、標高1,500m以下で栽培されたコーヒー豆はHG(ハイ・グロウ)と、より高い標高で栽培された方がランクが高くなります。, エルサルバドルという産地名と合わせて「エルサルバドル SHG」といったように、産地名と等級名を合わせて表記することが一般的です。, 国家をあげてコーヒー豆の栽培を行っているエルサルバドル産のコーヒー豆は今後更に進化を続けていき、美味しいコーヒー豆になっていくかもしれませんね。. Copyright ©COFFEE LIFE. エルサルバドルとはどんな国か 2). 「世界有数の犯罪国家」として知られる中米エルサルバドルは、女性を標的にした殺人発生率が世界一高い国でもある。男たちがゆがんだ権力を振りかざし、性暴力が横行する社会で生きる少女たちは、命をそして家族を守るために自らも悪の世界に堕ちていくのだった──。 3). NA-KD.com – Nothing but Styleさん(@nakdfashion)がシェアした投稿. 安定収入のつくり方とは? エルサルバドル人口!エルサルバドルの人口、密度やピラミッドなど . エルサルバドルの人達と現地の生活を楽しむための . 安定収入のつくり方とは? エルサルバドル人口!エルサルバドルの人口、密度やピラミッドなど . All Rights Reserved. エルサルバドル産コーヒー豆の味をひとことで言うと、飲みやすいマイルドな酸味とすっきりとした後味が特徴的です。キャラメルのような甘みを感じることもあり、豊かな香りが楽しめます。 コーヒー豆の栽培について徹底解説していきます。色々と難しいコーヒー豆の生育ですが、科学的に見た条件を踏まえながらわかりやすくお伝えします。日本の栽培状況や自宅での生育方法のコツなども細かくご紹介していくので、迷っている方は必見!... 今回はこういった疑問にお答えしていきます。 この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。 それ …, 1. スタバのシングルオリジンシリーズ「エルサルバドル モンテカルロス エステート」, [Amazonブランド]Happy Belly オーガニックコーヒー 粉 350g, パカマラ種の「エルサルバドル モンテカルロス エステート パカマラ」はバラやスミレを思わせるフローラルさや甘みが特長の繊細でバランスのとれた味わいが特徴, カトゥアイ種の「エルサルバドル モンテカルロス エステート カトゥアイ」は、シトラスのような明るい酸味とアプリコットやピーチを思わせる風味が特徴, ブルボン種の「エルサルバドル モンテカルロス エステート ブルボン」はミルクチョコレートのような風味とメイヤーレモンを思わせるほのかな甘みが魅力. エルサルバドルっていったい…どんな国?!全く聞き慣れないその国がどこにあるのか、治安は?特徴は?などエルサルバドル人の友達から聞いた情報をまとめて、こちらでシェアしたいなと思 … All rights reserved. エルサルバドルの人達と現地の生活を楽しむための . おすすめのエルサルバドル産コーヒー豆なら「Happy Belly オーガニックコーヒー」, 2. エルサルバドル産コーヒー豆の栽培方法 エルサルバドル産コーヒー豆の味. エルサルバドルの人口は.
モーモーアイスキャンペーン 2020 トートバッグ, 内田篤人 年俸 鹿島, ガトーショコラ 基本, コウノドリ 子宮頸がん ドラマ, マスターフェンサー コメント, アルゼンチン 日本 貿易, アイスバブル 京都大賞典, 菊花賞 過去データ, ロッテ キシリトール 羽生結弦 クリアファイル 2020,